CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2021年4月7日 毎日新聞[2021年04月07日(Wed)]
毎日新聞さんより。
2021年4月7日付 毎日新聞.jpg

「タイトル」
富士宮で写真展

「本文」
東日本大震災の被災地への支援を続けている富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーションが8日まで富士宮市宮原の市総合福祉会館で写真展「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」を開いている。

震災直後の被害の様子、復興に向けて移り変わる風景、支援活動の場面などの写真100枚余りを展示。韓国の子どもたちを対象に取り組んだ防災教育の様子も含まれている。
閲覧できるのは午前9時〜午後9時半(最終日は正午まで)。【長沢栄次】(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 13:29 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年4月7日 統一日報[2021年04月07日(Wed)]
統一日報さんより。
2021年4月7日 統一日報.jpg

「タイトル」
韓国の子どもたちから南三陸へ横断幕
美術を通じて震災復興を応援

「本文」
美術を中心に学ぶ韓国の総合学習塾グリムナラから南三陸病院へ、震災復興を応援する横断幕(絵画)が毎年寄贈されるようになって4年目を迎えた。両者を結んだのは、震災復興に尽力する静岡のNPO法人ヴィレッジネーション(村松広貴代表理事)だ。コロナ禍の今年、横断幕は国際郵便で送られた。

3月9日(火)には塾と病院をオンラインで繋ぎ、交流が図られた。韓国の子どもたちが日本語で「韓国からこんにちは。今日はよろしくお願いします」と挨拶すると、病院スタッフが韓国語で「ここは南三陸病院です。よろしくお願いいたします」と返すなど、すぐに打ち解け合えた。その日の天気の話や南三陸病院の特徴、知っている日本のアニメーションや料理の話題などで会話が弾み、最後は画面越しに記念撮影をして終了となった。NPOの村松代表理事は、「今回の交流で子どもたちは美術が人を励ます大きさを知り、心の教育にも繋がっていくと思う」と語った。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml