CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« いきものみっけファーム | Main | ボランティア»
福島県いわき市にドングリの苗が里帰り [2014年06月15日(Sun)]
東日本大震災で被害を受けた、岩手・宮城・福島の3県の森や緑を再生する「プロジェクトD」は、3県で拾ったドングリを、日本全国の「里親」が育て、育った苗木を、もとあった県に戻します。福島県いわき市で森を育て・森に親しむ活動をしている、「いわきの森に親しむ会」からドングリが拾える場所を教えていただき、2011年11月19日、震災の爪痕の残る福島県いわき市を訪ねました。

拾ったどんぐりを育ててくれたのは横浜市の小学生。3年間、大切に育てたドングリが大きく育ちました。
nagatadaisho-04.jpg

6月9日、2トントラックを借りて横浜からいわき市の樹木医の方のお宅まで運びました。苗木はここで植樹できるように手入れをほどこされます。子どもたちは、大切に育てたドングリの苗とお別れするのが少しさびしそうでした。
nagatadaisho-05.jpg

2014年6月15日。心配していた雨もあがり、青空のいわき市久ノ浜海岸に横浜市から5人の小学生と2人の先生が来て、地元の方々と一緒に苗木を植えました。
時間が限られていたので、15日に植えたのは51本のうち5本だけ。あとは、福島県いわき建設事務所の方が植えてくださいます。
project-d20140615-02.jpg

地元の方々と一緒に苗木を植えた子どもたちは「また、ここに来たい」「大きく育ってほしい」と言っていました。
project-d20140615-03.jpg

今回植樹したのはウバメガシ。暖かい地方に多いドングリなので、もともといわき市に自生していたものではないかもしれませんが、海岸部に植えられることも多い木です。いわき建設事務所は、この木が防災緑地でうまく根付くかどうかの実験をするのだそうです。
うまく育ち、いっしょに植樹を続けさせていただきたいと思っています。
こどもたちに植樹の話 [2012年06月03日(Sun)]
グリーンウェイブは、国連生物多様性事務局が呼びかけたキャンペーン。5月22日の生物多様性の日の前後に、全世界で緑を育てるイベントを行います。

森林文化協会と国土緑化推進機構は、横浜市青葉区にある「こどもの国」で植樹のイベントを行いました。今回は、東北で育った苗木を首都圏の子どもたちが「里親」になり、3年後にもとあった地域に植えるという仕組みをつくりました。これは、Project-Dの考え方ととても近いので、私もこのイベントをもり立てるべく、ご協力させていただきました。

私の役目は、子どもたち相手に苗の育て方と生物多様性の保全に気をつけて欲しいとのメッセージを伝えること。想定していたよりも年代層が低く、幼児から小学校低学年が多かったので、うまく伝わったかちょっと心配です。

年代層が低かったのは、こどもたちに大人気のスーパーデュオ「ケロポンズ」のコンサートがあったから。実は私、ケロポンズの「ケロ」こと増田裕子さんの大ファンなのです。彼女がケロポンズを結成する前に所属していた「トラや帽子店」というユニットは遊んで、歌って、笑って、泣ける、こどもからお年寄りまで楽しめるグループでした。このグループから11枚のCDが発売されていますが、全部買いました。今日は、もちろん、記念写真を撮っていただきました。

グリーンウェイブ2012でご一緒したケロポンズ
6月3日(日)に子どもの国のイベントに行きます [2012年05月14日(Mon)]
「グリーンウェイブ」は、国連生物多様性事務局が呼びかけて実施する世界的なキャンペーンです。日本でも各地で取組が行われます。私は、横浜市にある「こどもの国」で子どもたちが参加するイベントに出て、子どもたち相手に「生物多様性」について一言お話しいたします。
このイベントには「ケロポンズ」の2人が出演するとのこと。私は、増田裕子お姉さんの大ファンなので、今からテンションあがりっぱなしです(笑)。参加者には、まだ余裕があるとのことですから、お申し込みください。
******************************************************************
■■被災地緑化支援プロジェクト「グリーンウェイブ2012〜生命の森、再び」
こどもの国(横浜市)

■日 時 2012年6月3日(日)12:30〜15:30
■場 所 こどもの国(神奈川県横浜市青葉区奈良町)
■主 催 国土緑化推進機構、森林文化協会、朝日新聞社
■募 集 小学生の児童とその保護者計400人
■参加費 無料
■内 容 6月3日(日)、こどもの国で開く記念植樹式に参加します。そこで岩手県産の樹木の苗木ポットを受け取ってください。これを自宅で栽培しますが、室内やベランダでも育てられます。3年後、主催者が被災地に植樹します。
子どもたちの心に震災を忘れず被災地に寄り添う思いをきざんでもらうと同時に、被災によって失われた緑の復活に役立てます。
当日は代表者が福島県三春町の滝桜の苗10本を記念植樹。絵本作家・村上康成さんの講演、スーパーデュオ・ケロポンズの歌と遊び、苗木の配布式があります。
■申し込み 全員の氏名、年齢、代表者の郵便番号、住所、電話番号を書き、はがき(〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-10 6階)かeメール(gw2012@entry.jimukyoku.jp)、ファクス(03-5847-7740)で「朝日グリーンウェイブ事務局M係」へ。5月21日必着、当選者には招待状を送る。問い合わせは事務局(03-5847-7730)平日午前10
時〜午後6時)へ。
Project-Dの年次報告書2011 [2012年05月09日(Wed)]

事務所に「どんぐりの芽が出ました」というメールなどが続々と届いています。
2011年1月に全国にいる約2000人に送ったどんぐりが発芽しているのです。
このどんぐりは、2011年3月11日に発生した東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県で拾ったものです。全国の子どもたちが苗を育てて、いつか被災地に植え戻します。Project-Dと名付けられたこの事業はこれから数年続きます。初年度の事業報告書ができましたので公開します。


苗を育てているようすは「プロジェクトD 被災地に緑と心の復興を!どんぐりプロジェクト」のホームページで見ることができます。


プロジェクトD年次報告2011年度版.pdf



【Project-D】事業紹介(短版)20120601.ppt