• もっと見る
« 2023年4月28日 日刊せんだいタウン情報 S-style Web | Main | 初めて訪れた「大川小学校」そして新たな出会い »
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
再び南三陸町へ。そして大川小学校へ[2023年04月29日(Sat)]
当法人にとって、久しぶりの南三陸町訪問だった27日(木)。
会いたい人や、訪ねてみたい場所も多かった。
しかし時間的都合で断念せざるを得なかった。それは、28日(金)に仙台空港でのイベントがあったためだった。南三陸町から仙台空港まではおおよそ90分ほど離れていて往復すれば、3時間。

予定のイベントをこなし、あっという間に29日(土)
本来なら今日は、仙台の名所周りを予定していたが、「やっぱりどうしても会いたい・後悔したくない・どうしても行きたい南三陸町」再び、南三陸町へ向かいました。


27日に1度訪れたのですが、どうしても時間がなくてご飯を頂くことが出来なかった季節料理「志のや」さん。
折角来たのに「飯も食べずに帰るのは寂しいな」って、肩を落としやせ細った親方。震災のどんなに苦しい時にも、しっかり前を向いていた親方だが、少し前に身内にご不幸があり、うつむき加減。どうしても元気付けたいと思って再び、今日、南三陸町へやってきたというわけです。
やっぱり来て良かった。飯が美味い。震災から12年。私は、南三陸町内ではここでしかご飯を食べたことがありません!!いつも志のやで腹いっぱい、四季と南三陸町、復興を感じています。
20230429南三陸町「季節料理 志のや」.jpg

20230429南三陸町「志のや 店主」.jpg

(志のや キラキラ丼(春))
20230429「志のや キラキラ丼(春)」.jpg

(志のや 海鮮丼)
20230429「志のや 海鮮丼」.JPG


考えてみたら、いつも南三陸町の絵を描いてくれる子どもたちにお土産を購入していない、グリムナラの院長先生。いつも子どもたちの印象にあるYES工房やさんさん商店街に行って買物をしたり、震災遺構や自然を見て写真やビデオに収め、悲しい場所と自然の豊かさ、海と一緒に生きている2度目の南三陸町を心深く観察していました。様々な場所や人と会い、お土産一杯買ってくれました。
(YES工房)
20230427「YES工房」.jpg

(JR気仙沼線BRT バス)
20230427「JR気仙沼線BRT」バス.jpg

(さんさん商店街から見える防災庁舎)
20230429「さんさん商店街」.jpg

(サンオーレそではま海水浴場)
20230429「サンオーレそではま海水浴場」 (3).jpg

20230429「サンオーレそではま海水浴場」 (2).jpg

20230429「サンオーレそではま海水浴場」 (3).jpg

(伝説の神割崎 南三陸町と石巻の堺)
20230429「神割崎」.jpg

20230429「神割崎」 (2).JPG


そして初めての大川小学校へ。
前日、仙台空港で取材して頂いたときに、毎日新聞の記者さんが教えてくれた「大川小学校」
学校管理下で起きた戦後最悪の事故という事は知っていたのですが、いままで訪れたことがありませんでした。そして南三陸町から仙台へ向かう道の近くにあることも知りませんでした。詳しくは、次回
(裏山から見える大川小学校)
20230429「大川小学校」.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 22:29 | 南三陸町 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1679
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml