CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年08月 | Main | 2012年10月»
松本でINEKARI [2012年09月29日(Sat)]
2012年9月29日(土)、長野県松本市で「いきものみっけファームin松本 INEKARI」を行いました。5月19日に子どもたちが田植えをした田んぼは実りの季節。強い台風が近づいていたので、天気が心配でしたが、朝からお日さまが照りつけて汗ばむ陽気でした。空には赤とんぼ(アキアカネ)が群れて飛び、モズが良く鳴いていました。

いきものみっけファームin松本INEKARI


受付を済ませた子ども達はさっそく稲を刈り終えた田んぼの中に入り、アマガエルやトノサマガエル、イナゴを捕まえて遊びました。

イナゴをたくさんつかまえたよ!


開会式の後、子どもと保護者の方々は田んぼに移動し、稲刈りのやり方を教わります。ほとんどの子どもが稲刈りは初めての経験です。稲を刈る鎌はとても良く切れるので、扱いには気をつけなければなりません。横1列になって刈り始めます。
鎌で稲を刈り、わらを使って束ね、稲を干す「はさ」にかけます。最初は、鉢伏ファームから応援に来てくださった方々の手つきを見て、その素早さが魔法のように見えましたが、だんだん慣れてうまくなったのがわかります。

稲刈りのやりかたを説明しています


コンバインで脱穀も体験しました。

コンバインで脱穀も体験


稲刈りの後は、お餅つき。普通のお餅つきは、杵でつく人とお餅をかえす人の2人がかりですが、今回のお餅つきは、お餅をかえす人がいません。そのかわり4人が杵を持って、順番にリズミカルにつく独特の方法でした。最近は、このようなやり方でお餅つきをする家はとても少なくなったそうです。一般的に使われている杵よりも軽いので、子ども達でも扱い易いのですが、4人の息を合わせるのが難しいそうです。つきたてのお餅は、早速みんなでいただきました。

珍しい4人のお餅つき


子ども達が植えた稲の一部は既に収穫が終わり、精米して販売もしています。収益の一部は今後の活動に活かされます。

子ども達が植えた稲で採れたお米を販売します


浄土ヶ浜の海岸とハマギク [2012年09月19日(Wed)]
三陸ツアーの2日めは浄土ヶ浜から碁石海岸を回ります。ものすごい強行軍。

宮古市の浄土ヶ浜は、まるで極楽浄土のような岩と海岸のおりなす風景から名付けられたのだそうです。行って見るとほんとうにこの世離れした美しさを感じます。今日も、外海は台風のうねりで高い波が打ち寄せていますが、高い岩に守られた内湾はとても穏やかで、澄んだ水に飛び込みたくなります。
浄土ヶ浜の穏やかな海


ここでも、津波の被害は相当なものだったとお聞きしました。漁業施設、観光施設はほぼ全壊。それでも、美しい岩場はほとんど無傷で残りました。人間が作った堤防や鉄骨コンクリートの建物は無残に破壊されましたが、天然の岩は何事も無かったかのように、静かに今日も波に洗われていました。環境教育とか考えずに、じっとこの景色を眺め、人智の限界と自然の畏敬を感じるだけのプログラムとかできないものかなぁ〜、などと考えていました。2つ並んだ石碑は津波の記憶をとどめるためのものです。
津波の記憶をとどめるための石碑


宮澤賢治が尋ねたことを記念する石碑もありました。「うるはしの 海のビロード 昆布らは 寂光のはまに 敷かれ ひかりぬ」とあります。良い歌ですね。地質学にも明るかった賢治にとって、古い地層の見られる三陸の海岸は興味深かったのかもしれません。

宮澤賢治の歌碑


生まれて初めて「ハマギク」を見ました。遠目に見るとごく普通のアスターですが、近くで見ると、さすがに海岸性の植物らしく、じょうぶな茎と分厚い葉っぱを持っています。
ハマギク
岩手県田野畑村北山崎の絶景 [2012年09月18日(Tue)]
今日は、岩手県田野畑村北山崎という所に出張です。

陸中海岸国立公園の中でも美しい断崖の景色の見える所。観光なら景色を眺めて満足ですが、環境教育プログラムを作るための下見ですから、さてここで、どんなことができるかと考えながら歩きます。けれど、あまりに景色が美しすぎて、何も浮かびません。
せめて、ミサゴでも飛んでくれないかと空を見上げてみますが、ハクセキレイが2羽飛んだだけ。ちょうど、米軍の最新鋭の輸送機「オスプレイ(=ミサゴ)」が日本に配備されることが大きな問題になっていたので、ミサゴも出てくるのを控えたのでしょうか。

おりしも、強力な台風が日本に接近しつつあり、波が荒く、9月の半ばとは思えないような、湿った暑い風が吹きまくっていました。
岩手県田野畑村北山崎の絶景三陸
「いきものみっけファームin大仙おばこ」設立総会開催 [2012年09月13日(Thu)]
2012年9月13日、秋田県大仙市で「いきものみっけファームin大仙おばこ」の設立総会が開催されました。長野県松本市に次いで第2号となります。これから、次年度の本格的な事業開始のために、部会を開設して準備を行います。これからが楽しみです。
いきものみっけファームin大仙おばこ設立総会