CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ジビエ活用事業についてのレクチャー | Main | 11月15日(金)NPOのための講座「NPO法人になったら納める税金の種類と手続き」に参加してきました!»
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
11月6日(水)「エコモビリティライフ県民の集い2019」に参加してきました! [2019年11月06日(Wed)]
こんにちは。研修生の加藤です。

11月6日(水)に愛知芸術文化センターにて愛知県とあいちエコモビリティライフ推進協議会の主催で開催された、「エコモビリティライフ県民の集い2019」に参加させて頂きました。

「エコモビリティライフ」とは、環境の「エコ」、移動の「モビリティ」、生活のライフをつなげた言葉で、クルマと電車、バス、自動車、徒歩などを賢く使い分けるライフスタイルのことです。

この環境にやさしく安全で健康的な「エコモビリティライフ」(エコモビ)の一層の普及・定着を図るため、エコモビ推進のための取り組みやエコモビ活動を積極的かつ効果的に行っている団体を表彰するエコモビリティライフ推進表彰の表彰式が行われ、2019年度は以下の3団体が表彰を受けました。

・菱野団地コミュニティ交通運行協議会
・CHITA CATプロジェクト
・公共交通応援隊キッズイベントグループ

DSC07373.JPG

表彰式の後、各表彰団体による取組の発表がありました。
簡単ではありますが、各団体をご紹介いたします。

菱野団地コミュニティ交通運行協議会は、瀬戸市にある菱野団地で住民バスを運行し、既存交通への乗り継ぎ、高齢者が買い物や通院するための移動手段となることを通して公共交通の利用促進に貢献されている団体です。

CHITA CATプロジェクトは、セントレアとイオンモール常滑を結ぶ無料シャトルバスを運行することでマイカー利用を抑制し、空港周辺の交通渋滞を緩和することや車両の一部に燃料電池バスを導入し、環境にやさしい移動手段の確保に貢献し、また知多半島内をサイクリング等で楽しめる「おもてなしツアー」を展開するなど自転車利用の推進されている団体です。

公共交通応援隊キッズイベントグループは、将来の公共交通利用者である子どもたちに楽しみながらリニモやコミュニティバス(N−バス)に親しみを持ってもらうため、各交通事業者と協力し、乗車体験等のイベントを企画、実施することで公共交通の利用促進に貢献されている団体です。

表彰団体による発表後は、鉄道写真家である中井精也氏の特別講演「鉄道で行こう!」が行われました。中井氏が撮影された人と鉄道の関わりを映した美しい写真を拝見しながら軽妙に語られる鉄道の魅力に私を含めた参加者は魅了されたなかで、「エコモビリティライフ県民の集い2019」は終わりを迎えました。

DSC07377.JPG

日常生活で行なうほとんどの移動をクルマで済ませてしまう私ですが、中井氏が撮影された写真のような風景をこれからも残していくために公共交通や自転車を利用していこうと決意する事ができ、とても貴重な体験ができました。

みなさんも今日からエコモビリティライフはじめてみませんか。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント