CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年3月4日 静岡新聞 | Main | 2021年3月6日 NHK「おはよう日本」 »
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2021年3月4日 信濃毎日新聞[2021年03月04日(Thu)]
信濃毎日新聞さんより。
2021年3月4日付 信濃毎日新聞.jpg

「タイトル」
大震災復興応援 日韓つなぐ絵
韓国の美術教室 児童ら防災教育機に

「本文」
【ソウル共同】韓国の小学生ら約50人が学ぶ美術教室が、東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の復興を応援するため毎年絵を描き、現地に届けている。
日本のNPO法人の防災教育がきっかけで子どもたちに被災地への関心が芽生えた。「少しでも力になってほしい」との願いを込めた“横断幕”を今年も届ける予定だ。

「津波で大きな被害を受けた街の復興が進んでいます」。1月29日、ソウル近郊・富川市の美術教室「クリムナラ」。NPO法人「ヴィレッジネーション」(静岡県富士宮市)の村松広貴代表(42)が南三陸町の震災直後から現在までの写真を見せると、子どもたちは真剣な表情で見入った。 

村松さんは震災後、南三陸町を定期的に訪れ、視覚障害者らの支援を続けてきた。SNSで活動を知り、共感した美術教室の金善真(キムソンジン)院長(36)が村松さんに連絡。2014年に韓国で304人が死亡・行方不明となるセウォル号沈没事故が発生し、安全に対する意識が高まったことを受け、14年から教室で防災教育を毎年行っている。

被災地応援は、子どもたちの素朴な疑問が発端だった。村松さんが震災で家や家族を失った子どもがいたことを話すと、「その子どもたちはいま元気にしているの?」と質問が出た。「何かできることはない?」という子もいた。それをきっかけに絵を描いて送ることが決まり、18年からは村松さんの仲介で毎年、南三陸病院に届けている。教室に通うチョン・ヨンウンちゃん(9)は「地震で大変だったけど、新しい街をつくっている人たちを応援したい」と話す。(全文)

Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 11:16 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1536
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml