CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月 »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
畑の様子[2020年07月20日(Mon)]
梅雨の晴れ間の畑の様子です。

トウモロコシ
トウモロコシ2.jpg

トウモロコシ.jpg

第一号スイカが実りました。
2スイカ.jpg

スイカ.jpg

生姜もたくさん生えています。
生姜.jpg

落花生も順調に育っています。
落花生.jpg

秋に向けてサツマイモも成長中!
サツマイモ.jpg

今年の梅雨はまだ続きそうですね。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:51 | 畑事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年07月11日はイオン幸せの黄色いレシートキャンペーン☆[2020年07月11日(Sat)]
2020年07月11日

イオン黄色いレシート2.jpg

毎月11日は、イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン実施中。
「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXへ投函していただき、レシートのお買い上げ金額合計の1%をそれぞれの団体に還元するというシステムです。
※ 専門店での白いレシートでも受け付けております。なお今月は、一部店舗を除く専門店街は新型コロナウイルスの影響により、営業休館となっています。

イオンの黄色いレシート(ヴィレッジネーション).jpg

弊法人実施場所
イオン富士宮店
マックスバリュ富士宮朝日町店
弊法人は、子供の健全育成・障害者支援・被災支援を行っております。
ご理解・ご協力をお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 08:00 | 寄付のお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国の隔離生活、終了[2020年07月03日(Fri)]
2020年7月3日10時
最後の隔離アプリに健康状態を入力。
20200703 韓国隔離アプリ.jpg

20200703 韓国隔離アプリ (2).jpg

20200703 韓国隔離アプリ (3).jpg

12時15分。富川市より隔離終了のメッセージが到着。
これで無事に、外出が出来ます。
結局、担当者からは1度も連絡が来ないまま終了。
そして待ちわびていた、隔離終了時のお祝いケーキは、残念ながら届きませんでした…
20200703 隔離終了のお知らせ.jpg

結局、自宅で色々していたら、17時30分すぎになって、ようやく外出。
久しぶりに外を散歩してみました。
第一印象、日差しが眩しい。韓国のにおいがする。
思い起こせば、韓国で屋外にいたのは、空港でバスチケット購入の為に外に出たのと、タクシーから自宅までの数メートル歩いたのと、PCR検査のために外出した1時間でした。
6月に来た韓国も、今は7月。そんなことを感じながら、ウォーキングを1時間ほどしました。
20200703 韓国富川市.jpg

20200703 韓国富川市 (2).jpg

漢字で感じと書いてあるトラックを発見…
20200703 韓国富川市 (3).jpg

夕方、鳩もミーティング中?
20200703 韓国富川市 (4).jpg

〜個人感想〜
昔、長期にわたり入院生活をしたことがあるからだろうか?意外と快適に隔離生活を過ごすことが出来ました。そして韓国は隔離生活グッズの充実、宅配サービスが充実してるからだと感じた。夜に野菜など日用品を注文しても朝方には玄関前に届けてくれるサービスや、対面を希望しなければ対面せずに宅配物を玄関に配達してくれることなどペダルサービス(出前)の日常に浸透している為だと感じた。店にあるほとんどの食べ物はペダルサービスが対応している。

ただ、気になるのはこれらが、全て市民からの税金で賄われている点が気になった。
PCR検査から、タクシー代、隔離生活グッズの配布、バラマキに近いお金の使い方は今後、新型コロナウイルスの動向によっては足かせになりそうで、不安です。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:12 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国の隔離アプリ[2020年07月02日(Thu)]
私の隔離期間は、2020年6月19日〜7月3日12時です。

韓国で隔離が開始されると、空港でインストールされたアプリ「自宅隔離者安全保護アプリ」で健康状態を報告しないとなりません。
これは毎日、10時・20時に体温報告と、発熱、咳、のどの痛み、呼吸困難、異変などの有無を入力し、送信。送信と共にGPSが起動し、居場所も担当者へ報告されるようです。私の場合、金曜日の夕方に到着、土日の週末だったために担当者が3日間も決まらず、放置プレーです。

こちらが隔離アプリです。
トップ画面
韓国隔離アプリ.jpg

37.5℃以上の熱があるのか?現在の体温、咳の有無、のどの痛みの有無
韓国隔離アプリ (2).jpg

呼吸困難の有無、特異点の記入欄
韓国隔離アプリ (3).jpg

入力後、正しく送信されたのかの確認画面
韓国隔離アプリ (4).jpg

そしてPCR検査後の20日の夜、検査をした鼻から鼻血…
そして鼻の奥がヒリヒリ…
隔離アプリに、そのことを報告するもシカト…
数回にわたり「信用ならない担当者で先行き不安」と記入し送信したらようやく対応し始めた。その後は、丁寧な対応をしてくれた。
何事も、言ってみるのが、この国の生き方です!?

担当者は日本語が出来ない様で、私には一切連絡をしてきません。本来なら、1日に2〜3回程度、担当者から安否や自宅から出ていないか?の確認の電話が来るようですが、私の場合、まだ隔離中に1度も担当者から連絡は来ていません。
他の地域では、ビデオ電話などによって、ジェスチャーで安否確認をしてくれる市もあるようでしたが、私の担当者は何も連絡しない代わりに、なぜか15時の検温を追加指示。
その為、10時・15時・20時に検温してアプリで送信することになりました。
担当者によっていうことが変わるのもこの国の特徴。

韓国では隔離対象者に、隔離生活グッズが届くことが世界的に知られています。
私の住む富川市では、隔離終了日にはケーキが届くという噂。
残すところあと1日。ついに隔離生活も終了か!?
〜続く〜
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:43 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml