CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜@[2021年01月28日(Thu)]
コロナ禍で、いつ対面授業が禁止されるかわからない韓国の塾。
ここ京畿道富川市(キョンギドウ プチョン市)は、首都圏に位置するためにとてもコロナに敏感。

セウォル号転覆事故をきっかけに防災教育をスタートしたので、8年目になります。
改めて、東日本大震災時の南三陸町の様子、そこから10年かけ南三陸町の復興していく様子を定点写真を使って説明したり、南三陸町の方から頂いた、現在の南三陸町の様子を交え、人や町、人々の応援の力を説明。近年、韓国でも多くなってきた2016年慶州・2017年浦項地震の様子等をパワーポイントを使って、子どもたちへ伝えました。
パワポの一部抜粋。
ヴィレッジネーション(韓国パワポ).png

出身である静岡県の紹介
ヴィレッジネーション(韓国パワポ静岡).png

震災前の南三陸町と震災後の移り行く街並と現在
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (2).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (3).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (5).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (4).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (10).png

人々に生活や変化、日常
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (6).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (8).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (9).png

韓国からの東日本大震災復興応援
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (12).png

2016年韓国の慶州地震の様子ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (11).png

まとめ
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (13).png

当日は、NHKソウル支局さんが、来てくれました。
元気だった子どもたちも、大きなカメラが来てびっくり。静かな授業になってしまいました。
これから南三陸病院さんへ絵を描くが、そんな元気で大丈夫なのか心配になってきました…
그림나라塾(京畿道富川市).jpg

ヴィレッジネーション村松広貴(무라히로타카).jpg

グリムナラ그림나라 (부천시).jpg

グリムナラ그림나라 (부천시) (2).jpg

グリムナラ그림나라 村松広貴(무라 히로타카).jpg

次回は、韓国の子どもたちが、8年間で学んだ防災クイズをお伝えします。
次は、元気にクイズに答えてくれると思います。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:20 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜 [2021年01月12日(Tue)]
2018年より続けている韓国の子どもたちから南三陸病院さんへの復興応援横断幕プロジェクト。

概要
当法人は、2011年東日本大震災で宮城県南三陸町の視覚障害者を中心に仮設住宅や地域のコミュニティづくりなどを行い、同町内でパラリンピック監督と出会い、2012年からパラリンピック柔道を子どもたちと応援。
2013年から、地元の幼稚園児と南三陸町の幼稚園児を繋ぐ「友情こいのぼりプロジェクト」を開始。
2014年、南三陸町での防災知識活かし、福島県南相馬市にある障害者施設と交流をスタート。20同年セウォル号転覆事故をきっかけに、安全意識が高まったことを受け、それらの活動を知った韓国の塾院長から、防災教室の依頼が舞い込む。
韓国の塾で特別授業として防災教育をスタートさせる中、「地震にあった人は元気ですか?」と言う韓国の子どもたちの素朴な疑問に答えようと、世界の支援を受け再建させた、宮城県南三陸町になる南三陸病院さんへ2018年に声を掛けたことがきっかけ。

南三陸病院は、旧志津川病院。志津川病院は、海沿いにあり、東日本大震災の津波で被災。避難マニュアルでは3階以上へ避難となっていたが、実際は4階部分まで津波が押し寄せ、多数の死者や行方不明者が出る中、最前線で指揮と執り、42人の入院患者を救った病院として有名です。
当時、最前線で指揮を執っていた横山事務長さんと出会ったことがきっかけです。

町の最初の公共施設となり、復興シンボルとして2015年に台湾をはじめ国内外から多くの支援を受けて、南三陸病院として本設復興させました。

18年19年は、韓国の子どもたちが制作した復興応援横断幕を受け取り、南三陸病院さんまで直接届けていたのですが、20年からはコロナ禍に入り、20年は日本国内から郵便で届けました。21年の今年は、国際郵便になりそうです。


2018年(1回目)寄贈
2018年韓国の子どもたちの南三陸病院さんへ.jpg

2019年(2回目)寄贈
2019年韓国の子どもたちの南三陸病院さんへ.jpg

2020年(3回目)寄贈
2020年韓国の子どもたちの南三陸病院さんへ.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:15 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年1月11日はイオン幸せの黄色いレシートキャンペーン☆[2021年01月11日(Mon)]
2021年1月11日

イオン黄色いレシート2.jpg

毎月11日は、イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン実施中。
「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXへ投函していただき、レシートのお買い上げ金額合計の1%をそれぞれの団体に還元するというシステムです。


イオンの黄色いレシート(ヴィレッジネーション).jpg

弊法人実施場所
イオン富士宮店
マックスバリュ富士宮朝日町店
弊法人は、子供の健全育成・障害者支援・被災支援を行っております。
ご理解・ご協力をお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:17 | 寄付のお知らせ | この記事のURL | コメント(0)
2021年元旦のご挨拶[2021年01月01日(Fri)]
2021年1月1日 ヴィレッジネーションの畑より.jpg
(2021年1月1日 ヴィレッジネーションの畑)

現在、日本が承認している世界の国の数196か国
2015年よりニウエ(5月15日)が加わり1つ増えました。
人が住む、全ての国がたった今、2021年を迎えることができました。
今更ながら、地球って広いんですね。
1992年日本人初宇宙飛行士、毛利衛さんは帰還直後、言いました。
「宇宙からは国境線がみえなかった」
当時の私にとって印象的な言葉でした。
なぜならその一年前に、湾岸戦争や現在も続くソマリア内戦をTVから見ていたからです。
世界で紛争や戦争が起きていて、それが戦争映画の様に見えて…
平和で暮らす日本が不思議に見えたことを今でも覚えています。

未来は何が起こるか?わからないからやっぱり楽しみです。
未来はいつも動いている。
今より悪い世界を作ろうなんて、一人も考えていない。過去より、悪い未来はやってこない。
世界地図を眺めながら世界は一つと信じ、寄り添っています。
だからいつも、思う「One World」
新年あけましておめでとうございます。

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
代表理事 村松広貴
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml