CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年04月 | Main | 2012年06月»
横浜市で市民協働条例についてのラウンドテーブルを開催 [2012年05月22日(Tue)]
2012年5月22日の夜、横浜市市民活動支援センターで「横浜市市民協働条例」をテーマにした円卓会議が開かれました。6月の市議会に条例を議員提案で提出するというのが異例であるならば、議員の提案条例案を公開し、パブコメを募るのもまた異例。さらに市民が呼びかけて提案した議員を交えての円卓会議を開くというのは、いかにも横浜らしい流れです。

冷たい雨の中、集まった市民は40人ぐらいだったでしょうか。開催日の10日ほど前に告知されたにもかかわらず、これだけの人が集まるのも横浜の底力。

私は開始から30分くらい遅れて参加したので議員の説明はほとんど聞くことができなかったのですが、市民との議論は最初から最後までじっくりと聞いて来ました。このような議員と市民が平場で話し合うような場では、議論の文脈を無視して延々と自説を述べる人や、非難に終始してうんざりする人も珍しくはないのですが、市民側からの発言は、互いに敬意を払いつつ「言いたいことはきちんと言わせてもらう」という気分が共有されたものでした。これもまた、横浜らしい光景と言えるかもしれません。

■プロセスへの疑問
市民からの意見のほとんどが、条例案策定のプロセスについてのものでした。横浜市では、市民活動や協働に関した重要な施策を作るときは、市民とともに作り上げるプロセスを重視してきました。それが市民の意識を高め、市民活動を育んできた原動力の一つです。

ところが、今回はパブリックコメントを募集すると言っても、議員提案として条文を作る過程に市民の関与がほとんどなかったことは大きな問題であるとの指摘です。市民と対話しつつ条例案を煮詰めていけば、間違いなく市民の協働の意欲やスキルが高まるはずです。

議員は「内容に問題が無ければ、誰が、どのように条例案を作っても良い」と考えているように見受けられましたが、そうではないと強く主張したい人が多かったのだと思います。

今回の円卓会議の成果は、パブコメや円卓会議で出た意見に基づき、修正した条例案をもとに、議会にかける前にもう一度ラウンドテーブルを開くことが決定したことです。

■見えない理念
この条例は「横浜市市民活動推進条例」の全部を改正する形で提案されるものです。では、「横浜市市民活動推進条例」のどこに問題があるのか、そして、目指す横浜市の市政・市民活動・協働がどのような姿であるのか、方向性が見えません。「今の条例のどこが悪いのかわからない」という参加者もいました。市民活動推進条例には「前文」がありましたが、この条例案には前文が無いからです。前文にそのような内容を盛り込んではどうかとの意見もありました。

■条文への疑問
「内容に問題が無ければ、大筋で合意しておいて、実際の運用は規則に委ね、規則を作る過程で市民参加の場を確保する」というのが議員のお考えのようですが、実際は問題が大いにあると思われた方もいます。

例えば、「市民協働事業の提案」を規定した第10条に対して質問がありました。今までも、横浜市では市民が行政に協働事業を提案する制度がありました。ただ、採択が年度の途中であるために、協働の案件が採択されても行政側で年度の事業計画が決まっているなどして、協働事業が非常に実施しにくいという弊害があったとおっしゃった方がいました。議員の答えは「付則で、条例の施行日は規則で定めることとしている。行政側に準備をする時間は十分に与えている」でした。質問の趣旨と回答がかみあっていません。質問をした方は「市民提案による市民協働事業の実効性」に対して疑問を呈しているのですが、議員は「条例の施行までに時間の猶予を与えているのでだいじょうぶ」。回答できないのでわざと論点をずらしたのか、それとも質問の趣旨が理解できなかったのかわかりませんが、議論が尽くされていないままに動き出そうとしていることだけは確かです。

付け加えるなら、行政と市民とが協働事業を作り上げていくには時間が必要です。第10条には、「市民協働事業を行おうとする市民等は市に対して、市民協働事業を提案することができる。市長は速やかに提案を審査し、採用の要否を決定し、理由を付して提案者に通知しなければならない」とあります。どのような要件を満たしていれば提案できるのか、どのような手続きがとられるのか、規則などの下位立法に委ねていませんので、この条文に従うと、いつでも誰でも(個人でも)協働事業を提案できることになります。そして、市長は全ての提案を審査し、回答する義務を負うのです。いったい、どうしたらこのようなことが可能なのか。質問をした方の疑問はもっともです。第20条に「この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める」という条文を加えることで、あとのことはみんな規則で決めてしまえということなのかもしれません。苦労するのは、制度設計をする人は大変な苦労をすることでしょう。

今回の円卓会議では、時間の制約で逐条的な議論がほとんどできませんでした。協働契約や中間支援機関など多くの参加者が条文に疑問をもったまま議会にかけられようとしていることに参加者の多くは不安を感じていると思います。

できることであれば、条例案策定のプロセスを市民に開き、多くの市民の理解と共感が得られるよう、6月の議会提案を延期できないものか、帰りの道でずっと考えていました。

ボランティアと除染についてのパンフレット公表を記者発表 [2012年05月21日(Mon)]
2012年5月21日、環境省の記者クラブで「福島に寄り添う円卓会議」の一員として「除染作業への参加を考えているボランティアの方に知ってもらいたいこと」の冊子について記者発表してきました。タイミングが悪く、記者が少なかったのが残念ですが、第1版編集・公開までの一連の流れはこれで一段落。ご尽力くださったみなさまに改めて感謝です。

記者発表の後、福島に寄り添う円卓会議として、どのような取組を広げるべきかブレスト的な打合せをしました。今後は現地での活動を行うことを前提としつつ

・現地とつながる−福島を訪ねて現地を見る・語り合う場を設ける
・他のステークホルダーと関わる−行政・事業者・研究者等
・課題を掘り下げる−農家や流通業者との連携など
・冊子の普及−印刷・配布等の可能性を探る
・冊子の改訂−より多くの団体に関わってもらいつつ内容をブラッシュアップ

などが考えられるといった意見が出ました。6月に円卓会議を再開することを目標に、情報・意見交換の場を継続することも合意されました。それぞれの団体は、何をしたいか・何をすべきか具体化しておくのが宿題となりました。

福島に寄り添う円卓会議が除染ボランティアについて記者発表
松本市で100人の子どもが田植えを体験! [2012年05月20日(Sun)]
2012年5月19日、松本市で「いきものみっけファームin松本」の最初の体験イベント「TAUE」を行いました。好天に恵まれて、集まった子どもたちは100人が元気に田植えをしました。開会式には、こどもエコクラブのマスコットキャラクター「エコまる君」も登場し、子どもたちの人気を集めていました。
いきものみっけファームin松本 田植え体験2012.05.19

鉢伏ファームの方の説明を受けて、100人が一斉に田んぼに入ります。ぬかるむドロに足をとられながら元気に苗を植えました。
いきものみっけファームin松本 田植え2012.05.19

いきものみっけファームin松本 田植する子どもたち20120519

この看板の絵は子どもたちが描いてくれたものです。
いきものみっけファームin松本 看板20120519

田植えが終わった後は、田んぼや川の生きものの観察、クイズにゲーム、紙芝居などで遊び、学びました。
いきものみっけファームin松本企業ブース20120519

いきものみっけファームin松本 生物観察20120519
松本で100人の子どもたちが田植え [2012年05月19日(Sat)]
5月19日、生き物みっけファームの最初のイベントをやっています。天気も最高。
KC3Q0026.jpg
助成審査をやっています [2012年05月18日(Fri)]
助成金の申請書類に埋もれています。今年度はこれが最後の審査。年に4回も助成の採点をしているので、最近ようやく自分なりのコツというかスタイルが身について来ましたので、公開してご批判をいただこうと思います。「何だ、当たり前のことじゃないか」と思われる方も「そんなやり方は乱暴だ」もいらっしゃると思います。

ここに書いた採点方法は、助成金の審査会にかける前に助成申請書類の合否を決めるものですが、予備審査を頼まれる場合にも同様の方法を使っています。

[Step1]振り分け(スクリーニング)
最初に、全ての申請書類に目を通し、○=通過 ×=落選をマークします。この作業は長くても1日。一気にやります。この段階では、助成要綱の「審査基準」にあてはめたスコアリングは行いません。「事業の背景・ニーズ」、「事業による効果・アウトカム」、「事業内容と成果・アウトプット」、「投入する経費・労力・申請金額」をざっと読んで直感的に○か×を判断します。コメントを書き加えることもあります。「課題は何か?」とか「受益者に比べてコストがかかりすぎている」など。

慣れないころは律儀に、一件ずつ採点基準にあてはめながら評価を続けていました。ところが、あとで見直すと同じような案件に違う点数がついていることがあるのです。時間をかけて申請書類を読むと「心の審査基準」がぶれてしまいます。レベルの高い申請書を読んでいると「これまで拾っていたら落とすのが無くなる」と気づいて「心の基準」を高めに設定しなおしました。逆のこともあります。その日の気分によっても合否の判定がぶれることがあります。だから、Step1は一気に、直感的に。

短時間に合否を判定するために、スクリーニングのときは子細に読みません。ニーズ・アウトカム・アウトプット・コストを頭の中でイメージして、○と×をつけます。どちらを何件にするかは決めませんから、ほとんど落選ということもありました。

ニーズとアウトカム、アウトプットがかみ合わないものも珍しくありません。事業そのものの問題というより、申請書類を書く技術が未熟なため、かみあっていないように見える案件もあります。自分の得意な分野や良く知っている地域の問題であれば、補うこともできますが、そうでないときは、書類だけで判断するしかありません。申請書を書く方々は(自戒も含めて)、その事業を全く知らない人が読んだときに、課題・目指す姿・具体的な事業内容が良く理解できるよう書いてあるか、ぜひチェックをお願いしたいものです。

[Step2]精読・採点(通過案件)
スクリーニングで合格となった申請書類を精読します。このときは、助成要綱の審査基準と照らし合わせて、審査基準の項目ごとにチェックします。財団から点数化を求められる場合は、ここで採点します。私の場合、精読した結果、○が×に変わることはほとんどありません。また、このステップは時間がかかったり、作業がまる1日中断したりしてもあまり問題はありません。助成財団の事務局宛に提出する採点用紙に「コメント欄」があれば、できるだけ書き込むようにしています。

[Step3]精読・採点(落選案件)
次に、スクリーニングで落選した案件を、助成要綱の審査基準と見比べて精読します。財団から点数化を求められる場合は、ここで採点します。私の場合、精読した結果、×が○に変わることがたまにあります。課題としているテーマのことを良く知らないと、その切実さが理解できないからです。インターネット検索や新聞記事検索などを使って調べ、問題の深刻さがわかり「何とかしてやりたい」という気持ちになることがたまにあります。落選に振り分けた案件の精読・採点には、通常、あまり時間がかかりません。助成財団の事務局宛に提出する採点用紙に「コメント欄」があれば、できるだけ書き込むようにしています。
おおむね、第3段階までで作業は終了。助成財団の事務局宛に結果を記入した用紙を送ります。

[Step4]確認(全案件)
審査会の直前に、自分の採点表と見比べながら、全案件を通読します。審査会のときにどの案件を強く押すかなどを考えながら、合格の理由を頭の中で整理し、必要に応じてメモをとります。

これは私の方法なので、助成審査をする方々が一般的にこのようなやり方をしているかどうかはわかりません。もしかすると、すごく特殊なのかもしれません。これから助成申請をされる方々に少しは役に立つことがあれば幸いです。
子どものためにできること [2012年05月17日(Thu)]
昨日はこどもエコクラブ関係で共同事業をさせていただいた企業さんを訪ねました。
昨年度行っていた共同事業にお礼を申し上げることと、今年度はこちらの事業で継続できなくなってしまったことをお伝えすることがミッション。とても気の重い仕事でしたが、先方はこちらの事情を良くご理解いただき「機会があれば、また協力しましょう」とおっしゃっていただきました。
また、いろいろとお話をする中で改めて強く感じたことがありました。

日本の人口に占める子どもの比率が下がり続ける中で、子どもを対象にした事業のあり方を根本的に考え直す必要があります。数を頼みにする事業モデルは成立しにくくなることは確かでしょう。

これまで、こどもエコクラブ事業は国の委託事業として「広く・あまねく・公平に」を原則として、できるだけ多くの子どもたちが参加し、同じサービスを提供することを目指していました。その考え方を根本から変えようとしている私たちの選択は間違いではなかったということが再確認できました。いつか、また仕事をご一緒させていただきたいと強く思いました。
ロータリークラブでボランティアの底力を知る [2012年05月16日(Wed)]
昨日は、協働事業の進め方についてとあるロータリークラブの役員さんと打ち合わせに行って来ました。

最初に、資金調達の難航や他の協働相手の協力が得られにくい現状を共有し「先行きが難しいなぁ〜」という空気が流れ始めたとき。「それなら、会員を10人動員して手分けして作業をしましょう」との一言で、一気に解決に向かいました。「○○さんは手伝ってくれるだろう」「○○さんにも声をかけよう」「○○さんからは資金のお願いをしてみよう」など、個人名をあげて協力者のリストアップもほぼできました。

まだ、それでも足りないステークホルダーへの働きかけ、資金調達など課題は残っていますが、二歩も三歩も前進しました。

「本業と関わる」「組織として対応する」「社会貢献から社会的責任へ」などという昨今の最新のCSRの流れからすると、本業を離れた奉仕活動を、個人のボランティア精神に期待する事業の進め方は古いタイプなのかもしれませんが、底に流れる人の意志の力がより強く求められると感じます。

この事業がどのような芽を伸ばし、花を咲かせるか、この先もちょっとしんどそうですが、信頼できるパートナーに恵まれたことはありがたいことだと思いました。
横浜市で市民協働条例のラウンドテーブルを開催します [2012年05月15日(Tue)]
横浜市では、議員提案で市民協働条例が議会にかけられようとしています。
提案を予定している議員団は既に条例案を公開し、パブリックコメントを求めました。議員提案としては、市民に開かれたプロセスとしようとの意欲が見られますが、条例案を作成する過程で市民の参加がほとんどありませんでした(ヒアリングは行ったとのこと)。
そこで、市民と議員が率直に意見交換する場を設けます。

私も、この動きにはとても関心があり、是非参加しようと思っています。

■■■■■「横浜市市民協働条例」をめぐるランドテーブル ■■■■■
■■■■■ 〜提案者 和田議員と一緒に考えましょう〜  ■■■■■

横浜市では「横浜市民協働条例」を議員提案で提出しようという動きがあります。
条例案は既に公開され、5月1日〜16日、議員団からパブリックコメントが募集
されました。

条例案に対して、議員と市民がオープンな意見交換をする場を持つこととなりま
した。市民協働に関心のある方の幅広い参加をお待ちしています。

●日 時 2012年5月22日(火)18:30-20:30
●場 所 横浜市市民活動支援センター セミナールーム
     横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21 クリーンセンタービル
     ※https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=10
●主 催 新しい協働を考える会
●参加費 無料

●申込み 資料を準備する都合で、参加を希望する方はアクションポート横浜
     までeメールでご連絡ください。ご参加いただけない場合のみ、ご連絡
     いたします。連絡が無い場合は、当日直接おいでください。
     ※アクションポート横浜の連絡先↓
     http://actionport-yokohama.org/contact.html
 
6月3日(日)に子どもの国のイベントに行きます [2012年05月14日(Mon)]
「グリーンウェイブ」は、国連生物多様性事務局が呼びかけて実施する世界的なキャンペーンです。日本でも各地で取組が行われます。私は、横浜市にある「こどもの国」で子どもたちが参加するイベントに出て、子どもたち相手に「生物多様性」について一言お話しいたします。
このイベントには「ケロポンズ」の2人が出演するとのこと。私は、増田裕子お姉さんの大ファンなので、今からテンションあがりっぱなしです(笑)。参加者には、まだ余裕があるとのことですから、お申し込みください。
******************************************************************
■■被災地緑化支援プロジェクト「グリーンウェイブ2012〜生命の森、再び」
こどもの国(横浜市)

■日 時 2012年6月3日(日)12:30〜15:30
■場 所 こどもの国(神奈川県横浜市青葉区奈良町)
■主 催 国土緑化推進機構、森林文化協会、朝日新聞社
■募 集 小学生の児童とその保護者計400人
■参加費 無料
■内 容 6月3日(日)、こどもの国で開く記念植樹式に参加します。そこで岩手県産の樹木の苗木ポットを受け取ってください。これを自宅で栽培しますが、室内やベランダでも育てられます。3年後、主催者が被災地に植樹します。
子どもたちの心に震災を忘れず被災地に寄り添う思いをきざんでもらうと同時に、被災によって失われた緑の復活に役立てます。
当日は代表者が福島県三春町の滝桜の苗10本を記念植樹。絵本作家・村上康成さんの講演、スーパーデュオ・ケロポンズの歌と遊び、苗木の配布式があります。
■申し込み 全員の氏名、年齢、代表者の郵便番号、住所、電話番号を書き、はがき(〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-10 6階)かeメール(gw2012@entry.jimukyoku.jp)、ファクス(03-5847-7740)で「朝日グリーンウェイブ事務局M係」へ。5月21日必着、当選者には招待状を送る。問い合わせは事務局(03-5847-7730)平日午前10
時〜午後6時)へ。
いきものみっけファームin松本 事業紹介資料 [2012年05月14日(Mon)]
「いきものみっけファームin松本」とは、松本市・松本大学・地元企業・生産者による産官学民連携により、それぞれの知識やノウハウを生かしながら化学肥料に依存しない農産物の生産や販売、四季の生きもの観察当の体験プロジェクトを行います。
未来を担う子どもたちが「食と農」を結びつけた体験学習及び環境教育を通じ、豊かな自然と環境への負荷の少ない社会経済(グリーンエコノミー)からなる持続可能な社会の発展・構築を目的とした事業です。
2012年1月に関係者が集まり協議会が発足しました。第1回のイベントが100人の「TAUE」です。事業のあらましを記した資料を2つアップロードしておきます。関心のある方はご覧下さい。
【いきものみっけファームin松本】事業概要紹介20120521.ppt
【いきものみっけファームin松本】設置要綱.doc