CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 当法人にとっての東日本大震災から9年が経ち… | Main | 2019年5月1日 静岡新聞 »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
2019年4月の福島県[2019年04月30日(Tue)]
7か月ぶりの福島県の訪問。

南相馬市原町区にある自立研修所「えんどう豆」
さをり降りや、缶バッチづくりをしている、就労支援B型。
2011年の東日本大震災そして福島第一原発事故により、避難。
利用者は避難先に馴染めずに、3か月で再開させた。
当法人は2014年より、静岡の防災に役立てたいと交流を開始しています。

自立支援研修所「えんどう豆」
音楽を披露して歓迎してくれました。
さをり織りや木工作業を、見学させてもらいました。
自立研修所「えんどう豆」南相馬.JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (2).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (3).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (4).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (5).JPG

自立研修所「えんどう豆」南相馬 (6).jpg


2016年に再開された小高駅周辺。
まだまだ閑散としていますが、時々、人や車が通るようになってきました。
復興するにはまだまだ時間がかかりそうです。
20190430小高駅.JPG

20190430小高駅 (2).JPG

20190430小高駅 (3).JPG

20190430小高駅 (4).JPG


小高駅近くにある、公設民営商業施設「小高ストア」(2018年12月オープン)
地元産の野菜やお米の販売が行われている、地元スーパー。
20190430小高ストア.JPG

20190430小高ストア (3).jpg

20190430小高ストア(2).jpg


2019年1月26日にオープンした小高区復興拠点センター「小高交流センター
多世代による地域内外の交流拡大や地域活性化、にぎわい創出、地域コミュニティの再構築など、復興・再生を目的に市が整備を進めてきた施設です。
20190430小高交流センター.jpg

20190430小高交流センター (2).JPG

20190430小高交流センター (3).JPG

20190430小高交流センター (4).JPG


南相馬市原町区萱浜に、復興支援活動に取り組む同市の市民団体「福興浜団」が企画した、昨年の一・五倍の大きさとなる約三百アールの広大な敷地に一粒ずつ種をまき、菜の花の迷路を作りました。
20190430萱浜にある菜の花迷路.JPG

20190430萱浜にある菜の花迷路 (2).JPG


遊休農地を利用した、見渡す限りのソーラーパネル。
沿岸部には、原町火力発電所や風力発電など、エネルギーや環境に先駆け、再生エネルギーの導入とエネルギーの効率利用を推進しています。
20190430ソーラーパネル(福島).JPG

20190430風力発電と植樹(福島).JPG

2019風力発電と原町火力発電所.JPG


田んぼには水が張られ、米作りの準備が行われていました。場所によっては、2018年12月に販売されたロボットトラクタにより労働不足を解消しています。収穫されたお米は、全量全袋検査され出荷されています。
20190430福島の田植え.jpg

20190430福島の田植え (2).JPG


少しづつ、フレコンバックが最終処分場へ移動を始めていました。
20190430フレコン置き場.jpg

20190430フレコン置き場 (2).JPG


福島第一原子力発電所へ近づくと、「自動二輪車 原動機付自転車 軽車両 歩行者は通行できません」「国道6号 双葉町から帰還困難区域(高線量区間を含む」など、日本語表記以外に、英語表記の看板が増えてきます。(英語表記看板は、2018年4月以降に設置された)
20190430ルート6号線沿いの看板.JPG

20190430ルート6号線沿いの看板 (2).JPG

20190430ルート6号線沿いの英語看板.JPG

20190430ルート6号線沿いの英語看板 (2).JPG

20190430ルート6号線沿いの看板 (3).JPG


帰宅困難区域
20190430帰宅困難区域.JPG

20190430帰宅困難区域 (2).JPG

20190430帰宅困難区域 (3).JPG

20190430帰宅困難区域 (4).JPG

20190430帰宅困難区域 (5).JPG

20190430帰宅困難区域 (6).JPG

福島を支える人たちと交流!?飲み会。
現地の人との繋がりがあるから、色々な場所へ行ける「絆」
福島を支える人たち.JPG


東日本大震災から9年目を迎え、年月をかけ少しづつ復旧が進み、ダイナミックに復興が具体化されていると感じました。廃炉、ロボット、エネルギー、リサイクル、農林水産業、生活環境の整備、情報発信などを進めると共に、人材育成や交流人口の拡大していく福島と共に、令和時代を支えていきたいと思った、平成最期の日でした。
家に到着する頃に、平成が終わり、令和時代がやってきました。
今夜は、福島の日本酒「御本陣」とアサヒビールの「アサヒ富士山」で乾杯します。
平成時代が終わり間もなく令和時代.JPG
Posted by NPO法人 ヴィレッジネーション at 23:55 | 福島県 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/archive/1326
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ヴィレッジネーションさんの画像
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/villagenation-blog/index2_0.xml