• もっと見る
« 日記 | Main | オリンピック・パラリンピック »
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2023年5月17日付 統一日報[2023年05月17日(Wed)]
統一日報さんより。
20230517付 統一日報.jpg

「タイトル」
韓日交流横断幕を共作
仙台〜仁川運航再開記念

「本文」
NPO法人ヴィレッジネーション(静岡県富士宮市、村松広貴代表理事)とグリムナラ(京畿道富川市、キム・ソンジン院長)は4月28日、約3年ぶりとなる仙台〜仁川空港運航の細管記念として横断幕を共作した=写真。
幕には仙台と韓国の名所や名産が描かれている。仙台を訪れた韓国人や日本人、仁川を経由して来た外国人旅行客らは幕を目にすると、大いに盛り上がった。

両団体はコロナ以前から防災安全教育の重要性を共有し、宮城県南三陸町への支援を行ってきた。キム院長は27日、南三陸病院を初めて訪れ、韓国・富川市から毎年3月に6年間送り続けていた子どもたちの絵が飾られてるのを見て、「子供たちが伝えない気持ちを絵の中で感じて涙が出た。韓国の子供たちの絵を見てもらい、温かい交流の気持ちを感じてもらえばと思う」と話した。

村松代表理事は、「震災から12年。これまで被災された地域の人々に寄り添い、復興やコロナ禍でも関わりが途切れなかったことに波及効果を感じている。その効果は韓国まで広がり、また日本に返ってきた。支援の輪が広がっていくことで地域全体の復興や活性化に繋がる。国や世代を超えてより多くの人々に安全が減災、防災を周知することの重要性を実感している」と話した。
横断幕は、6月末まで仙台国際空港の到着ロビーに掲げられる。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年4月30日 毎日新聞(voicy)[2023年04月30日(Sun)]
毎日新聞さん(voicy)より。
毎朝6時に、毎日新聞のニュースを音声(ボイシー)でお届けします。
個性豊かなパーソナリティが各曜日を担当します。
2023年4月30日付 毎日新聞(voicy).png

「タイトル」
4/30(日) スーダンから邦人退避・羽田に到着、仙台−ソウル線3年ぶり再開

「本文」
コロナ禍で運休していたアシアナ航空「仙台ソウル線」が28日、およそ3年ぶりに定期運航を再開しました。週3回運航の初日、第一便の仙台空港到着時には、東日本大震災の被災地と交流しながら防災を学んでいる、韓国のこどもたちが描いた両国の友好を願う絵が掲げられ、乗客を温かく迎えました。絵は、6月末まで空港一階に展示します。(ニュース内一部抜粋)

5つのニュースに選ばれました。
最後までニュースを聞くと、パーソナリティーのまりかさんが、まりかの今日イチ!〜韓国旅行の思い出〜として韓国旅行のことをお話しています。最後までお聞きください。

こちらから
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年4月28日 日刊せんだいタウン情報 S-style Web[2023年04月28日(Fri)]
日韓せんだいタウン情報 S-style Webさんより。
記事の一部に、当法人を紹介して頂きました。
2023年4月28日付 日刊せんだいタウン情報S-style Web.png

「タイトル」
仙台韓国イベントレポート

「本文」
また、この日は静岡富士宮市から、被災地支援などを行っているNPO法人ヴィレッジネーションの代表・村松さんと、韓国から韓国富川(プチョン)市にある美術を中心とした総合学習塾グリムナラの院長キム ソンジンさんが、仙台-仁川定期便再開を記念し、韓国の子供たちが書いた絵を持ってお祝いに駆けつけてくれました。
今後とも、日韓の交流が深まるようGaja-Go、そしてTOFAでお手伝いしていけたらと思います♪♪
こちらの絵は仙台国際空港国際線1F到着ロビーに展示されていますのでぜひ訪れた際はご覧になってください。(ブログ内一部抜粋)

こちらから
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:34 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年4月28日 毎日新聞(Web版)[2023年04月28日(Fri)]
毎日新聞さん(Web版)より。
2023年4月28日付 毎日新聞(インターネット版).png

「タイトル」
仙台ーソウル線 3年ぶり定期運航再開、子供たちの絵画お出迎え
社会 速報
毎日新聞 2023/4/28 20:16(最終更新 4/29 19:29) 822文字

「本文」
新型コロナウイルス禍で運休していたアシアナ航空仙台―ソウル(仁川)線が28日、約3年ぶりに定期運航を再開した。第1便の仙台空港到着時には、東日本大震災の被災地と交流しながら防災を学ぶ韓国の子供たちが描いた、両国の友好を願う絵が掲げられ、乗客を温かく出迎えた。

絵を描いたのは、韓国・富川市の美術を中心にした総合学習塾グリムナラに通う5〜13歳の子供たち。絵は飛行機を中心に、右側に伊達政宗騎馬像や牛タンなど仙台の名物、左側には韓国のソウルタワーやビビンバなどを描き、「日本のすし食べてみたい」「キムチを食べに来てください」など、子供たちが翻訳機を使って書いたメッセージも添えられている。

仙台―ソウル便はこの日が週3回(火、金、日曜)運航の初日。花を添えようと、塾のキム・ソンジン院長(38)と、塾と宮城県南三陸町の被災地との交流を橋渡しした静岡県富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーションの村松広貴代表(45)が企画し、到着ロビーで絵を掲げ歓迎した。

村松代表は震災直後から、南三陸町で視覚障害者の支援や被災者のコミュニティーづくりの後押しを続けてきた。2014年に塾の依頼で韓国で防災教室を開き、南三陸町の被災状況を紹介すると、子供たちは被災地に心を寄せ、イラストやゲームを通じて防災を学びつつ、復興の願いを込めて絵を描き、町の病院に贈ってきた。

コロナ禍でもオンラインで交流を続け、南三陸に行きたいと望む韓国の子供たちも多いという。この前日、被災した同町の旧防災対策庁舎などを初めて見学したというキム院長は「災害を悲しい出来事に終わらせず、次に進むためどう安全にするか考え続けていることが伝わった。子供たちにも伝えたい」。村松代表は「言葉は分からなくても絵を通じて交流が生まれ、お互いを身近に感じることができる。被災地から防災を学ぶ取り組みをさらに広げ、細くとも長く続けられたら」と話した。絵は6月末まで空港1階に展示する。【百武信幸】(全文)

こちらから
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:16 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年04月27日 グローバルニュースアジア[2023年04月27日(Thu)]
GLOBAL NEWS ASIAさんより。
2023年4月27日付 グローバルニュースアジア.png

「タイトル」
ワールドニュース
仙台−仁川定期便・運航再開、韓国の子どもたちが絵画で祝福

「本文」
2023年4月28日、仙台空港では、約3年ぶりに仙台ー韓国・仁川との定期便の運航が再開される。韓国の子どもたちが描いた絵画(横断幕)が到着ロビーに掲示される予定だ。絵画には、韓国と宮城県の名所や食べ物、飛行機などがカラフルに描かれており、中央下部には「仙台と仁川の友好を願って」というメッセージが貼り付けられている。

この絵画は、NPO法人ヴィレッジネーションがグリムナラの協力を得て作成した。

グリムナラは、2014年の韓国セウォル号転覆事故を受けて、NPO法人ヴィレッジネーションに安全教育を依頼したことがきっかけで、同じ宮城県内にある南三陸町と交流を続けている。南三陸町では、東日本大震災で被災した南三陸病院が復興し、韓国の子どもたちから寄せられた絵画やメッセージを展示している。

総合学習塾グリムナラのキムソンジン院長は「宮城県南三陸町との交流をきっかけに、今回の仁川〜仙台空路の再開をお祝いできて光栄です。 特に言語が通じなくても絵を通じて韓国の子供たちと宮城県がつながることに改めて美術の力を感じています。今後も仁川~仙台路線を通じて両国が、より活発に行き来しながら交流と友好関係が続くことを願っています」と話している。【編集:LF】(全文)

こちらから
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年03月15日 統一日報[2023年03月15日(Wed)]
統一日報さんより。
2023年03月15日 統一日報.jpg

「タイトル」
春を迎えた日韓交流
地道な活動が花開き実を結ぶ
今年も絵の贈りもの
富川市の子どもたちから南三陸病院へ

「本文」
宮城県南三陸町へ災害支援を行うNPO法人ヴィレッジネーション(静岡県富士宮市/村松広貴代表理事)が仲をつなぎ、京畿道富川市の美術を中心とした総合学習塾グリムナラで安全教育を継続している。三者の交流は本誌でもたびたび紹介しているが、コロナ禍においても途切れることなく続いている。

毎年、東日本大震災が起きた3月になると、小学生を中心とした塾の子どもたちが描いた絵が南三陸病院に贈られる。今年は「健康を守る秒んと行ってみたい南三陸町の街並み」をテーマとした。テーマや絵の構成は子どもたち自身が考えるという。南三陸病院では絵を地域の人に公開している。

子どもたちは南三陸町のことや簡単な日本語の挨拶も学んでいる。韓日の往来が出来るようになたいま、直接会いに行くことが、子どもたちの願いだ。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年03月10日 東洋経済日報社[2023年03月10日(Fri)]
東洋経済日報社さんより。
2023年03月10日付 東洋経済日報.jpg

「タイトル」
東日本大震災12年 南三陸町の病院に絵を
今年で6回目 韓国の子ども達が復興支援で寄贈

「本文」
2011年3月11日に発生した東日本大震災から、今年で12年目となる。宮城県南三陸町への被災地支援を行ってきたNPO法人ヴィレッジネーション(静岡県富士宮市)は、韓国・富川市にある美術を中心とした総合学習塾クリムナラの子どもたちが、被災地支援のために書いた絵画を18年から伝達する活動を続け、今年で6回目を迎えた。

同団体は、南三陸町内で被災した視覚障害者支援をはじめ、幅広い交流を行い、14年の旅客船・世越号転覆事故をきっかけに韓国に招かれ、クリムナラで命を守る安全教育を行ってきた。
塾に通う子どもたちからの「南三陸町の人たちは今も元気ですか?」との質問をきっかけに、南三陸病院(旧志津川病院)に絵画を復興応援として送ってきた。最近ではこどもたちが日本語を学び、「同病院にいつか行ってみたい」「コロナ禍で病院はどうしているの」などの声が聞かれた。それを受けて今年の絵画は、同病院を中心に南三陸町の街並みに日本語でメッセージを添え、3月11日に合わせて同病院へ送った。

朴ソユンさん(12歳、女子、小5)は、「南三陸町に行き、病院の人々と交流したい」との声を寄せた。
金損人・クリムナラ院長は「子供たちの素朴な疑問がきっかけだったが、美術の力で人の心を動かせること、社会貢献につながることを実感している。交流が続いている事に感謝したい」と話した。

子どもたちは、2月6日に起きたトルコ地震への支援にも関心を寄せているという。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年12月発行 富士市で活動する団体ガイドブック[2022年12月01日(Thu)]
富士市民活動センター・コミュニティfが発行の「富士市で活動する団体ガイドブック」より。

障がい者・高齢者支援10で、当法人が掲載して頂きました。
2022年12月発行 「富士市で活動する団体ガイドブック」.jpg

2022年12月 NPO法人ヴィレッジネーション.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年10月19日 統一日報[2022年10月19日(Wed)]
統一日報さんより。
2022年10月19日付 統一日報.jpg

「タイトル」
絵を通じ根付いた交流
富川市と南三陸町

「本文」
韓国富川市の美術を中心とした総合学習塾グリムナラの子どもたちと、宮城県南三陸町の南三陸病院(旧志津川病院)との絵画を通じた交流は5年に及ぶ。
今年も、3月にコロナ下で奮闘する病院へ応援の絵が贈られ本紙でも紹介したが、患者さんが絵を見て元気づけられたり、長く通院する人が毎年海の向こうから届く絵を楽しみにしてるとのメッセージが交流を支えるNPO法人ヴィレッジネーション(静岡県富士宮市・村松広貴代表理事)から届いた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:27 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年10月14日 東洋経済日報[2022年10月14日(Fri)]
東洋経済日報さんより。
2022年10月14日付 東洋経済日報.jpg

「タイトル」
復興病院から韓国の子共たちに感謝の声
NPO法人が橋渡し


「本文」
宮城県南三陸町で活動いているNPO法人ヴィレッジネーション(静岡県富士宮市)は、韓国富川市にある美術を中心とした総合学習塾クリムナラで防災安全教育を行っている。
そして、復興を進める南三陸町の姿から学ぶ中で、韓国の子供たちから「この町の人は今、元気ですか?」との声を受け、絵の力を使って声を届けようと18年から南三陸病院へ復興応援横断幕を寄贈している。

4日に村松広貴・同法人代表理事が同病院を訪れて病院関係者と交流し、待合の患者さんが絵を見て元気づけられたり、長く通院する人が毎年楽しみにしていると聞き、韓国の子供たちに伝えると回答した。同交流は来年以降も行う予定だ。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 21:49 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml