CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
7番房の奇跡 [2019年03月29日(Fri)]
91oLhZWHRmL._SL1500_[1].jpg


7番房の奇跡


ちょっと前に上映された映画なんですけど、、、

ずっと観たいな、と思ったまま時はたち。

ようやくDVDで観ました。


突然仲のいい父娘を襲う悲劇と、その後

刑務所内で起きる思いがけない奇跡を描く感涙作。

無実の罪を着せられ服役することになった、

知的障害を持つ父親と、6歳の愛娘との深い絆が

周りの人々の心まで変えていく。

あまりにも厳しい現実を

ユーモアと優しさと愛情で包み込む物語に感極まる。


https://youtu.be/vRO684GP_4g



予告編で泣きそうになるよ(笑)


sub2_large.jpg


子役の女の子、演技が素晴らしすぎる。

これ、演技じゃないのかも、そんな気さえしてくる!

ホント〜にカワイイし。


父親が「知的障がい者」である、ということ。

そして「冤罪」という、テーマ。


ずいぶんシンドそうな映画のように思えるけど、、

不思議と途中からはその重さを感じることもなく。

純粋すぎるほどに純粋な人たちの心のやり取りに

爽快感さえ覚える、、


何しろ、囚人たちを演じる俳優陣のキャラがいい!

味があって、優しくて、ウソっぽくない!

だから泣ける。独房でのあれこれが楽しすぎた。


エピソードも良く練られているよなあ。

まあ、どこも出来すぎな感じは否めないけど(笑)。


最後はね。さすがに、、泣かせのシーン連発です。

みんな号泣必至らしいけど、鬼の私は泣かずにすみそう、

いや、泣きたかったから観てるんだけど(*´з`)


main_large.jpg

なーんて、思ってたら、、、


してやられた。最後のあたり、、、

ティッシュが必要となりますたあ。


この親子の演技、マジでヤバいです。

日本の役者じゃできないかもなあ。。


201401201620026ca.jpg

成長後のヒロイン、パク・シネもホント素敵だった。

少ない出演シーンであれだけの感情移入、凄すぎます。

パーフェクトだったと思います!


観たい人、DVD、お貸ししますよ!

私と会える人に限りますが(笑)




[2019年03月28日(Thu)]
9[1].jpg


桜ってやっぱり、特別な感じしません?

駅までの道、一本だけ咲き誇っているのを見て、、

なんだか泣きそうになりました。

静かに、ただ美しく。哀しいほどに。儚くて。


陛下、皇后陛下、と呼べるのももう、あと何日??

それもまた寂しいことだなあ、と思う。


究極にラブラブなお二人、、うらやまぴ。


うちの母は、昔の昔、皇后さまとお話しする機会があり

感動してそれからずっとファンみたいで。

数年後に再びお会いする機会があった時に、、なんと

お久しぶりですね、と話しかけて下さったと。

まさか覚えてくださってるとは、とそれが母の自慢。

ツーショット写真、引き伸ばして額に入ってます(笑)

恐ろしく頭の良いお方なんですね。

皇后陛下のピアノの腕前、プロ並みだそうです。


その、母親の話をちょっと、、、


今朝の7時。母からの電話が鳴りまして。

ギクッ。ギクギクーー。

本当に怖いよ〜(/ω\)


無言、しばらく。。。

そして、、聴こえてくる泣き声。。。

うまくしゃべれないんだろう。。。


また目まいがひどくて、這っておトイレに行ったけど

辛くて辛くて、、、って。

もう私はダメだって、、、


目まいぐらいでなんだ、と思う方もいるかもだけど。

目まいの原因が、ここ数日の人間関係の破綻に因る、

それは明らかなので、、、


トイレに行って、そのまま廊下でしゃがみこんで。

私の声が聴きたくて、電話したという。

寒いのに、、、寝間着一枚で、、、


「ぐるぐる幽霊がとりついてる。わしはもうだめ。」

と、泣きながら言い出した。


「ダメなんよ、私はね。性格悪いし。

アナタが話してくれたように考えてみようと頑張った。

でもね。ダメなんよ。一人でいると、憎しみや、怒りで

いっぱいになって、もうどうしようもなくなる!」


「お母さ〜ん、それが人間や〜。

人はね、そう簡単には変われんもんよ。

でも変わろうとしてくれたお母さんはえらいよ。

すごく素直な人だなあ、って思ったよ。

年寄りは頭がカチンコチンでなかなかそれが難しいのに。

お母さんは私の話を聴いてちゃんと頑張った。

私はすごいなあ、って思うよ。」


と、、言うのが精いっぱい。


いつもの家族のことだって同じだよね。

寄り添ってくれる人たちの方を見ないで、、

自分に怒りの感情を与える人たちの方ばかり見ている。


まあ、話しているうちに、声が普通になってきたけど。


「ごめんなさい。ホントごめんね。

いつもお前にばかりこんな話を聴かせて。

言ったら気持ちが楽になるかなあ、って思ってね。」


「いーよ!だってお母さんが生きてる証拠やもん!

お母さんが死んだらそれも出来んもん!

どんどん話してくれたらいいよ!」


ホントにそうだな、と。言いながら私も涙が。。

あかん、あかん!


「元気出してごみ出してくるな。ありがとう。」


ようやく普通に話せるようになり、、電話切ったが。

そこから30分ごとに電話が(笑)


でもありがたいんですよ。最近そんな母を気遣って

毎日、誘ってくれる方がいて。


今朝も、元気出してお茶しましょうっ!って

ゴミ出ししたあとに、電話くれたそうで、、、


今、お茶してるよ〜〜〜っ!と二人から電話があった。


自分の人生で何度かつまづいてきた、このトラブル癖、

それと今、闘ってると思うし。。頑張ってる。

生きてる間に、少しずつでもクリアしてほしい。

母だけでことではない、私たちも同じだよね。

向き合うって本当に大変。


とりあえず、、、フラメンコ、行ってきます。


そして。午後9時。ヨキータ、レッスンでへろへろ。帰宅(笑)


なんか知らんが。朝、もう私はダメ、と言ってたひとが、

上機嫌、目いっぱい明るい声で電話してきたっす。

ま、そんなもんだ。毎回のことだから驚かん。


みーーーんなに、お友達みーんなに、慰めてもらって

嬉しくて嬉しくって、もうヴォルテージ最高潮、てか。


タケノコご飯も作ってもらって、お茶に誘ってもらって

励まされて、笑顔もらって、、、


友達なんておらん、ってよく言いおったな、マジで。

ほらね。元気にしてくれるのは周りの人でしょーが。


一冊の本をもらって、、珍しく読んでみたら、

心に入ってくるんよ〜、すごく!いいこと書いてある。


と、嬉しそうに言ってるから、誰の本?と聞いたら。

「え、っと、えと、あ、あ、あい、、」


「まさかの、相田みつをかいな。」

「それや、それ、それや。」


・・・(=_=)

相田みつを、、で、普通に心が入れ替わるんかい。


びっくりやで、母ちゃん。。。(゚Д゚)ノ

意外に普通のひと、かいな、、、


「美容室のトイレ、カレンダー飾ってあるじゃん。」

って、言ったら、、そうやった?って。(笑)


まあ、いいや。。。

今夜、ゴキゲンで床に入ってくれるだけで充分や〜。


寝られなかったら辛いもんね。


明後日から、私は母のところに行くので。

ゴキゲンの理由はそれもある。。たぶんね。


母と一緒にお花見したいな〜〜〜。


今日の「まんぷく」の放送で、、、

母の鈴さんの生前葬をやるシーンがありました。


私はなんだか泣きそうになって。

それはとても良い放送だった。


生きているうちに、ありがとう、を言える。

周りの人たちが、互いのお付き合いの総括をしてくれる。

生きているからこその素直な感謝のキャッチボール。


母に、お昼もやるから是非見てね、と伝えといた。

さっき、電話して感想を聞いてみた。


第一声は、、これ。



「よく、棺桶に入るな、松坂慶子!わしは嫌だ!」


そこ、、、そこですか、、(;・∀・)


でも、なんか感じるものがあったみたいで。。


突然、私に言ったのです。

「お前が一番面倒見てくれました。感謝しています。」


だって、、( ゚Д゚)、、、

言った後、大笑いしてたけどね、、、なんやねん。


ありがとう、って言えるうちが花、っすね。

たくさん、言いたいよね。


<そしてその後、、夜中の0時すぎ。>


やられまひた。。

今、、、電話切りました。。。


夜中、、自暴自棄のネガティブな母に逆戻り。

日にちが変わるころに電話してきてびっくり。


私はやっぱり駄目だ、、、

下痢してお腹が痛いから、、、

今から注射をしに行こうかと、、、



( ゚Д゚)は???

夜中の0時やで、、、

下痢しただけで、、どこで何の注射打つ???


ドッと疲れ果てます。。。

話をして40分強。。ようやく落ち着いてきて、、、


「明日、誘ってくれた○○さんの約束に絶対行かなあかん、

でも元気いっぱいで行けなかったらどうしよう、、

もう、やっぱり私はダメやね、、」


続く続く、、、絶望感あふれたネガティブワード。


明日の状況は今考えてもわからんし意味ないし。

具合悪ければ、その通りに伝えればいいだけで。

無理して出かけて倒れたらその人は悲しむだけだよ、


って、、いつも言ってることを言うだけ、、(/ω\)

むなしくなるよね。


十何年も私らに同じ事、言い続けてる一徹先生の凄さを

ここで思い出すのもなんだが(笑)。


「腸はね、第二の脳と呼ばれるぐらいに、

思い悩んだり、ストレス抱えると、直に影響あるんだよ。

お母さんの腸は、頑張り過ぎてかわいそうだよ。

少し開放してあげるためにも、ちょっと考えるのやめよ。」


延々と、、そんな話もしたりしました。。。


ちょっと下痢したりお腹痛いと、すぐ強めの薬を使い、

注射を打とうとする。本当にそれは危険。


下剤飲んだり、抗生物質飲んだり、痛み止め飲んだり、

お母の腸は、お母に振り回されっぱなし。


だから頭もボ〜〜〜っとしちゃうんだと思う。

朝のウツ。昼のソウ。そして夜中のウツ。


帰省前の忙しい時間が、、、貴重な時間が、、

全部奪われてしまったずら〜( ノД`)シクシク…


おやすみなさい、、、


MRIの結果。 [2019年03月27日(Wed)]
thumbnail_IMG_20190327_183146[1].jpg


Windowsのデスクトップ画面。きれい〜。

どこだろ。。。


さて。今日は半日、大学病院におりました。

待たされる時間の長いことよ、、(*´з`)


いよいよ、次かっ!と番号見て準備してたのだが。

なかなか呼ばれなくて、、、そうなってくると、、

ちょっと不安になるよね。


ひょっとしたら、MRIの結果が思わしくなくて、、

先生はそれ見て、頭抱えてる最中かもしれん、って。


急に不安になって、ドキドキしてきた(笑)

私は絶対大丈夫、と思ってるけど、何の根拠もない。

よくそれで平然と待ってられたな、わたし。


そうなってくると、、母親の顔が浮かんできて。

マジで心配になった。。(;・∀・)


最近、どう?熱出た?? と、先生に聞かれて。


2、3週間前(大ざっぱ〜)、夜中に悪寒が突然きて

その3時間後ぐらいに熱出ましたけど。でもまあ、

今回は大丈夫そうだしそのまま寝てたと言ったら。


そしたら先生、アハハ、って笑いだした。

「 ホントに自分の身体の事わかってるよねー。

普通は、胆管炎怖くて病院にすっとんでくるよ〜。」


だってさ(;・∀・)。。

悪寒のレベルで、大体わかるから、と言ったら、、、

また笑われた、、


そこで話してくれたのだけど、、、



最初、外科の方からヨキータさんのこと頼まれて、

それで初めてデータ見たんだけど。

頻繁に熱出てるし、緊急入院してるし、、、

大変な患者引き受けちゃったかな、って思ったの。

内心、覚悟をもって迎え入れたんだけど、、

初めての診察でもうわかった。

自分の病気の事よくわかってる人だな、って。

しかも今、元気だしね。


よそからきた患者を迎えるドクターって、、

やっぱいろいろ思うところあるんだね。

こういう風に話してくれる先生に親近感覚えたりして。


さて、、MRIの画像を見ながらの所見。


「こんな言い方、していいかわからないけど、、

この画像みても、数珠状に狭窄していて、、

胆管があちこちで詰まっているからね。

ここに癌があっても誰にもわからない。

大きな腫瘍ならともかく、 、、

こんな小さく細い胆管のどこかに出来た小さな癌は

検査しても見つけられないね。。。」


「前の手術の時、それで大変だったんで、承知してます。

よくわかってるんで、問題ないです。」

(なくはないが)(笑)


「ご本人がちゃんとわかってくれてるから、

医療者としては、とても助かるけど、、、

何度も何度も入院して、ホントに大変だったね、」と。


「なんだかわからないけど、生き延びて、こうして

ありがたいことに普通に生活出来ているし、、

私はもう覚悟出来てるけど、母親を看てるんで、

まだ死ねないな〜、とは思ってます。」


と、言ったらね、、先生が、うーん、て悩み始めて。


「すごく心配になるの、そういう患者さん、いるから。

母親より先には逝けない、という気持ちはわかる。

でもね、お母さまがもし逝ってしまったら、って。

その後、生きていく目的がなくなってしまうのが

一番怖いな、と私は思ってるんだよね。

自分が生きるための楽しみとか、目標とかも

見つけてほしいな。お母さんの事だけでなく。」


と、、そんなことを言われたので、、驚きました。

初回の診察ではいろいろ怒りの気持ちも芽生えたが。

なんだか、とても良い医師ではないですか。


話の分かる人なんだな、と思った途端、、

話がとまらなくなってきて(笑)

全然関係のない話までついつい、、


そう、、昔、誰にも言わずにムカついてたこと、

ちょっと、チクってしまった(;・∀・)、、


これです、これ。



https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201508/22


「ほうら、そうやって自分で思い込んで病名つけるんだよね〜。

癌の人とかさ〜、こーゆう難病もってる人とかさ〜。

スゴイんだよ、思い込み。何でも悪く悪く考えちゃうでしょ。

39℃の熱が出たってさ、胆菅と関係ないかもしれないじゃん?」


高熱で駆けつけた日に、主治医じゃない若造医師に

投げつけられたあのセリフ、忘れられん一件だ〜!

今日、チクってもうた。。。(゚Д゚)ノ、、やば。


先生、ビックリしてため息ついて、、

ゆとり世代、 環境も育ちも昔と違う若者を前にして

正直、言葉が通じない、と日々感じること多し、と

まあ、そう嘆いておられましたが。

チクった時点でもうスッキリ、昇華してるわたし(笑)

オイオイ。時間食ってしまって反省(笑)


ま、とにかく。採血データ、 MRI画像、どちらも

前回よりちょっとだけ、良くなってるらしいから。

腹水も少し減ってる、と、、、


もう基準値には戻らないから、これで良しとしてね、と。

ま、全体、数値悪くて安定、って感じですが(笑)


PSC、という難病、ホント珍しくて、

先生も、年間1人か2人しか診ない、と。

その中の一人が私でしょ、、いないんだよね。


こんなに患者数が少ないから、、、

特効薬の開発のために、国は金をつぎ込まない。

抗がん剤も、既存のものを組み合わせたりしてるが

決定打のようなものは全然出てこない。


と、先生はため息交じりでしたが。。。

私ら患者はもう、わかり過ぎるぐらいわかってます。


生体肝移植のラインも、、、

もう私は無理だと言われてたし、やる気も全然ないが。


「もし、その時がきて、、、

ヨキータさんが、やっぱり手術したいと思ったら

東大の先生、知ってるからすぐ紹介するから!

以前、一緒に仕事してた先生だからね♪」


と、言って下さいマシタ。


大学病院にもこんなざっくばらんな話をする先生、

いるんですねえ。珍しいよね。

だから、一人一人の診察がめっちゃ長いのか(笑)


まあ、良かった。。。( *´艸`)


春。みたらし団子! [2019年03月25日(Mon)]
thumbnail_IMG_20190325_123359_1[1].jpg


どおおおお〜〜〜んっ!

ザ!みたらし!!!



都内でも有名な?和菓子店がありまして。

家から歩いて20分ぐらいかな。。


桜の咲く季節、その2〜3週間だけ!

この「みたらし団子」が販売されるという、、、


え〜〜〜。どんだけ美味しいのかなあ、、

気になるじゃん、、、


だって、だって、、

私は、、団子大好きで、、、

とりわけ、みたらし団子には目がない!のだから。


売り切れ御免だから、、開店と同時に行くしかない。

ちゅうことで、、、


桜祭りが始まった週末、朝の開店時間狙って!

団子買いに行ってまいりました。


なんか、ほんと由緒正しい、って感じの、、

いい意味で、、入りずらい、、(笑)


みたらし、一本!って、言いづらくて( *´艸`)

三本買ったのですけど。。。


あっという間に。ペロリンこっ!と平らげました。

一気に食べたが、まーだまだ入りそう、なぐらい。

胃にもたれることもなく、、


目が飛び出るぐらい美味しいか、と聞かれたら。。

よくわかりませんなあ。。。


その辺のスーパーで売ってるみたらしだって、

美味しかったりするし。。。


でも、出来たては嬉しい!

大将が裏で作ってるんだな、と想像するだけで

より美味しく感じられる、ってなもんです。


京都、今宮神社の名物「あぶり餅」、

子供の頃に食べたときの衝撃は忘れられないな。

あれが好き。あの、炭火で焼かれたお餅の香ばしさ。


すっかり有名になってしまったけど。

10年前に母親と行った時、観光地化されてて驚いた。

あー、食べたい。無性に食べたくなってきた(笑)


母親と言えば、、、先ほど電話があって、、、


人生最悪の事件が起きたらしく、、動揺していた。

とりあえず、話を聴いて、、なるほど、、と。

まあ、、それはキツイだろうな、と思いつつも。


母、専門のカウンセラーとして、、

言葉を探しながら、、40分話をしました。


最近、調子いいなあ、と思ってたら、、それは

もう大きな嵐がくるシグナルです。間違いない。


ガっと上がって、ガっと下がって、

呪って、泣いて、叫んで。


母が菩薩になることはもう現世ではないのでしょうか。


今夜の嵐はなかなか手強そうな予感。。

夕食作る時間、なくなっちゃった。


頑張って作るか、、、(*´з`)


今夜は鶏の南蛮漬けっス、、、



グリーンブック [2019年03月23日(Sat)]
640[1].jpg


観たのは2週間前ぐらい?のレディースデー!

グリーンブック!

第91回アカデミー賞、作品賞に輝いた。


時は1962年。

NYのナイトクラブで用心棒を務めるトニーは

腕っぷしよく、ハッタリも得意で、ガサツで無学、

だが家族や仲間たちから愛されていた。

ナイトクラブの職を失ったトニーに舞い込んだ仕事。

ホワイトハウスのケネディ大統領の前で演奏した

「神の域の技巧」を持つ天才ピアニスト、

ドクター・シャーリーのコンサートツアーの運転手である。

まだまだ人種差別が根強く残る時代になぜか、

黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すドクター。

粗野で無教養なイタリア系用心棒と、

インテリな黒人ピアニストという何もかも正反対な二人。

黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、

ふたりはツアーへ旅立った。



テーマは人種差別???トランプ的な?と思ってたし

ヘビーな内容かな、と思っていたのですが、、、

二人のキャラクターがイヤらしくないからか、、、

淡々と過ぎていく2ヶ月の旅の物語が、、心地よかった。


州によっては、人種差別のレベルも法律も違うので、、

グリーンブックに従って、時には二人は別々のホテルへ。


どの街でも、どんな一流ホテルでも、

大統領にも認められたピアニストとして

黒人であろうとドクターは、人々に歓迎されていた。


が。が。が〜〜〜〜。


同じホテルのレストランであっても。

黒人のドクターは白人と同席出来ない!ナニそれ。

部屋で食べてください、と当然のように言われ。

楽屋だって、物置部屋だった。


これがアメリカ、なんだよなーーー。

基地の町に育った私も、さすがに差別はされなくても

何度かこういう白人特権意識に触れることがあった。


てか、差別意識ってのは、ホント、ヒトの心に潜むもので。

その差はあれどどの国にも存在するものだし、この日本にも!


一流のピアニストとして尊敬はされても、

扱いはサーカスの芸人なみ。ムカつくよね。


そんなグリーンブックの旅の中で、、、

下品で、教養もなく、でも正直で硬派なイタリア男と

己の存在意義を問う孤高の黒人ピアニスト。

この2人がいつしか、互いをリスペクトしていく、

という流れ、、、かな。


自分の生活の中に、理不尽な扱いとか、差別とか、

そういうテーマに、もし一生関わることがないとしたら、

一生気づきはなく。こういった深い繋がりも生まれないな、

私はいつもそういう風に思ってますが。

この映画はまさにそういう感覚で観れる作品です。


だから、想像していたより、重たさも感じずにすむ。

あんまり押し付けてこなくて、見てて嫌みもなく。


ある意味、軽い感じは否めないかな。

でも、主人公の二人に好感持てたし、

終わり方もよかったな。


ガサツなトニーが、度々凹むドクターに放つセリフ、

反対にインテリドクターがトニーを諭す場面も。

時々、めっちゃいいのであります。


血気あふれるトニーに、暴力は敗北、と唱え、

「品位を保つことで勝利は訪れるんだ。」


この人が言うと、、納得しちゃいます。。。

どんな理不尽な想いをしてもね。品位ですよ。品位。


二人がツアーを終えて帰宅したのは雪降るクリスマス。

離婚もし、兄と疎遠になっているドクターが、、

僕には帰るところもない、みたいな感じで弱気になると。


その時のトニーの金言が、、


「寂しい時は自分から先に手を打たなきゃ。」



だよね。そーだよね。ホントだよね。

ドクターだけじゃない、うちの母さまにも、そして

私にも、刺さるセリフだぜ。。。


寂しいと訴えるだけでは何も始まらない。

先手を打たねばならんのだよ。自分から。


ドクターは、、その言葉に応えた!

ま、これ以上書くと、オモロなくなるからやめとく(笑)


しいて感想を言うとしたら、、

旅がしたくなった!


旅しながら気づきを得て。笑って食べて。

帰る家がある。しかもジングルベルのクリスマス。

傍らには共に旅をした新しい友。


最高じゃありませんか。


20代のころ、アメリカ横断に憧れてたんだ〜。

アムトラックの横断鉄道!

あるいはひたすら、大地を眺めてバスの旅、、

モーテルに泊まり、ジャンクフードを食べまくる!


あの頃の夢を思い出したよ〜〜。


トニーの下腹はドヨ〜〜ンと垂れ下がり、

ジャンクフードをただひたすら食べ続けてた。


効果的に出てくるのが、、

あの「ケンタッキーフライドチキン」!


車の中で運転しながら、お下品に!

トニーが食べる食べる、旨そうに(笑)


実は。私は数年前にケンタッキーをヤメマシタ。

ノーモア ケンタッキー。


でも、、食べたくなっちゃったな〜。(笑)


以上、でっす!


葡萄酢とMRI。 [2019年03月22日(Fri)]
thumbnail_IMG_20190305_111417.jpg


酸っぱいものが大好きな私。

夏のドリンクはリンゴ酢欠かせなかったんだけど、、


azucca e azucco の、あっちゃんにもらった葡萄酢、

すごく美味しかったんで、オーダーしてみました。


同じ愛知の葡萄農園さんが作っているものです。

種あり巨峰を一からお酢に醸造しているそう。

同じ時期に収穫した100%巨峰ジュースをブレンド、

原材料名は「ぶどう」のみ、って素晴らしいですね。

ちゃんと葡萄だな、って飲んでわかるのが良い。


コレステロール低下作用、殺菌効果、整腸作用、、

でも、まあ、、効果なくても美味しいければ飲む(笑)


thumbnail_IMG_20190305_111155.jpg


もったいないから、毎日ちょこちょこ、飲んでます。

大好きな炭酸水で割ってるけど美味しい〜(^^♪


今日の午後は「MRI」検査でした。

大学病院に向かう前に、、葡萄酢、グイっと。

飲んで、、の、飲んで、、


しまったーーーっ!

ヤバい〜〜!

(゚Д゚)ノ



2時間前から水分制限あり、だったのに〜(;・∀・)

ま、、大丈夫よね、、と、告知しないことにした(笑)


それだけじゃない。ボケづくしでした。。。


診察券、保険証、特定医療費受給証、限度額認定証。

大事な大事な、三種の神器+1、、?


ぜーーーんぶ、忘れたぜ!( *´艸`)

アホーーー。


今日は、、MRI、長かった〜。

すぐ寝ちゃうから何度も起こされて、、、

ヨキさん、呼吸してください、忘れてます、と、、


恥ずかしいたらないわ、、(*´з`)

寝不足はいかんな〜。


結果は来週、、水曜日の外来診察でわかります。

だ、大丈夫だと思いますが、、悪いなりに(笑)


そうそう、大学病院前の両脇の道、、

こぶしの花が全開で咲いてた!


こぶしの花、好きです。


ほんと、春だね〜。


私の頭の中も、、春だな、、( *´艸`)



めまいの週末。 [2019年03月19日(Tue)]
thumbnail_IMG_20190318_103129[1].jpg


週末、朝からグルグルめまいがひどく、、

珍しいことなんで、びっくり。


友人のフラメンコ発表会?を観に行く予定で、、、

が、、正直、歩くのもやっと。てか、歩くの怖い。


バス、電車を乗り継いで、会場へ行けるかどうかも

不安でしたが、、電車のなかで吐きそうになったし。


なんとか、到着したんだけど。なんと、、

私は一番前のテーブルだった、、ありがたいけど。


どうしよう、、踊ってるの見ててグルグル目が回って

ドわーーって、舞台に吐いたりしたら、、(/ω\)


ほんと不安だった、、んだけどね。


初めて踊るというフレッシュな皆さんのハツラツな

バイレ観てて、、なんか知らんが、、


めまいが飛んでった!


そんなことって、、ある??(=゚ω゚)ノ

何か、分泌されて脳に回ったのか?ビックリぽん。

もー、マジで全然目が回らない!うっそ〜。


フラメンコってスゴいね・・・


友人の踊りはラストのほうで。

めっちゃカッコよかった!うまくなってる〜。


体調も良くなり、弾んで帰ったんだけど。

夜中に悪寒がきて、目が覚めて、、、

え、今、くる???と、再び嫌な予感。

寒くて寒くて、暖房30℃つけて、、

いつもなら、布団蹴っ飛ばして裸で寝るんだが。


案の定、そのあと、発熱がありました。

いつもの胆管炎よりは軽いので、助かった。


うーーーん。ちょっと調子悪いのかな。。。


セラピストの友人に施術の練習モデル頼まれてて

断るか、、、行くか、、、しばらく迷って、、、


熱もなんとか下がったし、

ずーーっとそのまま寝てるのも嫌なので、、、


やっぱ、電車に乗って行ってきました。

まあ、なにするわけでもなく、ベッドに寝て

マッサージ受けるだけだから(笑)。楽チン。


ニャン子が施術中にギャアギャア言ってたな(笑)


thumbnail_IMG_20190318_233941[1].jpg



最近、皆さんにすっかり身体も心もお世話になってるな。

友達の家には結局8時間ぐらいいて!

ずーっといろんなこと喋ってた。


ここんとこ、母親も精神的に安定していて

私としても、とても助かっていたんだけど。


突然、その時はきた、、


夕方、弾んだ声で楽しそうに電話してきて

今日一日の報告をしていたのに。。


その3時間後、、、同じ人とは思えない声で泣いて

もう、何がなんだかわからなくなった!と、

何をしていたのか何をしたらいいのか、わからない、

どうしたらいいか、わからない、と、、


案の定、なんだけど、、家族に怒鳴られたらしい。


明日は母の両親の命日で。。。

愛知へのお墓参りを予定していて。

(最後になるかもしれない?)

とても楽しみにしていたはずなのに。


その準備が怖くて出来ない、と、、、

おろおろしたり。泣きだしたり。


ヤバい、これでは過呼吸になってしまう、と焦った。


どんなにゴキゲンな状態でも、、、

家族のたった一言で、急降下。どん底に落ちる母。


もうそんなのを数十年続けてる不毛状態。

アホらしい。時間泥棒。


そんな母の気持ちをどん底からゼロまで戻して、

上に引き上げて元の状態に持っていく役目を

同じく、私が数十年やり続けている。


もう、卒業しようよ、お互いに。。

意味ある??? もう終わりにしたい。


、、てのは私の独り言でありますが(笑)


時間泥棒やでっ!

マジでな。


他人の眼科の順番とりに、朝の5時に行ってくれたり

仕事休み、ドライブに行きましょう、って来てくれたり

いっぱい、おカアのこと考えてくれる人おるやんか!


そんな周りの他人様のこと考えて残りの人生は

生きていけやっ!!!


あの世まで、怒りや恨みや悔しさは持っていけんやろ!

そんなネガティブな言葉に翻弄されて

朦朧とするほど、ビクビクして、泣いて、、、

私まで巻き込もうとして、、


それ、全部、時間泥棒やろがっ!

ノーモア!無限ループ!!


と、、これ書きながら、同じこと電話で言ってやった。


そいだら、ちょっと声が変わって、、


ホンマそやなっ!

ほな、明日の準備するわ、さいなら、


と、電話切られた、、(;・∀・)


はああああ。ったくなあああ。


まだ、カツ!が効くんだ、もう無理かと思ってた(笑)


墓参り、、愛知はお天気良さそうでよかった!


おじいちゃん、おばあちゃん、二人からも

お墓の中から、娘にカツ入れてくださいな、、、


なんか、支離滅裂なブログ(笑)


「後妻業」の最終回みたいやわ(笑)


私、伊原剛志と高橋克典が好きなんだよね。

たまたま、同じドラマに出てた〜。やばい。



どら焼き [2019年03月17日(Sun)]
thumbnail_IMG_20190315_140351[1].jpg


なにやら、良さげでしょう。


thumbnail_IMG_20190315_140357.jpg


つまようじに刺してるぐらいだから、

お団子ちゃん、とてもちっちゃいです。

お隣は、一見、そら豆、でもほんとは和菓子。


きな粉で作ってあるんだって。

すんごくよく似せてて、驚きです。そして

とても美味しかった〜〜( *´艸`)


こちらは癌友オフ会のお友達のお宅です。

グダグダの私を見かねて再度声をかけて下さり、、

鍼灸師の彼女の治療院にて、身体を委ねることに。

ご自宅で開業されているのですが、、

到着するなり、写真のような手づくり和菓子がドン!と。


何度か、これまでも手作りの和菓子をいただいたけれど。

いつも美味、わらび餅とかも絶品だった。


けっこうすごい和菓子の師匠のところで学んでいるらしく、

ホントにプロの腕前!だと、改めて思いましたよ。


和菓子も得意な(笑)鍼灸師Pさんはいつも穏やかで、

あーだこーだ、上がったり下がったりのみんなを

いつも笑顔で見守ってくれてる菩薩系の女性。


私もホントは上がったり下がったり?しない方だけど

去年からの絶不調で、久しぶりに不安定になって、、

こういう時、彼女のような人がフォローしてくれると

とても助かります。なかなか、いないんですよね。

心も身体も委ねよう、と思えるひとって。


問診も丁寧に長めにやってくれましたが。。。

罹患してる病気はけっこうなヤツだけど、その割に

問診の答えが、まるで健康なひとみたいじゃん(笑)

良く寝て、良く食べ、快便、特に不調なところもなし。


脈診もしてくれたのですが、アタシの脈、、、

意外にちゃんと?打ってるみたいです(#^.^#)


すごいな。チャングムか〜〜〜。

和菓子だけでなく、鍼灸もすごい名医について

国家資格取得後、修行の日々を送っているPさん。

話を聴けば聴くほど、尊敬の2文字しか浮かばない。


学ぶことが大好きな修験道女子。

そして、常に笑っている穏やかな人。


私もいろいろ勉強してきたけど〜〜〜。

チャランポランすぎて、何の役にも立ちやしない(笑)


自律神経の乱れもなさそうなので、

今回は「免疫力をあげる」施術をしてくれました。


おかげさまで、、首がサクサク曲がる!

360度回ったら怖いけど(笑)、左右に180度以上!


次回は美容鍼!にもチャレンジ。


驚いたのは、、、


施術後に出されたこの、、和菓子パート2!

ほえ〜〜〜〜( ゚Д゚)

も、申し訳なさ過ぎて。。。


thumbnail_IMG_20190315_163320[1].jpg


これまた、手作りの、、、

どら焼き!!!


い、いいのかしらん〜〜〜。

しかも、めっちゃ美味しそうじゃん?


thumbnail_IMG_20190315_163320_1.jpg


写真がピンボケだ〜〜〜(*´з`)


もちろん、添加物とか入ってないので、、、

素材もすごく良いものを使ってるというし。

不味いわけはない。


今まで食べた「どら焼き」のなかで

断トツ、優勝!でした。


身体が軽〜くなって、、、

ついつい駅前で買い物しちゃったわん。


thumbnail_IMG_20190316_084651[1].jpg

シリコンの鍋敷きと鍋つかみ。猫です。わかる?

そしてスプーン。どうってことないけど(笑)


ロールキャベツをめっちゃたくさん作ったので

さっそく使いました!鍋敷き、鍋つかみ!


thumbnail_IMG_20190315_221146_BURST001_COVER[1].jpg


そうそう、彼女から教えてもらった情報、

シェアしたいと思います。


昨年放送された番組のリメイク版のようです。


現代医学と東洋医学がもっと繋がればいいな、と

ずーーーっと思ってた。


お互いの良さをもっともっと引き出して、

足りないところを補ったり、自由自在に活用する。

そうすれば、治療の可能性は無限大に拡がると思うな。




http://www4.nhk.or.jp/P5063/

3月18日(月)、25日(月)


東洋医学ホントのチカラ


〜最新科学で迫る鍼灸の秘密〜


今、世界中で注目される東洋医学。

今回、特に鍼灸にスポットを当て、

全2回のシリーズで、その理論と効果に最新科学で迫る。

パート1ではツボや経絡のメカニズムを紹介。

パート2では美容鍼や海外の利用例を紹介する。



毎年ありがとう! [2019年03月14日(Thu)]
thumbnail_IMG_20190314_091552[1].jpg


夢のような、デコポンざんまい♪


スーパーに並び始めた熊本のデコポン。

そろそろ、、かな、、と勝手にワクワク。そわそわ。


私のカンは働くのである!

そう、思った日の夜に熊本の彼女から連絡があった。


「明日か明後日に届きまーす。」



わおっ!


農家直送のデコポン〜〜。ホントに甘いんだよね!

ベストな時期、ピンポイントで送ってくれる。


今年はなんと、山口の母と妹にも送ってくれた。

ブログ読んでて、他人のような気がしないので、と。


ヒトの情けは地球より重し。


早速、母も受けとったと連絡がありました。

友達が毎年送ってくれるいつもの美味しいヤツだよ、

と、電話で伝える私に、、あの方、何て言ったと思う?


「おまえにも友達、おるの?」


( ゚Д゚)、、おいおい誰に言ってんだよう。


アタイには金も肩書もナンもないが、

唯一、友人だけはぎょーさんおりまっせ。


これまで春はデコポン、そして、長野からは桃、

愛知からはワインとレモン、

お野菜だったり、文旦だったり。


北海道からはカボチャにアスパラ、トウモロコシ。

冬になると、長野の林檎、愛媛のおミカン。

お正月前に届く、段ボールいっぱいの、

アナタがだーい好きな、お餅。


その他、もろもろ、年がら年中!

私の優しい友人たちが送ってくれるのではないですか。


ぜーんぶ、アナタさま、食べてますよぅ〜。

旬の美味しいもの、おこぼれで食べてるでしょが。


友達、おらんかと思ってた。



この衝撃過ぎる発言に、笑いしか出ません、、

( *´艸`)


これまでたくさん、友達の事とか話していたし、

おまえにはいい友達ばかり、とか、言ってたけど。


ここ1年、母にかまける?時間が増えすぎて、、、

友人と遊ぶことがめっきり減ったからな。


この子も自分みたく、孤独な人間と認定したのか?

老い、ってホントに怖いすなあ。


ま。でも、数日はデコポン、楽しんでくれるでしょ。


皆さん。いつも感謝です。

ありがたいことです!



風の電話 [2019年03月11日(Mon)]
8207779202_75dc70c765_z.jpg


「風の電話」


知らない人はあまりいないかもしれませんね。

その存在は私も知ってはいたのですが。


昨夜、テレビの震災特集で久しぶりに観て、、

涙がとまらなくなりました。


あの津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町、

その高台に設置された公衆電話。

それが「風の電話」

設置したのは、庭師の佐々木格(いたる)さん。


電話ボックスの中に置かれているのは、

線のつながっていない黒電話と、1冊のノート。


亡くなった家族や友人と、もう一度話をしたい。

そんな思いを抱える人たちが、訪れる場所。


風の電話.jpg


亡き人と残された人をつなぐ、風の電話。


昨日の番組の中では、、

ある男性が、ボックスの中で電話の受話器を取って、、

津波で亡くした息子さんに語りかけていた。


震災当時は東京の現場に出張中で、

留守番を頼んでいた息子さんが津波に飲まれた。

現在は奥様も亡くなり一人暮らしという。


今は二人そちらで会えたのだろう、

早く自分もそちらに行きたいけど、、、

あと少し頑張るからな、、



そんな風に電話の向こうの、、、

今は亡きご家族に話されていました。


男性の背中は震えているようにも見えるし

哀しみは癒されることなく今も続いている、と、

私にはそう思えて、、涙が、、m(_ _)m


「風の電話」が新聞で紹介されると、

震災や病気で家族や友人を失った人たちが

世界中から訪れるようになったとか。

その数は、7年半で3万人近くにもなると。


普段心の中にしまっている哀しみや悔しさや怒り。

その叫びをどこかへ吐き出させてくれる場所。


変わらない大切な人への愛情をただただ届けたいと、

静かに祈る場所でもあるんだろう。


きっと、届いているはずだね。


あなたは誰と話しますか

風の電話は心でします
 
風を聞いたなら想い伝えて下さい
 
想いはきっと伝わるでしょう



こんな言葉が記されているそうです。


風に乗って届いている!ホントにそう思う。

私も行ってみたいよ。


そんな粛々とした日の終わりに、、、


母からこんなメールが届きました。


「ビヨキもちで、1人で頑張っているアナタに

言ってわいけないけど、

生きているのがつらい。

(中略)

アナタのために、生きて生きます?

じがみえないから時間がかかるごめんね。」



電話したら、、まだメールは続くから電話切って、と

言われた(笑)なんじゃ、それ〜。(;・∀・)


全部が届いてから、、電話したら、、、

すごく泣いてた。


今日は親切な知り合いのおかげで、、

朝5時から眼科の受付に並んでくれて、

一緒に受付もしてくれて書いてくれて、、

なんとか、良い先生に眼を見てもらったけど、、、


色々考えて、、、もう嫌になった、と。

何のために生きてるかもうわからない、と。

辛い、本当に辛いよ、、と。泣いてた。


「お母さん。わかるよ。ホントにわかる。

シンドイよね。身体も心も。たまらないよね。

一人でシーンとした家で、ひとりぽっちで

痛かったり寂しかったり。わかるよ。。」


でもね、テレビ見てたらね。

家族をいっぺんに亡くしたおじさんとかいたよ。

ひとりぼっちで、その孤独と今も闘ってるよ。

死ねやしないし。頑張って生きてくしかないし。

大切な人がみんな天国に行ってしまって。

でも、お迎えがきてあちらで皆と会えるまでは

なんとか生きてやってくから見といてくれ、って。

そう、言ってたよ。おじさん。


だったら、お母さんもわたしも頑張らんといけん。

大事な人は手を伸ばせばそこにいてくれるんやから。

しんどくても、力だしてまだ生きていかんといけん。


最後にはもう、私も涙でぐしゃぐしゃになってしまい。

声にならんかったけど、、、ゆっくり母に伝えた。


母も今日は少し震災の特集を見ていたようで、、、


そうやね。生きていかんといけんね、、、

と、小さく言って電話切ったけど(笑)


明日はまた同じだろねーーーー。


ま、いっか(笑)


さっき、母を眼科に連れて言って下さった方に

電話をしてお礼を伝えたのだけど、、、


喋りながらまた泣いてしまった〜( *´艸`)

涙もろくなってる、、、


「絶対気にしないで!

昔からお母さまにずっとお世話になりっぱなしで

今からたくさんそのお返しをしようと思ってる、

だから、御礼なんていらないのよ、」と。


また泣きました。終わり(笑)


| 次へ