CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 押入れの宝箱 | Main | 成果物»
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
ジビエ活用事業についてのレクチャー [2019年11月06日(Wed)]
こんにちは。研修生の安井です。

ボランタリーネイバーズ 理事 藤森幹人様から
ジビエ活用事業についてレクチャーしていただきました。

日 時:2019年11月6日(水)10:00〜12:00
場 所:ボランタリーネイバーズ事務所

愛知県での有害獣による農作物被害は毎年2億円を超えています。シカやイノシシといった野生動物は害獣として駆除され、駆除されたシカやイノシシの肉は仲間内で食べるか、破棄されてきました。一方フランスでは、狩猟で得た野生鳥獣の肉(ジビエ)は高級食材として重宝されてきました。そこでジビエを一般に流通させ、ジビエ料理としてレストランでの提供や、一般消費者へ販売することで地域資源として活用する方法が提案されました。

DSC07360.JPG

しかし、野生動物の肉を普及させるにはいくつもの課題が存在します。一つ目は許可された食肉処理場での加工です。食品営業強化を受けた施設で加工しなければ、一般に流通させることができません。二つ目はジビエ肉のイメージです。ジビエ肉は臭い、硬いといった負のイメージを持った一般消費者は多いです。三つ目は安定的な量と質の供給が難しいことです。野生動物であるため捕獲数には時期的な変動があり、肉質にも個体差があります。四つ目は価格です。非効率で手間のかかる処理が必要であるため、価格が高くなってしまします。

ボランタリーネイバーズでは、これらの課題解決に向けた取り組みを行ってきました。具体的には、イベント等での試食会の開催、ジビエ料理のレシピ集の公開や捕獲・処理・流通のネットワーク作りです。平成29年にアイリス愛知で行われた「愛知産ジビエを使った料理の発表会」の企画運営はボランタリーネイバーズでした。参加者からは、想像よりも臭くないといった感想がいただけました。

現段階では、民間企業がジビエで利益をあげることは困難です。しかし上記の課題が解決されれば、民間企業が参入し、ジビエの有効活用と農作物被害の軽減へとつながる可能性があります。将来的にはボランタリーネイバーズのジビエ事業はジビエの普及だけでなく、過疎化が進む中山間地域の活性化にもつながることを期待します。

情報発信チーム安井
刈谷市 令和元年度 第1回 コーディネーター部会 [2019年09月30日(Mon)]
こんにちは。研修生の相模です。

本日、刈谷市役所にて開催された「令和元年度 第1回 コーディネーター部会」に参加させていただきました。
今年度第1回目ということで新しい委員の方が紹介された後、議題である「まちづくりコーディネーターについて」、「今年度の活動について」、「つなぎの学び舎構成再編について」を協議しました。

DSC07032.JPG

部会長である愛知教育大学 大村恵 副学長の議事進行のもと、委員の皆さんがそれぞれの立場からより良いまちづくりの為に熱い意見交換を行っている姿がとても印象的でした。

今回議題にあがっていた「まちづくりコーディネーター」とは、刈谷の市民誰もがいきいきと輝いて暮らせるまちにしていくためのお世話役としての登録制度。その対象となるための方法の1つに「つなぎの学び舎」に参加し修了する必要があります。
まちづくりコーディネーター・つなぎの学び舎

大変貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!

以上、ご報告でした。

情報発信チーム 相模
9月8日 刈谷市「つなぎの学び舎」第3回『魅力的な企画をすすめる力』に参加しました! [2019年09月09日(Mon)]
 こんにちは。研修生の松原です。

 9月8日に刈谷市民ボランティア活動センターにて開催された
第5期つなぎの学び舎【基礎編】第3回「魅力的な企画をすすめる力を学ぶ」に
参加させて頂きました!

 今回の講義のねらいは以下の3つとなっています。
・まちづくり活動における企画の必要性を理解する。
・企画書づくりの基本的な手法・共感を生む企画のポイントを学ぶ。
・自分が取り組んでみたい活動を考え、企画書を作成してみる。

 以上のねらいに向けてまずは、地域問題研究所の池田哲也さんに
パワーポイントを用いて講義をして頂きました。講義の主な内容は以下のとおりです。
・企画とは(具体的な内容、プロセス)
・まちの課題とは?
・ケーススタディ
・企画書づくり
・企画書のステップアップ

190908ikedasan.jpg

講義では企画書で抑えるべきポイントを何,いつ,誰,どんな等の視点で具体的に示して頂き、何をどうするかがまったくわかっていない私にとって参考になりました。
また、講義ラストに立派を目指さない。頑張りすぎないといった言葉を紹介頂き、いいものをつくらなければならないと思っていたので少し気楽になれた気がします。
 
講義のあとはグループに分かれ、各個人で実際に企画書を作成しました。
実際に「ひと」や「まち」の現状や課題を選んで、何をどうするか案にするのですが、私はなかなかイメージが形にならず苦戦しました。しかし先ほどの立派を目指さないという気持ちで暮らしの現状に目を向け、多文化共生をテーマに案をつくることができたのでよかったです。

190908ws.jpg

 その後はグループ内でそれぞれプレゼン&フィードバックを行いました。
みなさんのプレゼンを見ていると、同じテーマでも切り口が違ったり、着眼点が違ったりしてなかなか参考になりました。発表後はグループのメンバーから質問や指摘を受け案をブラッシュアップできました。
「まちづくり」という単語からはどうしても地域の再生など整備的なイメージがあったのですが、子育てや防災などいろいろなテーマがあり、これまでのまちづくりのイメージが変わりました。

 グループワークの後は各自で本日の振り返りとなるまとめシートを作成し、池田さんとの質疑応答をへて終了となりました。あっという間の講座で充実した内容でした。

 本日は研修生として貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
今回は講義およびグループワークを通じ、何かを企画するということを学べたので今後業務において何かを構想する、企画するといった場面で生かしていければと思います。

情報発信チーム 松原和平
8月28日「NPO法人が知っておきたい消費税のしくみ」に参加しました! [2019年08月28日(Wed)]
こんにちは。研修生の小アです。

 8月28日(水)名古屋市市民活動推進センターにて「NPOのための相談と講座」が開催され、私もスタッフとして参加させていただきました。

 こちらの講座の内容は「NPO法人が知っておきたい消費税のしくみ」ということで、講師として税理士の鳥居 翼(とりい つばさ)さんにお越しいただき、13名の受講者の方とともに2019年10月から実施される消費税率10%への引き上げ及び「軽減税率制度」についてどのような変更があり、どのような対策が必要なのか、消費税のしくみの基礎と、改正点のポイントについて学びました。
190828NPO法人が知っておきたい消費税のしくみ (4).JPG

 講義の中では、軽減税率の対象について、コンビニでの商品の購入についてイートインで食べると通常税率の10%だけど持ち帰りの場合軽減税率が適用され8%まま購入できるが、会計時に持ち帰りを選択したがイートインで食べてしまう消費者がいた場合どうするのか?差額を請求するのか?といった実際にイメージのしやすい事例を交えながらお話していただきました。

 また、軽減税率制度に対応した価格表示や制度導入に伴う請求書等の記載事項の追加など事業者の方向けの話もあり、うなずきながら講座を受けている参加者の方みえました。

 上記のとおり、講座では事業者目線、消費者目線と両方の話を聞くことができました。

 今回の講座で学んだことを今後の仕事のみならず、実生活でも活かしていきたいと思いました。
 貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。


情報発信チーム 小ア
8月23日「いまさら聞けないNPOの広報」に参加しました! [2019年08月23日(Fri)]
こんにちは。研修生の野代と會田です。

 本日、名古屋市市民活動推進センターにて「名古屋市NPOアドバイザー講座」が開催されました!
 主催は名古屋市さんで、私たちボランタリーネイバーズが委託を受けて実施しております。今回開催された講座の概要については以下のとおりです。

【名古屋市NPOアドバイザー講座】
テーマ:いまさら聞けないNPOの広報
講 師:織田 元樹さん(特定非営利活動法人ボラみみより情報局代表)
日 時:2019年8月23日(金)13:00〜15:00
場 所:名古屋市市民活動推進センター集会室
参加者:12名

 講師の織田先生からは、まず「広報」の意味についてご講義していただきました。
 皆さん、「広報」と似た言葉で「広告」という言葉がありますが、違いは分かるでしょうか?
 「広告」とは新聞や雑誌などの広告枠を買って商品や企業の宣伝を行うことで、「Buy me(買って!)」という意味です。一方、「広報」は新聞や雑誌などの媒体に記事として取り上げてもらい、様々な関係者に活動内容を理解してもらうこと、「Love me(好きになって!)」という意味だそうです。つまり、広報するということは、私たちの団体を好きになって!ということになります。そう考えると、広報ってそんなに難しいものではないんだなと思いました。

190823いまさら聞けないNPOの広報 (8).JPG

 続いて、実際、広報する際のポイントについてご講義いただきました。
 広報する際に重要なポイントとして、@誰から伝えるのか、A誰に伝えるのか、B伝え方、Cどんな時に伝えるのか、Dどんな方法で伝えるのか、E繰り返すこと、F人を巻き込むの7つあり、それぞれのポイントについて丁寧にお話がありました。
 また、今まで実際に使われたチラシやパンフレットも見させていただきました。その中には、チラシを開くと飛び出す仕掛けがあるものなど、これは何だろう!と興味をそそられる仕掛けが施されているものが多くあり、こうした工夫はとても大事だなと感じました。

 講義の中で最も印象に残っているのは、広報は私たちの団体を好きになって!ということであり、つまり広報物はラブレターですとおっしゃっていたことです。ラブレターは伝えたい相手のことを思って書きますよね。広報も同じで、具体的に伝えたい相手を思い浮かべて広報物(ラブレター)を作ることで、それが周りの人に広がり、多くの人に知ってもらえるようになるという事でした。今後、広報をする機会が多くあると思うので、活かしていきたいなと思いました。(會田)

 伝える相手によって伝え方を変える、というところがとても印象的でした。受け手が変われば、響くポイントも変わる。相手の価値観や大切だと思うところに焦点を当てることも、「伝わる」広報の重要なファクターなんだと感じました。相手の立場になって、どう伝えればより分かってもらえるのかを考えて、今日学んだことを今後の仕事に活かしていきたいと思います。(野代)

 以上、ご報告でした。


情報発信チーム 野代、會田
つなぎの学び舎【基礎編】「話を引き出す力」に参加しました [2019年08月21日(Wed)]
こんにちは。
研修生の和田と野代です。

8月20日(火)午後1時30分より 刈谷市民ボランティア活動センターにて
2019年度つなぎの学び舎 第5期【基礎編】「第2回 話を引き出す力」が開催され、私たちもスタッフの一員として参加させていただきました!

こちらの講座は、市民のまちづくりコーディネーターを育成する「つなぎの学び舎基礎編」の連続講座です。

第2回となる今回は、講師としてNPO法人まちの縁側育くみ隊 代表理事 名畑 恵(なばた めぐみ)さんにお越しいただき、8名の受講者に向けて、まちづくりのための話し合いにおけるファシリテーターの役割や、様々な立場・年齢・職業の人が集まる中でどのように上手く意見を引き出すのかについてご講義いただきました。また、実際に参加された方全員でワークショップに取り組むことで、話し合いにおいて大切なポイントについて肌で感じ、学ぶことができました。

IMG_0594.JPG

講義の中では、NPO法人まちの縁側育み隊の取り組みについての紹介にはじまり、街作りのための話し合いにおいて「促す人」となるファシリテーターの役割について、豊明まち育て塾の例などを通して理解を深めました。

話し合いにおいて大切なのは、多様な人の出会いの場を用意すること。
違う立場の人が同じテーブルに着くことで互いに触発され、様々なアイデアが生まれます。そのためにファシリテーターは参加する人どうしの水平的な関係作りを促し、意見を見えるようにして共有しながら話し合いを導きます。

それらを定義から学ぶのではなく、敢えて実践から入り、体験して得た感覚を共有することでファシリテーターとしての在り方を身に付けよう、ということでワークショップを体験しました!

IMG_0606.JPG
ポストイットに意見を書いて、仕分けを行います

ワークショップの内容は「良い話し合い・悪い話し合い」について具体例を参加者で集め、そこから「話し合いをよくする●ヵ条」を作ること。また「ファシリテーターを別の言葉で表す」ことで、講義とワークショップの成果から全員で学んだことを再認識すること、の2点でした。

良い話し合い/悪い話し合いについて意見を出し合う中で、初めは初対面の方と上手く話し合いができるか不安でしたが、ワークショップが進むにつれて白熱していき、最後にはみなさん立ち上がって議論するほど大いに盛り上がりました。
自分とは違う視点や思いもつかない意見が飛び交う話し合いはとても充実して楽しく、私たちも(スタッフという立場を忘れ)、思わずのめり込んでしまいました!

IMG_0617.JPG
最後にそれぞれのグループで発表をしました

普段の仕事の中ではこれまで、良い話し合いというものがどのようなものなのか、あまり意識したことがありませんでしたが、今回の講義を受講させていただいて、話し合いの良い進め方は「ひらく」「仕分ける」「まとめる」であるということ、そして全員が協力して参加する話し合いのすばらしさや、その進行を担うファシリテーターの重要性をよく理解することができました。

今回の講座で学んだことを是非今後の仕事や生活に活かしていきたいと思います。
大変貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!

以上、ご報告でした。

情報発信チーム 和田・野代
つなぎの学び舎【基礎編】「話を引き出す力」打合せ [2019年08月09日(Fri)]
こんにちは、研修生の野代です。

本日は、8月20日(火)に開講される
まちづくりコーディネーター育成講座 つなぎの学び舎【基礎編】第2回「話を引き出す力」の打合せに参加させていただきました!

この講座では、まちづくりに不可欠である、一人ひとりのつぶやきを組み合わせて構想を創っていくような話し合いを、より密に・実りのあるものとするために、コミュニケーションの基本になる「話を引き出す」「企画する」「情報を伝える」といった技術を学ぶことを目的としています。

打合せは、講師をしていただくNPO法人まちの縁側育くみ隊 代表理事
名畑 恵(なばた めぐみ)さん始め、刈谷市市民協働課職員の方2名、
ボランタリーネイバーズより3名、以上6名で行われました。

一昨年度にも同様の講座が開講されたことを受け、講演の内容の確認から、参加される方へ配慮すべき点や、改善点など、開催に向け詳細な調整を行いました。

話し合いの中では、これまで受講する側としてあまり意識することのなかった主催する側の意図や背景に触れることができ、本当に貴重な体験をさせて頂きました。
講座の中の一つ一つのプログラムに学んでほしいポイントが明確に盛り込まれていて、どうすれば限られた時間でより多くのものを持ち帰ってもらえるか、また参加者目線で不都合な点がないかを常に確認しながら進められていく打ち合わせの様子を見ながらこうやってイベントが作られていくのだなと、ただただ感心してしまいました。

「話を引き出す力」は人と人との関わる場面では、どこでも重要なスキルだと思います。8月20日の講演にも参加させて頂けるということで、今からとても楽しみにしています!是非一つでも多くのことを学んできたいと思います。

-----------------------------------------------------------------
<つなぎの学び舎>
【日時】令和1年8月20日(火)午後1時30分から午後4時45分
【場所】刈谷市民ボランティア活動センター/刈谷市民交流センター
     刈谷市東陽町1−32−2
【内容】第2回「話を引き出す力」
-----------------------------------------------------------------

以上、報告でした。

情報発信チーム 野代
YWCAへ見学に行ってきました! [2019年07月30日(Tue)]
 こんにちは。研修生の泉です。

 本日は、公益財団法人名古屋YWCAと特定非営利活動法人名古屋NGOセンターへ見学に行きました!
 公益財団法人名古屋YWCAでは、主に英会話や日本語の教室が開講されており、ちょうど本日から日本語教室が開講されていたため、外国の方が何名か日本語の勉強をしており、とてもアットホームな雰囲気だなと感じました。その他、YWCAでは、フェアトレード商品の販売や活動記録の閲覧ができるようになっていました。
 特定非営利活動法人名古屋NGOセンターでは、職員の方から、団体の活動についてご説明頂きました。NGOスタッフの養成や相談対応なども行っているとのことで、仕事をしていて楽しいと感じる時について、「人が成長した姿を見ることができた時」ということで、当時のエピソードをお聞きすることができました。
 YWCAのビルの中には、他にも団体があり、団体同士の情報共有もしやすく、とても活動がしやすい空間だと思いました。また、多文化共生分野にもともと関心があったので、今回それに関連する施設を見学し、職員の方と直接お話することができ、とても貴重な時間となりました!

 以上、ご報告でした。

情報発信チーム 泉
12月4日 (火) 「一般社団法人愛知ジビエ振興協議会」設立準備委員会総会 [2018年12月06日(Thu)]
こんにちは。
研修生の佐藤です。

12月4日に、愛知県林業会館にて開催されました「『一般社団法人愛知ジビエ振興協議会』設立準備委員会総会」に参加させていただきました。こちらの法人は、愛知産ジビエの普及を目指してPR活動を行ったり、意見交換などを行ったりする団体です (ボランタリーネイバーズは、愛知産ジビエ普及のためのネットワーク組織設立のために愛知県農業振興課から委託を受けており、今回の総会にも出席いたしました)。

DSC05176.JPG

準備委員会からは会員の過半数にあたる15名の委員の方が、愛知県からは2名の方が出席され、ボランタリーネイバーズからは5名が同席しました。本総会では定款案及び設立手続きの承認がなされ、「一般社団法人愛知ジビエ振興協議会」が設立されるという貴重な現場に立ち会うことができました (リンク:http://www.aichi-gibier.com/)

参加された準備委員会の方々も、これまで長きにわたって設立準備に携わってこられたためか、定款案及び設立手続きの協議もただ議題を聞いて承認するという場ではなく、附則の詳細な内容や、法人設立から登記完了までのスケジュール及び入会手続きについても活発な議論がかわされる場となっており、とても新鮮に感じました。

法人設立の決議後も、参加された方々は、現在の愛知産ジビエの消費を取り巻く環境についての悩みや来年の活動についての抱負などを述べられており、ジビエ事業の収益性の低さや近隣地域での豚コレラの流行などの困難な現状においてもなんとか愛知産ジビエを広めたいという、皆様の強い想いを感じました。

「一般社団法人愛知ジビエ振興協議会」が本格始動する来年の干支は猪。愛知産ジビエのますますの発展が楽しみです!

以上、報告でした。

情報発信チーム 佐藤
刈谷市 わがまちのつむぎ場10 [2018年12月04日(Tue)]
こんにちは。
研修生の岩田です。

12月2日(日)、刈谷市民ボランティア活動センターにて、「刈谷市市民ボランティア活動センター・刈谷市」が主催のわがまちのつむぎ場10「みてたのしい つながってうれしい」に参加させていただきました。
同時に、ボランタリーネイバーズが主催する「つなぎの学び舎・実践編」のボランティア活動センターに学ぶコーディネート力(実践編)を見学させていただきました。
約200人の方が参加されました。

この会は、会場内でパネルやパフォーマンス出展などを通じて、市民活動団体・企業・行政の活動紹介をする、いわゆる見本市です。
どの団体さんも刈谷市を中心として活動しており、お互いの団体さんを知る機会にもなります。
計38団体が出展しており、今回初出展の団体が11あり、確実にこの会の認知度が広まっていました。

また、今回の「つなぎの学び舎」は、まちコ(まちづくりコーディネーター)がコーディネート力を身につけるために、刈谷市の団体さんが何を求めているか現状を把握し、人や団体さんをどう繋げていくかを考える講座でした。
それぞれに個性を持った団体さんからの様々なニーズがあるため、それを上手くつなぎ合わせていくことは、いざ考えてみると難しいと感じました。

全体を通じて、それぞれの団体に個性があり、刈谷市を良くしたいという熱意を感じました。
この皆さんの思いが、刈谷市をさらに盛り上げ、愛知県全体にも広がっていけばと強く思いました。

貴重な体験をありがとうございました。
IMG_1629.JPG
情報発信チーム 岩田
| 次へ