CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 寄付のお知らせ | Main | メディア情報 »
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
当法人にとっての東日本大震災から10年が経ち…[2020年04月23日(Thu)]
10年前の4月23日(2011年)の南三陸町は冷たい雨でした。

当時のニュースでは、
東日本大震災の被災地では、24日(2011年)の明け方にかけて強い風を伴って、まとまった雨が降る見込みで、気象庁は巨大地震とその後の余震で地盤が緩んでいることから、土砂災害などに警戒するよう呼びかけていました。また、23日午前0時25分ごろには、福島県沖を震源とする地震で福島県広野町で震度5弱の強い揺れを観測しました。余震が起きている地域の外側でも各地で強い揺れを伴う地震が起きていて、気象庁は引き続き、広い範囲で地震に注意するよう呼びかけています。と記録が残っています。
2011年4月23日宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション).JPG
(2011年4月23日 突然の余震で高台へ死ぬほど走りました)

当時のニュースでは、
(4月23日 4時)宮城県南三陸町では、役場が被災し、支援が必要な人の情報を把握しにくくなっています。中には、震災から40日間にわたって孤立に近い状態になった高齢者もいて、きめ細かな対応が求められています。
宮城県南三陸町では、役場が被災して福祉や医療に関するデータが多く失われ、支援が必要な人の情報を把握しにくくなっています。南三陸町志津川の岩崎惣一さん(69)は、妻のあや子さん(69)の目が不自由なために避難所には行かず、停電や断水が続く自宅で暮らしています。近所の人たちが避難したあと、自宅の周辺では食べ物や水の支給が行われず、2人は、震災からおよそ40日間、孤立に近い状態になりました。岩崎さんは、毎日2回、往復1時間近くかけて町内の避難所まで山道を歩き、2人分の食べ物などを受け取るほか、坂を登り降りして井戸水をくみ生活しているということです。今月中旬になって、仙台市のボランティア、及川博道さん(34)が訪れたことをきっかけに、ようやく数日に1度、野菜などが届くようになりました。及川さんは、2人のことを人づてに聞いたということで、「町内には、まだ孤立した人がいるかもしれない」と話し、仲間と巡回を行って情報の把握に努めています。
2011年4月23日宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション) (2).JPG
(初めてお会いした岩崎さんご夫婦)

そんな中、当法人(旧任意団体ヴィレッジネーション)は、宮城県石巻市に3名で向かいました。
3.11震災後に3.15(富士宮地震)が起き、富士宮でも被害あり、東北支援に出遅れていました。
また4月23日は、石巻ボランティアセンターも雨の為、閉鎖。
朝の4時、NHKニュースから流れてきた「南三陸町で目の不自由な人が自宅で孤立している」との報道で居ても立っても居られず、石巻から約2時間かけて南三陸町を訪れることにしたのが今日でした。

初めて訪れる宮城県南三陸町は、冷たい雨が降り薄暗く、見るもの全てが灰色だったことを今でも覚えています。目立つのは3人で着ていった、オレンジ色や黄色のレインコートと色鮮やかなレインカバーで覆われた、リュックサックだけでした。
現地のボランティアをしている及川博道さんと連絡をとる為に、メディアに連絡し場所を教えてもらい半日かけ、歩いて岩崎さん宅を訪れました。出迎えてくれた岩崎さんは薄汚れた見知らぬ私達をそのままの格好で迎え入れてくれました。

あの日から9年が経ちました。岩崎さんとも今日で10年目のお付き合いに突入。
相変わらず、「何もないし、変わらない」が岩崎さんの口癖ですが、あの時の感謝は忘れないよと言われると何だか毎年、照れくさい。幼稚園児だった岩崎さんのお孫さんも、今年で高校生になっていた。
そして今更ながら、岩崎さんの旦那さんの誕生日と1日違いだったことに、笑い声が止まらなかった2020年4月23日でした。今年もあの時と同じように、桜が咲き、岩崎さんの頬に桜感じる南三陸町だと教えてくれました。
2012年岩崎さんのお孫さんが描いた絵.JPG
(2012年4月、岩崎さんのお孫さんが、桜が満開で学校に通う姿が描かれていました)

2019年3月9日宮城県南三陸町(ヴィレッジネーション).jpg
(2019年3月9日、東日本大震災の特別番組を見つめる岩崎さん)

そんな出会いから、2014年、福島県南相馬市の障害者施設へ支援を開始、同年、セウォル号転覆事故をきっかけに、韓国で防災教室を開始。
2019年3月には、在大韓民国日本国大使館主催の東日本大震災ドキュメンタリー映画にご招待頂き、駐大韓民国特命全権大使の長嶺安政大使にお会いすることが出来たのが懐かしいです。
今年は新型コロナウイルス(COVID-19 )の影響で、毎年訪れる3月の南三陸町訪問も延期、韓国の子どもたちが作った東日本大震災復興応援横断幕は延期で渡すことが出来ず、南三陸町にあるあさひ幼稚園さんとの友情こいのぼりプロジェクトも縮小中。
この先も、まだまだ先が見えない不安な世の中ですが、東北3県が絶望的に見舞われた東日本大震災の時に誰もが思った「心ひとつ」を信じ、大人がしっかりと子どもたちに手本を見せ、今出来る形で精いっぱい工夫する大切さを伝えていきたい。と思いました。
ヴィレッジネーションは、今でも何か一つを考えて行動しています。
心はひとつチャリティーリストバンド(ディズニーランド).jpg
(東日本大震災を受け、東京ディズニーリゾートで4月22日より販売されたチャリティーリストバンド)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 19:48 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」in富士市民活動センターコミュニティf[2020年03月27日(Fri)]
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止の為、延期しておりました「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」写真展ですが開催することが決定しました。
20200327  [3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」写真展in富士市民活動センターコミュニティf.jpg

「宮城県南三陸町の様子」
20200327  [3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」写真展inコミュf(南三陸町).jpg

「福島県南相馬地方の様子」「韓国の防災教育の様子」
20200327  [3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」写真展inコミュf(福島県南相馬・韓国).jpg


ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年5月までの100枚以上を展示中。

場所:富士市民活動センターコミュニティf(富士市吉原2-10-20ラクロス吉原2階)
日時:3/27-4/06
時間:10:00-22:00(日曜日17時まで)
入場:無料

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止の為に、宮城県南三陸町の南三陸病院さんへ贈呈する予定だった東日本大震災復興応援横断幕も特別展示しています。横断幕贈呈は、現在延期しており、日程は未定です…
韓国の子どもたちが、日本の復興を応援しています。今回で3回目となります。
20200327  [3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」(韓国の子どもたちから南三陸病院さんへ).JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:19 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年3月20日 岳南朝日新聞[2020年03月20日(Fri)]
2020年3月20日付 岳南朝日.jpg

「タイトル」
思いでの学びやに別れつげ
富士宮市内 公立小・中学校で卒業式

「本文」
富士宮市内の公立小・中学校で19日、2019年度卒業式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在校生の出席などはとりやめて規模を縮小して開催。卒業生たちは保護者や恩師らの祝福を受けながら、夢や希望を胸に思い出の詰まった学びやに別れを告げ、新たな舞台に巣立っていった。

市立大富士小学校(井出由美子校長)では6年生167人が卒業を迎え、体育館には在校生からの寄せ書きなどを掲示。卒業生たちは5年生の合奏が録画された映像が流れる中、教職員や保護者、来賓らの拍手に迎えられて堂々と胸を張って入場した。卒業証書授与では担任教諭kara
名前を呼ばれると、大きな声で返事をして井出校長から卒業証書を受け取った。

式辞を述べた井出校長は、リオパラ五輪柔道銀メダリスト廣瀬誠さんの講演会での言葉「変えられることは変える。変えられないことは受け入れる努力をしよう」を紹介しながら、「考え方を変えたら、物事の見方が変わる。全てが当たり前ではなく、感謝の気持ちを常に持ってほしい。皆さんもこれから長い人生の中で、自分の力では変えられないことにたくさん出会うと思う。そんな時、廣瀬さんの言葉を思い出してほしい」と呼び掛けた。さらに「皆さんの入学式には教頭として、卒業式には校長として立ち会えたことは本当に幸せです。皆さんの未来が光り輝き、幸多きものとなることをいのります」と卒業生たちに熱く語りかけた。卒業生は、周囲の人たちへの感謝の気持ちを込めながら『いのちの歌』と『旅立ちの日に』を斉唱し、新しい一歩を踏み出した。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 08:46 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
富士山学習PARTUだより 無尽蔵PARTU[2020年03月16日(Mon)]
富士山学習PARTUだより 無尽蔵PARTU 第75号より。
富士山学習PARTUだより 1.jpg

富士山学習PARTUだより 2.jpg

【ステージ発表の部】
<大富士小学校>…みんなが暮らしやすい大富士地区にするために〜ぼくたち・わたしたちにできること〜

4年生が「共生」をテーマにした学びを発表しました。お年寄りや障がいのある方、子育て中のお母さんたちが利用する施設があることを知り、大富士地区に住む自分たちに何ができるのかを考えていく過程を表現しました。最初に「子育てサロン」と「寄り合い処」を訪ねた時、赤ちゃんを楽しませる遊びがなかったことや、お年寄りの方に進んで話しかけられなかったという振り返りをしました。

その結果「次は施設にいる方々を笑顔にしたい」という目標もち、親近感のわく名札作りや楽しい遊びを考えて、2度目の訪問につなげていくという学びが表現されていました。
課題追究の中で、新たな課題が生まれる様子や、体験や情報をもとに施設の方に質問して解決していく発表から、学びの中で身に付けたい力が身に付いた様子が伝わってきました。(一部抜粋)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 13:32 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」in富士宮市総合福祉会館[2020年03月15日(Sun)]
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止の為、延期しておりました「3.11を振り返る・未来へ繋ぐ」写真展ですが開催することが決定しました。
2020「3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」ヴィレッジネーション.jpg

「宮城県南三陸町の様子」
2020「3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」南三陸 ヴィレッジネーション.jpg

「福島県南相馬地方の様子」
2020「3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」南相馬 ヴィレッジネーション.jpg

「韓国の防災教育の様子」
2020「3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」韓国 ヴィレッジネーション.jpg


ヴィレッジネーションの活動写真展を開催しました。2011年東日本大震災後の宮城県南三陸町の様子や福島県南相馬地方の様子。2014年セウォル号転覆事故をきっかけに始めた、韓国での防災教室の様子。
2011年4月から2019年5月までの100枚以上を展示中。

場所:富士宮市総合福祉会館(富士宮市宮原7-1)
日時:3/15-3/25
時間:09:00-21:30(祝日・月曜休館)
入場:無料

ぜひ、ご覧ください。
現在、総合福祉会館は、部屋などの使用は禁止されていますが、開館しています。
2020「3.11を振り返る 未来へ繋ぐ」ヴィレッジネーション (2).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:29 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウイルス、アウトブレイク?[2020年02月11日(Tue)]
日本帰国中に、韓国でも新型コロナウイルスの猛威がやってきました。

韓国国内では、2015年5月に流行したMERS。感染者数186人死者36人が発生。
OECD諸国では1〜4人の発病者で収まっている。
当時、韓国政府の初期対応をとらなかった点、自己隔離を無視して、ゴルフ場へでかける人も現れ、市民の意識の低さが問題視され、大規模な公衆保険の危機、国家レベルの災害となったことが記憶に新しい。
そのため、今回の新型コロナウイルスの対応に国民は震えている。

韓国の塾(그림나라=グリムナラ)でも1月29日より、手洗い周知や咳エチケットの張り紙や、アルコール消毒液の配備、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒を強化しました。
20200210新型コロナウイルス対策(그림나라).jpg

20200210新型コロナウイルス対策(그림나라) (2).jpg


今回の韓国では、前回のMERSアウトブレイクを恐れ、市民が必要以上に不安になっています。
しかしこの新型コロナウイルスは、エンベロープのあるウイルスです。
ウイルスはその構造から、エンベロープのあるウイルスとエンベロープがないウイルスの2種類にわけられます。エンベロープとは、脂肪やたんぱく質、糖たんぱく質から出来ている膜です。このエンベロープの膜は、手洗いやアルコール消毒で膜を破壊することが出来るのです。
つまり現段階では、手洗いやアルコール消毒が有効ということです。

考えてみれば、그림나라塾では、季節性インフルエンザ等の対応方法を、感染症マニュアル化、実施しているので普段の冬と変わりません。
やっぱり普段から見えないところにも意識を向け、「安全第一」が備わっていると保護者への対応も安心してできるものだと正直安心していますが、市民は不安になっていて塾の人数も激減中…

2月9日から、韓国を訪問していますが、日本よりマスクをしている人が多くてびっくりしています。また、市内バスなどにもアルコール消毒液が配備されています。日本人のお馴染みのサージカルマスクではなく、N95マスクという医療従事者が結核感染などに使用する空気感染対策までしている人が多数見受けられます。しかし知識のない市民が不安を煽り、韓国でもマスクやアルコール消毒液が店頭にほとんどありません。
マスクの付け方や外し方、捨て方も知らない人達が、マスクを高値で転売し煽るのは日本と同じです…。ちなみに韓国では、価格のつり上げ・大量購入などの業者は、懲役刑や罰金が科せられます。
韓国の市内バス(新型コロナウイルス対策).jpg


そんな感じで、日本より恐れています。
一方、韓国政府の対応は二転三転しており、すぐに収束すると見てるようですが、徐々に感染者数は上昇、10日午後4時現在の感染者数は、27人に達しています。
また、2月7日には、新型コロナウイルスに感染した中国人が、明洞に隣接するロッテデパートに来店したことが確認されたとして、韓国国内パニックです…。
NONO JAPANにより日本への依存をやめ、中国へ目を向けるも、今回のコロナウイルス感染騒動
により、輸出と輸入、生産と消費、経済もガタガタです…。しかし文在寅大統領は「困難を必ず乗り越える」と政府の意思を強調中。

私個人的には、このまま収束していただき、オリンピックやパラリンピックの開催を楽しみにしていますが、確実に半年以上は続くと予想しています。

:追記
新型コロナウイルスは、別名:武漢肺炎や武漢ウイルスなどと呼ばれて、特定の地域や人種差別が広がっていることが懸念されていましたが、正式名:COVID-19とWHOが命名しました。
それに伴い、그림나라塾では、保護者向けに案内を出しました。
要約すると、「新型コロナウイルス(COVID-19)に関連した人権問題への配慮についてお願いのお知らせです。ニュースやネットの情報が広がるに従い、中国や武漢市という地域やそこに関わる人々のいわれなく差別発言等が懸念されています。ご家庭におかれましては、お子さんへの正しい人権問題への配慮をお願いします。」12日付けでメッセージをさせて頂きました。
COVID-19(공지사항).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:10 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2020年2月04日 岳南朝日新聞[2020年02月04日(Tue)]
岳南朝日新聞さんより。
2020年2月4日付け 岳南朝日新聞.jpg

「タイトル」
富士山学習パートU発表会
地域などの研究成果披露
16校の児童・生徒が発表

「本文」
富士宮市教委、富士山学習研究委員会主催の第22回富士山学習パート2発表会が、1日から3日にかけ、富士宮市民文化会館で開かれた。初日はプレゼンテーション発表やステージ発表が行われ、児童・生徒がそれぞれ地域のことについて研究した成果や学びから思い描いた未来などを披露した。展示は3日間にわたり行われた。
プレゼンテーション発表では市内の小学生10校、中学校6校が同館展示などで市民に向けてプレゼンテーションを繰り広げた。街の未来や環境について、防災などさまざまな視点から調べたことを発表した。

ステージ発表では富士根南小が同会のテーマソング、新井満作詞・作曲の『富士山』を合唱。あいさつに立った、須藤秀忠市長は児童・生徒の学習の成果を称賛しながら、「自分たちのことだけではなく、世界へ目を向けることも大切。皆さんの学習はSDGsに関連したことも多い。その思いを未来へとつなぐと同時に、郷土への誇りを持ってほしい」と述べた。
ステージ発表では、黒田小が「黒田のお茶の魅力伝え隊」、大富士小が「みんなが暮らしやすい大富士地区にするために-ぼくたち・わたしたちにできること」、芝川中が「芝川の先陣に学び、芝川の未来を考える」と題してそれぞれ発表した。

黒田小児童は、高原地区に広がるお茶畑へ関心を向け、同地区の茶業者から話を聞きながら、お茶摘みや手もみ体験、茶工場の見学などをしてきたことを語り、「お茶摘みや茶もみはむかしはすべて手作業だった。機械は人の手をまねている」「お茶の温度によって味が違うので、自分好みを知ってほしい」「お茶にはたくさん体に良い成分がある」といったお茶の魅力を発信。最後に、「お茶を楽しんで身近に感じられるようにしたい」「いろいろ飲んで自分の好きなお茶をみつけた」などの感想を語り、会場に訪れた人たちにも「富士宮のお茶を飲んで」と訴えた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 18:39 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年12月26日 点字毎日(活字版・点字版)[2019年12月26日(Thu)]
点字毎日さんより。
2019年12月26日付 点字毎日(墨字版).jpg

「タイトル」
パラメダリストの広瀬さん
講演と実技指導
静岡の小学校で

「本文」
2016年リオデジャネイロ・パラリンピック柔道の男子60`級で銀メダルを獲得した弱視の広瀬誠さん(43)が11月27日、静岡県富士宮市の市立大富士小学校で開かれた学習会で講演と実技披露を行った。同校の4年生約150人を前に、目の障害のことやパラリンピックの歴史、リオでの対戦について話した。得意技であるともえ投げも披露した。講演会を主催した同校では4年生の授業で、障害の有無などさまざまな違いを認めて共に生きる社会をテーマにした学習を続けている。児童らは広瀬さんの講演を含め1年間学んできた感想を1月下旬ごろに開催予定の発表会で披露するという。

青色の柔道着姿を広瀬さんは、目が見えにくいなかで柔道を続けられた喜びやそこには家族をはじめ大勢の人の支えがあったことへの感謝の気持ちを述べた。また、人生を楽しむコツとして「チャレンジする気持ちを持っていろんな経験を積み、感謝の気持ちを伝えることを大切にして」などと呼び掛けていた。【平井俊行】(全文)

2019年12月26日付 点字毎日(点字版).jpg
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 09:05 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年12月10日 岳南朝日新聞[2019年12月10日(Tue)]
岳南朝日新聞さんより。
2019年12月10日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
障害を乗り越えた強さ
パラ五輪柔道銀メダリスト
廣瀬さんの生き方

「本文」
リオパラ五輪柔道銀メダリストの廣瀬誠さんは高校2年生の時、目の病気で視力が低下した。その時に触れた言葉がヘレン・ケラーの名言「障害は不便だけど不幸ではない」だった。しかし、その言葉の意味が全く理解できなかったという。見えていた物・景色がある時から見えなくなったら、誰でもそう簡単に現実は受け入れられない。
廣瀬さんはリオを最後に現役を引退し、現在は盲学校の教員として勤務しながらパラ五輪のPR活動に力を入れている。先に触れた廣瀬さんの思いは、このほど、大富士小学校で開かれた『一度きりの人生、どうせだったら楽しもう』と題した講演での発言だ。

廣瀬さんは視覚障害者であることを恥ずかしく思いながら生活していたが、ある全盲の柔道選手から「見えないことは変えられないから受け入れる努力をする。変えられることは変える努力をすればいい」と、堂々と生きることを教えてもらった。視力が下がったことで、考え方を変えれば人生を楽しく生きていけることも学べたという。
廣瀬さん一押しの人生を楽しむ方法は、自己肯定感を高めること。「多くの経験、さまざまな挑戦、自分で決断、周囲への感謝の4つを意識すれば自分を好きになり、人生を楽しむことができる」と論した。今は、ヘレン・ケラーの言葉を自然な気持ちで受け入れられるようになったという。

東京パラ五輪は来年8月25日から9月6日まで開催される。障害やリハビリを乗り越えた選手(人間)の強さは、多くの人の心を強く揺さぶるはずだ。(木ノ内愛実)(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 14:43 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年12月1日 岳南朝日新聞[2019年12月01日(Sun)]
岳南朝日新聞さんより。
2019年12月1日 岳南朝日.jpg

「タイトル」
人生楽しむヒント得て
大富士小4年生
廣瀬さん(リオデジャネイロパラ五輪銀メダリスト)が講演

「本文」
富士宮市立大富士小学校(井出由美子校長)でこのほど、教育講演会が開かれた。リオパラ五輪柔道銀メダリストの廣瀬誠さんが「一度きりの人生、どうせだったら楽しもう」と題して講話し、同校4年生150人が人生を楽しむヒントを得た。
廣瀬さんは2004年のアテネから北京、ロンドン、リオデジャネイロの各パラ五輪の男子60キログラム級(弱視)に出場。現在は県立名古屋盲学校に教員として勤務しながら、パラ五輪の普及活動に力を入れている。

講演会で廣瀬さんは模擬柔道を披露したほか、リオでの様子を話、「家族や仲間のおかげでメダルが獲得できた。自分だけのメダルではない」と感謝の気持ちを述べた。
また、「高校2年生の時に目の病気で視力が下がり、日常生活が困難になった。当時はヘレン・ケラーの名言『障害は不便だけれど、不幸ではない』の意味が全く理解できなかった。しかし、ある全盲の柔道選手が、目を見えないことを隠さずに堂々と生活し、『見えないものは仕方がない。変えられないことは受け入れる努力をする。変えられることは変える努力をすればいい。そうやって人生を楽しむ』と話し、教えてくれた」と述べた。

さらに、視力が下がったり良かったこととして▽考え方を変えれば生き方が分かる▽どんなことにも感謝の気持ちを持てるようになったーの2つを挙げた。広瀬さんは「自分の人生を楽しむには、自分のことを好きになってほしい。自分を好きになるにはさまざまな経験と挑戦をし、自分で物事を決断し、周りに感謝することが大切」と呼び掛けた。
児童は廣瀬さんの生き方に関心を寄せ、サプライズで廣瀬さんの誕生日を祝った。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 20:23 | 日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml