CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 環境教育 | Main | CSRの現場»
連休で東北道は大渋滞 [2012年05月03日(Thu)]
5月の連休は、家族を連れて福島の観光と決めていました。観光で訪れることも「福島に寄り添う」一つの方法です。
3日は東北道の下りが大渋滞、しかも大雨。白河まで6時間もかかってしまいました。早いときの倍くらいかかっていますが、東北に観光やボランティアで行く人が多いのは良いことです。
白河で線量を計ると0.26μSv/時でした。東京よりは少し高いですが、問題の無いレベルです。
おなかがすいたので、白河で途中下車せずにこのまま会津まで走り、おいしいソバを食べに行きます!
『除染作業への参加を考えているボランティアの方に知ってもらいたいこと』第1版公開 [2012年05月01日(Tue)]
昨年11月に発足した「福島に寄り添う円卓会議」は、東京電力福島第一原子力発電所の事故によって大量にまき散らされた放射能を取り除く(除染)ボランティアについての意見交換会から始まり、最初は「除染ボランティアのガイドライン」の作成を目指していましたが、議論が進むうちに、除染に限らず「福島に寄り添う方法をもっとたくさん示した方が良い」あるいは「除染の危険性や現地の複雑な状況を知ってもらった方が良い」という意見が強くなり、『除染作業への参加を考えているボランティアの方に知ってもらいたいこと』というタイトルの14ページの冊子にまとまり、5月1日から公開されています。
私も「円卓会議」の一員として議論に参加し、原稿書きや校正のお手伝いをさせていただきました。ぜひ、ご一読のうえ、福島の人たちの苦難を理解し、分かち合う人が一人でも増えることを願います。冊子は下からダウンロードできます。

福島に寄り添う円卓会議アピールver01.pdf