CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 畑の様子 | Main | 社会的距離第2段階プラスアルファ »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2020年11月27日 東洋経済日報[2020年11月27日(Fri)]
東洋経済日報さんより。
2020年11月27日付 東洋経済日報.jpg
「タイトル」
日本のNPO法人が韓国外交部から表彰
民間外交を評価

「本文」
静岡のNPO法人ヴィレッジネーションが、韓国外交部から民間外交を評価されて今月5日にソウルで表彰を受けた。
同団体は、韓国・富川市にある美術を中心とした総合学習塾(幼稚園児〜中学1年生の平均人数80人)で14年6月より定期的に防災教育を行ってきた。同学習塾は、14年4月に韓国で起きた旅客船・世越号の沈没事故を受けて、防災教育の必要性を痛感したという。

また、韓国の子どもたちから「南三陸町の人はいま元気ですか?」と質問されたことを受けて、18年3月より毎年、復興した宮城県南三陸町にある南三陸病院(旧志津川病院、津波で全壊)に、韓国の子どもたちの美術作品(復興横断幕)を寄贈している。

今回、それらの活動が韓国外交部より評価され、「未来志向の韓日友好関係の発展のための国民参加型エピソード公募展」で選定され、表彰された。
村松広貴代表は、「今回、国際交流としても大きく貢献していると評価をいただいた。人・文化はお互いの特徴を活かしながら、共に育て合う関係であり、その先の未来をつなげると思って、これからも活動を継続していきたい」と述べた。(全文)
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 10:23 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1509
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml