CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
わが家の母はビョーキです。 [2018年08月30日(Thu)]
IMG_20180606_105859-612x816.jpg


わが家の母はビョーキです。


ノリータの病院で始めた試み。

心、身体、命、、そんなテーマを題材とした、

「今月の図書」、を探していて、、、


ネットで調べていたのですが。

わりと評価が高くて興味を持った本。


うちの母もビョーキなんだけど、って

多分条件反射的に思ったんだ(笑)


この本に出てくる「母」と向き合う作者は

私のそれとは比べられないほど大変なのである。


スゴイな。壮絶、ってこういうことなんだな、と。

母の対応に何年もてこずっている私なので。

もー、涙なくして読めませんでした。

本編、続編、一気に二冊読んでしまいました。


物ごころつくかつかないうちから、

突然豹変し、包丁を持った母親に殺す、殺す、と

狙われ続けてきたという著者。


スゴイ修羅場の日々、入退院も繰り返し、

でも今はなんとか仲良く暮らしているという。。


・・・すごくないですか?


包丁。統合失調症。と、いうキーワード。

あまり詳しくは書けないことですが。


私が不登校児の子供たちのお世話をしていた時、

やはり、そういう経験があります。


不登校児の子供たちのなかに一人だけ、

統合失調症の子供がいました。


一つだけエピソードを書かせてもらうね。


ある日の夕食。

日本ではないある国の大きなテーブル。

大勢の楽しい楽しい夕餉のはずだった。


「僕ね、月が追いかけてくるから怖いんだ。」

と、不意にその子がつぶやいたんです。


たまたま、ちょっとイライラしていた隣の男の子が

イジワルにこんな感じで切り返した。

「だから、お前はキ〇ガ〇なんだよ。」


・・・・・


にぎやかだったテーブルが静かになって。

月に追いかけられて不安だと言った子は

顔を下に向けて。唇をかんでいました。


こーゆう時に流れる何とも言えない空気。

誰でも感じたことはあると思う。


どうしたらこの子は傷つかずにすむのか。


「人間は昔からそう表現するんだよ。

月に追いかけられるような気がする、と。

そういう感性が素晴らしい作品を生んだりする。

私はそう思うよ。」


とっさに私はそう発言しました。

だって、本当にそう思ってるから。


彼の心にどう響いたのかはわからないけど、

めっちゃ嬉しそうな顔をして

素晴らしい作品か!って繰り返していた。


私は朗からなその子が大好きでした。

その子はいつも場所を選ばずに

心に染み入るような歌声で歌うのですが。


透き通った歌声、というのかな。

誰もが癒されたと思う。


こういう病気を持った人たちって

元々、心がとてつもなくきれいでよどみがなく

人間のエゴのなかに突然放り込まれると

もうその世界では対応できなくなるのでは、、、

と、、素人診断ではありますが、そう、思います。


私たちは社会で生きながら、変容していく。

少しずつどこかがイビツになり。汚れていって。

こんな世の中でもやり過ごすことが出来る。


その境界線は複雑で本当に難しいところで。


きっと、理解が必要だと思う。

この本の著書はそれを伝えたかったのだろうな。

本当にスゴイ本だと思う。


そして、、うちの母ちゃんですが。



今朝、いつもなら電話してこない時間に!

めずらしく電話してきたのでありますが。


あ、、きっと、、ネガティブな日だ、、

マチガイナイ"(-""-)"、、、


案の定、、全ての事案をめっちゃくちゃ

悪い方向に捉えまくり、周りの人を否定し始め。

最後に、、、

ものすごく投げやりな言い方をして泣いていた。


それらの状況を全て知っている私にとっては、、

全部、考えすぎ、悪く捉えすぎ、、


「一人で朝から晩までじーーっと、この家にいて

そういう事考えてばっかりだから、そうなる。

悪いことばかり考えて辛くなるやろっっ。」


と、逆ギレされた。


私がどんなに想いをかけても、それは届くことはない。

本当にやるせないm(_ _)m。。。


その一つ一つを今、私は誰にも相談できない状況。

私ひとり、母の重さを一緒にしょってしまってる。

きっとよくないことなのだろうけど。


状況的に、相談できる人はいない。

こうなったら、地獄へ道連れしたい、と、、、

いつのまにか私も煮詰まってしまう。


ちゃんと話せばわかる、そんな母だったけど、、、

老化とともに、話してわかっても3日もたない。


これは毎回書いてることだけど、、

私もちゃんとそれを受け入れて対応していかなければ。


大事なのは、、私にとって母は大事な存在で。

どんな姿になっても、

どんなヒドイ言葉を私に浴びせても、

心から愛していると思う自分がいること。


きっと第三者の介入も必要なんだろうね。

この著書と、母との関係性が劇的に変わったのは

やはり、第三者が加わったのがきっかけだから。


この漫画、是非読んでみてください。


さて。今日はフラメンコ2時間レッスン。

しっかり、頑張ってきたーーーーっ。


相変わらず、細かなチェックが続いているので

まだ一回も曲かけで踊っていないという恐怖、、


10日後は全員集まっての衣装合わせ&リハなのに。

かなりヤバいことになってます。


私は先週よりは手足が動くようにはなってますが。

それよりも、、、気になる問題。


そんなに激しく踊ってるわけではないのに。。

極度の疲労感。


家に帰ってなんとかシャワー浴びて、、

ベッドへなだれ込み、、もう4時間起きれない。


全身と言えば全身だけれど、、、

胸のあたりも苦しい。


相変わらず、微熱も続いてる。

微熱のなか、踊ってたんだ、、、


この強い疲労感、微熱って、、、

やっぱり肝臓だと思う、、m(_ _)m


精神的な疲労もだけど。

肝臓がもう無理きかなくなってるなあ、って。


哀しいけど、認めざるを得ないな、、、

もう、なんも出来ないわ〜〜〜(/ω\)


去年はそれでもリハ、本番で4曲踊ったから。

元気だったんだなあ。


今年は明らかに違う。

今度の検査でいろいろわかるんだろうな。。。

私はいいけど、、、母親、どうしよう、、


(≧◇≦)神さまああああ。

なんか、ちっさな希望が欲しいよ。


空が荒れ狂う。 [2018年08月28日(Tue)]
thumbnail_1535374198203191421415.jpg


昨夜の雷鳴ときたら、、、!


空をつんざく荒くれものが

天を縦横無尽に飛び回る、みたいな。


稲光がスゴカッタなあ。

部屋の電球が何度かチカチカした。


しかも窓ガラスに何かがポコポコ当たる音。

、、、あれは雹(ヒョウ)だったんだね。


外にいなくて良かった、とつくづく。

日本の空ではないみたい。


何が起こっているんでしょう。


ずぶぬれで雨に打たれて

雷鳴を身体に浴びて、、

稲光を体感したら、、、



もしかして、、すっごく気持ち良いのかも。

雷に打たれたら最悪だけど〜( *´艸`)


最近、周りで怪我をしている人が多くて・

私だけじゃなかった。


あと、入院される方も多く。


芸能界をはじめ、周りでも訃報をよく聞きます。

明日、誰に、何が、起こるかわからない。


今、という瞬間を真剣に生きなきゃですね。。


と、言ってる自分に早速ツッコミを入れたくなる(笑)


おい、おい〜〜。アンタ、だめやん、、て。

全然、やる気もクソもないやん、って。


(;´д`)トホホ。

ベッドから起きれない、、、



カメラを止めるな [2018年08月26日(Sun)]
thumbnail_15349832737301285264936[1].jpg


今、一番話題の映画!

「カメラを止めるな!」



絶不調なアタシ。

たくさん笑わせてもらって

癒してもらって

とにかく何とかしてもらお〜♪と。

ワクワク楽しみに出かけました。


友人がめっちゃオススメしてくれたし。

情報番組で、芸人の誰かが絶賛してた。

映画館であんなに客が大笑いしてるの初めて!と。


これは間違いなだろう!と自信をもって。

予約をして行ったわけ。


ところが、、ところがです。

場内も爆笑って感じでもなく、、、

まあ、時折、ははは、とかクスクス、とか。


わたくしに至っては、、、(/ω\)

ピクリとも笑わなかったのでございます。


私はここまで人間すさんでいるのか、、、

イビツな人間に成り下がったのか、、、


ヤバい、、(;・∀・)ホント、ヤバすぎる。

ゾンビよりやばい。


映画はよくできているし、、、

売れてない俳優ばかりというのに

・・・みんなうまいじゃないですか、、


という感想のみで、、笑えなかったという、、

(;´д`)トホホ。


今、日本で一番残念なヒト、それ私(笑)。


その後銀座へ移動。

一緒にフラをやっていた時の友人たちとごはん。


「トミーバハマ」、、知らなかった!

良いお店だったなあ。


思いきりハワイだった、、

というか品の良いハワイ(笑)


thumbnail_IMG_20180825_174615_1[1].jpg


ウェルカムドリンクのモヒートが

まず、ホントに美味しくてテンション上がる。

ミントがちゃんとミントでした。(笑)


thumbnail_IMG_20180825_222734[1].jpg


友人がネットで前情報を仕入れていて。

https://www.allhawaii.jp/htjnews/3137/


「今こそハワイ島に、行こう。」と

店員さんに呟けば!なんと、、、

ククイナッツレイ プレゼントらしい。


ちゃんとしたククイのレイでした。

スゴイね〜〜〜。


ハワイ島かあ・・

もう4年も行ってないよ。。。


初めて行ったハワイ島で。

泊まったコンドミニアムは海に突き出していて

夜、ベッドに寝そべって

打ち寄せる波の音をずっと聴いていた。


あの時間は宝ものだなあ。

今の自分に一番必要な時間だよなあ。


トミーバハマ!お料理美味しかった。

カメラ最近持参してなくて、、

タブレット撮影、画像あらくて残念です。


thumbnail_IMG_20180825_174930_1.jpg


シュリンプ、アボガド、ヤシの実のサラダ。

スパイスがたくさんで私好み。

美味しかったあ!


thumbnail_IMG_20180825_181051.jpg


黒鯛のポワレ。

バッチぐーーー。


thumbnail_IMG_20180825_182958.jpg


ポークのグリルも柔らかく。

バルサミコソースも美味しい。


あ、この日はハワイアンのアラカルトではなく。

友人が頼んでくれたお手頃のコースです。


thumbnail_IMG_20180825_191420[1].jpg


これがスゴイ。

パイナップルがでーーーん!と。


中は、、クリームプリュレ、みたいな。

私は最近生クリームとカスタードはダメで。

頑張って食べました。。。

生のパイナップルの方がいいな。


コーヒーはマカダミアンナッツフレーバー。

懐かしい〜〜〜っ!ハワイだ〜〜〜。

( *´艸`)はわいだはわいだ。


thumbnail_IMG_20180825_222627[1].jpg



ショップも充実。

パイナップルやマンゴのルームフレグランス。

インテリア類もなかなかそろってる。


お洋服も素敵。最近物欲ないおかげで?

素通りヨキータでしたが(笑)


アロハシャツのおじいちゃんが

ハッピーアワーを楽しんでいたり。


なーんか。いいとこだ!


いつか皆でハワイに行きたいねえ。

と、ワイワイしながらも、、、

行きたい島がバラバラで割れた(笑)


実は。。この日も微熱と高熱のはざまで。

家にいる時はずっと横になっていたのですが。


部屋のなかは31℃ぐらいあるのに、

全然暑いと思えず。。

布団かぶってクーラーもいらずで寝てた。


完全におかしい。わたし、、変だよね。

足も本格的に痛いし、、、

ゆっくりゆっくり左足をひきづって

日本橋の映画館へ行ったわけです。


私の心はゾンビよりも凍っていた。


あ、、、偏見な私の意見は参考にしないでね。

ちゃんと面白くできている映画ですから

是非、観に行ってください。

このご時世、映画館が満員御礼だなんてスゴイ。


それより。頭痛い問題が、、、


この日、母には夕食は友人たちといく、と

ちゃんと言っておいたのですが。


それが昼だと、、母は勝手に変換。

お昼の11時に電話でしゃべっているのに、、、


夕方16時ぐらいから、電話しても出ない、

連絡がつかない、と恐怖に思ったらしい。


私が事故か事件に巻き込まれたかもと。

気づかなかったけど、、携帯を最後に見たら

着信だらけ。伝言メッセージを聴いてみたら

わーわー、泣いてる母の声が。。


もう、、ウンザリです。

(≧◇≦)辛いよ、、


コーヒー飲みながら、電話してみたら。

一言もしゃべらないうちから号泣。


昼に食事だと思っていたのに、

何が起きたのかと、不安で、心臓が壊れそう、と。


何か起きるんや。。。一体全体。

あんなに泣かれても。

さっきまで電話してたじゃん、わたしと。


もう、本当に辛くなる。


何が起きるっていうんだよ!


隕石が落ちてくるのかーーー!

すれ違ったおかしな人に刺されるのか!

車に弾かれてどーにかなるのか、、、


私は一人っ子だったっけ。。。

母の近くには、めっちゃ近くには

娘が二人もいるのにさ。。。


私が24時間、フォローしてないとダメなのかな。


やっぱ、親子で心療内科行くしかないか。。。

:;(∩´﹏`∩);:たまりまへーーーん。


ハワイな気分がドン下がり。

(日本語変だね(笑))


。、それでも、、ある友人は、、

こんな私のこと、、ちょっと羨ましいって。。


あー、生きているなぁって感じがするらしい。

そんなに感情丸出しで向き合うって

誰にでも出来る事じゃない、と。


なるほど、、、そう、、なのかな(笑)


母と私の関係のことも、、


泣いたり笑ったり怒ったり受け止めたり。

後悔だけは残さない関係な気がします、と。


親子関係ってそれぞれだもんね。

お互いにクールな関係をキープしていく親子も

断絶なままの親子も

仲良しこよしの親子も。


24時間、365日、必死で互いを見続けている、、

かなりメンドクサイ親子が私らだ。。


マチガイナイ、、、( *´艸`)


とりあえずは、、この微熱と全身の痛みを

何とかせにゃーー!


。。。次のMRI検査が恐怖だな。

なんか、ヤバいものが出て来なきゃいいけど。


あ〜。足が治らなきゃ、踊れない。

踊りまくりたいなあ〜〜〜。


満身創痍だべ。 [2018年08月24日(Fri)]
IMG_20180818_221425.jpg


自分の命の看板を掲げて歩け。


知り合いのお店のトイレにかけてあった。

深イイ、ですな。さすが相田みつお巨匠。


自転車から落ちて一週間。

固定している手の方は、徐々に良くなってるかな。


8年前の左手首の複雑粉砕骨折のところ、

捻挫したのではないかと思われる。


回すだけで痛みがあるので、、:;(∩´﹏`∩);:

が、が、そちらよりも、、、


足の痛みがだんだんひどくなってきてる。

レントゲンでは大丈夫だったのだけど、、、


青くなってるところは左足の左側の腰あたり。

その辺を強打すると、鼠径部あたりに痛みが走る、

とドクターに言われたのだけど、、、

その鼠径部の一部は当日からずっと痛くて、、


そして、昨日あたりから、痛いところが増えた。

足を不自然にかばってるからかな、、、

お尻の左下、あたりが、、歩くだけで痛い。


そんな状況で、、2週間ぶりのフラメンコ。

行ってきました。。。m(_ _)m


不安は不安だが。休めない状況。

そして、こんな自分にカツを入れたい気分。


満身創痍、でありまする!!


こんな状況で、、2時間のレッスン、、

元気だったら、、バリバリ踊りたい気分なのに。


全く持って、足が、、、人魚姫状態、、、

一歩歩くたびに、痛みが走る。


(≧◇≦)うおおお。


そんな私の表情に気づいているはずだが、

一徹先生は、、、容赦ない。


「もっと痛い顔しないとわかんないから!

出来てないと思って言っちゃうからね。」


冷徹な顔で、、、言うんですよねえ、、

:;(∩´﹏`∩);:ちっ。鬼軍曹め〜〜。


手は固定しているので、右手だけで踊ったけど。

やっと数日前から普通に歩けるようになった足は。


その後、、フォーメーション通りに移動したり

速足で動いたり、踊ったり、、、

人魚姫の足はグサグサ痛みが走るのですが、、

容赦ないこわ〜〜〜い指導で。やりきりまひた。


あまりにも、皆の踊りがとんでもなくって

先生はため息の嵐。。。お気持ち、わかります。


このクラス、一か月前が一番ヒドイ(笑)


あーーー。私の足が治らないと練習も出来んばい。

おもいきり踊りたいのに〜〜〜!


どおしよおおおお。



家に帰ってお風呂入ってベッドに入ったら、、、

それを最後にもう動けなくなりました。


3時間ぐらい横になって、ようやく起き上がり。

支度して夕食とりました。


80歳のおばあちゃんみたいです。トホホ。

カメ子さんお手製のカボチャの煮つけが心にしみて。


そしてブログを読んで救急メールをくださった方も。

、、、本当に救われましたよ。

電車の中で涙が出てしまったぞ〜(ToT)/~~


不登校児のボランティアをしていた頃からのご縁で

ずっとずーーーっと、20年近く??

こんな波乱万丈な私のことを見守ってくださる。


こんなブログに目を通していただけてるだけでも

本当にありがたく思っております。


毎年、フラメンコを観に来て下さる方も。

(今年は初めてご事情で来られませんが。)


ボランティア、やっててよかったなあ、と

心から思うこの頃。

あまりお役には立てなかったけど。


子供たちが大きく、素敵に社会に出ているのを

時々、見かけては嬉しくなるのですが。


。。私が代わりにひきこもっちゃいそう(笑)。

ホント、冗談ではなく、、


辛いのはもちろん私だけではない。

私のしんどさなんて、鼻くそみたいなもんだ。


みーんながそれぞれ大変な想いをしながら

それでも前を向いて笑顔で生きているんだよね。


今の自分、ちょっと心が疲れ切ってしまいました。

そのうち。ちょっとずつでも、、、

笑ってる時間を増やしたいな、と思います。


血よりも、そばにいてくれる友人たち。


「家族という病」を書かれた下重暁子さんが

昨日、テレビのインタビューでお話しされてた。


家族だからわかってもらえる、というのは幻想。


その考えには批判もあるようですが。

その部分に限っては本当に同感。


家族ならわかるはずだ、と思い込むのは間違い。

そこから全てのエゴは始まる。


でも、、最後に帰るところが家族、であるなら

もっと幸せな事なんだろう、とは思う。


私にはもう手に入らないものだけど。。。


やっちまいましたーーー。 [2018年08月22日(Wed)]
IMG_20180817_122727-612x816.jpg


やっちまいましたーーー。


友人たちのブログをのぞくと、、、

どの人もこのひとも、、夏を満喫。

眩しいほどにキラキラしてる。

家族で笑顔いっぱいに遊ぶ姿が思い浮かびます。


同じ夏、なのに。

この違い。。。


地獄のようだった、私のこの2週間。

私が悪いのかなあ。m(_ _)m

私が地獄を呼び寄せているのかな。。。


母との毎日は先日書いたとおりで。

二人の心は押しつぶされそうになるばかりで。


元気のない私をとことん、追及、追い込んでくる母。

ほっておいてくれれば、まだ楽なのに。

白か黒しかない母の思考回路。

とても私の複雑な想いを説明できるとは思えない。


母もギリギリな精神状態だったのだろう。

・・・可愛そうなことをした。


二人で夕食を珍しく食べに行ったのだけど。

押し黙って、話もしない母に、、、


楽しく食べようよ〜〜!美味しくないじゃん、と。

明るく言ったつもりなのですが。。。


母のなかでスイッチが入ったのか。

眼が変わりました。。。


私に手を合わせて。。。

赦してください、赦してください、って。


涙ためながら、言うんです。

ビックリするじゃないですか、、:;(∩´﹏`∩);:


優しく諭しているつもりだけど、、

帰らせてください、家に帰りたい!と、叫んで、、


店を飛び出してしまった。

お料理来るのがめっちゃ遅かったのも原因です。


お店の人も、すみません!と平謝りで、、、

めっちゃ安くしてくれました。


会計済ませて、母が置いて行った自転車をもって

公園を通り抜けようとする母を追いかけたけど、、、


何かに憑かれたかのように暴言を吐きながら。

、、、足が悪いのに、なぜか速足だし。


お母さん!自転車、乗りな!自転車!

私も動揺しつつ、母に追いつき。

自転車を持たせようとしたのだけど、、、


眼が吊り上がった怖い顔の母は、、

大事に大事にしている自転車を、、、

どん!と、突き飛ばして、、、

頭を掻きむしりながら歩いていった。


めちゃくちゃショックだった。

この自転車がないとどこへも行けない母が。

突き飛ばすなんて。。。( ノД`)


もう暗いし。母が危ない!と思って。

自転車を起こし、乗って追いかけようとしたんです。


でも、、動揺していたからか?足が車輪に絡まり。

そのまま身体ごと飛ばされてしまいました。

すごい衝撃。交通事故並みの衝撃。


左の肘と、左の腰をたたきつけられて。

ホントにホントに痛すぎて。


でも。起き上がれませんでした。

涙が出て出て、、もうこのままでいいや、って。


何でこんな目に合うんだろう、と。

フラメンコが踊れないじゃん、と。


泣けて泣けてそのまま寝てた。

朝までこのままでいてやる、って。


というか、、きっと手も腰も折れてる、と思って。

動けなかった、って感じです。。


お盆だったので、里帰りしてたのか、、

公園にいたらしい、若い男女のグループが

走って駆け寄ってくれて介抱してくれて。

本当にありがたかった。


東京で駅の階段から転げ落ちたことが二回あるが

あの時は誰も駆け寄ってくれなかった。


田舎の若者の心優しさに、またまた涙が。


救急車、呼びましょうね?

大丈夫ですか?起き上がれませんか?


男の子も女の子も、、何度も声をかけてくれて

一緒に起き上がれるよう、手を貸してくれた。

なーんか、、地獄にいるのに、天使がいる、みたいな。


その時の衝撃音に、母も気づいて、、、

駆け寄ってきたらしい。

その時にはもう正気に戻っていた。


驚いて私にしがみ付いていた。

私に、一生懸命、謝っていた。


妹の旦那が整形外科医なので、、

傷の治療をしてくれたけど、、


夜遅かったので後日、レントゲン撮ることに。

とりあえず、固定して帰りました。


夜は身体が全く動かない上に、、、

持病の高熱が出てきてしまい。辛かったなあ。


母はもう、ベッタリ私のそばに付きっきり。

自分のせいで怪我をさせた、とその後一週間。

負い目を感じて、、、わたしから離れようとせず。


お盆だから、、、バチ当たったかな(泣)


いや、あの時、ああならなかったら、、、

母は壊れて、、どこかへ行ってしまったのだから。

神様がきっと、そうならないよう荒療治を仕掛けた。

そう信じるしかない、、、:;(∩´﹏`∩);:


その次の日も、悪い夢を見て泣きながら目覚めた。

その夢はいつも正夢となる。


毎日、母は、ウソだろ、と思えるような、、、

暴言を嬉し気に吐いたり。(本人は親切心)


私の心はズタズタ。

身体もズタズタ。


レントゲンでみてもらった結果は、、、

曲がらない方向があって。


小さなヒビが肘に入ってる可能性もある、、、

画像を見ても、怪しいところはあるそうです。


でも、ヒビが入っていても入ってなくても

固定しとけば、2,3週間で治るから、とりあえず

しばらくは固定、、ということで。。。


なんとか発表会には間に合いそうかな。。。


一昨日ぐらいから、普通に歩けるようになったし。

来月から踊れるかも!


でも、、まだ踊りこんでないという(笑)

ヤバ過ぎます、いろいろ。。。


シギリージャ、最低だな、きっと。。。

え〜〜〜ん(ToT)/~~~


その後もね。帰る日まで大変でしたよ。

母は、、謝ってくるけど。。。

同時にワケわからんことも言ってくる。


もう、それは、、仕方ないことだね。

そこは受けとめていかないとだね。


夜、足が冷えてつってしまって痛い、というので、、

私も使ってるヘンプのレッグウォーマーを買い与え、

その夜から、大丈夫になったらしく、、、


夜、寝る前に、必ずワイン色のレッグウォーマーを

履いて歯磨きをしている母をみて、、、


本当に可愛い人だなあ、、頑張ってる人だなあ、

母への愛情があふれてくるんです。


あと、何か月、何年、こうして一緒にいられるのか。

私、、いつも書くけど。。

やっぱ、母がいないと生きていけない。


寂しくて寂しくて、もう無理。

こうしてブログ書きながら涙があふれてくる。


激動の人生を生き、堂々と人生を生き抜き、

誰よりもきれいで強く、優しく。

我が強く、怒りのひとで。

へそを曲げるとストップがきかない。


そんな母を苦手だと思う人は少なくないと思う。

でも、母を慕ってくれるひとも半端なく多い。

孫たちは母が大好きで尊敬していると思う。


公園で自転車を突き飛ばして暴言を吐く母。

手を合わせて、赦してください、と泣く母。


他の家族はそんな母の姿を見たことがないだろう。


多分、、見たくもないだろう。


私にだけ、そういう姿を見せる母との

この夏は、、本当に本当にキツカッタよ。


何度も神を呪ったし。。。

何度も、母と一緒に露となって消える妄想を抱いた。


でも、、何とかしなくてはいけない。

私もまだ生きていかなきゃならないんだから。


涙涙で、母をおいて。飛行機に乗りました。

母も頑張る、心配するな、と言ってくれました。


私も本番目指して集中します。

母はフラメンコ行きたそうだったけど。。。


面倒見る人がいないと無理なんで。

諦めてもらいました。ごめんね。。。



熟成 [2018年08月20日(Mon)]
IMG_20180815_110942-612x816.jpg


地元に帰ると、、

手土産ぶら下げていく幼なじみのおうち。


食通の友人たちが喜んでくれるもの、、、

毎回頭を悩ますのだけど。


今回は帰省2日前に神の啓示を受けた☆


「今夜くらべてみました」という番組。

良純&貫地谷&田中みな実出演の

物件探しネタの番組だったけど。


そこへ突然登場のヒロミ・GO☆

郷ひろみ氏の手土産が〜☆☆☆


私の好きなFermier、フェルミエという

チーズショップの、、、


コンテ・ド・モンターニュというチーズ、でした!


18年熟成のチーズだそうで。

女性陣、美味しい〜!と目をキラキラ輝かせ。

多少の演技は承知だけどね(笑) 食べてみたい!


早速、フェルミエに買いに行きましたが。

お値段的に、、12年熟成のものを購入(^∀^;)


かめこさんに、これ、テレビで見たやつ、と

レジうちの間に説明していたら。


え、テレビでこれ、やってました?とお店の人が。

番組の話をしたらば、、


郷ひろみ氏はここには来られてないですね。

とのことでした。愛宕山のショップかな。。


ま、それはどーでもよいのですが(笑)

友人らの感想は、、、


最初、淡白だな、と思ったけど。

食べていくうちにどんどん旨味が増して

しっかりその濃厚さが伝わって。


めちゃくちゃ旨い!とのこと。

私も食べたけど、ホントに美味しいチーズ。


次回は18年熟成を買っていこう。

azucco azuccaのワインもこれまたいい感じで。


このチーズにぴったりでした〜。

バッチぐうう。


メンテナンス [2018年08月19日(Sun)]
thumbnail_IMG_20180725_122706[1].jpg


もう8月になっちゃいましたが。


誕生日月、つまり毎年7月は、、、

割引のサービス受けにデンタルクリニックへ!


けっこう、都会な場所にあるクリニックです。

ここでしっかりメンテナンスしてもらいます。


50分はかけて、歯垢や歯石を除去し、

さらに茶渋などもしっかり取り除きます。


最後はミントのクリーム?で歯茎のマッサージ!

これが、妙に気持ちよか〜〜( *´艸`)


BGMはケアリー・レイシェル!最高!


今回も、、、虫歯ゼロ!でした。

きれいに歯磨きされていますよ!と二重丸。


良かった〜〜〜っ(^^♪


そして。出血がほとんどなかったなあ。

これには驚き、です。


血小板の数値が落ち着いているからかな?

数値がだだ下がりの二年前は、、、

めちゃ出血するし、歯茎も元気なかったし、、


元気でいるってことは本当にありがたいことだな。


デンタルクリーニングの後はお腹がすくのです。

並ばずにすむハワイアンカフェ、というから

ちょっと足を延ばしてみたのだけど、、、


そりゃ、、並ばんだろよ、これじゃ、、、

っていうぐらい、、雑な仕上がりでした。

残念なり、、(/ω\)、、、


写真のロコモコがそれです。

目玉焼きもハンバーグもやたらと焦げてた。


私はオコゲが大好きなので、そこは良し(笑)


都会がどんどん苦手になってく、、、


[2018年08月18日(Sat)]
IMG_20180815_083641-816x612.jpg


先日のゲリラ豪雨。


やんだな、と、窓ガラスに目をやると。


ビックリ。大きな虹。


この街で初めてちゃんとした虹を見た。



IMG_20180815_083724-612x816.jpg



ハワイみたいだなあ!と、嬉しげに写真撮っていたら

母親もやって来て。覗きこんだが。


…感想なし。興味なし。(笑)


虹は祝福の象徴。そして、前触れ。


いろんな世界を繋ぐもの。

あちらの世とこちらの世と。


私の心にも道を繋げてほしいなあ。。



母と子、その2 [2018年08月14日(Tue)]
IMG_20180812_122300-612x816.jpg


馴染みの喫茶店で。


美味しいピザトーストセット。

私はホットサンドを母に託したつもりだが、、


遅れてテーブルにつくと。

なぜか。。ピザトースト(笑)


先日のブログで、、

いろいろご心配かけてしまいました。


たくさん連絡いただきました。。。

これ見て元気出して、とスゴい写メくれた人も。





1534126949359.jpg


1534126951610.jpg


1534126953481.jpg


1534126955208.jpg



蛭子さん、好きなんだよ。私も(笑)


深イイ〜言葉や。


人生の目的は死なないこと。


本当にそうだ。そうだね?


ありがとう、ありがとう、、


では、、母と子、パート2。

どっちが脳ミソ、溶けてるか?編。


先週、地元の空港からタクシーに乗って。


「Uターンしてください。」と言うつもりが

「ユーチューブしてください。」と言ってしまった。


その後、実家にて母との再会。

キムタクとニノが好きな母に、、、

二人が共演の映画を観に行こうと誘う。


映画館はいややな。テレビで観たい、と母。


「半年後や。テレビでやるのは。」と言ったらば。

母の返事は。。


「そうか。韓国語か。。」


ご、しか合ってないよぅ、かあちゃーん。

(≧口≦)ノ(≧口≦)ノ(≧口≦)ノ


頭の悪い娘と、耳がよく聴こえない母の一日。

( ´゚д゚`)アチャー


毎日、戦争です。。。


今、そこでまた悲しいことほざいてるし。。

心臓が苦しくなる、、


物事が解決して、状況が安定すると。

なにやらほじくりだして、心配の種を見つけてくる、

そんなヒトいるでしょ?


心配の種を前に並べて、また頭抱え、ヒトを巻き込み

その繰り返しで人生を繋げていくヒト。


ソレデス、それ。。。



母と子。 [2018年08月12日(Sun)]
IMG_20180811_124119-612x816.jpg


周防大島へ向かう瀬戸内の海沿い。

知る人ぞ知る釜飯の食事処がありまして。


義理兄が誘ってくれたので。。。

釜飯を食べに母と三人で出かけました。


IMG_20180811_124146-612x816.jpg


いつ訪れてもお客さんでいっぱい。

待ってる人もたくさん。


IMG_20180811_121757-816x612.jpg


とれたての魚をすぐにさばいてくれるので

お刺身も新鮮!で甘いです。


IMG_20180811_121816-612x816.jpg


ほわっ〜〜っと、立ちこめる魚介の香り。

イカ、エビ、アナゴの旨いこと、甘いこと。

炊き立ての釜めし、最高です。



IMG_20180811_121849-816x612.jpg



オコゲがまた最高なんです。

田舎ってやっぱいいなあ、って思う。

ちょっと車を走らせれば

こんなに美味しいものが食べられる。


お茶碗に山盛り、三杯!

食べた、食べた!


IMG_20180811_122221-612x816.jpg


アサリのバター蒸し!

最高でっす。


と、まあ、、いい感じで幕を開けた田舎暮らし。

その後は、、散々たるものでした。。;

ここから先は、めんどくさい女の独り言。

読むのがしんどくなる方は、どうぞ、この

釜飯の写真で終わりにしてください(笑)


「カメラを止めるな」という映画が大ヒットして

話題になってますが。昨日の、母と子。

私たちをカメラが撮りっぱなしにしていたら

きっと、もっと面白かったかもしれませぬ。


最近の、、ここ2年ぐらいの私は

もしかして治療が必要かな、と思えるぐらい

精神的にひっ迫しています。


日頃接している人は、え、そう?と思うかも。

私的には結構ヤバい状態だと思ってる。


必死でバランスを保ってる、そんな私に。

たたみかけるように母は、、、

家族の悪口、他人の悪口、、

浴びせてきました。

誰かに聞いてほしくても誰もいない、


で、私という対象物が現れたものだから、

それは洪水のように流れ出してきます。


誰でもいいんです。

私なんてぬいぐるみみたいなもんです。


耳を押さえても顔をそむけてもお構いなし。

どの話も3度目ぐらいのものばかりだし。


私は、、スイッチが入ってしまいました。

心の均整が崩れ落ちて、、、

もうプチっと切れて


気が狂いそう!と叫んで。

頭をかきむしって叫びまくって。

ヤバい!と思った。けれど、、


母はそんな私を罵倒するだけ。

母は心の弱いヒトの気持ちが理解できない。

ネジが狂って平常ではいられなくなった人の

もろさを理解することが出来ない。

理解する容量を持ち合わせない。


「そんなに辛いならワシはもう、一緒におれん。

終わりにしよう。東京に帰ってくれ。」

そう、言い放ちました。


お母さんのことじゃない。

私は自分の問題で苦しんでるだけ。

私の人生でドンづまってるだけ。


そういうと、、何が気に食わないのか、と、

そう聞かれましたが。。。


何か理由があるならこんなに苦しんだりしない。

もういろいろ疲れただけ。

たくさん頑張って突き進んできて、、

今、空っぽになった自分と向き合って

なんかわからんけどツライ。


。。。それだけ言うと、

あとはひたすら泣き叫んでたかも。


母は母でそんな娘の姿に動揺したと思う。

もう生きているのがシンドイよ、と、

私は母に言ってしまった。


そんな私の遠吠えに不快に思う方もいると思う。

ごめんなさい。百も承知です。

生きてるのがツライ、だなんて言ってはいけない。

だけど、、正直な今の気持ちでもあります。


お母さんがいなければ私は生きていけない。

だから、お母さんはそのままでいい、と。

なんだかわからんが、母と自分のしんどさを

結びつけたくないから、そう言った気がする。


たぶん、私は、、、

母に何かを言ってほしかったし、

泣き叫ぶ自分を包み込んでほしかったのかも。


でもやはり。母は母だった。

子らを包み込むものを持ち合わせてなかった。

私はそれを知っていて、、また試そうとしてた。


母は、めちゃくちゃトンチンカンな発言を連発した。

受けとめてほしいと願って、こんなに

さらしだしているのに、、それ…?


生きるのがツライ、と言ってる私に、、、

お前が死んだって痛くもかゆくもない、

どうぞ死んでください、と、平然と言った。


いつだろう、、、

こういう空しさを確かに感じたことあるぞ、、


完全にノックアウトされた私に、、、

母から驚きの発言。


私の大昔の恋愛問題が出てきた。

その時から、、

胸の胸の奥に何かがひっかかっていたという。


げ、今、それだす(οдО;)、、、


私はノーコメント(笑)

話がそれ過ぎて、大変なことになるやん。


でも事実、すべてはその時から始まった。

私は「その時」から三年、母とは口がきけず。

同じ家に住んで、無視し続けた。

二人とも死ぬほど苦しかった。


私は家にいられなくなると、仕事休んで

チベットやインドに出かけた。


あげくはポン!と背中を押されるように

東京へ電撃移住〜〜〜。

心理学を勉強したい、と伝えて

一週間で荷物をまとめて家を出ました。


何年も口をきかなかった母が、、、

その時だけ、、口を開いた。

行ってこい、心理学をやっておいで、と。


あれから確かに私の人生は動いた、と思う。

完全な鬱状態が何年も続いた後、、、

私は東京という新天地でがむしゃらに動いた。


資格を取り、心理学を学び、

不登校児のボランティアを始め、

フラメンコを始め。


ほーんとに、突き動かされるように動いた。

ボランティアの延長で、イタリアで暮らしたり。


チベットのご縁で、会社を創り。

二度、生死にかかわる大きな病気をしたけれど

突き進んむことを余儀なくされた私には

さほど、大きな障害でもなかった。


更にさらに前を向いてイノシンの如く

突き進んできたんだと思う。


なんだろう。燃え尽き症候群というのかな。

今まで大切にしていたもの、

絶対だと思っていたもの、

信じていたものがスルスル抜け落ちていって。


人生の大きな節目に再びたどり着いてしまった。

そういうことなのかもしれない。


母が言った。

「ワシはお前がいてくれて、今、なんとか生きとる。

でもお前にはそういう人がおらんのやろう。

おまえは私のために生まれてきたようなもんや。

本当に可哀想でたまらん。」


涙がまたナイアガラみたくドドドド〜〜〜。

救われない母子の会話だ…<(_ _)>、、、

静かにため息をついていると、、、


これまた、びっくりなこと言い始めた。


「お前はたくさんいろんなこと話してくれたけど。

その中でも忘れられん話があるよ。

小さな子供をたくさん遺して逝ってしまった友人。

残された旦那さんは子供たちを育てていると、、

今も、元気でご主人は育児をされているだろうか、と。


そのお友達のことを時々思って涙を流す、と。

ワシは長く生かされてしまったけど、、

お前の友人は本当に無念だっただろう、と。


2年前に亡くなったノンちゃんのことだ。

ノンちゃんに会ったこともない母がこうして

思い出して泣いてくれてるとは、、、


トンチンカンな反応しかしない母ではあるが

情は底知れず深いのだ、、、


私はまたまた涙があふれてしまい、、、

気づいた時には目がめっちや腫れ上がって

ぶっさいくこの上ない顔になってしもうた。


二人で今さら晩御飯はしんどいね、と、、

茹でた枝豆、 どら焼 にスイカを食べて。


お風呂から上がって、母の様子を見にいくと、、

うたた寝していた。

デッカイ身体の母が、すっかり小さくなって。

痩せて。そこでまた涙が、ううう。


かわいそうに。

申し訳なかった。


でも初めて胸の奥にたまったものを

母の前で吐き出せた、かもしれない。

お互いにぶつけ合ったね。


スゴイ夜だった〜〜〜。


私はいずれまた歩き出さないと。

アノときの自分のように・・・


歩みはずっと遅くなるだろうし、、、

瞬発力を失った新しい私のやりかたで、、


それでも生きていかなければならない。

なんか、読み直すの嫌なので、このままアップ。


読んでいただいた方は、読んだら忘れてください。

母とのこと、記録に残したいだけで書きました。


だからといって、今、すぐに、

さ、ガンバろ!というわけにはいかないし。


でも、、、乗り越えたら、きっとまた道はできる。

今度こそ、大丈夫、と言える自分に会えると思う。


一度目の節目、どん底で私は強くなれた。

打たれ弱い私が突き進むことでホントに鍛えらえた。


二度目の節目をちゃんと受けとめられたら

弱さと強さを両方大事に共存できる自分になれる。



| 次へ