CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2019年11月29日 富士山新報[2019年11月29日(Fri)]
富士山新報さんより。
2019年11月29日 富士山新報.jpg

「タイトル」
リオデジャネイロパラリンピック
銀メダリスト廣瀬さん
『共生社会』について講話

「本文」
大富士小学校(井出由美子校長)は27日、リオデジャネイロパラリンピック柔道銀メダリストの廣瀬誠さんによる「一度きりの人生、どうせだったら楽しもう」をテーマにした公園を開催した。
公演には同校の4年生150人が受講し、富士山学習の中の「共生社会」ということで、これまでに車いす利用者や視聴覚障がい者からの話や体験、地域寄り合い処、子育てサロンでの研修などによって学びを深めている。

今回の講演は、NPO法人ヴィレッジネーションの村松広貴代表理事が先週同校で講話を開き、地元の優れた人の紹介ということで講話が実現した。
日の丸をつけた青色の道着姿の廣瀬さんは、2016年に受賞した銀メダルを掲げて、「周りの支えや協力があって獲得できたメダルです」と語り、パラリンピックの開催の経緯や選手村での生活、などを映像を交えて紹介した。
高校2年生の時に病気で弱視となったことや、柔道との出会いを紹介し、人の練習量以上にトレーニングを積み努力を重ねたこと、「不自由だが不幸ではない」というヘレンケラーの言葉を引用して伝えた。弱視になりわかったことは、くよくよしない考え方で生き方が変わることと、感謝の気持ちを知った。

また、人生を楽しむには自分のことを好きになるということで、それにはいろんなことを経験する、いろんなことにチャレンジする、人の話を聞いた後に自ら決める、周りに感謝することなどを熱く語った。
講話の合間に、マット上で同校の増本先生を相手に、得意の背負い投げを威勢よく見事に決めると、児童から大きな声援が湧くなど、児童は廣瀬さんの講話に耳を傾けて、メモを取るなどしながら熱心に受講していた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 13:14 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「共生社会」子どもたちの感想[2019年11月28日(Thu)]
学校通信に、掲載して頂きました。
また、子どもたちからの感想を頂きました。
201911「大富士小学校」学級だより.jpg

「タイトル」
ブロック通信
〜「今の当たり前が、未来の当たりまえではない」〜

「本文」
11月21日、レッツ大富士の学習の一環として、大富士地区を拠点として福祉や介護が必要なすべての人々の支援を行われいるNPO法人ヴィレッジネーションの代表である村松広貴さんから、共生社会についてのお話を聞かせていただきました。村松さんは、東日本大震災で被災された視覚障がい者の方の支援をはじめ、韓国での防災教育の協力や地域をつなぐ農業サポートを行われている方です。子供たちは真剣な目をして話を聞いていました。感想はどうでしょうか?

お話を聞いて 佐野さん
私は、レッツ大富士の村松さんの話を聞いて、心に残ったことが3つあります。1つ目は、村松さんがじしんの時に、オレンジ色の目立つかっこうをしているということです。2つ目は、村松さんが自分の事故で人生を変えたことです。私は夏休みの自由研究でふしぎに思ったこと全部「あ、来年の自由研究にしよう!」と思うのですが、けっきょくはお母さんが言ったことをやっています。でも、村松さんは、わたしのように小さなことではなく、大きなことを自分で決めてチャレンジしています。わたしにも、そんな大きなきっかけが少しほしくなりました。3つ目は、村松さんがじこで車いすの生活をしていた時、みんながやさしくしてくれて「ラッキー」と思っていたけれど、車いすだと自分がめいわくをかけていると考えてしまったということです。自分もたしかに不安になると思いました。でも、村松さんが言ってくれたように、この中のだれかがしょうがいしゃを助けるものを作ることがあるかもしれないので、これからも自分らしく生きていけたらいいなと思いました。

村松さんの話を聞いて 遠藤さん
ぼくは村松さんの話を聞いて、考えたことがあります。車いすの人にとって、点字ブロックはふべんなものです。でも、目が見えない人にとっては、大切なものです。共生とは、全員が平等ではないということが分かりました。足の不自由な人も、目が見えない人も、元気な人も、ゆずり合いが大切だと思いました。

今の当たり前は、未来の当たり前ではない 渡邉さん
「今の当たり前は未来の当たり前ではありません」村松先生から、たくさんのお話を聞いて、一番心にのこった言葉です。今は元気なわたしも、次の行動でけがをしてしまうかもしれません。なので、今このしゅんかんをかんしゃして生きていきたいと思います。「時は金なり」時、つまり今です。「「今は金なり」です。わたしにとって、今ここにいる幸せで生きている。あたりまえのようだけど、大切なこと。もしかしたら、お金より大切なものなのかもしれません。

3人とも、よく考えられていると思います。最前線で働いている人から学ぶことって、とても多いんだな、と思います。ちなみに、わたしが一番心に残った言葉は「震災の片付けに行ったときガレキ…いや、思い出を片付けることが大変でした」というものです。そうか…被災された方にとっては、ガレキではなく、大切な思い出だったんだ…と考えると、胸が締め付けられる思いでした。(全文)


そして、たくさんの子どもたちから感想を頂きました。ノートにはみ出すほど、たくさん記憶に残ったことが書かれていました。
20191121「共生社会」大富士小学校ヴィレッジネーション.jpg

20191121「共生社会」大富士小学校ヴィレッジネーション (2).jpg

このような機会を頂き、ありがとうございました。
尚、2020年2月1日(土)に第22回富士山学習PARTU発表会にて、ステージ発表を行います。
第22回富士山学習PARTU発表会
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:14 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大富士小学校「共生社会」学習(廣瀬誠さん)[2019年11月27日(Wed)]
本日(27日)富士宮市大富士小学校の4年生の生徒さん150人に、「共生社会」についてリオデジャネイロパラリンピック日本柔道、日本人初メダリストの廣瀬誠選手が、講話して頂きました。
「一度きりの人生、どうせだったら楽しもう」
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠).jpg


日本代表チームの柔道着を着た、廣瀬誠選手。
3児の父親でもあり、名古屋盲学校の教員でもあり、選手でもある廣瀬選手。
子どもたちにわかりやすい、パラリンピックの歴史や、視覚障害者柔道、自身の障害の経験、共生社会、チャレンジすることの大切さ、人生を豊かにする方法について講話。
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (11).JPG

廣瀬選手が、得意とする巴投げを生徒さんの前で披露。
生徒たちから絶大な人気がある、4年2組の増本先生が対戦相手。
先生が投げられる姿を見て、園児は驚きと大爆笑。
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (2).jpg

笑いの中に、心に突き刺さる言葉があり、メモを取る生徒さん。
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (4).JPG

世界で戦う、廣瀬選手には、たくさんの質問が飛び交います。
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (5).JPG

20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (6).JPG


11月22日にお誕生日を迎えた廣瀬さん。学校側が、サプライズでお誕生日会を開いてくれました。



生徒150人がメダルを触らせてもらったり、音を聴いてみたり、握手したり、話をしています。
後ろは大渋滞です。
生徒さんたちは、もう手を洗わないって言っていましたが、風邪予防のために手をしっかり洗いましょうww
一流の人は、対応も一流だと感じました。
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠).JPG

20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (8).JPG

夕方のニュースで早速取り上げて頂きました。
20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (9).jpg

20191127「大富士小学校共生社会」ヴィレッジネーション(廣瀬誠) (10).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:56 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年11月22日 大富士小学校ブログ[2019年11月22日(Fri)]
大富士小学校さんブログより。
2019年11月21日静岡県富士宮市大富士小学校(ヴィレッジネーション).png

11月21日、大富士地区を拠点に福祉や介護支援をなされているNPO法人ヴィレッジネーションの代表である村松広貴さんからお話をうかがいました。
村松さんは、東日本大震災で被災した視覚障がい者の方々のサポートをはじめ、韓国で防災教育の支援、地域をつなげる農業サポートなどの活動を行っています。
村松さんの話を聞く中で、子供たちは「今のあたりまえは、未来のあたりまえではない」「小さな一歩が世界を変える」という言葉に強い感銘を受けたようです。
共生社会を考えていくうえで、とても大事な言葉であると思いました。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:51 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大富士小学校「共生社会」学習(富士山学習PARTU発表会)[2019年11月21日(Thu)]
本日(21日)富士宮市大富士小学校の4年生の生徒さん150人に、「共生社会」について講話させて頂きました。
大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション村松広貴.jpg

このお話は5月頃から、当法人に声が掛かり、校長先生や教頭先生、4年生の先生方と数十回と打ち合わせをし、実現しました。
これまで、4年生の生徒さんたちは、車イスユーザーや視覚障害者の方の話を聞いたり、実際に体験を重ねてきました。最近では、自分たちが出来ることとして、地域の寄り合い処を訪れていました。
11月16日には、「大富士学習発表会」で子育てサロンや寄り合い処、共生について発表を行っていました。見学させてもらっていたのですが、思った以上に、PDCAサイクルを行い、学習を深めていることに驚かされました。
「共生社会」大富士学習発表会2019(大富士小学校).jpg

「共生社会」大富士学習発表会2019(大富士小学校) (2).jpg

大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション.jpg


21日の発表までに、再度パワーポイントを修正して挑みました。
今回、私がお話したことはこちら。
・私の人生を変えた交通事故
・NPO法人ヴィレッジネーションの紹介
・障害をもっている人は特別ではない
・共生社会とは
・バリアフリーとユニバーサルデザイン
・誰もが住みやすい世界とは
・今日からできる「当たり前の社会」のつくり方
・チャレンジすること


(パワーポイント一部抜粋)
大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション.png

大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション (2).png


まとめとして、「共生社会」とは
「障害の有無にかかわらず、全ての人が心(意識)のバリアをなくし、誰もが支え合い、能力が発揮できる社会」とまとめさせて頂きました。
能力が発揮できる社会ってところがポイントです。
大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション (5).png

このような機会を頂き、ありがとうございました。
空気を読んで話す大人と違い、純粋な子どもたちを前に、伝える事の難しさを実感。先生方が、フォローしてくださいました。
大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション (3).png


次回の学習会には、パラリンピック4大会連続出場、2016年リオデジャネイロパラリンピックでは、日本人初メダリストに輝いた「廣瀬誠」選手(柔道)をご紹介したいと思います。
大富士小学校「共生社会」ヴィレッジネーション (廣瀬誠).png

27日の学習会では、パラリンピック日本柔道「廣瀬誠」選手が、富士宮にやってきます。

富士山学習会成果発表会についてのお知らせ。
第22回富士山学習PARTU発表会が、2020年2月1日(土)に富士宮文化会館で行われます。生徒さんたちは、ここでステージ発表を行う予定です。
第22回富士山学習PARTU発表会
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 15:23 | 子供 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年11月21日 大富士小学校「共生社会」について[2019年11月14日(Thu)]
2019年11月21日(木)
大富士小学校4年生150人に「共生社会」について講話させて頂きます。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:11 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
福島からお便り届きました[2019年11月11日(Mon)]
2011年の東日本大震災を乗り越え、ようやく普通の生活に戻りつつあった福島県の障害者施設。

10月の台風19号により川が氾濫し床下浸水、続く25日の大雨により、床上浸水と天災が続きました。
1か月の間に2度も被災しながらも「原発被害に比べたらね」と元気に奮起する声が障害者施設から届きました。
お便り.jpg

報告書には、
平成30年10月から今年9月までに寄付金、ボランティア、物品、訪問等などで彼らを応援した、320以上の個人や企業が掲載されていました。
よく見ると、御殿場市の知人や活動していく中で色々お世話になっている方々、当法人ヴィレッジネーションの名前もありました。

今日は11日。東日本大震災から8年8か月。3167日目。
そして、イオンの黄色いレシート。
イオン富士宮店、マックスバリュ朝日町店で、レシートの投函を受付けています。
ご協力をよろしくお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 12:59 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年11月11日はイオン幸せの黄色いレシートキャンペーン☆[2019年11月11日(Mon)]
2019年11月11日

イオン黄色いレシート2.jpg

毎月11日は、イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーン実施中。
「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXへ投函していただき、レシートのお買い上げ金額合計の1%をそれぞれの団体に還元するというシステムです。
※ 専門店での白いレシートでも受け付けております。

イオンの黄色いレシート(ヴィレッジネーション).jpg

弊法人実施場所
イオン富士宮店
マックスバリュ富士宮朝日町店
弊法人は、子供の健全育成・障害者支援・被災支援を行っております。
ご理解・ご協力をお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 08:31 | 寄付のお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年 大根の収穫が始まりました[2019年11月07日(Thu)]
9月中旬に種を蒔いた、大根の収穫が始まりました。
今年も、上出来です。
20191107大根(ヴィレッジネーション).jpg

里芋は、小ぶりですが家で使うならこの位がちょうどいい。
見た目、色とも抜群です。
20191107里芋(ヴィレッジネーション).jpg

白菜は、まだまだネットの中で成長中。
さつまいもは、そろそろかな?
20191107白菜(ヴィレッジネーション).jpg

20191107さつまいも(ヴィレッジネーション).jpg

今年も上手に育ってます。
大根掘りや里芋掘りが出来ます。
ご連絡お待ちしております。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:30 | 畑事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml