CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
エバ・ジェルバブエナ  フラメンコ舞踊団 [2017年09月16日(Sat)]
エバ.jpg



エバ・ジェルバブエナ!!! 


つうても、、、誰も知らんよなあ。


私だって以前は全然知らんかったし(笑)



えば2[1].jpg



Bunkamuraオーチャードホール


9月16日(土)16:00開演
『 AY! アイ! 』

9月17日(日)15:00開演
『 Apariencias 仮面 』


フラメンコ界きっての馨しいエトワール、

3年ぶりの来日!!!


エバが踊ると誰もが思い出すのだ。

心の奥底に眠る、言葉にならない感情を。



だ、そうです。はい。



えば7.jpg



<エバ・ジェルバブエナ プロフィール>


フラメンコ舞踊家、振付家。

マイヤ・プリセツカヤに

「現在最高のフラメンコ舞踊家」と言わしめ、

伝統的フラメンコにとどまらずバレエや

コンテンポラリーダンス界からも賞賛されている。



『 AY! アイ! 』


舞台にはエバとミュージシャンのみ。

ギターと歌い手たち、パーカッション、そして

バイオリンが奏でる音楽と対話するかのように、

黒い衣装のエバが一人踊る。踊り続ける。

コンテンポラリー風の動きと

純粋すぎるほど純粋なフラメンコが混在する、

彼女独特のスタイル。


華やかな衣装や大掛かりな装置などは何もない。

何も必要ない。

フラメンコとエバがいればいい。


ソレア、タンゴ、子守唄、タランタ/タラント、

カンティーニャ/アレグリアス、ブレリアス、

シギリージャ。純粋なフラメンコ曲に彩られ、

エバが一人、その踊りで語るのは、

誰もが感じたことのある、名前もない、

言葉にできない、小さな思いであり感情、心の動き。

だから観る人誰をもの心の奥深くに染み込んで、

忘れないものとするのだろう。


『 Apariencias 仮面 』


アパレンシアとは外観、見せかけという意味。

オープニングでアフリカのボーカルを踊る、

坊主頭に赤い衣装をつけた筋肉隆々とした

男性コンテンポラリーダンサーは、実はエバ。


「フラメンコは何よりも現代的」と語る彼女が、

フラメンコの伝統とルーツにインスパイアされ、

想像をはばたかせる。限りない自由をもって。


スカートの男性。

スペイン国立バレエ団出身の二人をはじめとする

四人の男性ダンサーたちが描く美しいかたちと動き。

仮面をつけたエバ。

翻るマントン(フラメンコ独特の大判のショール)。

言葉。マラゲーニャ、ペテネーラ。

そして最後、エバが踊る渾身のソレアに

観客は皆圧倒されることだろう。

フラメンコのパワーを、

エネルギーを感じさせる作品であることに間違い無い。



えば4[1].jpg


えば6[1].jpg


えば3.jpg



て、ことで。


台風吹き荒れる連休は、、エバです!!!


めっちゃ楽しみです。


シギリージャ、踊ってほしいな。



ふぁっしょんしょーー! [2017年09月15日(Fri)]
thumbnail_1504444765149.jpg



先日出演した、、、


フラメンコ衣装のファッションショー。


ソニアジョーンズのサイトで、、、

きれいな動画が載ってました!


クリックしてちょ。


そ、それがね。


やっぱね。一徹先生、すごいわあ。

めっちゃ、一人だけかっこよいんすけど。


相当練習してきたのかな、、

んなわけ、ないか、、(^_^;)


わたし、一瞬、一人で映るんだけどね。。。


もうね。。。。


ニューハーフ以外の、何ものでもない。。。


がああああんん。

ショックだわ。。。



9月の運勢。 [2017年09月15日(Fri)]



いろーんな占い。蟹座の9月。


金運がかなり良いと出てました。

思わぬ収入が、とか。


棚からぼた餅的な、とか。

でも、そーゆう気配がないとこには来ないでしょ、

と、全く当てにはしてなかったけど。


いや〜〜。けっこう、当たるもんですね。

棚から餅がちょびっと降ってきました。

なんか当たっているかも。


10年住んだあのマンションも、査定のあと、

とても10年住んでいたとは思えません、素晴らしい!

と、管理会社の方が大家さんに何度も連発して下さり。


おかげで、、敷金はほぼ全額返ってきましたし。

あとはいろいろ、、思わぬところで、

ま、いろいろ(笑)


おかげで困窮を極める秋になるところでしたが、

なんとかなりそう。


すごいね、星占い。


予定通りですが。実家に帰りました。


母ともう少し一緒にいてあげたい、

そう思った夏の決意通りに。


こないだ会ったばかりなのに、、、

母はまたまた小さく年老いているように見えた。


寝顔を見ていると、、生きてるのか?死んでる?

どちらにも見える、、と悲しくなりました。

亡くなったおじいちゃんと、瓜二つ。似てる。

もう死に顔を見ているような気さえする。


空港から到着した私の顔を見るなり、、、


くら〜〜〜い顔して。根性悪い顔して。

人の悪口。ずーーーと悪口。私にはく。


しかもです、、、

母をよく見てくれている人達の悪口ばかり。


人間てつくづく変だよね。

絶対お母さんにとっては大事な人だよ、と思う人を

なぜか猛攻撃する。


母は根性悪い、マジで、、、


悪口は止まりまヘン。

到着した途端、そんなの聞きたかないよね。。


で、、優しく、、言うわけ。


おかあたま〜〜〜。

さっきから、人の悪口ばかり言ってますよう、、


それで、完全にご機嫌は悪くなります。

お前には怖くてもう何も言えん!って。。


あの、、こんなに優しく伝えてますよ、、、

(-_-;)、、、あのあの、、、


母の言葉、右から左へ流して聞くしかないのです。

体の中に入れちゃダメ、と思ってるから。


だって、身体の細胞が絶対嫌がってるし。

ネガティブな言葉は体に入れたくないんだ。


能面のように黙ってる私を見て、、

さらに母の顔は険しくなり。泣き出します、、


泣きたいのはこちらざんす、、、


死にたい、死にたい、、と。

お前には申し訳ない、だって

何もしてあげられんまま、死ぬからな、、と。


今だけ、こうして二人でいるときだけでも

笑ってほしいよ〜。それだけでいいよ〜〜〜。



その夜。到着早々。

私の体は拒絶反応。熱が出ましたさ。


始まるなあ。

母と向きあうって、ほんとに大変だね。


でも、誰でも通る道だよね。


まだまだこんなん序の口や〜〜〜。


大丈夫、まだ、愛がある!

私にも、母にも。


お互いを自分の命に換えられるほどの

無償の愛が、まだまだある。


と、言いつつ、、(^_^;)

その翌朝から、まったまた人の悪口オンパレード!


どんだけ性根が悪いんや〜。

どんだけさびしい人なんや。


でもね。デイケアでは人気者なんだよね。

昔からサービス精神旺盛で、、、

皆を楽しくさせるのがお勤め、的なところがあるから

(うちの血筋、だ)


それに疲れると、、わがまま始まって、、

もうデイケアーなんていかん!!!

ほんとは行きたくないのに、とか。吐いてる。


人生、一人で子供を4人育てるのに、

一生涯を仕事に費やした母だし。


それもかなりの才覚で事業をやり遂げたけれど。

時代が時代だから、女のくせに、と。

蹴落とされそうになってもなにくそ、と、

子供のために、蹴飛ばそうとする男どもを蹴散らかして、

傷だらけで頑張ってきた人なので。


今、、すべてを成し遂げた後の喪失感は、、

うちらのなまっチョロイ喪失感とはレベルが違う。


それがすっごくわかるから。泣けてくるから。

寄り添ってあげたいと思う。


4人いてもね。こんな母のそばにいられるのは

悲しいことに嬉しいことに私ぐらいなんです。

相性ってのもあるしね。


一人でボケさすわけにはいかない!

どんなに根性曲がってても!いやらしく老いぼれても!


と、、まだ思える私がいる限りは(~o~)、、

なんとかなるでしょ。。。


4人姉妹というと、、めっちゃ驚かれる。そういえば。

私みたいなのがあと3人いる!?ってね。ヾ(≧∇≦)


面白いもので、、、

4人の形は全部違う。全然違う。


長女は、、例えていえば。

大きな箱の中の中にいるのに、わざわざ小さい箱に入って、

コロコロ、コロコロ、転がっていて。ぶつかりながら。


次女は。箱の外になぜかはみ出していて。

箱があるのは知っているけれど、知らんぷりしている感じ。


4女は、、ノリータさんですけど、、、

とっても大きな箱の中に大きく広がって、

一見自由自在な感じはするけど、

そこにあまり隙間がなくて、、いっぱいいっぱい。


三女、つまり私は、、、箱さえない(笑)かも、、

枠がない。

アメーバのように伸びたり縮んだり消えたり。


我ながら良いいたとえだ〜!


それは個性でいいとか悪いとかじゃないし。

それぞれの形で。

箱を作ってくれた母と向き合えばよいと思う。


母がつぶやいた。


「いつもこうして寝ていると、、

あれ、私は生きているんだっけ、死んだンやろか?と。

そう、思うことが最近、よくある。

今、こうして隣にお前がおると、、、

ああ、生きとったんやなあ、って思う。」


生きてることを忘れさせているのかな、私たち、、と


つたつた、涙が出てしまいました、、


母も蟹座だから。


ちょっと、ぼた餅、棚から落ちてきたみたいだから♪


遊びに行かなきゃね、、、一緒にね。



なんて美味しいうどん。 [2017年09月14日(Thu)]
thumbnail_DSC_5390.jpg



つくづく思ったのです。


やっぱ。


うどんて。

西なんだね。




thumbnail_DSC_5392.jpg



空港に行く前に。


母が大好きなうどんやさんに連れてかれた。


錦帯橋のそばのうどんやさん。


なーんてことない門前通りの一角の、、、

普通の食堂に普通のご夫婦がやってる店。


マジ、普通のおじちゃんとおばちゃん。


でもひょっとしたら、おばちゃんは、、

私より年が下かもしれない、って思った(-_-;)



thumbnail_DSC_5387.jpg




母の山かけうどん。


めっちゃ美味しそうでしょう。

とても丁寧で。とても美しいでしょう。



thumbnail_DSC_5388.jpg



私の、、肉温玉ぶっかけうどんも!!!


最高に美味しくて、えらくびっくり。

肉も私好みの甘さで。


おなかを壊さない程度の半熟。

(私は生卵でおなかを壊す)


そして、大根おろし。

おいおい、かなり最高じゃん。


こーゆうお店が一番ありがたいよなあ。


東京のスマした、かっこだけのうどん屋さんより

絶対美味しくて、素敵だよ〜〜〜。


あなどれん。田舎。


て、ことで。昨日まで、、


田舎におりました(笑)



ひよもの里 [2017年09月12日(Tue)]
thumbnail_DSC_5243.jpg



う〜〜〜!


なんて美味しそう!


しそ巻き大根


友人のfacebookで見かけたこの旨そうな漬け物。


早速、お取り寄せ着ないか調べたけれど、、、

やってない、、があああんん。(>_<)


漬け物大好きな私は、、、


食べたい食べたい食べたい、、と呪文のように。


そしたら、、、友人が、、、

キャンプしにまたこっちの方面に出かけるから、

買ってこようか?送るよ!と、、、


神の声〜〜〜(●^o^●)!!!


遠慮なく。図々しく。頼んじゃいました。


そしたら、、たくさん送られてきた!!!



thumbnail_DSC_5242w.jpg



他にもいろいろ見繕って送ってくれました。

ありがたいっす。


ひよもの里

http://www.hiyomo.com/


なんだか、とっても良さそうな処。


自然薯料理専門店「じねん亭」と、

自家製漬物やおみやげ品が人気の「つけもの処角井」


メニューのぞいたら、、あらら。


もちもち冷やしとろかけうどん! 

じねんじょそば!


食べたくて死にそーーーですう!!!



thumbnail_DSC_5244.jpg



請求書入れておいてね、と言ったのに。

こ、こんな請求書が入ってた。


今ならゼロ円!って、、、


(@_@;)!!!


まあ、まあ、どおしましょう。


と、途方に暮れております。。。



モロコシ! [2017年09月11日(Mon)]
thumbnail_DSC_5238.jpg



わ〜〜〜い!


北海道から、、


コープのとうきびが届いたよ〜〜〜。



お.jpg



なにやら2種類。


めちゃ大きいモロコシでね。

こんな状態で届くの初めてかな。


モロコシごはんかな。


私は茹でたり蒸したりして、

塩まみれにして食べるのが好き。


ありがとう〜〜〜!みかりん。


10月は歌之助さんの高座で会えるね!!!


と、書いたのはもう一週間前(笑)


いろいろありすぎて、アップし損ねた。


めっちゃ美味しいモロコシでしたよ!!!




やっぱり赤が好き! [2017年09月10日(Sun)]
thumbnail_IMG_0668[1].jpg



愛しのキャンディーズ&にゅ〜は〜ふ♪


やっぱりね。


私は赤が大好き!一番好き。



いやいや出演したファッションショーでしたが。

やっぱ、思い切って出てよかったです。


だって、赤い衣装がタダで(笑)着れたんだもん。


では、、もちょっと写真をもらったので、、

お披露目いたします。


みなさん、どうぞ失笑してください!


エー年こいた、おばちゃんの赤い姿です。



21369485_1604577079562687_4146112759525580497_n.jpg



先生たちの美しさと立ち姿にはもう

たちうちできません。


ホントプロフェッショナルな美しさ。



21232049_1604576909562704_6582061741120626135_n.jpg



なんて素敵なクララちゃん。



thumbnail_IMG_0621[1].jpg



ドヤ顔だけの私(笑)



thumbnail_IMG_0608[1].jpg



やれやれ(笑)



thumbnail_IMG_0584[1].jpg


thumbnail_IMG_0586[1].jpg



この時が一番しんどかったなあ、、、



thumbnail_IMG_0650[1].jpg


thumbnail_IMG_0647[1].jpg


thumbnail_IMG_0666[1].jpg



後輩ちゃん。



thumbnail_IMG_0662[1].jpg


thumbnail_IMG_0654[1].jpg


thumbnail_IMG_0663[1].jpg


thumbnail_IMG_0660[1].jpg


thumbnail_IMG_0664[1].jpg



終わりっ!


見て下さってありがと!!!


キャンディーズ、カメラ担当さん、

素敵な写真をたくさんありがとうです♪




川越にスペインが。その2. [2017年09月07日(Thu)]
IMG_4885[1].jpg



じゃーーーーん。


パエリア、は看板メニューで一種類だけ。

コンクールでは国際部門1位になったこともあるそう。



川越すぺいん.jpg



さあ、ここはどこ(笑)?


三年前ですが。。。


川越の友人が、連れて行ってくれたところ。


「すぺいん亭」


川越のすっごいオモロイスペイン料理の店!!


会社のボスが、、皆を連れて行って下さいました。

道が混んでて、ちょっと時間はかかったけれど。



IMG_4826[1].jpg


お店の前の巨大なパエリア鍋が目印(笑)



IMG_4834[1].jpg

IMG_4838[1].jpg

IMG_4837[1].jpg


やっぱ、ここスゴイよ!まじ、殿堂〜(笑)


もう、二度目でも感動は同じ。



IMG_4855[1].jpg

IMG_4829[1].jpg


女子トイレ(笑)


倉庫を使ったお店ですが、、、

入った瞬間、わおおおおっ!って歓声。


創業30年を超えるらしいけど、、、

これを作り続けてるオーナーさんて、、、


ほぼ、頭がイカレテルのでは、、と思うぐらい

常人には思いつかない内装です。



IMG_4842[1].jpg


美しいステンドグラス、、、



IMG_4867[1].jpg


コルドバのメスキータ風通路。



IMG_4852[1].jpg


モザイクアートな。

グエル公園のようなテーブル席。


タイルもご自分で貼っていくそうで。



IMG_4835[1].jpg


これ!ウチラのテーブルの壁は、、、


全部帆立!!!の殻づくめ。

すごすぎますうう。


スペイン各地の特色が全部詰まってる、的な(笑)

この店のオブジェやタイル!なんとなんと、、

オーナーさんが全部手作りで、作成してるようです。


もう、完璧ですよ〜〜〜。

あっぱれ、としかいいようがありません。


なによりお料理がちゃんと美味しい。

ここ大事〜〜〜。まずかったら行きません。私。


前回、行った時のブログがこれです。




https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/1484


あのランチも最高に美味しかったなあ。


今回はアラカルトだったのですが。

私が独断と偏見で全部決めちゃいました(笑)


どれも単価が恐ろしく安い。。。

600円とか、800円とか、ですよ〜〜〜。


びっくらこくわ。


オーダーし終わったら、撮影大会(笑)


初めてここに来た皆は、、相当ぶったまげてた。


だってさ。ここ。どこ?川越??日本???

バルセロナ?セビージャ??え、で、どこ???


てな感じですからねえ〜。

ホント、すごいです。


オーナーさん、この店の内装を数年かけて、

大金つぎ込んでいるわけで。

絶対変人じゃないとできまへん。そして天才。



IMG_4865[1].jpg

IMG_4858[1].jpg

IMG_4861[1].jpg


階段の上にある、、このスゴイ建築物、、、

なーんか素晴らしく精密っぽい。。。



IMG_4863[1].jpg


「これ、、3百万ぐらいじゃできないっすね。

もう、一千万近い?」と、つぶやいてたら。


オーナーさん、突然、私の腕をたたいて、、

ニヤッと。しましたよ(笑)。


相当いいとこいった?やば(笑)(笑)


ここでもウンチクを聴かせて頂きましたが。


このバルセロナのサグラダ・ファミリア教会の、、

立派過ぎるレプリカですが、、


なんと、本物サイズを均等な比率で計算して

正確に!小さく作ってあるんだそうですよ。


それがご自慢のようでした。


うん。それはすげーーー。確かに!


ぶったまげるこの不思議なスペインの世界、、

一度は行く価値ありッス。


あ。そうそう(笑)。食べたものは、、、



IMG_4880[1].jpg


小エビのプランチャ。

マッシュルームのアヒージョは最高でした。


写真は撮り損ねた。。。



IMG_4882[1].jpg


イカの墨煮。



IMG_4870[1].jpg


蛸のガリシア風。



IMG_4869[1].jpg


トルティージャ。

めっちゃ美味。



IMG_4883[1].jpg


ピンボケですが(笑)。子羊!

これ、うますぎ!!



IMG_4881[1].jpg


妙に美味しいパン。



IMG_4871[1].jpg


ガスパチョも食べたし。

先程のパエリヤも。

おなかいっぱいや〜〜〜。


で、、この日、一番私がうなったのは。


シェフがその場で作ってくれる、、

シーザーズサラダ。


またもオーナーさんのうんちくが始まりました。



IMG_4872[1].jpg


材料にも全てこだわりまくり。


他の店で作ってるシーザーズサラダ、あれは

本当のシーザーズサラダではない!と。


うずらの卵、アンチョビ、オリーブオイル、、

クルトンしかり。


どれもしっかり厳選されているそう。



IMG_4878[1].jpg


もちろんパルメジャーノも!!


スゴク丁寧に作ってくれて。。。

美味しくないわけないよね。



IMG_4877[1].jpg


シャキシャキ、レタスと混ぜ合わせて。

生唾、ごっくん。



IMG_4879[1].jpg


これまで食べたシーザーズサラダの中で・・・

やっぱ、一番美味しかったです。



IMG_4886[1].jpg


デザートは6種類。


全部、美味しかったよ。


不思議なネーミング過ぎて書けません(笑)


ああああ。お腹いっぱいだ。


是非、川越のスペインへ!


皆さん、パスポート持って行ってみてください(笑)




笑顔。 [2017年09月06日(Wed)]



笑顔の美しい人っていますよね。


いちばん、その人の芯となるものが出るのが笑顔。

そんな気がします。


きっと笑った顔は誰でも素敵なんだと思うけれど。

見ているだけで心がほこっとしたり。洗われたり。


そんな上質なスマイルを持っている人は、、、

そう、たくさんはいないのかな、とも思います。


私のなかで、その笑顔の美しさではトップクラス?の

トップ中のトップの、、、


オフ会の友人が亡くなったと昨日連絡がありました。


7月に病院にお見舞いに行ったとき。

思ったよりも元気そうだった、とブログに書いたけれど。


状況を考えると、、かなり厳しいのだな、と。

そう、推察せざるをえなかった。


でもね。ちゃんと、ベッドに座ってくれて。

ずっと。一時間以上も。笑顔を向けてくれたんです。


それは無理やりな笑顔ではなく。

自然で。あふれるような美しい笑顔。


この人は、なんて心根の美しい人なんだろう。

わかってはいたけれど。


辛かったり苦しかったりを自分の中に押しとどめて

人を安心させてくれる人はいますが。。。


彼の場合は、、なんだろ。もっともっと大きな。

慈愛のようなものを感じるのです。


本当に「邪」な部分がないのだなあ、と。


だから、、神様に愛されてしまうのだな、と。


初めて会った数年前のオフ会で、、、

歩きながらお話をしたのが初めてです。


山口出身だと私が言うと、、、


東京や他の大きな病院、どこも僕の難しい手術を

やろうとしてくれなかったのに。

ダメもとで駆け込んだ山口の病院の先生が、、、

大丈夫、やりますよ、と言って下さり、

そのおかげで、こうして元気でいる、と。

あの病院のスタッフの皆さんの温かさ、

病室から見える素晴らしい自然に感動して、、

余生は山口で送りたいと思った!と、、


そんな話をしてくださり・・・


山口をそんなふうにホメてくれる人もいないし(笑)

そんな素晴らしい病院があることを初めて知って。

私も嬉しかったことを覚えています。


そして。その時の彼の笑顔は、、わすれられません。


命の重さはね。もちろん誰の命とて同じで。

どの人が重く、どの人が軽いものでもない。


でもね。わたしはね。

彼にはまだまだ生きていてほしかったんです。


自分のためだけではなく、同じ病の皆のために

生きるためのありとあらゆる治療法を模索し、


そのための辛い治療や手術を率先してやり続けた彼に

もっともっと、頑張らせてあげたかった。


その彼の命を懸けての半生をつづったブログのタイトルが


「なおる男」でした。


彼を知るすべての癌の罹患者が、そのタイトルのように

治っていく彼の姿を望んでいたんですよね。


ぼぶさん。お疲れ様でした。


きっと、今、アナタを想い、日本の空の下で

たくさんのファンが泣いていますよ。


貴方のその生きざまと笑顔は絶対に忘れないし。

忘れられない。


昨年、今年とずいぶん、大事な友人たちが

あちらに逝ってしまいました。


本当に寂しいことですけれど、、、

あちらでは、、にぎやかしくやっているのだろうと。


そう思うと、少し、心が落ち着きます。


志の大きい人ほど。器の大きい人ほど。

神様は愛して愛して、求めてしまうのですね。


と、、、出社前に、、、


思いつくままに書いてみました。


読みなおさないので、、変だったらゴメン!



ランウェイを歩く。 [2017年09月05日(Tue)]
21322918_1578358268852496_2115696043_n.jpg



歌舞伎町の

ニューハーフじゃないっすよ。



ファッションショーのランウェイを歩く。


女子としては萌え萌えのイベントでしょうね。

あ、ニューハーフとしてもね♪


イマイチ、盛り上がってなかった私も。

ふたを開ければ、、やっぱし、ノリノリ。


ポーズをつける時のドヤ顔はすごかったと思う(笑)


この一か月で3キロ痩せてしまって、、、


衣装のサイズは当然大丈夫だろう、と

安心しきっていたけれど。


いやはや。とんでもにゃ〜〜。


チャック、しまらない〜。はい、息吸って。

はい、1,2,3!で無理やり、ぎゅううう。


これ、7月ごろの私だったら、入らなかった、、、


でも、、やっぱね。

世間の女子の気持ちがわかりました。


ショーで、、ランウェイを歩くって。


めっちゃ!!!

気分え〜〜〜わ〜!



動画、見る??(笑)


クリックどーぞ。


もいっちょ、オマケに。



恥ずかしながら、この素人丸出しの、、、


両手ブラブラなウォークが、、無念だわん。


この時38℃超えてたから、お許しを(笑)〜〜〜



21362267_1578358222185834_381455261_o[1].jpg


楽屋で、、、毛布にくるまれていても、、


カメラがきたら、笑顔になる(笑)



21361998_1578358325519157_1249326941_o[1].jpg

21330744_1578358495519140_106674369_o[1].jpg


やっぱ、これ。変顔。



21362410_1578358572185799_1993343652_o[1].jpg


2着も着せていただいたのですが。


早着替え、大変でしたわあ!


髪のお花も、肩にかけるシージョもチェンジだし、、

もう、脱いで着て、はずして!って裏では大騒ぎ。


私は要領よく、スタッフの人に甘えて??

花もシージョも付けてもらいましたが、、


お花がまにあわず、一着目の華をそのままつけて

ランウェイ歩いてひとも、、、



21363313_1578358562185800_1976222494_o[1].jpg


一着目は、、ベルベット風な、、、

深いグリーンの、、エレガントな衣装。


まあ、私っぽくはないですが、、

正直、似合ってない気もしますが(笑)



ノリータは写真を見て、これもいいじゃん!

と、誉めてくれました。ホッ。


おおぶりのグリーンの薔薇のお花。


いつもなら絶対つけない位置に付けてみた。

冒険。だって、、、ランウェイだもの(笑)!


顔がデカいからさ〜〜〜。

ちょっと無謀だったかも、、(~_~;)。



thumbnail_1504444765149.jpg


二着目は、、、キターーーーっ!


狂喜乱舞の赤!



thumbnail_1504444866769.jpg


赤い衣装は何年振りだろう!


私ね。棺の中では赤いフラメンコ衣装を着る。

そう、決めているのですっ!



thumbnail_DSC_5271.jpg

thumbnail_DSC_5270.jpg


自分で棺のなかをのぞけないのは残念だけど。

でも、浮遊した霊となって、絶対見たい!


その衣装をずっと探していたけれど、、、

高いしね、、衣装って。なかなか買えない。


でも、その、、イメージ通りの赤い衣装が!!!

このランウェイを歩く、わたしのために、、


見事、用意されるなんて!


これは、、神のおぼしめし?


これ着て、はよ、天国にコイヤ〜〜って?(笑)


テンション上がりまくりました。


皆さん、想像してください。


亡骸となったヨキータを包むこの赤い布きれは、


「あの時の。あのファッションショーのときの。

あの赤い衣装、だったんですよね〜〜。」


ってね。そう、偲んで笑ってくださいよ。


アホちん。だはは(●^o^●)。


一徹先生が、、、歩き終わった私を見て、、


「あ、赤い衣装だったんだ!」


と、びっくりな顔で。


そうよ。今年のグアヒーラの辛い衣装の記憶が。

これで払拭されたわよ!!!!!


やれやれ。。。


決めポーズもなんとか(笑)。


なんせ、ショーの間は鏡で衣装着てる自分見れないし。

どうだったかなんて、、全然わからん。



1504446182476[1].jpg


全て終わって、衣装のまま、客席に行ったのだけど、、


ドキドキですよ、、



1504446166831[1].jpg


ニューハーフショーに見えてなかったかな、と、、


内心、すんごい恐怖だった(笑)



1504446156972[1].jpg


観に来ていたスタジオのみんなの感想は、、、


思ったより、、良かったかも。

てか、優しいだけ?(笑)


タンゴ・デ・グラナダを一緒に踊ったメンバーたち。

久しぶりに会いましたが、、、


大絶賛してくださいました。

めっちゃ、嬉しかったなあ。


「ヨキータさん!すっごくキレイだった!

もう一つのもよかったけど、もう、赤い方が!

ホントすっごく似合っててきれいだった〜〜〜!

めちゃくちゃかっこよかった!

決めポーズもかっこよすぎて!

ホントキレイだった!」


なーんて嬉しいこと言ってくれるのよ。

優しい人たちだ、、(ToT)/~~~泣く。


一緒に一度はいいかも。


ランウェイを歩く!


よい冥土の土産になりました。


お土産がそろそろ両手に持ちきれないほどに(笑)

ありがたや、ありがたや。


プロの方が撮った写真をいただけたら、、、

またアップしますね。


カメラマン見つけて、めっちゃ

カメラ目線になってた自分が怖いわ、、(笑)


キャンディーズの皆さんからもお写真頂きました。


またこちらは明日以降、、、