• もっと見る
Main | 事務局日誌»
NPO等に関する相談窓口のご案内 [2023年09月26日(Tue)]
ボランタリーネイバーズは、愛知県内の各市町村の相談事業を受託しております。
相談は無料でご利用いただけます。
詳細・予約についてはリンク先の窓口までお申し込みください。

・名古屋市市民活動推進センター(無料)
https://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/project/adviser/

・一宮市市民活動支援センター(無料)
https://www.138cc.org/event/soudan/

・尾張旭市(無料)
https://www.city.owariasahi.lg.jp/kurasi/kyouiku/siminkatudou/soudan27.html

・北名古屋市(無料)
https://www.city.kitanagoya.lg.jp/shimin_katsudo/350006.php

・日進市(初回1時間無料)
https://shimin-kouryu.net/group/flow/

上記の条件が合わない場合は、ボランタリーネイバーズについて直接、ご相談をお受けいたします。
下記のフォームによりお問い合わせください。
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=WtaKNy8q60Os_Zhh_tkkdkJqdNt5HnBAqxXViNNMpZFURjE1TFpVMzFaT1FWOUNMWTQwU0VTQ1NETyQlQCN0PWcu
\中日新聞に掲載されました/『コロナで活動に支障の市民団体 市の支援続けます』 [2023年05月29日(Mon)]
<NPO向け>ポストコロナを見据えた伴走支援に関して、中日新聞に記事を掲載いただきました。

●中日新聞 5月28日付(朝刊)
『コロナで活動に支障の市民団体 市の支援続けます』
https://www.vns.or.jp/post-corona2023-news/

5月30日に説明会を予定しております。
お申込みを考えている方、課題を一緒に考える専門家を探している方など、
この機会に、ぜひ説明会へご参加ください!

●5月30日(火)オンライン説明会
https://www.vns.or.jp/poscoro-setumeikai/

●伴走支援のお知らせ 【申込締切6月26日(月)】
https://www.vns.or.jp/post-corona2023/
日本初?!販売士×NPOコラボ企画『商品・授産品の魅力を引き出す販売術』スムーズなアプローチと販売のコツ [2023年05月01日(Mon)]
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

\日本初?!販売士×NPOコラボ企画/
2023/6/12(月)19:00〜 オンライン
『商品・授産品の魅力を引き出す販売術』
スムーズなアプローチと販売のコツ 
https://www.vns.or.jp/hanbaishi20230612/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

NPOが販売する商品には、1つ1つにストーリーがあります。
ですが、ストーリーがある商品でも、“魅せ方”によって、伝わる価値は大きく変わってきます。
本当に良い商品でも、伝え方が不十分だと、価値が伝わりきらずに売り上げにつながらないことも起きてしまいます。
ていねいに作り上げた商品が、伝え方や魅せ方次第で商品を手に取る人が増えるだけではなく、作り手や活動の魅力を伝える機会にもなります。

「『今、買いたい!』と『今度にしよう』の気持ちの違いはどこからくるの?」
「同じ商品を1日10個売る人と1日1個しか売れない人の違いはなに?」

今回のセミナーでは、商品をオススメする上で、その価値を100%以上伝えられるような“魅せ方”のスキルと、迷っている人の背中を押す“クロージングの鉄則”について解説します。 

こんな方にオススメです!     
 ★商品価値を魅力的に伝えたい
 ★商品の見えない価値を発見し、引き出したい
 ★商品の価値を広げ、関連販売に結び付けたい

●日時:2023年6月12日(月)19:00〜20:30(受付:18:45〜)
●場所:オンライン(Zoom) 
●参加費:無料
●参加対象:商品や授産品を販売している団体、これから販売しようと考えている団体
★参加特典:個別相談あり(3名までの限定。参加申し込み時にお伝えください)

●講師:鈴置貞治さん
東海販売士協会・理事、一級販売士
小売業の販売員や店長の他、流通関係の営業マンとしての経験も豊富。現場での経験と理論に基づき、販売を解りやすく解説します。

●申し込み:下記URLより、お申し込みください。
https://forms.office.com/r/rDupfNcpqY

共催:東海販売士協会
主催:NPO法人ボランタリーネイバーズ 
〒461−0005 名古屋市東区東桜2−18−3、コープ野村東桜702
052-979-6446
vns@vns.or.jp

【チラシ】商品の魅力引き出す販売術.jpg
\情報提供/日米草の根交流コーディネーター派遣 [2022年10月20日(Thu)]
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
日米草の根交流コーディネーター派遣プログラム/JOI PROGRAM
2023年度派遣コーディネーター募集
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

米国の草の根レベルで日本への関心と理解を深めることを目的に、
地域に根ざした交流を進めるためのコーディネーターを2年間米国に派遣する事業です。
2023JOIPROGRAM (2).jpg

派遣期間:2023年8月〜2025年7月
応募締切:2023年1月10日(火)

詳細はこちらから↓
https://www.joiprogram.jp/application/
2023JOIPROGRAM.pdf
\情報提供/市民の参加と協働を進めるコーディネーション研究集会2022【日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)】 [2022年10月18日(Tue)]
★特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)さんからの
ご案内をご紹介します

市民の参加と協働を進めるコーディネーション研究集会2022

日時:2022年12月17日(土)・18日(日)
会場:リアル会場(東京・京都・大阪)&オンライン
参加費:一般6,000円 二人目割引*5,500円 JVCA正会員・準会員5,000円
    *同じ組織の二人目以降の方へ割引があります。
申込締切:2022年11月28日(月)迄

ご案内詳細はこちら↓
https://jvca2001.org/post-5603/

集会専用webサイト
https://jvcc2022.jimdofree.com/

市民の参加と協働を進めるコーディネーション研究集会開催要項
JVCC2022開催要項.pdf
事務局日誌10/6 [2022年10月06日(Thu)]
いつもご案内ありがとうございます。
本日の★ニュースレターご紹介★

1)公益財団法人アジア保健研修所(AHI)(愛知県日進市)
●アジアの健康
●3分アンケートにご協力ください〜コミュニケーション大作戦〜
https://ahi-japan.jp/?p=16256
221006AHI.JPG


2)愛知県社会活動推進課
●子ども・若者育成支援フォーラム
2022年11月13日(日)13:30〜16:00
基調講演「子ども・若者が活躍できる地域社会づくり」講師:鈴木誠氏(愛知大学地域政策学部教授) 

https://www.pref.aichi.jp/press-release/youthforum-r4.html
20221006kodomowakamono.pdf

3)独立行政法人国民生活センター
●地域の見守りネットワーク推進のための講座(地域で取り組む人向け)
https://www.kokusen.go.jp/seminar/pdf/seminar2022-mnctk.pdf
【募集】堀川検定2023〜めざせ!堀川アンバサダー [2022年10月05日(Wed)]
「水辺とまちの入口研究所」さんからの案内をご紹介します。221005_horikawakentei2023.JPG

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
堀川検定
〜名古屋の母なる川を知っているか〜
めざせ!堀川アンバサダー 
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。


第2回堀川検定
令和4年11月23日開催決定!



堀川検定には、本当の名古屋らしさが詰まっています!
本当の名古屋らしさを知りたいと思うなら「堀川」を極めてませんか?
川が育む、名古屋のまち、人、産業、文化が見えてきます。
あなたの知りたい、極めたい、その想いを応援します。
堀川を極めた人には堀川の魅力を広める役
”アンバサダー”になってください!

221005_horikawakentei2023.pdf

お申込み・詳細はこちらから


休眠預金活用助成金セミナー・未来につなげよう 「助成終了後の『出口戦略』について学ぼう」開催のご案内 [2022年09月13日(Tue)]
休眠預金活用助成金セミナー・未来につなげよう
「助成終了後の『出口戦略』について学ぼう」

WEB_休眠預金活用助成.jpg

NPOやNPO支援者のみなさんを対象に、休眠預金等活用制度の出口戦略の考え方、社会的インパクト評価や助成事業終了後の活動継続、事業展開について事例と共に学ぶセミナーを開催します。

日  時 2022年11月2日(水)13:30〜16:30
参加方法 オンライン(Zoom)で参加いただけます。
参加費  無料
定  員 50名(先着順)
※10月28日(金)までにお申込時にお知らせいただいたメールアドレスへオンライン(Zoom)のURLをお送りします。
ご自身のパソコン等からアクセスしてください。当日は、13時15分よりアクセス可能となります。

対  象 活動資金の獲得を検討されているNPO、NPO支援者等

《プログラム》
【講演】指定活用団体
「休眠預金等活用制度の事業評価と出口戦略について」
講師:和田 泰一さん(一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事業部長)

【事例報告】資金分配団体
「食を通じた居場所の継続・発展のための助成プログラムによる支援の取り組みについて」
報告者:大池 絵梨香さん(一般社団法人全国食支援活動協力会 プログラムオフィサー)

【パネルディスカッション】
「助成事業の出口戦略のために必要な支援を考える」
パネラー:JANPIA、全国食支援活動協力会
コメンテーター:小野地 光弘さん(合同会社OFFICE HARU 代表、特定非営利活動法人ボラみみより情報局 理事)
モデレーター:三島 知斗世さん(一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CCF) プログラムオフィサー)

【グループワーク・質疑応答】
「助成事業が終わった後の活動継続の課題、必要な支援」
司会進行:中尾 さゆり(特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事長)

《申込方法》
https://forms.office.com/r/DuqWC63L3Y
・Webフォームからお申し込みください。
・下記の内容をE-mailにてご送付ください。申込書にご記入いただき、FAX/郵送でお送りいただくことも可能です。
(1)お名前、ふりがな
(2)ご所属・役所
(3)TEL
(4)E-mail
(5)参加動機
【申込締切】10月26日(水)

《お申込み・お問合せ》
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ(担当:青木、加古)
〒461-0005 名古屋市東区東桜2-18-3 コープ野村東桜702
TEL : 052-979-6446(平日10時〜18時)
FAX : 052-979-6448
E-mail : vns@vns.or.jp

《団体・講師等 紹介》
【講演】指定活用団体
一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)
一般社団法人日本経済団体連合会により設立され、2019年1月に休眠預金等活用法に基づく指定活用団体に指定された。
2019年〜2021年度に累計173の資金分配団体を採択し、助成予定総額は 154.9億円に上る。

「休眠預金等活用制度の事業評価と出口戦略について」
講師:和田 泰一さん
一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事業部長
・社会的インパクト評価の基本的な考え方の紹介と最新の活用状況
・休眠預金助成における出口戦略の考え方の整理と事例紹介
・2022年度公募情報

【事例報告】資金分配団体 一般社団法人全国食支援活動協力会
会食会・配食・食育など“食”で支え合う活動の連絡会として、1986年設立。近年では、全国に広がるこども食堂等居場所支援へ活動を広げ、幅広い機関とのネットワークを生かし、子どもから高齢者まで、地域の誰もが安心して暮らし続けるためのコミュニティーづくり推進に取り組む。
「食を通じた居場所の継続・発展のための助成プログラムによる支援の取り組みについて」
報告者:大池 絵梨香さん 一般社団法人全国食支援活動協力会 プログラムオフィサー
・食を通じた居場所の継続・発展のために休眠預金助成事業を活用した取り組みの紹介
・こども食堂サポートセンターがコロナ禍に伴うこども食堂の活動変化・運営継続にどのように貢献したか(2019年度通常枠・イノベーション(新規)企画支援事業)
・実行団体は、休眠預金助成終了後の活動・組織運営をどのように展望しているか。資金分配団体としての支援の現状

【パネルディスカッション】
「助成事業の出口戦略のために必要な支援を考える」
助成金を活用して活動を継続・発展するために必要なこと、支援のポイント、有効な支援、支援にあたって支援者が配慮すべき点などをパネラー、コメンテーター、モデレーターと意見交換する。
パネラー:JANPIA、全国食支援活動協力会
コメンテーター:小野地 光弘さん
合同会社OFFICE HARU 代表、特定非営利活動法人ボラみみより情報局 理事
名古屋市役所に約20年勤務し、産業振興やNPO支援、まちづくり業務に従事。現在は、行政や民間企業、NPOなど多
様なセクターの連携による社会課題の解決や新たな事業創出に取り組んでいる。

モデレーター:三島 知斗世さん
一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CCF)プログラムオフィサー
CCFは、あいちモリコロ基金の理念と成果を継承し設立された一般財団法人。
休眠預金事業の資金分配団体として、2019年度は通常枠で12団体(愛知県内は6団体)、2020年度は新型コロナウイルス緊急支援事業(以下、コロナ枠)で20団体(同15団体)、2021年度は通常枠でコンソーシアム4団体(同、7つの現場団体)、コロナ枠で13団体(同7団体)に助成を行っている。

【グループワーク・質疑応答】
「助成事業が終わった後の活動継続の課題、必要な支援」
グループに分かれ、感想共有と意見交換を行います。
司会進行:中尾 さゆり 特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事長

《休眠預金等活用制度とは》
休眠預金等を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度です。
2019年度からNPO等の民間公益活動を行う団体への助成が実施されています。
<参照>
民間公益活動促進のための休眠預金等活用 – 内閣府
https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html

★チラシは、こちらからダウンロードできます。

主催:愛知県
受託運営:特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
「休眠預金活用関連助成金セミナー」開催のお知らせ [2021年10月28日(Thu)]
休眠預金活用の実践事例から学ぶ、社会的インパクト評価と助成金活用

画像_愛知県資金セミナー表.jpg

★制度と採択傾向を知り
★申請書のポイントを学んで
★助成金活用事例を知って
活動資金の獲得を検討されているNPOやNPO支援者の皆さんを対象に休眠預金に係る助成金の活用について学ぶセミナーを開催します。

【日時】2021年12月15日(水)13:30〜16:30
【参加費】無料
【対象】活動資金の獲得を検討されているNPO、NPO支援者等

【プログラム】
(1) 指定活用団体による講演
「データからみる休眠預金活用事業の現況」
講 師:一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 企画広報部 芥田 真理子さん

(2) 資金分配団体による事例報告
「愛知県での助成プログラム 2019-2022年度の資金分配団体の取り組みから」
報告者:一般財団法人中部圏地域創造ファンド プログラムオフィサー 三島 知斗世さん

(3) 実行団体による事例報告
「ウィズコロナ時代のがん相談システムの構築
〜オンラインでつながる支えあう乗り越える〜」
報告者:特定非営利活動法人ミーネット 理事長 花井 美紀さん

(4)グループワーク
「助成申請の準備に向けて」
司会進行:特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事長 中尾 さゆり

【参加方法・定員】
(1)オンライン参加(「Zoom」による参加)【定員:50名(申込先着順)】
※オンライン参加のみなさまには、12月12日までにお申込時にお知らせいただいたメールアドレスへオンライン(Zoom)のURLをお送りし
ます。ご自身のパソコン等からアクセスしてください。当日は、13時15分よりアクセス可能となります。

(2)パブリックビューイング会場
以下の2つの会場にて「Zoom」の映像を視聴していただきます。
@安城市民交流センター【定員:24名(申込先着順)】
(安城市大東町11-3 電話:0566-71-0601)
Aワクティブこまき(こまき市民交流テラス)【定員:30名(申込先着順)】
(小牧市小牧3-555 ラピオ2階 電話:0568-48-6555)
※パブリックビューイング会場参加の留意事項
参加の際はマスクの着用をお願いします。セミナー当日に発熱や倦怠感のある方、風邪の症状があるなど体調がすぐれない方は、参加をお控えください。

【申込方法】
2021年12月8日(水)までに、以下のいずれかの方法でお申込みください。※必着
(1)Webサイトからの申込み
以下の申込専用サイトから申込フォームに必要事項を入力の上、お申込みください。
https://forms.office.com/r/J1fCBgKVG8

(2)メール・郵送・FAXによる申込み
以下(1)〜(4)の事項をご記入の上、【申込先】までご連絡ください。
(1)氏名(複数可)、(2)所属・役職、(3)連絡先(電話番号とメールアドレス)、
(4)参加方法(オンライン、パブリックビューイング会場のどちらかとし、パブリックビューイング会場の場合は会場名も記載してください。)
※応募多数の場合は、他の参加方法を案内する場合があります。

【問合せ・申込先】
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ(担当:中尾・加古)
名古屋市東区東桜2-18-3 コープ野村東桜702
TEL:052-979-6446(平日午前10時〜午後6時)
FAX:052-979-6448
E-mail:vns@vns.or.jp

チラシ
https://www.vns.or.jp/wp/wp-content/uploads/2021/10/ilovepdf_merged.pdf
なごやNPO応援事業「なごやNPO共感獲得セミナー  〜伝わる思い・広がる共感〜」開催のお知らせ [2021年08月16日(Mon)]
■なごやNPO応援事業「なごやNPO共感獲得セミナー  〜伝わる思い・広がる共感〜」開催のお知らせ

「NPO活動への参加や寄付をしてもらうには、活動に共感してもらうことが重要だ」ってよく言われるけど、じゃあ、何をしたらいいの?どうやって伝えればいいの?
このセミナーでは、共感を得るために、クラウドファンディングを使った資金集めの事例を交えながら、自分たちの思いをまとめるポイントやSNSやブログなどの特徴に応じた使い分けの仕方などを伝えします。

<開催概要>
日時:2021年9月3日(金)14:00〜17:00
定員:60名(接続数)
参加費:無料
オンライン@Zoom(事前にお申し込みいただいた方にURLをメールでご連絡します。)
対象:寄付集め、仲間集めをしたい市内NPO(任意団体含む)※各団体2名まで
主催:名古屋市市民活動推進センター

<プログラム>
〇共感を得るために、思いをまとめて伝わりやすくするためには
◯SNS 、ブログ、ポスター・チラシ など広報手段と特徴に応じた使い分け
〇クラウドファンディングの使い方と事例紹介

<講師紹介>
川北 輝 (かわきた あきら)
特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター 理事長
津市市民活動センター センター長
1979年7月生まれ。大学卒業後、津市市民活動センター運営委員会(現:津市NPOサポートセンター)に事務局次長として就職。その後、事務局長を経て、2009年より理事長に就任。津市から指定管理を受け、津市内のNPOを支援する「津市市民活動センター」の運営を中心に、市民活動支援、まちづくり、人材育成、デザイン、企画、販売支援、クラウドファンディング支援、など多様な業務に携わる。クラウドファンディングでは、障がい者作業所での商品開発、高校生のカカオ豆を使ったワークショップの開催などを支援した。

<申込方法>
T 申込フォームからお申し込みください。
https://forms.office.com/r/W51scGE0m5

U @団体名、A氏名、B役職、C電話番号、Dメールアドレス、EZoomへの接続台数(PC・スマートフォン合計   台))をご記入の上、メールにてお申し込みください。メールでお申し込みの場合は、件名を「9/3共感セミナー申込」としてください。
※市民活動推進センターで参加を希望される方は事前にご相談ください。

<申込期限>
8月31日(火)

<申込・問合せ先>
NPO法人ボランタリーネイバーズ
TEL:(052)979-6446(受付時間:平日10時〜18時)
FAX:(052)979-6448
E-mail:vns@vns.or.jp

チラシはこちらからダウンロードしていただけます。

nagoyaNPO_072122_完成_page-0001.jpg
| 次へ