CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 子供 | Main | 福島県 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
セウォル号沈没事故から7年[2021年04月16日(Fri)]
韓国南西部沖で、2014年4月におきた旅客船セウォル号の沈没事故から丸6年。修学旅行中だった高校生ら299人が死亡し、昨年と変わらず5人が行方不明となっています。

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は16日、セウォル号沈没事故から7年を迎え「社会的惨事特別調査委員会を通じて、聖域のない真相究明が行われるように最後まで支援する」と強調した。
文大統領はこの日午前、SNSを通じて「真実だけが悲劇を防ぎ、生命が大切な社会を早めてくれる」とし、このように明らかにした。
 
まず文大統領は「セウォル号の記憶で胸が痛む4月」と切り出した。彼は「子どもたちが夜空の輝く星になって7年になった。生きて私たちのそばにいたら堂々とした青年になっていたはずの子どもたちのことを考えると、短くない時間」と残念な気持ちを伝えた。
また「申し訳ない気持ちは変わらない。互いに支え合いながら、つらい時間を乗り越えてきた家族と共にしてくれた方々に慰労と感謝の気持ちを伝える」と述べた。

そして、セウォル号惨事の真実を究明するという強い意志を明らかにした。 文大統領は「昨年、国会で『社会的惨事真相究明特別法』改正案と特検が通過し、真実に一歩近づくきっかけが作られた」と言及した。
続けて「社会的惨事特別調査委員会を通じて聖域のない真相究明が行われるよう最後まで取り組む」とし「(真相究明の)スピードが遅く残念だが、それもまた恋しさが大きいだけに、われわれ自らが成熟していく時間が必要だと思う」と述べた。

さらに「去る12日、記憶を超えて希望を抱く『4・16民主市民教育院』がオープンした。6月には『海洋安全体験館』が本格的に運営され、12月には『国民海洋安全館』が竣工される」とし、「すべて子どもたちがわれわれに残してくれたものだ。『4・16生命安全公園」と『国立安山心健康センター』もまた貴重な気持ちで締めくくる」と強調した。


この事故をきっかけで、ヴィレッジネーショは韓国で防災教育を行うことになりました。
今も、事故の解明は行われず、責任者の処罰を求め、遺族は涙を流しながらデモを繰り返す。
このような事故が、二度と起こらない様に、考え動く市民はいないのだろうか?
非常時に、正常バイアスが脳が支配されないように判断力を養って冷静に対応することが出来なければ、この先の未来は明るくないだろう。
安心安全を軽視した利益至上主義は、長くは続きません。

文大統領は「悲しみを共にし、苦痛に共感しながら、われわれは真実に近づいている。今の危機も、いつ訪れるかわからないどんな困難も我々は乗り越える」とし、「『国らしい国』を作ってみようという国民の叫び、忘れていない。安全な国のために今日も子どもたちを胸に抱いてみる」と締めくくった。
あれから7年。昨年も真相究明すると言っていたが、一体何が変わったのだろう。

今日、韓国の塾では、防災訓練が行われました。
しっかり覚えていて正しく、避難ができたと報告がありました。
学習塾ですが、命を守る教育を大切にしています。
20210416セウォル転覆事故(韓国の避難訓練).jpg

20210416セウォル転覆事故(韓国の避難訓練) (2).jpg

20210416セウォル号沈没事故(ヴィレッジネーション).jpg

20210416セウォル号沈没事故(ヴィレッジネーション) (2).jpg

20210416세월호침몰사고(그림나라).jpg

20210416세월호침몰사고(안전교육)부천시.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:01 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜D[2021年03月09日(Tue)]
本日(9日)の朝8時29分宮城県沖でマグニチュード4.8の少し強い地震があった南三陸町。
間もなく東日本大震災から10年を迎えようとしていますが、まだまだ地中は穏やかではありません…
2021年3月日 宮城県沖地震.png


ZOOMを繋ぐと、南三陸病院の職員の方が、会議室で待っていてくれました。
会議室の真ん中の机には見慣れた段ボール。無事に届いているようです。
南三陸病院とZOOM(ヴィレッジネーション).jpg


韓国の子どもたちが日本語を使って挨拶すると、南三陸病院の皆さんからは、「アニョハセヨ 南三陸病院イムニダ パンガスムニダ」=こんにちは。南三陸病院病院です。会い出来てうれしいですと、韓国語で返事が返ってきました。
韓国の子どもたちが一斉に驚く様子に、これからの共有時間が楽しみ。

韓国ではマスクの着用や社会的距離が義務化されていることを説明し、表情が見にくいですが、笑顔が一杯ですと説明。
南三陸病院の初貝和明院長先生が、ご挨拶してくれました。
開封を前に、こどもたちから質問タイム。
南三陸町の天気のことや、どんな病院ですか?毎年私たちが送っている絵はどこにありますか?などの疑問に看護師さんやスタッフの方が、丁寧に答えてくれました。
病院側からも、日本のアニメや日本の食べ物がすきですが?など異国の文化の違いを共有したりして、違いを知ったり楽しみました。

テーブルの上に置かれている箱が気になる。気になる。ということで、病院側で箱を開けると、病院スタッフからは大きな拍手、韓国の子どもたちからは、「おー」という歓声があがりました。
미나미산리쿠병원(ヴィレッジネーション).png


病院スタッフが、「オクトパス君がいるとか、モアイもいる、あっ、キラキラ丼も上手に書いてある」など声が上がってきました。院長先生からは、「南三陸町の特徴が良く描けていて、びっくりしました。この絵はどのような気持ちで描いてくれたんですか?」と質問されると、韓国の子どもたちが次々と、「私はこの部分を描きました」「難しかったけど、楽しく絵を描きました」「日本の人にメッセージがわかるように日本語で描きました」などと病院のスタッフに説明。
頷きながら、驚いていました。
この絵は、昨年送った絵と交換され、南三陸病院1階ホールに展示してくれるようです。
(昨年送った復興応援横断幕)
2020年度南三陸病院(復興応援横断幕).jpg

コロナ禍で出来ないことが多くなりましたが、オンラインを使って共有することも、楽しむことが出来ました。
コロナ禍でお忙しい中、何度も連絡を取り合い、今日開催することが出来ました。
ありがとうございました。
미나미산리쿠병원(그림나라).png
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:08 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
オンライン、お菓子交流会[2021年02月27日(Sat)]
2020年12月下旬に新型コロナウイルスの報道が始まり、昨年の2月、3月は未知なるウイルスに世界がおびえていました。
ここ韓国では、マスクがない人は、外出も出来ないように規制されています。
その為、塾では講師・生徒同士も1年近く、子どもたちの素顔を見たことがありません。また、新規の塾生に関しては、素顔は1度も見たことがないのが現状です。
そして昨年度、小学生は年間40日程度しか学校に通うことが出来ませんでした。
韓国の小学生(ヴィレッジネーション).jpg

そこで、그림나라(グリムナラ)学習塾では、
長期に渡り、子供達の笑顔を見ることが出来ないことや、子供同士のストレスや不便さの解消、新学期を迎えるにあたり労い、おやつの必要性(子供の身体は消化器官が未発達で食事では取り切れない栄養素の補給やリフレッシュ効果、子供同士の交流の場)を考え、塾から前日に配布した簡単なお菓子を、マスクなしでみんなの顔を見ながら食べようと企画しました。
韓国の小学生(ヴィレッジネーション) (2).jpg

「久しぶりに、みんなの顔を見ながら、お菓子を食べましょう」

前日の金曜日に塾からお菓子を配布。
土曜日の午前中に、オンライン(ZOOM)を使って、マスクなしでただ、お菓子を食べるイベント。話をしたい人は話をしてみる。友達の話を聞きたい人は聞いてみる。夢中でお菓子を食べるのもよし。楽しみ方は人それぞれ自由。
韓国の小学生(オンライン授業)ヴィレッジネーション.jpg

新一年生もオンラインに参加出来ちゃうことが凄い。さすがIT大国、韓国。
子どもの頃からスマホを操る。
当日は、たくさんのお友達が参加して、たくさんの笑顔を見て、楽しい時間を過ごしました。
コロナ時代で、マスク生活が長く続き、お互いに素顔を見ることが出来なくなり、表情から人の気持ちを考えることが出来なくなり、私たちの中にある心が、乏しくなっていることを実感。
改めて、人間は、相手の顔をみて、人の気持ちを考えたりして、生活していることが当たり前だということに気が付きました。。

1年間お疲れ様でした。そして進級・進学おめでとうございます。
韓国では、毎年3月2日から、新学期です。
(写真は一部加工してあります)
韓国の小学生(オンライン授業)ヴィレッジネーション.png
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:33 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜C[2021年02月22日(Mon)]
今年も、復興する南三陸町のパワーポイントを学びながら、絵の制作に取り掛かりました。
製作期間約1ヵ月半。その間に、防災クイズをしたり、南三陸町のYES工房さんとモノづくり交流を行って、より良い絵作りに仕上げています。
前年とは異なり、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止策として、ソーシャルディスタンス確保のため、1回の授業の人数制限をしたり、隣同士の間隔維持のため、絵作りにも工夫を行っています。
그림나라 미나미산 리쿠병원(南三陸病院) (2).jpg


制作にあたっては、子どもたちがどのように描くか?ディスカッションしていきます。
講師らは、アドバイスと見守りのみで行うので、下書きから子どもたち自身で考えて制作するので塗り始めるまで時間が掛かりますが、意見を言わずじっと見守ります。
上級生が描き始めました。
下級生は、下書きから色付けをしたり、ここにこれを描きたいと意見を出したり、メッセージを書いたりして全員で作り上げていきます。
그림나라 미나미산 리쿠병원(南三陸病院).jpg

制作過程
그림나라 미나미산 리쿠병원(南三陸病院) (3).jpg

그림나라 미나미산 리쿠병원(南三陸病院) (4).jpg

그림나라 미나미산 리쿠병원(南三陸病院) (5).jpg

그림나라 미나미산 리쿠병원(南三陸病院) (6).jpg

グリムナラ(ヴィレッジネーション)그림나라.jpg

グリムナラ(ヴィレッジネーション)그림나라 (2).jpg

グリムナラ(ヴィレッジネーション)그림나라 (3).jpg

グリムナラ(ヴィレッジネーション)그림나라 (4).jpg

グリムナラ(ヴィレッジネーション)그림나라 (5).jpg

グリムナラ(ヴィレッジネーション)그림나라 (6).jpg

南三陸病院(ヴィレッジネーション).jpg

南三陸病院(ヴィレッジネーション) (2).JPG

南三陸病院(ヴィレッジネーション) (3).JPG


今年は震災から10年と言う節目の年。そして絵作りにもソーシャルディスタンスが不可欠で、最後の仕上げには、パズルのように、一つひとつを組み合わせると絵が完成する様に工夫しました。これらも全て子どもたちの意見で纏まって作られました。
南三陸病院(ヴィレッジネーション) (4).jpg

韓国の小学生(ヴィレッジネーション).png

韓国の小学生(ヴィレッジネーション).jpg

韓国の小学生(ヴィレッジネーション) (2).jpg


みんなで大きな作品を作ることは、久しぶりでしたが、完成すると大きな拍手と写真に収めているのが印象的でした。
グリムナラ(クリムナラ)ヴィレッジネーション.jpg


南三陸病院さんへ送るための記念撮影を終え、制作中の写真や手紙などを入れ、国際郵便で南三陸病院さんへ送りました。
無事に届くといいです。
그림나라(グリムナラ)무라마츠히로타카.jpg

2021南三陸病院(ヴィレッジネーション).jpg

2021南三陸病院(ヴィレッジネーション) (2).jpg

2021南三陸病院(ヴィレッジネーション)그림나라.jpg

2021南三陸病院(ヴィレッジネーション)그림나라 (2).jpg

次回、東日本大震災を前に、南三陸病院さんとオンラインで開封を共有します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:01 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜B[2021年02月16日(Tue)]
2月13日に福島県沖で強い地震があったために、開催が心配されていた、宮城県南三陸町にある「YES工房」さんとのモノづくり交流会。
그림나라(옥토퍼스군).jpg


南三陸町では、少し長く地震で揺れたそうですが、周辺の市町村に比べ被害がなかったようです。16日に、予定通り、ZOOMアプリを使って、オンラインで韓国と南三陸町を繋ぎました。
그림나라(미나미 산리쿠초)ヴィレッジネーション.png


オクトパス君色付けの前に、子どもたちから南三陸町への質問タイム。
子どもたちは色々、聞きたい知りたいことがたくさんだったので、一部を紹介。
◆2月13日に大きな地震がありましたが、大変ではなかったでしょうか?
→南三陸町でも地震で揺れ、少しびっくりしたけれど、大きな被害はありませんでした。
◆どんな花や木がありますか?
→ツツジ、杉、ヒノキ、ケヤキ、桜など
◆どんな動物が住んでいますか?
→狸、キツネ、リス、カモシカ、鹿、キジ、熊、ハクビシンなど

YES工房の大森さんからの質問
韓国の天気は?、韓国で流行っているスポーツ、ゲーム、食べ物?

質問で、驚いたの事は、韓国にはハクビシンがいない事。
どうやらハクビシンは、中国やマレーシア、インド、台湾、日本など局所的に生息していて、韓国にはいないことが判明。すぐに画像を検索して子どもたちに見せると、顔は狸、体は猫で変てこな生き物が南三陸にはいることが分かりました。
交流すると以外な発見があって面白いものです。
(写真はハクビシン)
하쿠비신(ハクビシン)韓国.jpg


交流で親しみを感じたので、いよいよオクトパス君色付け。
事前学習で、どんな色で塗ろうか?デザインを子どもたちとしておきました。
どれも個性的な、オクトパス君。デザインと同じように塗れるかな?
옥토퍼스군 (한국)무라마츠 히로타카.jpg


子どもたちが順番に「このようなデザインしました」と、カメラ越しに見せると、YES工房の代表の大森さんは、「どうしてこのデザインにしたの?」、「難しいけど頑張って」「かわいいデザインだね」などと子ども一人ひとりのデザインを見て、コメントしてくれたり、色付けを行う上での注意事項を話してくれました。
옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国.jpg


色付けを始めると、教室は静かになり、色付けに夢中。
イメージ通りに仕上げる子どもがいたり、デザインを変更して作り上げるなど、想像して手を動かしました。時折、大森さんから、「絵とそっくりに仕上がってきたね」、「難しい場所だけど、頑張ってね」「ここを工夫するともっと良くなる」など、励ましや、アドバイス頂きながら1時間。
옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (2).jpg

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (3).jpg

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (4).jpg

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (5).png


仕上がった作品をカメラ越しの大森さんに見せると、「絵と同じ」「難しかった点はどこですか?」「やっぱり綺麗に出来たね」「かっこいい」などと講評を頂きました。
옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (6).jpg

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (7).jpg

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (8).JPG

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (9).png

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (10).png

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (11).png

옥토퍼스군 (미나미산리쿠초)南三陸町・韓国 (12).png


出来上がった作品がある韓国と、南三陸町で同じ時間を共有し、画面越しに記念撮影をしていたら、なんと、オクトパス君がサプライズ登場。
歓声を上げながら、一緒に記念撮影を行いました。
그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション.jpg

그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション (2).JPG

그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション.png

그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション (2).png


モノづくりを通じて、交流することで、新しい発見や、学びを経験することが出来ました。お陰様で、世界に一つしかない自分だけの作品ができました。
그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション (3).JPG

그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション (4).jpg

그림나라(미나미산리쿠초)南三陸町・ヴィレッジネーション (5).jpg

この企画には、震災で出会ったたくさんの人が関わって頂き、応援やアドバイスを頂き、開催することが出来ました。ありがとうございました。
그림나라クリムナラ(グリムナラ)ヴィレッジネーション무라마츠히로타카.JPG

次回は、復興応援横断幕(絵画作り)についてお送りします。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:57 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜A[2021年02月04日(Thu)]
前回は、パワポを使って復興する南三陸町や、南三陸町で頑張る人、応援の力等を学習しましたが、今回は、防災クイズをしたり、身近なもので防災グッズを作ったりして、楽しみながら学びました。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国).png

防災教育を受けている日本の子どもでも難しい問題にも、チャレンジしました。
正しく描かれている絵に色を塗りました。
悩んだ問題には、自分がそのような状況化にいることを想像して、クイズにチャレンジしました。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国).JPG

그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (2).JPG

どんな問題が出たか少し紹介します。
地震でよくある机の下に潜るという問題です。
ただ机の下にいる人と、机の脚をしっかり持つ人。
どちらがより良いでしょうか?と言う問題です。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (2).png

消火器の使い方の知識。右から風が吹いている場合に、どちらから消火器をしようしますか?と言う問題。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (3).png

洪水でどんどん水嵩が増している中、避難をするときの履物はどれが良いか?選ぶ問題です。
自分と違う意見が出たり、同じ意見に同意したり、自信を持って発言出来ることが少ない韓国では、本当に珍しく白熱したクイズになりました。
沢山の意見が出て、ディスカッションし、考える力を養うことが出来ました。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (4).png

クイズで頭を使った後は、身近なものを使って役に立つ防災グッズを作ってみよう。
ゴミ袋で合羽を作ってみました。
当日は、雪が降る韓国だったことと、換気の為に窓が開いていたので、合羽の大切さをより実感した授業になりました。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (5).png

그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (3).JPG

그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (4).JPG

그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (5).JPG

ビニール袋で簡単につくれる合羽。暖かさからか?よほど気に入ったのか?そのまま、今回の授業のまとめを行いました。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (6).JPG

まとめには、地震編・火事編・津波編・洪水編などの重要点をおさらいしました。
特に火事の事故が多い韓国では、火事の時の体の姿勢や、壁を触る手のポイントをおさらいしました。
火事の時には、低い姿勢で、有毒ガスを吸わないこと。手の甲で壁を伝うこと。ドアの取っ手は熱くなっていないか確認してから開けることなどを伝えました。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (6).png

「災害は、正しく恐れる。自分の命は自分で守ろう」
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (7).png

南三陸病院さんへ送る復興応援横断幕づくりもスタートしていますが、次回は、ZOOMを使って、南三陸町で希望を持ち、元気に働き、伝統や特産物を使って町の復興を頑張っている「YES工房」さんとモノづくりや交流を行います。
그림나라 방재퀴즈(부천시)ヴィレッジネーション(韓国) (8).png
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:52 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜@[2021年01月28日(Thu)]
コロナ禍で、いつ対面授業が禁止されるかわからない韓国の塾。
ここ京畿道富川市(キョンギドウ プチョン市)は、首都圏に位置するためにとてもコロナに敏感。

セウォル号転覆事故をきっかけに防災教育をスタートしたので、8年目になります。
改めて、東日本大震災時の南三陸町の様子、そこから10年かけ南三陸町の復興していく様子を定点写真を使って説明したり、南三陸町の方から頂いた、現在の南三陸町の様子を交え、人や町、人々の応援の力を説明。近年、韓国でも多くなってきた2016年慶州・2017年浦項地震の様子等をパワーポイントを使って、子どもたちへ伝えました。
パワポの一部抜粋。
ヴィレッジネーション(韓国パワポ).png

出身である静岡県の紹介
ヴィレッジネーション(韓国パワポ静岡).png

震災前の南三陸町と震災後の移り行く街並と現在
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (2).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (3).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (5).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (4).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (10).png

人々に生活や変化、日常
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (6).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (8).png

ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (9).png

韓国からの東日本大震災復興応援
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (12).png

2016年韓国の慶州地震の様子ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (11).png

まとめ
ヴィレッジネーション(韓国パワポ南三陸町) (13).png

当日は、NHKソウル支局さんが、来てくれました。
元気だった子どもたちも、大きなカメラが来てびっくり。静かな授業になってしまいました。
これから南三陸病院さんへ絵を描くが、そんな元気で大丈夫なのか心配になってきました…
그림나라塾(京畿道富川市).jpg

ヴィレッジネーション村松広貴(무라히로타카).jpg

グリムナラ그림나라 (부천시).jpg

グリムナラ그림나라 (부천시) (2).jpg

グリムナラ그림나라 村松広貴(무라 히로타카).jpg

次回は、韓国の子どもたちが、8年間で学んだ防災クイズをお伝えします。
次は、元気にクイズに答えてくれると思います。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:20 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ 〜 復興応援横断幕 〜 [2021年01月12日(Tue)]
2018年より続けている韓国の子どもたちから南三陸病院さんへの復興応援横断幕プロジェクト。

概要
当法人は、2011年東日本大震災で宮城県南三陸町の視覚障害者を中心に仮設住宅や地域のコミュニティづくりなどを行い、同町内でパラリンピック監督と出会い、2012年からパラリンピック柔道を子どもたちと応援。
2013年から、地元の幼稚園児と南三陸町の幼稚園児を繋ぐ「友情こいのぼりプロジェクト」を開始。
2014年、南三陸町での防災知識活かし、福島県南相馬市にある障害者施設と交流をスタート。20同年セウォル号転覆事故をきっかけに、安全意識が高まったことを受け、それらの活動を知った韓国の塾院長から、防災教室の依頼が舞い込む。
韓国の塾で特別授業として防災教育をスタートさせる中、「地震にあった人は元気ですか?」と言う韓国の子どもたちの素朴な疑問に答えようと、世界の支援を受け再建させた、宮城県南三陸町になる南三陸病院さんへ2018年に声を掛けたことがきっかけ。

南三陸病院は、旧志津川病院。志津川病院は、海沿いにあり、東日本大震災の津波で被災。避難マニュアルでは3階以上へ避難となっていたが、実際は4階部分まで津波が押し寄せ、多数の死者や行方不明者が出る中、最前線で指揮と執り、42人の入院患者を救った病院として有名です。
当時、最前線で指揮を執っていた横山事務長さんと出会ったことがきっかけです。

町の最初の公共施設となり、復興シンボルとして2015年に台湾をはじめ国内外から多くの支援を受けて、南三陸病院として本設復興させました。

18年19年は、韓国の子どもたちが制作した復興応援横断幕を受け取り、南三陸病院さんまで直接届けていたのですが、20年からはコロナ禍に入り、20年は日本国内から郵便で届けました。21年の今年は、国際郵便になりそうです。


2018年(1回目)寄贈
2018年韓国の子どもたちの南三陸病院さんへ.jpg

2019年(2回目)寄贈
2019年韓国の子どもたちの南三陸病院さんへ.jpg

2020年(3回目)寄贈
2020年韓国の子どもたちの南三陸病院さんへ.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:15 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年「韓国のクリスマス」[2020年12月25日(Fri)]
毎年、12月25日は祝日の韓国。
今年は、コロナ禍により、社会的距離2.5。
塾は、12月8日(火)から14日間の対面授業が禁止されており、現在、オンライン授業のみが可能となっています。
オンライン授業のみと言っても、対面授業と変わらないように工夫をしています。
美術部門は、色鉛筆を使って、立体に表現する方法の学習など、テクニックを重視して教えています。
また、オンライン授業に参加出来なかった生徒には、動画配信。
質問時間を設けることや、1日分のテキストと答えを毎日配布するなどし、家庭学習の進歩状況や不安を取り除くように配慮して進めています。
韓国のオンライン授業(塾) (2).jpg

韓国のオンライン授業(塾).jpg

韓国のオンライン授業(塾) (3).jpg

追記:2週間の予定でしたが、更に1週間延長されました。

さて、塾に子供が集まれないことが分かった為に、12月7日に、塾生全員が参加出来る様なものを何か作ろうと、思案して簡単な作品を作りました。
誰も訪れることの無い塾ですが、子供達にこのような飾り付けをしたよと、メッセージをしたり、ビデオ配信を行いました。
2020年韓国のクリスマス.jpg

2020年韓国のクリスマス (5).JPG

写真 2020-12-19 20 36 46.jpg


(サンタクロースが子どもたちのプレゼントを準備している様子の動画)



一人ひとりの家を回って、少しでも子どもたちが、楽しく過ごせるように願いながら、手書きのクリスマスカードや、プレゼントを配布しました。
英語部門の子どもたちは、10月にカナダのサンタクロースさん宛に書いた手紙に返信が来ていたので、一緒に渡しました。
2020年韓国のクリスマス (3).jpg

2020年韓国のクリスマス (4).jpg

韓国では、コロナ禍で3月の新学期から学校にトータル40日も小学校に通っていません。
学校が一方的にオンライン授業を進め、教育格差や学習格差が問題になっています。塾では出来る限り、質が上がる取り組みをしています。出来ない理由より一つでも出来ることを考えています。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:47 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
社会的距離第2.5段階[2020年12月08日(Tue)]
12月6日午前0時基準で新型コロナウイルス感染症の1日当たりの感染診断者が631人に達するなど、拡散傾向に歯止めがかからない為、韓国中央災難安全対策本部は12月8日0時から28日24時までの間、首都圏における社会的距離の確保を2.5段階、非首都圏は2段階への引き上げを施行することを発表しました。

社会的距離確保2.5段階では遊興施設5種など重点管理施設での集合禁止はもちろん、インターネットカフェ、塾、映画館など、一般管理施設14種もほとんどが夜9時以後運営を中断することになる。
一般管理施設14種には、△インターネットカフェ、△結婚式場、△葬儀場、△学習塾、△職業訓練機関、△大衆浴場、△公演場、△映画館、△遊園地・ウォーターパーク、△ゲームセンター・マルチルームなど、△室内体育施設、△理髪・美容業、△商店・マート・デパート、△自習室・スタディカフェなどが該当する。
結婚式場と葬儀場は50人未満に人数が制限される。スポーツ観戦は‘無観衆競技'へと転換される。宗教行事は、非対面を原則とし、出席人数を20人以内に制限する。
今回、特例として、学習塾は対面授業が禁止されました。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:56 | 韓国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml