• もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
輸血、など。 [2024年05月30日(Thu)]
IMG_20240529_120140.jpg


スパイスチキンカレー、作って食べた。

簡単にできるので、、時間のない時など便利。

そこそこに美味しいよ。


しかし、、昨日はいろいろ盛りだくさんで。

疲れた、、今朝も6時から母親の電話で、、

正直、ギブアップ寸前。

午前中だけで、7回ぐらいあったかな。

私もついイライラしちゃって。反省。


私にしか泣きつけない母。

もう何十年もずっとそうしてきたわけだし。


ハワイで家族とは通信ができず。

連絡も出来なくて、、でも正直、、

すごくスッキリした、、(泣)


昨日、朝、月一で訪問してくるケアマネさんが

帰国後、整理も出来てないすごい部屋に来場(笑)


いつもスゴイ部屋でごめんなさい!

先に謝っといた(笑)。


昔、ケニアから持ち帰った麒麟を今更ながら見つけ

きゃあ、なんてカッコいいシルエット!素敵!

と、一人で興奮しているケアマネさん(笑)

いつもこんな感じです。ははは。


「ヨキータさんは、、もうご自分のことだけで、

ご実家を切り離していいと思いますよ。」


先程の母親のこと、ちょっと話したんだけど。

ケアマネさん、話をいろいろしてくれた。


不思議なもので、認知症の方の症状って、

お世話をされる方がご本人にどう対応したか。

それがそのまま症状に出る、

そう、言われてます。写し鏡、みたいな。


だから難しいんですよね。

ヨキータさんはもうご自分に集中してほしい、

それでいいんじゃないでしょうか?


そんな風に言われましたが。

なるほど、だからこそ家族のケアは難しい。


ま、私は、もう心の中のハサミで、

バチっと切ってるので、実は結構ドライ。

以前ほど、アチラに持って行かれない。


でも母の人生を見届ける事が

この人生の一つの宿題でもあるので。


ケアマネさんて、いろいろピンキリみたいなんで。

私は本当にラッキーだと思う。

ソーシャルワーカーしかり。

本当に良い人に当たってる。しかも、、

自分では全く動かずとも、、いつのまにか

目の前に出現していた、という有難さ!


ケアマネさん、私をながめながら。

「会うたびに元気なってる気がするわ〜。」と。


初対面は入院していた時で。。

車椅子で面談室へ行ったんだけど。

薬のせいでしゃべることができず。。

(口の中が異常に乾き、会話が出来ない。)


手足は自由に動かせなくて。

自分の足で立つことすらできない状況だった。


そんな私をスタートとして、、

昨日なんかは、、普通にしゃべって笑って。

食べる事ばっかのアホな話しかしない私、だから。


ケアマネさんが戸惑うのは当然だよなあ。

、、ハワイの事、話しちゃおうかな、、


「主治医にも言っていないので、、内緒ね。

ケアマネさんにだけ。秘密を教えるね。」


な、なんですか、なになに?と目を見開いた(笑)


「先週、ハワイに行ったんですよ!

傷口が閉じたばかりだったけど。」


その時の、反応をどう書けばいいのか(≧▽≦)、、

椅子から転げ落ちそうになってたし。


頭抱えて、、信じられない!

ビックリを超えて、おそろしいって(笑)

あり得ないですううう、って。


だってこないだまで入院してらしたし。

お腹の爆発の写真も見せてもらったばかりで。

えーー。アナタって、どういうひと?

って、いつまでも絶叫してました(笑)


「ヨキータさん、スゴ過ぎますよ。

ホントあり得ないです。

でもそのとどまることを知らない食欲が、、

今の大変な状況を変えていくのかも。

生きていくうえで、欲、って大事ですね。。」


どんどん元気になっていくのは、、

きっとそういう事ですよね。

他の利用者さんもたまにいらっしゃいます。

そういう方。抗がん剤やめてしまった後も

ずっと、元気でおられる、、


一人でず〜っとしゃべっておられました。

ケアマネさん!ハワイでパンケーキを食べる、

それが夢なんだそうです。

なんだか、可愛い(笑)。


次の目標は、、フラメンコの舞台!

と、言うと、これまた椅子から転げ落ちそうに。

(≧▽≦)、、ヤバいヤバい。


信じられないわ、全く、、と言いながら。

9月21日、銀座まで観に来てくれるって。

わ〜い。嬉しいな。


「今から輸血しに行くんで、今日はそろそろ。」

と、思い出して伝えたら、、

またまたビックリしてました(笑)


早々にカレーを食べて。。

大学病院へ急ぎ。輸血。慣れたもんですわ、、


輸血中は、Netflixでひっしぶりにドラマを観て。。

薬局行って、薬をもらって。


そして母の好物の「こぶし揚げ」のおかきを

買いに、うちのそばのスーパーへ。

これ、なかなか売ってないんです。


そして、大塚の「ロイホ」で、、

久々の「中年の星くん」と待ち合わせ。


ハワイの写真が入ってるSDカードが

なかなか、PCに認識されてないので。。


仕事帰りの彼に見てもらいました。

もうバッチリよ。


あ〜〜〜、なんてバタバタな一日。

でも、、大丈夫。まだエネルギーは残ってる。

輸血したとは思えないぐらい(笑)


飛んできました! [2024年05月28日(Tue)]
IMG_1247.jpg


Wi-Fiが、、ほぼ使えなかった、ってこともあり。

ブログがまた死んでましたね。。

すみません〜。


実は、、飛んできましたよ!

最悪な状況を造像しながら、、

それでもきっと大丈夫!な気もして。

結局、主治医にも言わず、、( *´艸`)、、


ハワイに行って参りました!



なんつーか。今の感情としては、、

五輪に参加し、メダルには手に届かなかったけど、

自分が想定した目標はバッチリクリアした、、

そんな晴れ晴れとした達成感!、でしょうか。


大いなる自然に身を置いて。その力を借りて。

私の中では、奇跡の帰還、そう思えました。


ホノルル行きの飛行機の中では流石に緊張。

気圧の変化をもろに受けて。


私のこのお腹のキラウェア火山が爆発しないよう、

大丈夫よ、だいじょうぶ〜って。唱えつつ。

7時間、空の上。


何事もなく、ワイキキの空港に着陸し、

更に、「ヒロ」への航空便に乗り換え。

重たい荷物は、いつも優しい友人が持ってくれて。


嘘のように順調に!たどり着いたハワイ島。

女神ペレのお膝元へ。

ペレの許可なくこの島へ入ることを良しとしない、

そんな話をたまに聴きますが、、


なんとか入れてもらえた、、そんな気分。

ほどよい湿気を感じながら、、

超ド田舎の「ヒロ空港」のターンテーブルへ。


・・ビックリだけど、建物出てもうそこは外。

そこにスーツケース、回りながら出てくるのです。

すげーーー。マジ、すげー。


実は、久しぶりにカメラを持参したんだけど、、

写真が入ったSDカードがパソコンに認識されず。

困っております。明日、見てもらえる事になったが。


大した写真は撮れなかったんだけどね。

無事、PCに取り入れられたら、、

ハワイでの話を少しずつブログに書こうと思います。


んでね。今日はね。大学病院の日でした。

採血済んで、、主治医の診察、、


どうぞ、この充実ぶりな数日が、、

採血の結果に反映されてますように、、


なんか、、名前呼ばれるまでドキドキしてた〜。

全てがバッチリだったら、、


私、ハワイに行きました!

無事に帰ってこれたし!バッチリでした!



そんな感じで伝えるつもりでした。

が、、主治医はハワイのこと等、もう頭になく(笑)

なんだか、拍子抜け〜〜。ま、そうだよな。。


採血結果は、、前回に引き続き、良い感じ。

肝機能、特にバッチリ。

ビリルビン、黄疸数値、これがちょっと上がり。

(昨日、鏡でお腹見たとき、黄色くてびっくり。)


あと、炎症数値、これも前回よりは上がってた。

(思い当たるフシ、あり。)


そして、、残念だったのは、、

先々週、素晴らしく平均的に良かったはずの

白血球、ヘモグロビン値、血小板、、Etc。

ちょっとずつ下がってる〜〜( *´艸`)。


「血液内科の先生がね。先日の診察のあとに

今日の数値はとても良い、とカルテに残してる。

今日はそこから全体的に下がっちゃってるね。。

貧血がヒドイね。ね?」と聞かれ、、


え、、全然わからない、と答えたけど。

明日、輸血することになってしまいました。


想定外だ〜。もう予定がビンビンなのになあ。

仕方ないけれど。。


でもね。主治医、、初めての反応を見せた。

私の顔をジ〜〜っと見て。


「なんだろ、ここんとこ、、元気だよね。」

それから始まって、、不思議そうに私をながめて。


何かが違う、、何て言うのか、、

顔からして違う。出てるものが違う、、

実際、どうなの?体調とか、、


と聞かれ、、おっ!そうきたか?と。


「熱もいつの間にか出なくなったし。

普通に生活できてますよ。最近は。」と答えた。


へえ。。そうか。そうなんだね。

と、言いながら、、さらに不思議そうに、、

私を黙って眺めていたんですよ。


そんなこと、今まで絶対なかった。

いくら私が、元気です、大丈夫です、と言っても

まともに聞きもせず、そんなわけない、と、

そんな反応をビシビシ伝わってきてたんだが。


自分の方から、どうも不思議だ、と、、

でも説明できない、、みたいな。

首をかしげながら私をながめるなんて。初めて。


私の変化に気づいてくれたか!

それはそれで、流石だよ、主治医。


ハワイに行く前からもう私の免疫力は

すでに上がっていたのだから。

ハワイのおかげもあるが、、

フラメンコの一徹先生のおかげでもあり。

そして周りのみんなのおかげです。


もちろん、病気は治ったわけではないが。

これからも進行はしていくだろうけども。


身体はあらゆることにちゃんと反応して、

変化を見せていくんだ、って思えたことが

私の中の一番の驚きであり、喜びであり。収穫。


だってさ。抗がん剤をやめてから7か月。

普通なら、どどど〜っと癌細胞は勢いづいて

状態は悪くなっていくはずなのに。


私はハワイで肉にかじりついてたからな。

それもとてつもないデカいサイズの、、

(美味かったっす。)


主治医にはもうハワイに行ったことは言わず。

輸血の準備(アレルギー検査とか)に移動して。


やったぜ!と、、ワケわからんガッツポーズ。


眠たくて、、何書いてるかもう意味不明状態ですが。

また改めて。。いろいろ。


この挑戦は無謀で。反対する人もいたけれど。

すごく、自信になりました。


あ、そうだ、

主治医にお腹見せてよ、と言われた。


無事、出血痕がキレイになった個所をながめ。

キレイになってるじゃーん、って驚いてた。


「腫れはしっかりあるんだけど、、

爆発する一週間前から痛みが出てくるので。

予兆はあるので、大丈夫ですよ。」


ふーん。そりゃ自分が一番わかるよね、と。


「爆発して出血しても自分で処置できるから、

いちいち病院に来なくても大丈夫ですかね?」


主治医、私の問いかけに相当ビックリしてた。


「いや、爆発したら来てよ〜。

だってさ、私もその瞬間を見てるから言うけどさ。

何があるかわかんないわけよ。感染症しかり。。

病院には来てくださいな、お願いだから。」と。


ま、そりゃそうだな、と。私も相当な変な患者(笑)。


先週、今週と毎日大学病院。 [2024年05月16日(Thu)]
IMG_20240506_134204.jpg


柏餅買ってきた〜。

道明寺や柏餅や豆大福や

アンコ入りの、きなこ餅や。

本当に好きで。見かけたらついつい買っちゃう。


IMG_20240504_132230.jpg


これは友達のパフェ。


私の体調不良で、延び延びになってた約束。

もう一年ぐらい?待たせてしまって。


フラメンコの初めてのライブの時の仲間たち。

北海道のゆりちゃんは来れないけれど。

三人でランチ&デザート。


不思議なものを食べたのです。


IMG_20240504_131618.jpg


素敵な?蓋がしてあって。

白い煙が、、モクモクと。


IMG_20240504_131625_1.jpg


その煙が、、なんか、、臭い、

タバコっぽい匂いなんだよね。。

うう、なんだこれ。普通のスモークではないのか。


IMG_20240504_131646.jpg



う〜〜ん。食べてもよくわからなかったけど。

でも、、全部食べちゃった。

チョコのなにか、なんだけど。


ココだけの話、夜、ちょっとムカムカしてきて。

これを吐いてしまいました。


二人とも、、初ライブに出演してから

都内のライブにずっと出演していて。

もうすっかり水をあけられてしまったな。

まあ、元々、そうなんだけど(笑)


でもこうして、会ったら楽しくて。

これからの事、お互いに聞いて。

刺激になりますね。

なったところで、私は彼女らの夢のなかに

たぶん、いないと思うんだけど。。


さて。あれから。

大学病院にはほぼ毎日行ってました。


検査、検査、、診察、、

今、4つぐらいの科にかかってるので大変よ。

特定医療費のおかげで負担額は少ない。


その日は掛け持ち受診でした。

大腸内科の助教授センセ、、


先日、見られてるんだよね。

出血して死にそうな顔で処置室に連行されてる私を。

ビックリしてみてたな。

大丈夫ですか、、て。


外来予約のその日は不思議そうな顔で、私を凝視。

あんな状態だったのに、、

今日は元気そうに目の前に座ってる。。

不思議だろうなあ(笑)


形成外科の先生にはお腹の傷跡を診て頂いてる。

若いけれど、知識も豊かで安心して聞ける。


「入院した時より格段と良くなってるねえ。

うん!キレイになってる!いいね、いいね!」


もうガーゼ要らないよ。取っちゃうね、って。

わーい、これでようやく自由だあ。


そんで。ドクターの次の言葉で息を呑む。

「ハワイに行くんだって?」



内科の主治医が電子カルテに書いてるみたいで、、

怖すぎますって。。


「私はGO,とは言わないよ!」

そう、言われちゃいました、と説明。


「まあ、そう言うだろうね、そりゃね。

そうとしか言えないよね。


飛行機に乗っちゃうとどうしても気圧がね。

影響は必ず出ると思った方がいいね。

ハワイは片道7時間はかかるよね。キツイよね。


でも、まあ、ヨキータさん、自分で処置できるから、

ガーゼと薬をとりあえず沢山持って行って、

出血したら処置すればいいけどね。」


たっくさん準備してる、と伝えると、

それなら大丈夫、と。


「後、怖いのは、むくみ。

機内でどうしても浮腫みが出るから。」


「ふくらはぎを締めるソックス買いました。」


「お、いいね。」


「保険も持病もちは入れないんですけど、

癌患者でも入れる保険会社見つけて、入りました。

病院にかかっても死亡でも、お金は入ります。」


「うんうん。よく準備出来てるね。

それなら、僕は「NOとは言えないね。」


・・・さっきの主治医の「GOとは言えない。」

にかけてるのかな、笑うとこか?と迷ったが

タイミング逃して笑えなかった(;・∀・)


ほら、ここ、周り、すごく硬いでしょ?

お腹の下に、大きな膿瘍、腫瘍があるんだよね。

いずれね。もっとすごくヒドイ状況になる。

こんな小さなところからの出血ではなく、

腹が裂けるぐらいの、、


だから、ハワイに行くなら、

「今しかない!」と僕も思ってるよ。


それ聞いて、、なんかね、泣きそうになったわ。

辛いからではなく嬉しくて。

その一言が聴きたかったさ〜〜〜。


そうだよ、今しかないんだよ。


「これからはもう自分で処置できるんだから、

その度に形成外科に診てもらわなくても大丈夫。

金曜なら僕がいるからね、

気になるようならいつでも来てくれれば診るね。」


なんか、こんな穏やかな先生、、

あんまりいないんだよなあ。


「運動とかしても大丈夫ですか?」と聞いてみた。


「えー、全然大丈夫だよ。」

って言ってくれた。


私の「運動」ってフラメンコなんだけどね。

お墨が付いたぞ。


もう少ししたら、また同じ所から裂けると思う。

覚悟しといてくれれば。

だから、今のうちにいろいろやればいいと思う。」


ちゅう感じで。

完全に周りの人を拒絶し始めて

おかしくなってきた母親が気になるけれど。


今日の夜!出発します。

もうワケわからんうちにハワイへ、、


急いでESTAを取得したり、、

ホテル予約したり、、いろいろ、、

めっちゃ忙しかったけど。


ハワイももう10年ぶりぐらいで、、

ワケわからん!だろうなあ。。


今のところ、体調は万全、数値もよく。

お腹も大丈夫です。

あとは飛行機に乗って、、


どうなるか、、私のキラウェア火山。。

ドキドキです。


ショッキングうう! [2024年05月16日(Thu)]
IMG_20240428_085417.jpg


自分への退院祝い。これ(笑)

ストウブ14p。買うつもり全然なかったけど。

ま、ポイント使ったので半額でしたが。


IMG_20240428_085444.jpg


これでスンドュブチゲとか作りたい!

アヒージョとか。


IMG_20240427_132503.jpg

キャベツいっぱいのサッポロ塩ラーメン。

さっそく手抜き(笑)


まず、、タイトル通りに。

ショッキングな事実が、、判明。


2月に入院した分の保険代がガボッと出るはずが!

入金がちょっとしかなく。


え、手術適用の内視鏡処置までやったのに? 

プラス30万は多く出るはず、、と青くなり、、


保険会社に電話したらば、、蒼ざめた。

胆管癌転移がわかってからのこの二年間で。

120日間、入院したので。

いったんここでストップ。

来年の2月からまた保険適用になります。って、、


ショックで胸がドキドキしてきたよ〜。

昨年、それについて確認したらまだ大丈夫と。

だけど、これだけ入院してるんだもんね。


「来年の二月まで生きてるかどうか自信ありません、

隔月で入院してるし、今こそ保険が必要なんです!」


と、一応泣きついたけど、、仕方ない、、

最悪、、もう入院出来ないじゃん。


4月なんて一週間デラックス個室にいたのに!

怖いよ〜〜(´;ω;`)ウッ…


病院の待ち時間に電話したのだけど、、

どんより暗い顔で何時間も座っていたよ。。


やっと主治医の外来診察に呼ばれて。


「早く退院出来て良かったねえ!

熱は出たあ?え、出てない?

熱あれから出てないの?ほおおお。

うん、採血の結果も悪くないよ!」


意外!実は体調少し悪かったから、、

採血で出ないわけない、と思ってた、、


肝数値、ここ二ヶ月は三桁いくほど高かったのに、

今日は昔ぐらい、ほぼ基準値に戻ってた。ひゃあ! 


黄疸数値も下がってる。炎症の数値も!

後は、、白血球と血小板ぐらいかな。

前回より低くなっちゃってるのは。


そして、、ヨキータさんは思った。

こ、これはハワイに行け、ってことかもしれない。

そう思って。思い切って主治医に告げた。


そいだら、、すごい流し目で睨んだよ、(;・∀・)

恐ーい。一徹先生なみにこわーい。


シーンとした静かで怖い空気を突き破るように

私ひとりで喋りまくって。


もう最後になるだろうから、とか。

昔のドルがこの円安で20万ぐらいになってるし、

マイレージもあるし!って、、


主治医はため息つきたそうな顔で、、

「この件については、Go !とは言えないね。


「問題は飛行機に乗ってさ、気圧の変化で

またお腹から出血する可能性があるってこと。」


私はその答えも想定してきてた。

「そうですよね!あくまでも自己責任てことで!

出血しても、自分で処理できますし。

まあ、感染が怖いけど!なんとか、、」


と、言われそうなことは先に私が、、(笑)

主治医はもう知らんし、って感じで。


そこから全くハワイについて触れず。

いつ行くの?とかも聞かない。

たぶん、聞かなかった事にするんだと思う。。


まあ、この日は絶対に採血の結果が悪くて、

ダメだしされると思ってたから、ちょっと拍子抜け。

採血結果次第で、諦めようと思っていたので。


こうなったら行くよ。行くよ!


決めたよ!「ワイハ」が呼んでるもん。

絶対に呼ばれてるもん。


緊急入院で諦めていたけれど。


私の人生だ。

自分で責任取る。



一徹先生もお見舞いに来た時、言ってた!


「行きなよ!ハワイ!いいじゃん、いいじゃん。

それでどうなったって、仕方ないことだよ。」


さすがの一徹でございます。

チカラ入るわ、、、


その日から、どういう旅にしようか、と

ニヤニヤほくそ笑んでいた私です。


無謀な試みだとわかってるけど。

飛行機の中でお腹が噴火、爆発するかもだけど。


噴火を収める術も習得したし。。

もしもの事があっても、、後悔しない。

迷惑かけてしまう人にはごめんなさい、だが。


ちゅうわけで。

怒涛の日々が始まったのでございます。


多少、疲れてきております。。( *´艸`)


健康な人はわかんないだろうなあ。

ハワイに行くのに命懸けって感覚。。


退院翌日に、、 [2024年05月16日(Thu)]
320.jpg


退院の日に「鰻」を食べ。。

翌日に、映画を二本、ハシゴしてしまった。

怒られそうで誰にも言えませんでした、、

(笑)(笑)(笑)


しかも長丁場の映画、二本。

しかもホットドッグとポテトとか食べて。

身体に悪そうなやつ、です。( *´艸`)。。

痩せて薄くなったお尻が、、痛いのなんの。


でも、見たくてたまらなかった映画二本観て。

心は満足よ。うん。


まずは「オッペンハイマー」





「原爆の父」と呼ばれたアメリカの物理学者、

J・ロバート・オッペンハイマーを描く人間ドラマ。

人類に原子爆弾という存在をもたらした男の人生を描く。



この映画については、色々批判もあったようだし、

私も、、どーなんだろ?って思ったりもしたけど。


戦争って、こっち側とアチラ側では視点も違うし。

もちろん、原爆は「✕!」という前提はあれど。


これはリアルなアメリカ視点。

そう思って観たらなかなか面白かった。


どんなに優れた学者でも。。。

結局はただの弱い人間で。

その後の人生も、、グダグダ。

私らとなんら変わらない一人の人間でしかない。


3時間かな。あっという間に終わりましたよ。

音楽が良かったかも。

是非観てほしい一本です。


40f03cabdef6803c75f2b7625b478b15.jpg


知ってる人は知ってる。

脚本家、山田太一氏の小説「異人たちとの夏」。

アンドリュー・ヘイ監督が映画化した作品です。




これがまた、、わかりずらい、、というか。

最初のあたり、くらくら。目眩が(笑)


あらすじ

40代の脚本家・アダムは、

ロンドンのタワーマンションに暮らしているが、

12歳のときに交通事故で両親を亡くして以来、

孤独な人生を過ごしてきた。

両親との思い出を基にした脚本に取り組むアダム。

幼少期に住んでいた郊外の家を訪ねてみると、

30年前に他界したはずの両親が!

当時の姿のままで生活を送っていた。

それから両親のもとに通っては

温かな時間を過ごすようになったアダムは、

その一方で、同じロンドンのマンションの住人で

謎めいた青年ハリーと恋仲になる。


ゴーストストーリー的な。ちょいオカルト。

ゲイの物語だったりするし。。


なんじゃらほい、と最初観ていたんですが。

なんつーか。だんだんとその世界に魅せられて。

私の心の中の何かが、、共鳴し始めた。。


なんといっても、その静けさ。美しい。

音楽がねえ〜〜。何とも言えないのよね。

この映画の世界観は全て音楽に現れてる感じ。


嫌いじゃないな。てか、、大好きだな。


退院翌日だと言うのに、、

これまた複雑なものを観てしまった。(笑)


先日の、、緊急入院 [2024年05月15日(Wed)]
IMG_20240423_094032.jpg


沖縄から実家へは飛行時間、1時間ぐらいかな。

あっという間に実家での時間は過ぎていき。

保険の申請に行ったりとか。

銀行に行ったりとか。

母の身の回りのものを買いに行ったりとか。


車がないからさ。自転車も、、

歩いて、重いものを担いで移動して、、


お腹の痛みが、、どんどん強くなって。

そして、食べられなくなってしまって。


お腹は紫に腫れあがっていて。

今にも爆発しそうな感じ、、( ゚Д゚)

なんか、ヤバいかも、、と、心配に。


母はそんな私を見るのがイヤなヒトなので。

元気に見せたいんだけど。

苦しくて寝てる私に、お金を投げつけたり、、

暴言吐いたり、、哀しくなって、、涙も出ない。


東京の大学病院に今の状態を電話したら、、

羽田空港から真っすぐ病院に来てください、と。


一人でなんとか飛行機に乗って、、

直行で病院へ。どうやって行ったのか覚えてない。


主治医ではない内科のドクターの部屋の前で

呼ばれるのをひたすら待って。。

そして。嫌な感覚が。


出血していた。お腹のガーゼが、、真っ赤に。

キラウェアの赤い溶岩が噴き出したかのように。


キレイな女医さんだったけど。

私を見て、うわっ!大変、横になって!、と。

血が流れ出ないように、私のお腹を押さえる。


「大変だったね、、」

少し収まってから処置をしてくれた。


で、、CTを撮りに。車椅子で。

採血も、、その結果が散々たるもので、


お腹の膿瘍は大きくなってるよ、と。

そして、、いつもは絶対来ない主治医が

部屋に入ってきて。ビックリした。


あのさ、、入院だね。だってね、、

肝機能の数値、軒並みスゴイことになってる。

三桁だよ、、今までなかったでしょ、それ。

黄疸も出てるし。炎症数値とかすごいから。


旅行スタイルのまま、、入院となりました。

が、、連休前だと言うのに、部屋が全くない。


で、、超高級な最上階の個室へ入ることに、、

ゲロゲロだよ、、お金ないよ(;・∀・)、、


すごい金額なんだもの。

それでも、他の病院に入院するよりはね、と。

主治医がしょうがない、と。。


豪華な個室に入ったって、一週間の絶食。

寝てるだけで、5倍、6倍のお部屋代払うって。

切なすぎるわあ、、( *´艸`)

今回の絶食はキツカッタです。。


この階は会社の会長、社長、政治家とか、、

そういう人たちがいるんだと思う。

スーツ着てる人がダーッと並んでいたりする。


で、、首にスカーフ巻いたコンシェルジュが

時々来ては、何かお手伝いしますが、とニッコリ。


例えばどんなことですか?と聞くと、、

お洗濯ですとか、お買い物、お手伝いいたします。


緊急入院で、、洗濯するものもなく、、(*´Д`)、、

買い物なら、友人が行ってくれたし。あ、家族も。


一つ、質問があるんですけど、と言ったら、

なんでございましょう!と食いついてきた、、


こんな豪華な個室だから、食事もスゴイですよね?

違いますよね、下の階のごはんとは、、


ニッコリ笑って、彼女は、、

「少しお待ちくださいませ。」と部屋を出た、、


そっか。知らないのね、、

聞きに行ったんだね(笑)。

そんな質問する人、いないか(笑)


15分後、戻ってきて、ニッコリ。

「ヨキータ様。お食事の件ですが。

他の階と、お食事は同じでございます。」


それ聞いて、、思わず、え〜〜〜!って叫んだ。

「あのマズイ食事をこんな豪華な部屋で出すんですか。」

と、不謹慎なことを言ってしまいました。。


てっきり、食事も豪華なのだと、、期待してしまった。

だって、どっかの工場から冷凍でくるやつだよ、、


コンシェルジュさん、それでも笑顔でこう言った。

「ヨキータ様。食器が違います。」


( ゚Д゚)、、は、、?


「キレイな器でお食事していただけます。それから。

フルーツが一種類多いそうですよ。」と、笑顔。。


ですけどね、、それからやっと始まった食事で、、

フルーツ、デザートは一回しか出ませんでした、、

何かの間違いでは、、と聞いたけど、、


IMG_20240423_183143.jpg


そして、いつも驚かされるんだけど、、

重湯が出た翌日のランチが、、ハンバーグでした。

何故だか、毎回、トンカツとか出るんだよね。


IMG_20240423_183123.jpg


でもね。今回の担当ドクターは良かったです。

全く、ストレスのない対応をしてくれました。


今回、、とうとう母親が、、初めてお見舞いに。

まあ、一度はこういう姿を見せても良いかも、

そう思ったんだけど、、、


担当ドクターがとても詳しく話をしてくれたようで

家族にはチンプンカンプンだったろうけど。

誠意があるっていいよね。


母は、、仕方なく入れられたこの豪華な階の、

豪華なお部屋にいる私を見て、、超ビックリして。


こんな立派な病院、見たことない!

こんな素晴らしいお部屋、たまげた!Σ(゚Д゚)


お前はいつも一人で、入院して退院して、、

本当に大したもんだ。

そしてこーんなすごい病院、こんな部屋、

もう、ビックリだ、と目がまん丸になってた。


いや、違うんだって、、、

ボロい病院が改築してキレイになって、、

大部屋がなくて仕方なく、豪華な部屋にいる、、


と、説明しても母には通じない。

実家に帰った後もみーんなに話してたみたい。


沖縄のことは、もうキレイさっぱり記憶の彼方。

私の病院の方がインパクト強いって、、どうよ。

複雑すぎますう〜(*´з`)、、


嬉しいことに、、連休に入るからなのか、、

あんなに重病だって言われてたのに、、

一週間で退院させられました、、( ゚Д゚)


でも、、助かる!今回ばかりは!

これ以上、あの部屋にいたら支払う自信ない。


退院当日、いっちょ、パワー補給するか!と、

病院の食堂で「鰻」を食べて帰った。


でも。味が、、わからんかった。

これって味覚障害のせい?それとも、、

調理人のせい??わからん、、


ケアマネさんが数日後に自宅に来られて。

その話をしたら大笑いしていました。


退院の日に、ウナギ?すごすぎます〜、って。

彼女も食べることが好きらしく、、

うちに来られた日は、食べ物の話で1時間、、


「食べられるって、スゴイことですよ。

ヨキータさんほど今の状態で食べる人いないです。

食べられなくなったら、そこからあっという間に

身体にきますから。食べてくださいね。」


いつ、食べられなくなるかわからんけど、、

今は、、哀しいかな、TV見ても動画見ても、、

インスタみても、、食べたいものが増えるのみで。


そろそろ私も部屋を片付けて終の棲家を、、

の予定が、、欲しい調理器具や器を買っちゃう。

退院祝いで、また買ってしまったぞ。


頑張ってごはん作ってますよ。


忙しや〜。 [2024年05月14日(Tue)]
IMG_20240512_172933.jpg


アイルランドの生ラム、、

あっさり?していていくらでも食べられます。


5e58_w1140h600.jpg


写真はお店のHP から頂きました。


〆はつけ麺にして、、

タレが独特でこれまた美味しい。

めっちゃ食べちゃいました。。


その前に行った「米朝一門会」、

とても中身が濃くって、面白かった!

話す方も聴く方も長丁場ですが、、

全く眠ることなく??楽しめました。


歌舞伎がらみのアレコレもそうですが、

忠臣蔵の世界にはまり込んでしまった。


歌之助さんも、もちろん素晴らしかったです。


少し時間があるとかで、一緒にジンギスカンへ。

久々に!楽しく皆で笑って過ごせて嬉しかった。


こんな時間をもっとたくさん過ごせたら、、

きっと元気になっちゃうな。


とはいえ、、久々の長いお出かけ。

疲れちゃったのも事実。


帰宅して速攻ベッドへ。眠たくて〜。

ジンギスカンのあと、カフェでチョコクロと

コーヒーも食べたので、、ちょっと胃に来たかな。


で、翌日は朝から大学病院。。雨のなか。

骨の転移がないかチェックするMRI検査だった。

あの、ガアガアうるさいMRIのドーム?の中で

20分、熟睡してしまった(*´з`)、、恥ずかしい。


内臓系のMRI検査だと、そうはいかない。

「息を吸って〜〜吐いて〜、はい止めて!」

それを何回も繰り返すので、、


なーんちゃって、それでも寝ちゃって、

技師さんにいつも起こされるんだけど(笑)


んでもって、、二日続けて、今日も!

二つの科を掛け持ちで受診、、、

採血した後は、ただひたすら待つ。。


眠たいのがずーっと続いている。。

待ち時間が長いので、、ひたすら寝てた。


最初、MRI検査の結果を聞きに整形外科に。

爽やかな松岡修造先生、と思っていたけど、、

よくよく見たらば、、川崎宗則に似ていた。

サバサバ話してくれるのでいい感じです。


昨年末、立つことも出来ず、、車椅子に乗り。

看護女子さんに支えられて部屋に入ったこと、

先生はよく覚えていて、、


今の姿が考えられないぐらい。

あの時は大変だったね、と。


腰のあたりに、いつもモヤっと映るんで、、

数か月に一度、MRI撮るのですが、、


何度撮っても、全く大きさが変わらないので、

おそらく腫瘍ではないでしょう、

あと一回撮ったらもう、終わりでいいよ、と。


君との仲はもう終わりだよ、と言われてる気が。

アホ〜(笑)(*´▽`*)。。


そして、、その後。恐ろしく長い待ち時間の、、

血液内科へ移動。寝よう、ZZZ,,,


血液の病気持ってる人、多いんだなあ。。

大変だな。てか、私もだけど、、


血液内科の先生は、以前も書いたけれど、、

マニアックなオハゲちゃんで、、独特で。

でも、陽キャラで、大好きなのだ。


昨日からちょっとだるくて、、疲れか?

採血の結果は良くないかも、、って思ってた。

ドキドキよ、、( *´艸`)


そしたら、先生が、、、

とっても良いんじゃないですか?って。


見たら、、肝機能、黄疸、炎症数値、

そして鬼門の白血球、ヘモグロビンに血小板、

オールパーフェクトだったんです!!!

こんな事って何年ぶり??


めっちゃ嬉しんだけど〜〜。

やっぱ、今、楽しい事目白押し、だから?

アイルランドのラムをいっぱい食べたから?

免疫力上がりまくり?


「お薬、、要らないかな?」と聞かれ。

「要りません。」と、、あくまでも私の一存(笑)


突然、、先生ったら、、オモロイこと言った。


「おっ。今日は紫コーデ!かっこい〜〜!」


え??と、一瞬、、わからんかったけど。

紫色のダウンベスト紫色の時計していたから。


オハゲ先生、そんなこと言うんだ(≧▽≦)。

ますます好きになっちゃうじゃん。あはは。


なんか、ブログの順番、支離滅裂(笑)

明日は、、4月中旬の沖縄→ 実家から羽田、そして

直行で大学病院に緊急入院〜(;^ω^)の所から

書いていきましょう・・。


生き抜くためのモチベーション。 [2024年05月11日(Sat)]
1714542683934.jpg


一度、「実家編」をストップして、、

5月11日、現在に戻ります。


いろんなことがあった、って伝えましたが。

ここんとこ、ようやく落ち着いてきました。


そして、一昨日は、、とっても良い日でした。

生きてく活力が湧き上がってきた、、というか。

悪い事ばかり起こる日もあれば、、

こんなに良い日もある。だから生きていけるね。


日曜日には久しぶりに、歌之助さん来るし。

「桂米朝一門会」です。


今、BSで「オードリー」やってますが、

故米朝さんが、出てはるんですよね〜。

(大阪弁?)

嬉しくて、毎日観てる。当時も観てたな。


上方落語と忠臣蔵!

面白い取り合わせ。楽しみです。

当日券もありますし、是非お勧めします。


そして、ジンギスカンを食べに行く(*´▽`*)。

羊の肉はどんだけ食べてもあぶらぽくないし。

何しろ、低脂肪高たんぱく!

亜鉛が多く含まれる鉄分は、鶏肉の五倍!

そして疲労回復に良いらしい。


私のためにあるようなものだ。

しかも美味しい。

予約してるお店はアイルランド産のラム。

マジ、楽しみだ〜〜〜。


私の友人に声かける余裕がなくて、、

え、知らないよ〜、って方。ごめんね。

私も入院してたからさ、どうなるかわからなくて。


IMG_20240428_082837.jpg

アズアズからはワインが届き。。

お菓子やらいろいろ同梱してくれて、感謝。

う〜。ワイン飲みたいよ。


IMG_20240507_111512.jpg


でね。先日、久々の主治医の外来があって。

これについては、来週改めて書きます。

この時からいろいろ動いてきた、、って感じ?


病院のレストランで天ぷらうどんセット食べたよ。

小松菜のかき揚げが美味しかったです。


そして、、ひっさびさにフラメンコのレッスンに。

貧血がちょっとひどかったので。お月謝だけ払いに。

もち、見学もしたけれど、、


みんな、すごく上手くなっていて。

「ソロンゴ」がソロンゴらしくなっていて。


わあ、置いていかれた、、(´;ω;`)ウッ…

ショックを受けつつも。

全然レッスンに参加していないから当たり前か。


今度の発表会は9月ですが、、ギターさんはお初。

で、スタジオに来てくださって、

ソロンゴを弾くギターさんがあまりいないので

簡単に弾いてもらったのが先週でした。


一昨日はその音源に合わせて踊るのを見学しました。

ソロンゴ、やっぱカッコいー。

集大成だな。いろんなことの。。


私は、、覚えられるのかな。いや、その前に、、

身体は動くのか?舞台で立ち尽くすだけかも。

だって、全然踊ってないので、、筋肉もなくなり

腕も足も、ガイコツの標本のようなんです(泣)

哀しい。。衣装が着れない、、


って、話を病院にお見舞いに来てくれた一徹先生に

愚痴っていたのです。先月のことね。


「アンタだけ、長袖着ていいよ。なんだっていい。」

と、、先生。ちょい驚いた。Σ(゚Д゚)


衣装へのこだわりは日本一。

一人だけ、長袖、なんて絶対許さない人。

なのに、センセから言ってくれて。泣けた。


しかも、全部踊ったら倒れて死ぬ、と言ったら。

しんどくなったら、私のところまで下がって

パルマすればいーじゃん。

踊りたいとこだけ、考えときな!って。

すごい男前なこと言ってくれる(笑)


それがね。。

昨日ね。スタジオでね。


「ヨキちゃーん。買っちゃったよ!」って。


なんと!長袖の衣装を全員分買ったと。

今のアスール舞踊スタジオ、たぶん貧乏。


なのに、新調してくれたっていうじゃないすか。

驚きすぎた。それなりのお値段かもだけどね。

ガリガリの胸元も隠れる衣装。。


「きっと照明当たったらこれ、映えるよ!」

もう、嬉しすぎる。どうしよう。


出演できるかどうか、微妙だと思ってたし。

9月なんて、、生きてるかどうか。

そして、出血したら、、マジ踊れないよね。

立ち尽くして終わり、、


でも、、その一徹先生の話を聴いて、、

私ったら、俄然、やる気が出てしまった。

覚えてないとこ、覚えていかねば、って。

踊れるかどうか、ホント微妙なんですが。


でも、やる気だけは、がーーって急上昇。

ヤバいっす。。単純なわたし。


笑ったのは、、夜、、自宅でその衣装を着てポーズ。

一徹先生が、旦那さんにその写真撮らせて送ってきた。

クラス全員に(笑)。マジ、笑えた。


しかも、、想像と違って。

すっごーーーいインパクトのある衣装だった。

てか、フラメンコの衣装ではないんでしょう。


ココだけの話、アメ横で買ってきた?って思った。

でもプロが言うんだから。舞台上ではきっと

カッコいいんだろうな!想像つかんけど。


すんごい羽?が生えてるの。

命名、「不死鳥ブラウス」。まさに。(笑)

やってくれるなあ!先生ったら。


なんなら、ワイヤー巻いて、

猿之助ばりに、浮いて場内を飛んでも

全然違和感ない、そんな衣装よ(笑)


見たけりゃ、当日来てくださいな。

そして、その舞台上に私が居ますように!


まだある。帰り道に、陶芸家の友人が、、

これプレゼント、受け取ってくれる?


え、、なになに? お菓子?肉?って。

そして、帰宅してすぐに開けてみたら。

オーマイガー!

先日の生徒さんの作品展で、、

先生である彼女の作品も展示されて、、


私がブログで取り上げた作品。

それが入っていたんですよ。


IMG_20240301_154013.jpg


ビックリですΣ(゚Д゚)。。

もらっていいのか?

そりゃすっごく嬉しいんだけど!


作品展の間、この作品だけずっと

「売約済み」

にしていたらしく。。申し訳ない。&ありがたい。


IMG_20240509_174601.jpg

本当にきれい。

とても美しいブルー。


IMG_20240510_080738.jpg

どうやって使えばいいのかな。

お料理に使いたいけれど。


IMG_20240510_080440.jpg


そんな一日、ってなかなかないよね。

一気にテンション上がりまして。


そりゃため息出ることもありますよ。

身体のことだけなく。。


母は壊れちゃって、、すごい暴言、行動、、

もう手に負えなくなってるし。

人格障害的なところも出てきたし。


家族ってなんだろうね。って。

でも自分の核の部分に戻ることは、得意な私。

自分に集中できるようになりました。


だって、、時間がないんだもん。

思うままに生きていくよ。


「生き抜くためのモチベーション」

有難いことにたくさん私の周りでころがってる。


まだ、もーちょっと生きていかなきゃ!

って、言われてる気がしてる。誰に?(笑)


食欲もあるから、料理も楽しく頑張ってる。

まあ、、味覚障害のせいか、何作ってもマズイ(笑)


最後辺りは、、最高に私っぽい大好きな環境で。

穏やかに過ごしていたい。

その為に、やっぱ断捨離だ〜〜〜。


皆さん、いつもありがとうね。

そして、もう一つ大きなモチベーションを

計画しましたよ。これはまた明日ね。


夜明け [2024年05月10日(Fri)]
IMG_20240411_062548.jpg


寝静まったホテルの、静かな海のさざ波と、

夜が明けていくジリジリ、という音。


ほぼ寝ていない母とわたしたち。。


一晩中、雄叫びをあげ、騒いでいた母が、、

のぼっていく今日の太陽を眺めながら

「とてもキレイ。本当にきれい。」と。


腰を締め上げたところと、そして

毎晩のように攣ってのたうち回る母。

その夜も例外ではなく、ひどかった。


私と姉が交代で、、脚をさすったり、

話を聴いたり。そして段々様子がおかしくなる母。

わけのわからない事を言い出し、妄想の世界に。


「口から青いものがいっぱい出てくる!

ティッシュくれ、ティッシュ!」

と、箱からディッシュがなくなるぐらいに

口から出るらしい青いもの?を拭いて、、

ゲエゲエやっている、、退院したころと同じ。

せん妄、だと思うけれど。。


どんどん酷くなってきたなあ、、

可哀想に、、(´;ω;`)ウッ…


夜が明ける頃に、ようやく母は正気に。

私はほぼ寝てなくて、、

そして、、ヤバいことにお腹の痛みが、、

これ、爆発するんじゃないかな、持つかな、、

ってぐらいのヒドイ痛み。紫に腫れあがってる。


1713670536996.jpg

だけど、美味しい朝食は食べなければ!

これじゃ、辛すぎます。


前日とは違う棟のレストランへ。

けっこう待ちました。


ここはビュッフェではなく、落ち着いて食事できる。

とても楽しみにしていた!


(母は食べられないから、食べておいで、と。)

昨夜も何も食べていないのに、、


1713670532788.jpg

IMG_20240412_083556.jpg

私はアサイーのヨーグルトと、フルーツ。


IMG_20240412_084231.jpg

そして、オムレツのセット。

デニッシュやクロワッサンも、とっても美味。


あ〜〜〜。落ち着く!これよ、これ。

静かなブレックファーストタイム。。


1713670816864.jpg

姉のマカダミアナッツにのパンケーキ。

フワッと。うー。美味しすぎる。


1713669811793.jpg

そして、エッグベネディクト。


コーヒーもぐいっと飲みほして、

母のところへ帰る、、結局気になる(笑)


お昼ごはんも要らない、というし。

本当は空港に行く道すがら、

母が昔、かなり昔、、

よく連れて行ってくれたステーキハウスへ

行く予定だったんです。予約もしたし。


カープのキャンプに合わせて家族で行ったところ。

当時、強かったカープの名監督、古葉監督ご夫妻と

母はとても仲良くて、キャンプも見に行ったなあ。


でも、、母はもう全部忘れていたよ。。

何一つ、記憶の箱に残っていなかった、、

仕方ないね、、(*´Д`)、、


うちら姉妹が大好きな丸ごとチキンのロースト、

「ブエノチキン」で、一羽購入して、空港へ。

これ、さばいて、白飯と食べたらすごく美味しい。

でも、、かなりニンニク臭いので、、

機内が大変なことになるので、、

無臭のごみ袋を持参して入れて帰った(笑)。


この短い沖縄の旅、、

母は全然、楽しんでいなかった、、

意味がなかったのかな。。


行く前はとっても楽しみにしてました。

ずっと部屋に閉じこもっていた母、、


もともと人と触れ合うのが大好きで、

人たらしで。外にいるのが大好きで。


仕事も男性顔負けでバリバリで。

子供たちのためにPTAの会長に立候補して。

片親の娘たちが肩身の狭い思いをしないように。


そんな母が、今は小さな部屋の片隅で

ちっちゃく膝を抱えて、いつも泣いている。


だから、沖縄行こうよ!と伝えたとき、

お前と旅行出来るなんて嬉しくて嬉しくて、

と、すっごく弾んでいたのに。


負担だったのかなあ。( ノД`)、、

ごめんね。本当に、、、


1713670551276.jpg

1713670541671.jpg

水族館も絶対行きたくない、って言ったよね。

まあ、また今度ゆっくりと。。


そして、沖縄 → 実家へと。

4日泊まって東京へ帰る予定だった。


お腹の痛みはどんどん激しくなり、、

紫色に腫れあがっている。


そして食欲もなくなってきて。

母の買い物をしに死ぬ思いで行っていたが。


もう限界がきていて。

炎症数値も上がってるなあ、って


この後、、いろいろ大変だったのであるが。

たくさんあり過ぎて、、何を書けば?


はあああ〜〜〜:;(∩´﹏`∩);:


旅先でいただく朝食が好き。 [2024年05月07日(Tue)]
1713669793368.jpg


朝食どころはいくつかあるので、

とりあえず初日はメインダイニング。

翌日に違う棟のダイニングに行く予定。


ビュッフェなんですが、、すごい種類だった!

食べきれないのが悔しいが、それでも

洋食、普通の和食、沖縄ごはん、、全部美味!


IMG_20240411_073353.jpg


私はオムレツを焼いてもらいました。

母の分もどんどん選んで持って行かねばで、

なかなか大変です〜。


1713669811793.jpg


エッグベネディクトも作ってくれる。


1713669800504.jpg


バスケットに入った焼きたてミニメロンパン。

紫芋、、かな?

スタッフがいかがですか?と各テーブルに。

お腹いっぱいだったけど食べたぞ〜。


母は相変わらず、、食べません( ゚Д゚)、、

ギュッギュッと、絞めてますから、腹を。


お土産買いにお出かけしよう、と母を誘ったが

行かない。行きませーん!と、、

やれやれです。かわいくない婆さんです。


姉と近くの物産センターに出かけました。

結構な規模で、なんでもあるので便利です。


母が配りたいというお土産をまず探して。

実はもう、その数人にリサーチしていた私。

嫌いではないか?と、東京から電話して、、


結果、「海ぶどう」と、ジーマーミ豆腐にして。

それを10人分ぐらい購入、、

こんな親孝行な娘いるかあ??


それなのに!イケズばかり言う母親。

完全に甘えている。


急いで帰って、、

母のゴキゲンをチェック。


笑えるけど、、

誰も外せない、と言ってた腹のサポーター。

(腰のサポーターですけどね、ホントは。)

なんと、自分で少し緩めていた(*´▽`*)。


夜には完全に取り外していたし。なんのこっちゃ。

本当にアマノジャクで、、小意地が悪い。


お昼は、、気分転換に他のホテルでランチ。

てか、私と姉が行きたかったんだけどね(笑)

沖縄料理が食べられるレストランです。


1713670190426.jpg


1713670172354.jpg



IMG_20240411_132244.jpg


本当に美味な前菜5点セット!

海ぶどう、ジーマーミ豆腐、もずく、島らっきょう。

最高だ〜〜。生唾出るよ、今見ても!

美味しかったなあ。


IMG_20240411_133716.jpg


1713670226084.jpg


あぐー豚の「豚しゃぶ」。

そろそろお腹がいっぱいになりそう。


1713670219583.jpg


石焼タコライス!

お腹いっぱいだったけど、、美味しい。


1713670234739.jpg


オコゲが最高だ〜。


IMG_20240411_132458.jpg


ソーミンチャンプルー。


IMG_20240411_152852.jpg


まだまだ、いきます。

場所を移して、、

民芸品を見ようか、と「ブセナテラス」へ。


車椅子を借りられるホテルしか行けないけど。

どこにも行きたくない、っていうんだもん(泣)


1713670748778.jpg


1713670725132.jpg


なんか、そこは昔行った香港のホテルのような、、

ちょっと退廃的な?懐かしさを感じて。

お茶でもしようかと、、、

母にも水分とらせなきゃだし。


IMG_20240411_145220.jpg


苺のショートケーキ、美味しかったです。

最近、生クリームがダメなんだけど。

これは大丈夫でした。


1713670790637.jpg


1713670757477.jpg


沖縄の気候は梅雨前のいい感じのシーズン。

涼やかな風が吹き抜けるカフェでお茶しました。


IMG_20240411_145802.jpg


母が「カホーレ」と言うので、

あ、カホーレとは「カフェオレ」ってことです。

私も同じものを頼んだのだけど。。


一口だけ無理やり、、飲んで。終了。。(*´з`)

また腹ベルト、絞めてんな。。


しかし。よく食べたな。私と姉は、、

満足だ〜〜。


が!その夜が、、大変でござった。


母がね。。でも、私も、、

嫌な予感がいっぱいする、、お腹が痛くて。


ではまた明日にでも。


| 次へ