CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 寄付のお知らせ | Main | メディア情報 »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル[2019年07月20日(Sat)]
小雨が降り続く、今日この頃。
小ぶりの雨が続いている中、午後から天気が回復することを祈りながら、朝から準備をしています。
第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル.jpg

午後からは何とか天気が回復し、蒸し暑い中「第38回ふじキンダー学園のサマーフェスティバル」が開催されました。
第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション).JPG

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (2).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (3).JPG

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (4).jpg

当法人は、宮城県南三陸町応援ブースとして、海苔やわかめ、オクトパス君グッズを販売しました。
オクトパス君からもメッセージが届いたり、南三陸町の写真を展示しました。
たくさんの方々に関心を持っていだけるように、発信しました。
ご来場、誠にありがとうございました。
第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (6).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (7).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (8).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル(ヴィレッジネーション南三陸) (9).jpg


さて、にぎやかな会場には、ヨーヨー販売やお面、かき氷にお弁当コーナーなどありました。
おみこしを担いて、子どもたちが「わっしょいわっしょい」
練習成果を発揮する、鼓笛隊に盆踊り大会。
第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル (2).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル (3).JPG

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル (4).JPG

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル (5).jpg

第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル (6).jpg

子どもたちにとって、いい思い出になったことと思います。
小さい頃のきらきらした心は、大人になっても印象に残っていると思います。
朝から準備のためにお越し頂いたPTAの方々や先生方、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
第38回ふじキンダー学園サマーフェスティバル (ヴィレッジネーション).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:25 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第9回通常総会の報告[2019年05月16日(Thu)]
第9回通常総会を開催致しました。
総会3.jpg

出席者4名、委任状提出者5名、連絡不通者1名で本日の総会は成立致しました。
理事さんや、応援して頂いてる方々にお越し頂きありがとうございました。
本年度も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
総会.jpg

本年度より、役員変更を行いました。
副代表理事 太田正和が退任し、新副代表理事に望月秀将。
監事 三浦大輔が退任し、新監事に佐野頼国。
選任されました。
よろしくお願い致します。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:20 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年5月15日 河北新報[2019年05月15日(Wed)]
河北新報さんより。
2019年5月19日付 河北新報.jpg

「タイトル」
南三陸と静岡の園児が制作
心つながるこいのぼり仲良く泳ぐ

「本文」
南三陸町志津川のあさひ幼稚園と静岡県富士宮市の認定こども園「ふじキンダー学園」の園児が協力して作ったこいのぼりが13日、あさひ幼稚園に届いた。園児たちは青空の下、友情の証しであるこいのぼりが泳ぐ姿に歓声を上げた。

制作したこいのぼりは5匹。それぞれ約3メートルの長さで、あさひ幼稚園の全園児29人と、ふじキンダー学園の年長児の計111人が似顔絵などを描いたうろこを張り付けた。
あさひ幼稚園の園庭には、赤、青、金3色のこいのぼりを1匹ずつ掲揚した。年長の及川愛梨ちゃん(5)は「こいのぼりが届くのを楽しみにしていた。自分の似顔絵があってうれしかった」と笑顔をみせた。

こいのぼり制作を通じた両園の交流は東日本大震災後の2013年から続き、これまでに延べ700人以上が参加した。こいのぼりはふじキンダー学園で飾った後、あさひ幼稚園で披露している。
ふじキンダー学園顧問の鳴海淑子さん(67)は「静岡と南三陸は離れていても、園児たちの心はつながっている。今後も交流を続けたい」と話した。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:18 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年5月14日 毎日新聞(宮城県版)[2019年05月14日(Tue)]
毎日新聞さんより。
2019年月14日付 毎日新聞宮城県版.jpg

「タイトル」
「友情こいのぼり」に歓声
震災後に交流 静岡のこども園と制作
南三陸・あさひ幼稚園

「本文」
南三陸町志津川沼田の私立あさひ幼稚園に13日、東日本大震災を機に交流を続ける静岡県富士宮市の認定こども園・ふじキンダー学園と共同制作した「友情こいのぼり」5匹が届いた。青空の下で堰堤に掲げられ、園児たちが歓声を上げていた。

両園の交流は、被災地支援の活動をしている富士宮市のNPO法人ヴィレッジネーションの橋渡しで2013年に始まった。津波で園舎が流失したあさひ幼稚園を応援しようと、共同でこいのぼりを掲げた。同園は5回の移転を経て16年に高台に園舎を再建。こいのぼりの共同制作は毎年続けている。

こいのぼりは全長約3メートル。園児たちが描いた自分の似顔絵を、うろこ部分に貼り付けて完成させた。4月中旬から先週までは、ふじキンダー学園に掲げられていた。
こいのぼりを届けたキンダー学園の鳴海淑子顧問は「助け合う気持ちを忘れずに育ってほしい」と話した。【新井敦】(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 16:48 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
当法人にとっての東日本大震災から8年が経ち…[2019年04月23日(Tue)]
8年前の4月23日(2011年)の南三陸町は冷たい雨でした。

当時のニュースでは、
東日本大震災の被災地では、24日(2011年)の明け方にかけて強い風を伴って、まとまった雨が降る見込みで、気象庁は巨大地震とその後の余震で地盤が緩んでいることから、土砂災害などに警戒するよう呼びかけていました。また、23日午前0時25分ごろには、福島県沖を震源とする地震で福島県広野町で震度5弱の強い揺れを観測しました。余震が起きている地域の外側でも各地で強い揺れを伴う地震が起きていて、気象庁は引き続き、広い範囲で地震に注意するよう呼びかけています。と記録が残っています。
20110423宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(2011年4月23日 突然の余震で高台へ死ぬほど走りました)

当時のニュースでは、
(4月23日 4時)宮城県南三陸町では、役場が被災し、支援が必要な人の情報を把握しにくくなっています。中には、震災から40日間にわたって孤立に近い状態になった高齢者もいて、きめ細かな対応が求められています。
宮城県南三陸町では、役場が被災して福祉や医療に関するデータが多く失われ、支援が必要な人の情報を把握しにくくなっています。南三陸町志津川の岩崎惣一さん(69)は、妻のあや子さん(69)の目が不自由なために避難所には行かず、停電や断水が続く自宅で暮らしています。近所の人たちが避難したあと、自宅の周辺では食べ物や水の支給が行われず、2人は、震災からおよそ40日間、孤立に近い状態になりました。岩崎さんは、毎日2回、往復1時間近くかけて町内の避難所まで山道を歩き、2人分の食べ物などを受け取るほか、坂を登り降りして井戸水をくみ生活しているということです。今月中旬になって、仙台市のボランティア、及川博道さん(34)が訪れたことをきっかけに、ようやく数日に1度、野菜などが届くようになりました。及川さんは、2人のことを人づてに聞いたということで、「町内には、まだ孤立した人がいるかもしれない」と話し、仲間と巡回を行って情報の把握に努めています。
20110423 宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(初めてお会いした岩崎さんご夫婦)

そんな中、当法人(旧任意団体ヴィレッジネーション)は、宮城県石巻市に3名で向かいました。
3.11震災後に3.15(富士宮地震)が起き、富士宮でも被害あり、東北支援に出遅れていました。
また4月23日は、石巻ボランティアセンターも雨の為、閉鎖。
朝の4時、NHKニュースから流れてきた「南三陸町で目の不自由な人が自宅で孤立している」との報道で居ても立っても居られず、石巻から約2時間かけて南三陸町を訪れることにしたのが今日でした。

初めて訪れる宮城県南三陸町は、冷たい雨が降り薄暗く、見るもの全てが灰色だったことを今でも覚えています。目立つのは3人で着ていった、オレンジ色や黄色のレインコートと色鮮やかなレインカバーで覆われた、リュックサックだけでした。
現地のボランティアをしている及川博道さんと連絡をとる為に、メディアに連絡し場所を教えてもらい半日かけ、歩いて岩崎さん宅を訪れました。出迎えてくれた岩崎さんは薄汚れた見知らぬ私達をそのままの格好で迎え入れてくれました。

あの日から8年が経ちました。岩崎さんとも今日で9年目のお付き合いに突入。
相変わらず、「何もないし、変わらない」が岩崎さんの口癖ですが、あの時の感謝は忘れないよと言われると何だか毎年、照れくさい。
20190309南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(2019年3月9日)

そんな出会いから、2014年、福島県南相馬市の障害者施設へ支援を開始、同年、セウォル号転覆事故をきっかけに、韓国で防災教室を開始。
2019年3月30日、在大韓民国日本国大使館主催の東日本大震災ドキュメンタリー映画にご招待頂き、駐大韓民国特命全権大使の長嶺安政大使にお会いすることが出来ました。
ヴィレッジネーションは、今でも何か一つを考えて行動しています。

20110422より販売ディズニーリゾートチャリティーリストバンド.jpg
(東日本大震災を受け、東京ディズニーリゾートで4月22日より販売されたチャリティーリストバンド)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:39 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イオン 黄色いレシートキャンペーン贈呈式[2019年04月10日(Wed)]
2001年から、イオン 黄色いレシートキャンペーンが開催。
当法人は、2013年より参加し、6年が経ちました。
今年も数ある団体の中より、NPO法人ヴィレッジネーションに、数多くのレシートを投函して頂き誠にありがとうございました。
ヴィレッジネーション「イオン 黄色いレシート」 (2).jpg

本日は、贈呈式に出席させて頂きました。
・災害救援
・福祉の増進(障害者支援)
・子どもの健全育成
上記、活動に使用させて頂きます。
ヴィレッジネーション「イオン 黄色いレシート」贈呈式.jpg

今月は、今日と明日(10.11日)に黄色いレシートを投函することが出来ます。
また、専門店での白いレシートでの投函も大丈夫です。
今年度も、どうぞヴィレッジネーションの応援をよろしくお願い致します。
ヴィレッジネーション「イオン黄色いレシート」.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 13:12 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」 inクルマ、買いますKOYAMA富士宮店[2019年03月27日(Wed)]
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」
3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」inクルマ、買いますKOYAMA富士宮店.jpg

ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年3月までの90枚以上を展示中。

場所:クルマ、買いますKOYAMA富士宮店(富士宮市淀平町727 )
日時:3/27-4/10
時間:09:30-19:00(木曜定休)
入場:無料
カフェエリアのみ利用に方もいらっしゃいますのでお気軽にご利用ください。もちろん、車査定や洗車なども大歓迎。
※ 4月3日までの予定でしたが、10日までに延長展示させていただくことになりました。

ぜひ、ご覧ください。
クルマ、買いますKOYAMA富士宮店.jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」in芝川公民館くれいどる芝楽[2019年03月19日(Tue)]
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」inくれいどる芝楽.jpg

ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年3月までの90枚以上を展示中。

場所:芝川公民館くれいどる芝楽(富士宮市長貫1270番地の1)
日時:3/19-3/26
時間:09:00-17:00(祝日・月曜休館)
入場:無料

ぜひ、ご覧ください。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:40 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」in富士市民活動センターコミュニティf[2019年03月11日(Mon)]
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」inコミュf2019.jpg

ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年3月までの90枚以上を展示中。

場所:富士市民活動センターコミュニティf(富士市吉原1270-1)
日時:3/11-3/18
時間:10:00-22:00(日曜日17時まで)
入場:無料

ぜひ、ご覧ください。
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:00 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
一年間ありがとうございました。[2018年12月28日(Fri)]
皆さま、今年はどのような一年でしたでしょうか?
今年一年、ヴィレッジネーションを応援して下さった方々皆さまに、感謝申し上げます。
来年もご愛顧の程よろしくお願い致します。
ご家族やご友人、大切な人とどうぞ良い新年をお迎えください。
(なお新年は1月7日(月)より通常営業いたします。)
夢ステージ.jpg

特定非営利活動法人 ヴィレッジネーション
村松 広貴
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 17:48 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml