CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
居眠り磐音 [2019年05月31日(Fri)]
居眠り磐音画像.jpg


居眠り磐音(いわね)


姉と別れて、観に行ったのはこの映画。

松坂桃李主演の時代劇です。


私、時代劇がすっごく好きですが。

松坂桃李にはまったく興味なし。

なので、予定に入れてなかった映画なんだけど。

ピエール瀧の逮捕で、闇に葬られそうだったヤツ。


これが。。けっこう良いらしい、という評判。

しかも!松坂桃李が良い、という。。

彼がどう良いのか、、確かめたくなりました(笑)。


佐伯泰英の小説シリーズらしいです。


普段は人情に厚く穏やかな主人公が、

「居眠り剣法」でさっそうと悪を斬る。


ストーリーを大雑把に書くと、、、


豊後関前藩の藩士、坂崎磐音(松坂桃李)と小林琴平、

そして河井慎之輔は幼なじみであり、ともにエリート。

3人は江戸で3年間、剣術の腕を磨いていた。


いねむり[1].jpg 
            
が、江戸から戻った3人に待っていたのは…。

磐音が琴平の妹・奈緒との祝言を控えていたある日、

凄惨な事件が起こり、磐音は二人の幼なじみを失う。

磐音は愛する奈緒を残し、ひとり旅立つ。

悲しい過去を背負いながら、江戸で生きることを決める。


いねむり2.jpg

江戸で浪人として生活することになった磐音は、

昼はうなぎ割き、夜は両替商の用心棒として働き始める。


と、まあ、、、そういう流れです。

用心棒として、ある事件に巻き込まれ、そして、、

鮮やかな殺陣、そして頭脳戦で解決していく。


えもと.jpg

親子共演の、柄本佑氏、「柄本明」氏。

特に、とーちゃんの怪演はすごかったです!

他の人には出来ないかもな〜〜〜。


で。松坂桃李氏。どうだったか、つうと。


この男、切ないほどに、
強く、優しい。



という、磐音のキャッチコピー。なるほど。

松坂桃李のキャラはこの「磐音」にぴったりかも。

彼は「声」がいいんだな。って気づいた。


とうり.jpg

穏やかな風貌。いかにも人が良さそうな雰囲気を醸し出す。

怒りそうにもない男が。刀を持つと豹変。

人を斬る時の眼光ときたら。


キッチリとした言葉遣いも感じよかった。

一つ一つの所作がきれいだったし。


ただ、、「居眠り剣法」が、、よくわからんかったな。

居眠りしているいかのような、そういう剣術。。

もっと、わかりやすく居眠りしてほしかった(笑)


エンドロールで、、

MISIAの歌う「LOVED」が流れるのですが。


私的には、、MISIAじゃないよ〜〜、でした。

なんか、、壮大すぎるつうか。そこじゃないよ、、

居眠り殺法の孤独は、、って。


「JIN-仁」の、MISIAは良いと思ったのだけど。

昔やってた、大沢たかお主演のね。


ここは、、違うんじゃね?、、って。

あくまでも私の好みで言ってることですが(笑)

壮大なバラードで終わってほしくなかったな。


「雲霧仁左衛門」のテーマがすっごく渋くて好きだから

あーいうのにしてほしかったなあ。


うん、でも、、いい時代劇だと思います。

最後はちょっと、泣ける。


観てくださいな。


新富町。 [2019年05月30日(Thu)]
前菜[1].jpg


いいお店を発見。

先週の話ですが。


「15種類の野菜と本日のおまかせ前菜」


野菜がてんこ盛りで、しかも、サラダの下に、

お肉?お魚?、そして雑穀米のリゾットが隠れてた。

姉は春巻きだ、と言い張るんだけど(笑)


4人姉妹。私は3番目。

2番目の姉はほとんどブログに登場していません。


姉は早くに京都へ嫁に行き。その後名古屋へ。

ずっと離れて生活してきたし、、、


個性派ぞろいの4姉妹のなかでも、異彩を放つ。

それが2番目です(笑)。

他の姉妹とは個性が全然違うので交わりが少なく。


子供のころから、顔も違うし、可愛かったし、

お勉強も良くできたから、一人だけ個室あてがえられて

出来損ないの他の3人は、よく勉強の邪魔をしに。

ガラガラっと、引き戸を開けて、一斉にラインダンス。

ずいぶん嫌がらせをしましたな(笑)


仲が悪いわけではありません。

姉は4人も男の子生んだので、しかも続けざまに!

不器用な姉を手伝いに、よく京都まで子守に行ったよ。

(私ほど家族に尽くす人間、います???)


昔から「美容」にこだわりのあったこの姉が、、、

50歳を過ぎて、、突然!開業しました。

まあ、食べていくためなんだけど。

スクールに通ってコツコツ学んで。

もともと器用で細かな作業が得意なんですが、、

(ここも全然違うでしょ。)(笑)


お店の経営はど素人で大変だろうけど、、

けっこう上手くいってるらしい。

畏れ多くも!銀座にも!小さなサロンを出して。

ガツガツ、スゴわざの集客。

某有名アスリートたちも顧客に連なってるらしい。


あ、、なんか突拍子もない行動力は、、

うちの家系かもね(*´з`)、、


で、この姉に、、初めてごちそうしてもらいました。

ホントにホントに、人生初めてですばってん。


私がリサーチして、よさげなお店を見つけました。

ちゅうことで。新富町でランチです。


姉は、全然食べ物に執着が全くない人で、、、

そこも、全然違うでしょ?

こっちはブタレベルで鼻を利かすのにね(笑)


小食の姉の残した分まで食べたのでお腹いっぱい。

すっごく、美味しかったです。


ランチコースがいくつかあって、私は魚のコース。

まずは先ほどの前菜。かなりのボリュームがあります。

パンも焼きたてが運ばれてきて。美味しかったです。


タイ[1].jpg


天然真鯛のポワレ!

こちらのプレートにも焼き野菜がたくさん。

しかもまた、雑穀米。うれし〜。


お魚、皮のパリパリっとした香ばしさがたまらん。

美味しかったなあ〜〜。最近食べたお魚では一番!


これで、、1300円ですよ〜〜。

パスタコースだと前菜ついて1100円。

素晴らしいコスパ。


これは人気あるはずだな〜。

たまたま早めに到着したから並ばずに済んだけど。

ものすごい行列が出来てました〜。


安くて美味しくて野菜たっぷり。

人気ないわけないよね!


でもね。。。着席したとたん、すぐに選ばされて、

すぐにオーダーしたお皿が出てきて、、、

仕方ないとはいえ、、ベルトコンベアー式で、、、

これは辛いな、って思いましたが。


でも、しっかり長居してたし、ま、いいか(笑)

お店の方の感じは悪くないです。

また行こうかな。


この後に、、、

姉は予約があるので自分のサロンへ。

食事中に予約がバンバン入ってた〜。すげー。


始めた頃は先輩ヅラして、いろいろ教えてあげてたが。

今や、あっちのが大先生だ〜(笑)


私は歩いて、、気分もむしゃくしゃするし。

映画でも観ますか〜〜〜と。映画館へ向かいました。

この続きはまた。。。


今朝も、、午前4時に目がぱっちり。

朝ヨガでもやるひとならちょうどいいが。。。

寝たのがいつもの午前0時過ぎなので、、4時間弱かな。

睡眠不足で体力も奪われるな。。。


今日はフラメンコなので、、この状況でこの暑さで、、

シゴキに耐えられるか、、:;(∩´﹏`∩);:


まだ青い。 [2019年05月29日(Wed)]
thumbnail_IMG_20190518_103624[1].jpg


Windows。これも良いね。


昨夜23時55分。こんな時間に珍しく母親から電話。

いつもはもう、眠剤飲んで寝てるから。


夕食後〜夜、母は、胸につっかえてることを

ひたすら考えていることが多く。。。

黒いモヤモヤに侵されてきて、、眠れなくなったり。

それを引きずって、夜が明けるなり、

暴発、突発的な行動に繋がってしまうことが多い。


たぶん、昨夜もそういう感じで、、

イヤな雰囲気に押しつぶされそうになったようです。


「明日のリハビリにどうしても行きたくない。

そう思うと、支度出来ない。本当にイヤだ。」


そう、訴えました。

理由は知っています。書けませんが。


迷ってる、と言ったので。

まだ「行かない。」と決めたわけでもなさそうだから。


「シンドイ思いしてまで行くことはないよ。

でも、迷う気持ちがあるならば、、、

私は行ってほしいな。」


どうして?と聞かれ、、、ムムム。


「運動した方が良いというなら、明日、電車に乗って

広島まで行ってくる、それでええやろ?」


ムムム。( *´艸`)。。


「行くか行かないか、迷うときは、行った方がいい。

行かなかったときは、きっとそれはそれで後々まで、

心の中にモヤモヤが残るし。

でも行ってしまえば、疲れて気持ち良くお昼寝できる。

そーゆう理由で、行くことをお勧めするよ、」

と、とりあえず、答えました。(;^ω^)


母は、、朝、考える、と言って電話を切ったのですが。

、、24時10分。今度はショートメールが来ました。


「行くことに決めたから、支度済ませました。

なので、安心して寝てください。」


わ〜〜〜。お母ちゃん、エライなあ、、( ノД`)、、

速攻、返信!


「相談してくれてありがとう。ゆっくり寝てね。」


私はここでちょっと考えました。

今までの私だったら、、、


母が寝る前にそんなことを言ってきたら、、

ガックリきて、イラっとして、、


「リハビリは自分のためだから行った方がいいよ!」

と、ツバ飛ばして、母を説き伏せようとしたと思う。


正論をまくし立てて、母を「正しい」方向へ

持っていこうと必死になったかもしれない。


でも、昨夜はちゃんと落ち着いて対処できたと思う。

そして、、ちゃんと最後に、

「相談してくれてありがとう。」と伝えられた。


私も。いや、私たちも。発展途上人間だ。


正しいことをしてるから、

私のやり方で親孝行してるから


そういうのは、本当にナンセンスだ、って思う。

振り返らなければならない。


本当にそれが、正しいのか?親孝行なのか?


母に必要なのは、受けとめてくれる心であり。

言葉であり。そして、母の手を取ることなんだ。


昨夜の私は、小さなことではあるけれど、、、

ちょっと、良かったかも、と思えたから嬉しい。


朝、早くまた電話がかかってきました。


今朝早く、リハビリ仲間のの××さんから電話があり、

フキを煮たから、アナタに持っていくね〜!と、

そう言われたらしい。


「リハビリに行くことにしてよかった。

昨日、相談にのってくれてありがとうね。」


やけに素直に母が私に言ってくれた。


夜更けのたわ言をまたヨキ子に電話してしまって

きっと母は自分を責めたに違いない。

誰かに聞いてもらわないと、胸が苦しくて

押しつぶされそうになる、でも、電話したら電話したで

ヨキ子を苦しめてしまう、


そういう母の苦悩は私が一番よく知っています。


「これは愚痴ではなく、相談、だった。」

そう思うことで母の胸のつかえは軽くなったと思う。


私も、、、これまで足りないことが多かったな、

まだまだだ!私もまだ青いぞ、、( *´艸`)


なんか、毎回、飽きもせず書き綴っていますが。

読む人はもう、ゲーーーっって思うよね(笑)


でもやはり残したいんです。

私は母とどう係わってきたか。これたか。


すぐ忘れてしまうようになったし( *´艸`)

母のことを大切に思っていた日々を忘れないように。


なので、すみません、、、(*´з`)


ニンニクの芽 [2019年05月28日(Tue)]
thumbnail_IMG_20190527_120950[2].jpg


ニンニクの芽をスーパーで見つけて。

食べきれるかな、と思ったけど買ってしまった。


今週は毎日ニンニクの芽レシピになりそう(*´Д`)

定番は、豚肉やキノコ、筍などと甘辛く炒める中華風。


こういうオカズは、ごはんがすすみますね。

翌日はそれを温めつつ、、しし唐焼いて。

ごはんにのせちゃうか!、と、、玉子も焼いてドン!


作り置きのコールスローにトマト、スナップエンドウ。

なかなか美味しい二日目のお惣菜となりました。

お腹いっぱい〜(^^♪


私は頭痛とかめったになくて、一年に1、2回ぐらい?

この日、その1,2、回の日に当たってしまいました。


最近、熟睡してないような。そのせいかな、、、

朝の4時ぐらいに目が覚めて。完全に寝不足。


この日の前夜も、母との格闘がありまして(*´з`)

散々な夜だった、ってのも寝不足の要因かな。

寝つきはめっちゃいいんだけどね〜。


よくもまあ、毎日、いろんな事件?が起きるものだと。

母の声ときたら。柳の木の下の幽霊みたいな、、か細さ。


問いただせば、やっぱ、結構なトラブルに見舞われてる。

何故に!穏やかな日が一日とておくれないのか!


おまえがまた悲しむと思って。

言わないつもりだった、と、母は言うけれど。

そーんなの、全部わかるんだすよ、、、(*´з`)


「もういい、私はこのまま家族の前ではゴキゲンとって

その場しのぎに大丈夫なふりして、そして誤魔化し乍ら、

老いぼれて一人で死んでいけばいいから。ほっといて。」


だってさ〜〜。(/ω\)ったくもぉぉぉ。


正直言うと。。。

私は死にぞこなってたのに、それでもなぜか復活して

もう一度、人生を与えられたようなもんだから。


こうゆうことに、時間を取られるのはむなしいし。

こうして毎日、母を想って泣くのもホントにいやだ。


皆、ハッキリ言って、時間泥棒!

私の時間をこれ以上無駄なことに使わせるな!って

ひとり、叫んだりもするけど、、、


それでもね〜。ショボショボして弱って泣いて、

真っ暗な部屋で、亡霊のように横たわる母を想うと。


もう、胸が締め付けられるし!

涙がとまらんし!



その言葉通りに、母に伝えました。


「私だけじゃないよ、何人かの優しい人たちは

私のように、お母さんのことを本気で心配していて

声をかけてくれたり、電話してくれたり。

その人たちのことをちゃんと思い浮かべてみて!

その人たちのために少しでも元気だせっ!」


ヨキ子、涙ボロボロこぼしながら訴えたのですが。

ちょっと、だけ、、響いたみたいです。

ヨボヨボな声が少し強くなりました。


「今、アナタの言ったことはよくわかった。

その通りだと思う。でも今の私はわかったけど、、

三日後にはもう忘れとる。きっと忘れるんよ。

私はボケとるから。忘れてしまうんよ。」と母。


「いいよ〜。今日わかってくれたんならそれでいいよ。

三日後、忘れてたら、また同じこと言うよ。大丈夫よ。」


そいだら、、母はオイオイと泣き崩れ、、、

ありがと、ありがと、、って、、(T_T)/~~~


その後、お世話を良くしてくれてる知り合いに電話して、

明日、昼ご飯一緒に行こう、と珍しく誘ったみたい。


あ〜〜〜。良かった。。。

同じことの繰り返しだけれど。。。


でも、繰り返せばいいんだ。

諦めたら、それで終わりだからな。。。

何度でも繰り返してやるぞ〜。


このしつこさが、母にしてあげられる愛情だと思うし。


とはいえ、、母は翌日にはまた戻ってたけど(笑)


一番シンドイのは母だからね。。。

自分をコントロールできない辛さはよくわかる。


週末は、フラメンコライブ行ったり。

いろいろ書きたいことたまっていますが。


また明日以降に!


気づいた! [2019年05月25日(Sat)]
thumbnail_IMG_20190525_081548[1].jpg


気づいた、と言っても。。。


うすうす、そうなのかな、とは思ってた。

私、、、平熱が上がってる!!!


ずーーーと、子供のころから35.5℃前後だったし、、

34℃台、ってのも時々あったぐらいの低体温。

だから、36.5℃以上あると、しんどかったし。

39℃、41℃まで上がる、胆管炎を併発していた時は

もう、死ぬんだろうなとマジで思うぐらいの辛さ。


でも、、最近、36.5℃前後が続くので、、、

私、体調が悪いのかな、と思っていたんだけど。。

いやいや、しんどくもないぞ?って。

ひょっとしたら、、、

平熱が上がった!


可能性の方が大きいような気がしてきた!

しかも、一気に!1℃上昇。


なぜ?? サッパリわかりましぇん。

なんも特別なことはしておりません。


だけど、確実に平熱は上がったよね。。。

(*´Д`)不思議やわ、、、


そういえば。ここんとこ発熱もめったにしない。

発熱しても、以前ほどの高熱でもない。

これは「平熱上昇」を裏付けることにもなるよね。


かといって、、採血の結果はいつも悪いし(笑)

肝臓の数値なんて、これ以上はヤバいでしょ、ぐらい。

(危惧されてた白血球はいい感じになってる。)

MRIやCTの画像検査も、、しっかり悪いんだけど。


意味不明な私の身体〜(笑)。

主治医もあまり言わないが不思議がってる。


癌細胞は低体温がお好きだから。

なんとか、身体は頑張ってくれてるんだね(泣)

エライよ、私の身体は、、不摂生してごめん、、


でも、、母親を何とかするまでは死ねない、って

身体の細胞はしっかり整えてくれてるのかも。


最近の母の落ち込みときたら、、

転覆しかけた難破船ずら、、私まで引きずりこまれそ。


いつ電話しても、、声が聞こえないぐらいか細い。

あまり食べられないみたいだし。

痩せていく一方。本当に心配です。


昨日の朝、電話をしたら、、、

今、大事なメールを書いてる!と切られてしまった。


朝、、大事なメール、、( ゚Д゚)イヤな予感しかない。

2分後、、あちらから電話がかかってきました。

せっかく書いたメールがさっきの電話で消えた!と

お怒りモード、、それよりなにより、、、


母が書いていたメールが、、、

全身から血の気が失せるよな内容で、、、


これを阻止した私の電話は、天からのお計らい、

そうとしか思えないものでした、、、


気持ちが落ちてるくせに、たまると暴発する母親の癖。

また、、他の家族に絶縁状を書いていました。

気もちはわかるけれど、、、ホントやめてほしい。


毎日、どんな思いで私が家族に向き合ってるのか、、

コツコツと積み上げてきているか、、

母はそんなの想い測る余裕さえもうなくなってる。


絶望しかないよ。ホントに。


みんな、、それぞれ思うところあるんだろうけど。

共通しているのは一つ。


話し合って解決していくのがとても苦手だということ。

メールで全部結果を送り付けること。

顔を合わせて解決しようとは思わないこと。


交わることなく、決断し、相手を追いつめて

自分の正義を主張すること。

核心に触れるのを怖がること。

事の本質を掘り下げていくことをためらうこと。


てか、、誰でもそうなのかもしれんけど。

ま、とにもかくにも。母の暴走はヤバい。


「もう、大事なことをメールで送るのはやめよ。

顔を合わせて話し合おうね。」


と、優しく諭したつもりが。逆鱗に触れたようで。

母は取り付く島もない。

おまえは私を傷つけることを言った、と、(*´Д`)


母はずっと一人で泣いている。

誰のことも寄せ付けず。引きこもる婆さんと化して。

心をすっかり閉じてしまった。


「もう誰にも頼らんと、一人で老いぼれて、

一人で死んでく。だからお前も気を遣わんと。

電話してくれなくていいよ。ほっといていいよ。

おまえは優しすぎるから、もう私を見限りなさい。」


(*´Д`)、、んなこと言われても。

そんな母の姿を東京から想像すると、もう哀しくなり。

帰った方がいいのではないか、と思ってしまう。


今のままでは食事もせずに、家でひからびちゃう。

お水だけは飲んでね、と、何度も伝えてるけど。


「寂しい病」は、この世で一番悲しい病。

母の病は、愛情の枯渇と寂しさ。


マザー・テレサもおっしゃっていたじゃない。


愛の反対は憎しみではなく無関心である。

最大の病はハンセン病や癌や結核などではありません。

それは誰にも必要とされず、誰にも気に留めてもらえず、

すべての人から見捨てられているという孤独です。



ついでに。たまたま読んだマザーテレサの言葉。

これは、わたしに。



人は不合理、非論理、利己的です。

気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、

利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。

気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。

気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。

気にすることなくし善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。

気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。

気にすることなく助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。

気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。



うわーーー。なんか吹っ切れた!

泣けるっ!やっぱ、マザーテレサ、最強。

( ノД`)。救われる。


そして、これは私たち皆に。




思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。



きのう何食べた? [2019年05月23日(Thu)]
thumbnail_IMG_20190523_182456[1].jpg


今日は5月とは思えない夏日。

こんな日にフラメンコ踊ると、汗だくです。

でも、、汗だくになるのもなかなか良いよ。


カメ子さんが、はい!ってくれた「甘夏」。

疲れと暑さが吹っ飛ぶほど美味でした!


凹んでる私に、お茶してく?と声かけてくれて。

それだけでもホントありがたいのに。


thumbnail_IMG_20190523_182333[1].jpg


こーんなメッセージまでついてたよ!!!

泣けるでしょーー。


こんな時こそ笑いの力!

笑おうよ!ウソでも笑おう!

ガハハ、ガハハ!キャッ、キャッ!



だって、、なんか、これウケる〜(≧▽≦)

笑えましたよ、カメ子さん。


いや、その前に。レッスン中のことですけど、、

一徹センセの、、カメ子さんのモノマネが超絶似てて。

遠くから私、ツボに入りまくって、爆笑してた。


何度も笑わせてくれて、カメちゃん、ありがとう!


ホントだね。笑う、って大事だね。やっぱ。

どんな時でも人は、笑う動物であるはずだよね。

ついつい、忘れちゃうよ〜。


ホントに、、生きていくことを放棄しているかのような、、

最近の母親の言動に、、遠くにいることの限界を感じて。

私自身、母の闇のオーラに憑依されそうになって。

ヤバいとこだった。。。


ドラマ「きのう何食べた?」観てるとね。

なんか、救われるんだよな。


なんてことない出演者の会話や、、

なんてことない彼らの食事風景に、、、


幸せの姿って、これぐらいシンプルなはずだね、って。

だから、たぶん、今、一番人気のあるドラマだと思う。


そんでもって、、、このドラマのオープニングの曲がいい。

わたし、今、ハートが病んでるから(笑)

救いがほしい、と、思った時に、いつもこの動画を見る。


OAU – 帰り道




聴き終わったら、やっと落ち着く。

優しい歌だな、って思う。


私の家族は、、ほとんど最初から父親がいなかったから。

母が朝から夜中まで働いていた。

五右衛門風呂!があったのはあったけど。

母は時々、私たち4人のちびっこを銭湯に連れて行った。

その道すがら、皆で大声で歌ったの覚えてる。

夕焼けがすっごくきれいだったような。記憶。


みんな、あの頃のこと、忘れちゃったのかな。

私は忘れていないよ。(T_T)/~~~


この歌を聴くと、そういうシーンが浮かんだり。

家族のこと以外にも。。

いろんな光景を思い出すんだよね。


泣けるわ〜〜〜(*´з`)


今夜も観なきゃ。「きのう、何食べた?」


さあ、とりあえずは「科捜研の女」をみるぞ。(笑)


フラメンコ第2集の巻 [2019年05月21日(Tue)]
thumbnail_IMG_20190208_072022.jpg


誰も期待してなかったと思うけど(笑)

とりあえず、載せちゃいます!


今日は朝からめっちゃブルーで、、、

母親の状態が悪いせいでもあるのですが、、

一緒に落ち込んでいてはいけないっ!!!


と、、思いまして、、(*´з`)、、トホホ。


フラメンコネタ、いくかっ!って(笑)


ギャルメンのフラメンコ史、第2集。


あ、ギャルメンというのは、、、

話せば長い話に、、(笑)。


某有名舞踊団のカルチャークラスにいた頃、

某有名フラメンコ界のパイオニア女史がおられる本部で

発表会の振り付けを直々にしてくださるのです。


一年で一番緊張する日。ドキドキで踊った後、

あろうことか、大事なガロティンのお帽子を!

本部に忘れて帰宅。翌日、取りに行ったのですが(*´з`)


古くからいるオフィスのかたが、、、

ああ、これね、って帽子を差し出しながら、、、


「ところで、ギャルメンてなに?」

って、、聞いてきた、、


(;・∀・)げっ。

そう、帽子の裏に、マジックでギャルメンて書いてた(笑)


「私はカルメン、って自分で思ってるんデスケド。

一徹先生が、、ま〜だまだギャルメンでしょよ、って。」


オフィスのかた、大笑いして、、

あら、カルメンでいいじゃない!ねえ。って。


ギャルメンの黒歴史(笑)


では、、いきます。

↓ ↓ ↓


thumbnail_IMG_20190208_072049.jpg


六本木ヒルズ開催のダンスカフェ!

楽しかったイベントですね〜〜。

ほとんど遊んでた(笑)

うちらはソレアを踊りました!


thumbnail_IMG_20190208_072154_1[1].jpg


偶然、アントニオ小猪木ちゃんがイベントの司会でね。

ダンス、一緒に踊って、もう、大笑いの巻だよ(*´Д`)

今、プロレスにはなかなか行けなくなったけど。

それでもいつもメールくれる、ホントいい人です。


thumbnail_IMG_20190208_072215[1].jpg


ソリスタ・デビュー!

あの挑戦は意義があった!しんどかったけど!


thumbnail_IMG_20190208_072248[1].jpg


大切なお友達もたくさんできたし。


thumbnail_IMG_20190208_073119[1].jpg


半年後、二度目のライブ出演。


thumbnail_IMG_20190208_073054[1].jpg


こちらは少し精神的に余裕出てきて。

より楽しめたライブでした。


thumbnail_IMG_20190208_073034[1].jpg


が、踊りはめちゃくちゃで、、(;・∀・)

楽屋に上がって泣いてしまったけど〜〜。

、、名古屋からも観に来てくれた人たちもいて。

たくさんのお客様に感謝ですたい。


この時のメンバーたちは、あれから何度も場数を踏み、

ビックリするほど、成長してる〜。

やっぱ、出る、ってのが大事なんだだね。

ま、わかっちゃいますけどね(*´з`)〜〜


thumbnail_IMG_20190208_073001[1].jpg


フラメンコドレスのファッションショー!

初めてのランウェイも楽しかったなあ。

やっぱ、全然緊張しなかった(笑)

この時、38℃超えてたけど楽しく歩けた!


thumbnail_IMG_20190208_072942.jpg


一番最近のシギリージャ!

8か月前か〜〜。


thumbnail_IMG_20190208_072917[1].jpg


そして、、玲子たんのページも作ったぞ。

↓ ↓ ↓

いとしの玲子たん。元気にしてるかなあ。


thumbnail_IMG_20190208_072855[1].jpg


良く頑張って80過ぎまでフラメンコやったよね!

ホントに尊敬します。


thumbnail_IMG_20190208_072707[1].jpg


thumbnail_IMG_20190208_072651[1].jpg


玲子たんみたく、最後までカワイイ女子!が理想。

本当にオシャレで、根っから「女の子」だった。

あ、変な書き方しちゃった。

まだご健在です!!!(=゚ω゚)ノ


thumbnail_IMG_20190208_072721[1].jpg


一徹ワールド。ないしょやで〜(笑)


thumbnail_IMG_20190208_072756_1.jpg


ホント、、どこまで続く。。。(*´Д`)


そうそう、次の発表会、決まりました!

2020年。1月13日。

三連休の最終日。


母のこと考えると、、出演は微妙ですけど。

今は、最高にカッコいいティエントを踊るために

練習を頑張るだけです。


いや、練習しないかもだけど( *´艸`)、、、


皆さん、予定、入れておいてね!

1月13日!たぶん夕方。。。


こうしてみるとね。ホント、楽しんできたよね。


地元を離れ、、事情あって東京に出てきて、、

仕事より先に探したフラメンコのクラス。

そう、子供のころからやりたかったんだ〜。


東急のカルチャーセンターにとりあえず入って。

ワクワクしつつも、、、


入門セビジャーナスの簡単な踊りで!もう挫折。

私は初日から、絶望感に満ちあふれ。

手と足と胴体と顔と、、右と左と、、ワケわからん!

これは続きそうにないぞ、と真っ青になった(笑)

先生はめっちゃ怖いし!(若き日の一徹。)


30人ぐらいはいたと思うけど。。。

先生がちょうどその頃NHKに出演していたからね。

先生目当てで入門した人もけっこういた。


が。その難しさ、厳しさ、怖さ(笑)に。

生徒はあっという間に半分に減り。そして三分の一に。


、、、今、その中で残っているのは、、

私を含め、たったの3人。


ビックリぽーーーーん。

しかも!いずれも、ドンくさいメンツ(笑)


今も自信持って言える。あのセビジャーナスが!

一番難しかった!私には!


でも、続けてきて本当に良かったな。

やめなくってマジで正解だった。


こんなに人生を彩ってくれたんだもん。

仲間にも恵まれて。フラメンコのご縁、万歳!だよ。


実は、、春先に、、、

一徹先生から、またまたライブ出演のお話を頂き。


もう、出ないって言ってたのだけど、、

しかも、私には分不相応なライブで、、( ゚Д゚)


ライブハウスに推薦して下さったらしいんだけど、、

今の自分にはとてもやりきる自信も気力も体力もない!


お断りするのも本当に申し訳ないぐらいに、、

いつも声をかけて下さって、、ホント、すみません、、


母のこと、今の状況もお話しして、、、

とりあえず今回は無理、と、そんな断りかたをしました。


ライブに出るって、ホント大変なんですよぅ。

出るなら今しかないでしょ、体調も落ち着いてるし、

と、言って下さる方もいて。

まあ、そうだろうなあ、、とは思いますが。。


器用で体力あって時間とお金あったら出るかな(笑)

山口にいる時に、その話が来たので、一応母にも聞いてみた!

その話、どう思う?って。とりあえず、ね(笑)


やめとけ、って言われたぞ。(≧▽≦)アハハ。


宝塚の大階段みたいなステージなら!

最後に引退公演やってもいいな〜( *´艸`)


アホか〜〜〜(笑)


ビーフン食べに。 [2019年05月18日(Sat)]
thumbnail_IMG_20190516_181834.jpg


「今、めっちゃ食べたい店がある!」

と、友人が言うので、、行くことになったけど。


このお店、すぐ満席になるというので予約したら、、

なんと、予約のキャンセルは不可、だと言われた。


「斎藤工」氏が行くお店としてテレビに出てからは

冷やかしも増えたようで、、ご了承くださいと。


フラメンコレッスンの後に、、、

まずは銀座の「せんねん灸」のお店に付き合って。


なんか、これまでの概念を覆すような現代のお灸。

カラフルで、かわいくて、そして使い易いものも、、

いろいろ選べるし、お試しお灸もしてくれる。


フラメンコやって疲れてるけど、、、

珍しく、腰痛、肩こりもなく、どこに付ければ?

一番効いてる実感のあるらしい首の根っこに付けてみた。


でも、、やっぱわからんかった(;・∀・)

友人は、、すごい!めっちゃ楽になった!と。

自宅用、ギフト用、たくさん購入してた〜。

アタシも、、母の膝の痛み用に安いのを買いました。


新橋に向けて歩いていると、いろんなお店があるし。

フリカケやさんで、、またまた母のお茶漬けを購入。

これも安めのものを(笑)。


友人がごっそり買ってるのに気づいて、、

「なんでも買う人やねーー!」と笑った(≧▽≦)


「そう、手相の先生にも言われたんだ〜、

ちょこちょこ、いろんなモノを買っちゃう人だって。」

(今、手相の本の出版に携わってる。)


でも、それってお金が流れるから、また貯まるんだよ。

そう、言ったら、、、


手相の先生と同じこと言ってる〜!と。

友達、驚いてたよ(笑)

私、そろそろ、、占いやろうかな〜( *´艸`)


さて。ビーフン。

たっくさん食べた。

すぐに満席、新橋のサラリーマンたちもたくさん。


thumbnail_IMG_20190516_191039.jpg


黒酢の酢豚。


thumbnail_IMG_20190516_193732.jpg


名物ビーフン、そして名物のちまき。


一人でしゃべりまくってたから、、、

ビーフンがすっごく美味しかったか、よく覚えてない(笑)

でも、雰囲気も新橋っぽくて、良いお店です。


彼女は「胃袋の」ソウルメイト。

B級から、こじゃれた飯から、甘いものから

とにかく旨いものをかぎつける臭覚と腹力?

鼻の穴膨らませて、ひたすら食べる、ってのが双子なみ。

美味しい、と思う感覚がとても似ているんだよね。


そんな、大好きな友人との気のおけない夕食。

彼女と一緒にお仕事をしていた8?9?年間は

本当に楽しくて。日々、爆笑で。

オーバージェスチャーの私らは、よく椅子から転げ落ちて。

(仕事中だけど、、、)

笑いのツボさえ、同じだったし。

会社を離れる、それは仲間との別れでもあり。

あの時は、、マジ、泣けました。


「あの日々は神様がくれた宝物みたいなもんだった。」

と、、ビーフンすすりながら、二人でうなづいて。


食事と、場所移した食後のコーヒーで、

二人のおしゃべりは軽く6時間を超えた(笑)


楽しかったな〜〜〜。

楽しかったけど、、、


昨日からまた母親の落ち込みがひどく、、、

かなりのウツ状態なのよん、、m(_ _)m


会話も、、根暗一辺倒。かないませんぜ。


「昨日は疲れてたから悪夢にうなされたよ〜。」

などと、話題探しにこちらも必至。

実際、家族の夢をたくさん見て、うなされて起きた(笑)


そしたらですよ、、、驚きです、、


電話切って10分後に、また電話してきて。。

こんなこと言われました、、、m(_ _)m




「さっきの夢の話。釈然としないから聴くけど。」

私のこと、悪魔みたいだ、ってこと?



悪夢を見たよ〜、っていうたわいもない言葉が。

母親を揶揄したような意味にとられてしまって。


はあ???



説明しても説明しても、、泣かれる、、、

ヤバいな、、普通の精神状態ではない、、

どう説明していいのかわからない。


私が東京に帰ってからずっとウツっぽい母の状態。

ハリのない声に、投げやりな生活態度。

どんどんひどくなってくる〜。


今、実は、、うまくいかない母と家族との間を

私が間に入って調整しているのですが、、、


私が裏切ったかのような感覚に陥ってるようで、、

私とも距離を置こうとしてるのかもしれないし、、


ヨキ子にさえ、捨てられたら、もう自分は終わり、、

と、そんな風に感じているようです(T_T)/~~


どおしたらいいんでしょうね、、、

明るい母と、こういう状態のときの母と、

同じ人間と思えないのであります。


生きていく気力がなくなって

食欲もなく、声も力なく、


記憶力がなくなっていくことに対して

過敏に反応してしつこく確認してくる。

(私だってもう記憶力ヤバいんだよう〜。)


それに応じて、妄想がひどく、勘繰りも、、

どうしたもんかのう、、、と。


明けて土曜日の朝。


朝からドンより。ウツな声で電話してきた。

話すことは、お金お金お金、、恨み、つらみ。


本当に情けない。。。


今年、来年、運気がすごく悪いと言われたらしく。

だから、いっぺんに人が離れていって、イヤな事されて

これが来年も続くなんてもう生きていたくない、と。


いつもは聴いてあげたい、と思う私だけど、、

朝から、一発、カミナリ、、の小さいヤツ(笑)

落としてやりましたよ(*´Д`)。


運気が悪い時ほど、日々の生活が大切なんだよ、って。


運気が良い時は、黙っててもお金も入るかもしれないし

浮かれて、使っちゃって、うっかり悪い奴も近づいてきて

もう、何もかもバブリーになっちゃって、アホになる。


でも、運気悪いと、ヒトは内に向かうでしょ。

自分は何が良かったか悪かったか、周りの人たちが

自分に何をしてくれたか、これからどうしたらいいか、

ちゃんと考える時間を与えられるでしょ、

だから、運気悪い時ほど成長するんだよ!


・・・これは、、西洋占星術的な木星と土星の、、

捉え方で、なるほどな、って思ったことのアレンジ(笑)

ここで使えるとは思わなかった(笑)


母には多分わからないと思うけど、、、(*´з`)


これまで、お母さんはたくさんの人に与えてきたから

これからは、自分を大事にしなきゃだめだと思う。

投げやりになる気持ちもすっごくわかるけど、

自分の力で「自分を」幸せにすることが一番大切で、

お母さんの人生の仕上げになるんだと思うよ、、

と、、、ホントにそう思ったから言っておいた。


これは私にも言える事なんだけどね。

母娘、よく似てるわ、やっぱ(笑)


たぶん、チンプンカンプンだとは思うけどね、、

30分話した後の、母の声は明らかに変化してました。


魚屋さんにおかずを買いに行くわ〜、と言って。

電話はそれで終わったのですが、、、

さっきまで、何も食べずに寝る、と言っていたから

ご飯は食べよう、と思ってはくれたみたい(*´з`)、、


近くにいないって、かえってメンドクサイ(笑)



ヨローナの呪い。 [2019年05月15日(Wed)]
08dd128cc7dad4ce[1].jpg


ラ・ヨローナ 泣く女



中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材に、

「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作で描くホラー。

愛する夫に浮気をされ、嫉妬に狂った結果、

夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女、ヨローナ。

そのことを後悔し、嘆き苦しんだ彼女は自ら川に身を投げた。

呪いとなってこの世をさまようヨローナは、

子どもたちをさらっていく。

1970年代のロサンゼルス。

二人の子供を一人で育てるソーシャルワーカーのアンナ。

子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの

助けを無視してしまうが、それは。。。

泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまう、という

ヨローナの呪いだった。

そして、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、

アンナの2人の子どもたちだった



もっと、さ、、、


ギャーーーっつ!

って何度ものけぞって叫ぶのかと思っていたけど。

全く!身体も反応しないまま(笑)

怖くない、、、どおしよ、、、(*´з`)


ストーリーは稚拙でも、ホラーシーンはかなり怖い、

ネットには確かにそう書いてあったのに、、


ちなみに、、私がこれまで観た中で、、、

一番怖くて、身の毛がよだつ、という想いをして、、

今も忘れられないぐらい怖かったホラー映画は、、


「チェンジリング」という、哀しいホラー。


それと、、実家近くの映画館(今はもう映画館すらない)で、

夜、「ゾンビ」を観に行ったら、、、

なんと!客が私一人だった、ってのも相当怖かった(笑)


ヨローナ、、予告編、観てみますう???

ふふふ。怖い???


一応載せとくね。

https://youtu.be/DXvNgz7r-WY




素敵な映画ばかり観てるのね、と、言われたばかりで、

ヨキータ、こんなの観てる!!と驚かれそうだな(笑)


偶然、この日、映画館は1100円!良かった、、、

1800円にこの映画はキツイ(笑)


ま、、結局のところ、、

ヨローナよりも何よりも。

生きてる人間の方がよっぽど怖いよね、って結論(笑)

生霊の恐ろしさ、私、知ってますもん。


今回、バババッと検索して見つけたお店でランチ。

北出食堂。メキシカンで検索したら出てきました。

小伝馬町って、初めてだけど!

この店、穴場すぎます。


「BARのある食堂」というコンセプトで作られたお店。

NY郊外のブルックリンにあるお店の姉妹店というだけあって、

洗練されたお洒落なデザインの外観&インテリア。

名物のタコスはコーンの香りが立つ自家製トルティーヤ。



お店の雰囲気も良くって、そして、、、


thumbnail_IMG_20190514_114327_1[1].jpg


タコス、美味しかった〜〜〜。

お店のスタッフさんも感じよくて、、

今度は夜に行って、タコスをたらふく食べたいな。


ホントはメキシコに行って死ぬほど食べたい。

私にとってメキシコ料理はソウルフード。


北出食堂から小伝馬町駅への道すがら。

なんか気になる小さなお店が気になって。

のぞいてみました。


thumbnail_IMG_20190514_132909[1].jpg


いい匂いがするんですわ〜〜〜。


thumbnail_IMG_20190514_132924[1].jpg


ベーグルのお店だった〜。

(後で調べたら行列ができる店らしい!)


すっごくたくさんの種類があって。

うわお、全部食べてみたい!!!

ベーグルが焼ける匂いがたまりません。


食後だったんで、、デザート的ベーグルにしてみた。

ヘーゼルナッツ&蜂蜜のクリームチーズ、そしてバナナ。


thumbnail_IMG_20190514_132918[1].jpg


クリームチーズをチョイスすると、、、

そこから更にチョイスしなくては、なんですよ。

黒糖とかブルーベリーとか、、、種類ハンパない。


日比谷の映画館に行ってテラスで食べましたが。

めっちゃ!美味しかったです。大満足〜(^^)/


日頃のストレス、、こういう一瞬が吹き飛ばしてくれるね。

ヨローナはB級ホラーではあるけど。

あれはあれで良かったし(笑)


いい一日を友人たちと過ごせて幸せだった。


母が、昨夜またわんわん泣いて電話してきてね。

夜中まで話を聴いてあげたのだけど。。。


とりあえず、今の自分が出来ることは聴くことだけ。

解決しようとは思わない。


とりあえず、受けとめるだけ。寄り添うだけ。

でも、それで良いのだと思う。


ヨローナの呪いは。今のヨキータさんちにも繋がる。


自身の子らを自ら水に沈めて殺害したヨローナが

失った子供を取り戻すために、何百年の時をかけて

自分の泣き声を聴いてしまったよその子供たちを呪い殺す、


llorar ジョラールだったり、ヨラールだったり。

「泣く」という動詞なので、、、

ヨローナは泣く女、って意味だよね。たぶん。

と、思って。さっき調べたら。

ホントにそういう伝説があるみたいです。


La Llorona(ラ・ヨローナ)は、口頭伝承によれば、

子供を殺したり亡くした女性の苦痛の中で

自分自身を魂の魂として提示し、見ている人や聞いている人に

圧倒的な叫び声で彼らを無駄なく探し出す 。


、、、とかなんとか、、そおゆう伝説。らしい。


母は怖し。その愛情は尊くもあり。恐怖でもあり。

それは現代でも変わらない気がします。。。


ホラーを観て、、自分の家族思い出し。。

いろいろ考えさせられる、という、(*´з`)

なんのこっちゃですなあ。。。


祝!10周年 [2019年05月13日(Mon)]
60114066_434820980677884_314264329006350336_n.jpg


スペイン舞踊研究所「アスール」!



10周年だってさ〜〜〜。

わ〜お。



早いよね。。。

この10年の間に、ホントに私、いろいろあったな。


苦しい、辛い、10年。でもチャレンジし続けた10年。

消耗はしたけれど、、でも!

めっちゃ生きてきた!って実感のある10年。


その10周年を祝して、先週末パーティがありました。

家のゴタゴタで、、ちょっと行きたくない気分だったが。

行けば行ったで、ちゃんと楽しく過ごしました。


何より、、当たり前ですが、、一徹センセ、嬉しそうで。

はっちゃけてたな〜〜〜(笑)

ビール飲んで、叫びまくってたよ(笑)


先生にとっても、試行錯誤の、この10年。

独立の際もいろいろあっての、、、

シンドさ100%の出発だったので、、( *´艸`)

いろんな想いを巡らしての、、このパーティだよね。


19.5.11アスール10周年_190512_0039[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0036[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0012[1].jpg



カンパーーーい!!!



19.5.11アスール10周年_190512_0046[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0006[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0003[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0038[1].jpg


なかなかユニークなメンズが、、、

個人レッスン受けておられるとか、、、

スペインで買ったという、この素敵な衣装。


・・・この衣装を着たまま五反田へ、、(゚Д゚)ノ

すげーー。なかなかの逸材だな、、

アスールにはオモロイ人ばっか集まりますな(笑)


19.5.11アスール10周年_190512_0029[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0042[1].jpg


最近、ギターを演奏しに来てくれるOさん。

ギターの練習に、ということだったみたいだけど、、

ちゃんとしたプロの方でした!

生演奏で踊れるのはなかなか良いです。


thumbnail_1557580240702[1].jpg


いつも発表会で演奏してくれるギターさんや

カンテさん、ヴァイオリン、のアーティストさん達から

素敵なメッセージが。。。


19.5.11アスール10周年_190512_0005[1].jpg


19.5.11アスール10周年_190512_0056[1].jpg


スペインからも!お祝いのメッセージ。

アーティスト&アンヘル・ムニョス氏、Etc,,

皆さん、素敵な人ばかりです。


そのあとは。

2年前の、「一徹30周年公演」のDVDが流れて。。。


先生も初めてじっくり観るそう。

酔っぱらってるから観れるのか(笑)


thumbnail_1557580266843.jpg


どこをどお撮っても、切り取っても、、、

しっかりドラマになってるのが

ホントにプロはすごいな、と思うんだよね。


thumbnail_1557580257770.jpg



最後は、先生にむちゃぶりされて、、、

マイク持たされてスピーチしたひとも、、、

(キャンディーズ&ヨキータ)(笑)


「独立騒ぎのとき、私が泣いてわめいて?

ホントしんどい思いしたの、全部この人、見てるから。」

と、さっきの「衣装で登場のメンズ」に私を紹介(笑)


そうだね〜。あの時のアレとコレを知ってるのは、、、

ほんの数人だろうなあ〜〜〜( *´艸`)


そうだ、とりあえず、オープンしたときの記念のブログ!

見つけたので載せとこうかな♪ 懐かしい!



https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/200904/10


驚いたのは、、、この日のパーティの参加者、50名ぐらい?

全員に、一徹先生からのメッセージカードが用意されてて。

これにはびっくり。


そういえば、、、ソレアを踊った時も、

記念の写真とそれぞれにメッセージを書いて下さったな。


連休中に、これ書いたのかな?

噂によると、、「あ行」の人のメッセージは丁寧で、

「は行」ぐらいになると雑、だったって(笑)

さすがに手が疲れた? (≧▽≦)笑える〜。


私は、、「あ行」なんで(笑)。。なるほどキレイだ。


thumbnail_IMG_20190512_094247[1].jpg


オスカル魂、の、、ティエント、って、、、

おいおい。なんだ、それ〜〜(≧▽≦)


まあ、でも、、気持ちはとても伝わりました(泣)

夜なべして一人一人に書いてくれたんだもんね!


ティエント、、んじゃ、頑張りますか〜、、、


↑↑↑


まるで、やる気ない(笑)



| 次へ