CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NPO法20周年記念プロジェクト地域学習会in東海「東海地方のソーシャルセクターの今とこれから 〜NPOが創る地域の未来〜」開催のご案内 | Main | 【NPO訪問記】あいちかすがいっこさん»
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
11月2日 刈谷市 共存・協働のまちづくり推進委員会(第1回) [2018年11月05日(Mon)]
こんにちは。
研修生の梶野です。

11月2日に、刈谷市役所にて開催されました
"第1回 刈谷市 共存・協働のまちづくり推進委員会“に参加させていただきました。

内容は、共存・協働のまちづくりを支援する6つの重点課題のうち、
1:人材育成 にあたるコーディネーター部会について
4:財政支援 にあたる夢ファンド部会について        の2本立てです。

本日は今年度第1回目の委員会ということで、まず新しい委員さんの紹介がされた後、各部会での協議の報告と検討事項の話し合いが行われました。主な検討事項は、まちづくりコーディネーターの新たな活動についてと夢ファンド補助金の申請についてです。

委員会長である名城大学 昇秀樹教授の議事進行のもと、委員の皆さんがそれぞれの立場からより良いまちづくりの為に熱い意見交換を行っている姿が印象的でした。
181102_第1回推進委員会 (1).JPG

今回議題にあがっていた「まちづくりコーディネーター」とは、刈谷の市民誰もがいきいきと輝いて暮らせるまちにしていくためのお世話役として独自に位置づけられているものです。まちづくりのための市民活動のなかで何か課題が生じた際、現場に来て一緒に考えてくれる強力な助っ人が既に何人も市にいらっしゃるということに驚きました。そんなまちづくりコーディネーターが検討を経てどのように活躍の場を広げていくのか、大変興味深いです。


委員会の後は、お隣にある刈谷市 市民ボランティア活動センターにお邪魔しました。

ボランティア活動のための場としても、相談できる場としても、情報のやりとりの場としても便利であり、『まさにコンビニだなぁ』と納得の施設です。夢ファンドの紹介コーナーと寄付金箱も見つけました。

181102かりやボラセン ファンドの紹介 (2).JPG

個人的には、情報スペースのロッカーや団体活動ファイルからいくつかの個性的な活動を発見できたことが楽しかったです。自分が普段働いている市町ではどんな団体さんがどんな活動をしているのか、改めて知りたくなりました。所属に戻ったらさっそく調べてみようと思います!


以上、報告でした。

情報発信チーム 梶野


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント