CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
20年の重み。 [2015年10月30日(Fri)]
20151016_164737.jpg




先日も載せたんだけど。アゲイン。


翌日に、九州に向かう予定の歌さんを拉致して、

この辺の人なら誰でも知ってる「山賊」にお連れしました。



P1011754[1].jpg


P1011756[1].jpg




夜の方が雰囲気があるのですが。


てか、子供の頃はホントにワクワクしたんだよね。


戦国武将がホントに出没してきそうな、、、

圧倒的な威圧感があったのだけど。


火事でお城も焼けて、、、


オトナになった今見たら、、、ケッコウしょぼい(笑)




P1011753[1].jpg




外にコタツがあります。




P1011757[1].jpg




まあ、すごく美味しいわけでもないのですが。


ここに来たら、、、まずは、、、



P1011760[1].jpg




山賊焼きと、山賊おむすび。




20151016_164712.jpg




がぶっりんこ。




P1011759[1].jpg


P1011758[1].jpg




ついでに、山賊うどん。




P1011762[1].jpg




餅入りのぜんざいも、、、




P1011763[1].jpg




私、ぜんざい、お汁粉に目がありません。


餅、にいたっては、普段の食事によく出てきます(笑)。



P1011765[1].jpg




歌之助さんと話をしているうちに、、、


あ、そうか、と。気づいたことが、、、


今回、妹夫婦の病院の設立20周年だったんだけど。


よーーーーく、考えたら。


チベットで歌之助に初めて出会ったのも、、、


20年前であった。



再び、載せてしまう。歌さん、ごめんちゃん!



019 (2).jpg



なんとも、なんとも、、な写真でしょ(笑)。

不思議やーー。



kakashi.jpg



大学生の落研にいた頃の歌之助さん。


ゼミの先生?に行けと言われて、チベットに来てた彼。


そして、実に変なやからが大集合したツアーであった。


私は自分を普通だと、その当時は思っていたのだが。

結局、ワレも、、、とてつもなく変な人間だった(笑)




ji.jpg



ポタラ宮殿!!!


迷路のようでした。



012.jpg



あれからもう、もう、もう、、20年もたったの、、、


・・・20周年やん。


出逢いに乾杯、やん。



あの年の秋に、妹夫婦の病院ができたのかあ。


実際のところ、、、あの頃。

精神的にヤバかったから。


病院設立とか全然、アウト・オブ・眼中だったかも。

記憶に全くない。。。


ノリータさま、ごめんなさい。

全然、なにもお手伝いしてないね。



されど20年。


それぞれの年月の重みを感じますね。


ノリータも、ノリータの旦那さまも。


私も 歌之助さんも。


別々の道を歩いて・・・
 

大切な人に出会ったり別れたり。

泣いたり笑ったり、踏ん張ったり、絶望したりで。


そしてまたこうして道が交差して、同じ時間を過ごしている。


ちょっと幅が拡がって、少し大人になった面々がいる。


人生ってすごいよね!


20周年記念イベント、うちらもやりたいよね、とか

歌さんと話していてね。


いろいろ妄想しているんだけどね。


みんな、年取ったから温泉もいいし(笑)。


チベットに再び大集合、てのもすごいカッチョエーけど、


無理やなー(笑)


それに、もう、あそこは中国になっちゃったしね。



darai.jpg



ダライ・ラマ14世。


もう、写真すら焼き捨てられているんだろうな。


うん。いい時に行ったと思う。チベット。

行くべき時にね。


95歳になるシズコちゃんにも会いたいしなあ。

皆で集まりたいなあ。


20年て、、あーーーっという間だよね。


ホンマ、いろんなことあったよなー。


今もなお、絆が深まり、

いい刺激を与え合っているなんて、奇跡だね。


人生の四分の一をシェアしてるってね。


感動だね(●^o^●)。


そういや、、、最後に、、、


歌之助さんに、鮨屋で言われた衝撃のひとこと


「この姉妹、相当な天然ですよっ!」


と、、、ノリータ夫に絶叫してたな。。。



そうか、、、





旨いのう。 [2015年10月29日(Thu)]
P1011696[1].jpg



川のある街は美しいと思う。


暮れなずむ川のほとり。


この日もやはり見惚れてしまいました☆


車を走らせ、打ち上げ会場へ〜♪


歌之助さん&末次先生ご夫妻をお連れして、、、


私も超久しぶりなお鮨屋さんへ。




P1011703[1].jpg




外から見えるのは、、懐かしの大将。


この鮨屋は、超偶然にも一徹先生ご家族も行きつけで。


たまたま帰省が同時期だった際に、ヨキータもおいでよ、と。

ここで、ごちそうになったことがあります♪


(#^.^#)。食べるぞ^^^



P1011704[1].jpg




歌之助さんのおかげで〜す。




P1011711[1].jpg




フグ刺しだあ〜!


アンキモつぶしたポン酢でいただくとなお旨い。




P1011714[1].jpg




最高だすー。




P1011713[1].jpg




そして、、蟹、かに、、




P1011705[1].jpg




お疲れさま、の乾杯と♪


20周年おめでとうっ、の乾杯です。




P1011719[1].jpg




大将の作った、カマスの一夜干し。




P1011718[1].jpg




フグのアラのから揚げなり〜〜〜。


うますぎてかなわんなー。



P1011712[1].jpg


P1011720[1].jpg




うー。この秋、食べたくってしょうがなかったのが


これ。土瓶蒸し。


泣きそー。




P1011721[1].jpg




疲れた身体に、、


しみわたるわさ。。。



P1011724[1].jpg




美味しい冷酒。


一口だけ!いただきました。




P1011725[1].jpg


P1011734[1].jpg




そして、大将ご自慢の、、、「自家製カラスミ」!


ホントに美味しい〜〜〜。


酒が飲める身体なら〜〜〜。


これでガンガンいっちゃうのに、、、


(>_<)。くそ、、、




P1011726[1].jpg




内容は書きませんが、、、


いろいろ盛り上がりました(●^o^●)



さあ、ここからお鮨を流していきます。




P1011727[1].jpg




地元の穴子。


タレでいただきます。




P1011728[1].jpg




フレッシュな烏賊、レモンしゅっ!




P1011730[1].jpg




雲丹だすーーー。




P1011731[1].jpg


P1011729[1].jpg




大好きなネギーーー。


塩だけでいただきます。




P1011732[1].jpg



いわし。


いいね。ひかりもの☆


あ、、、トロの写真撮るの忘れた(笑)。



P1011737[1].jpg




楽しい時間を過ごしました。


皆さん、お疲れさま!


お気づきの方もいらっしゃると思いますが。



はい。私はこの日、、、


ただ食べて飲んで、笑っていただけで〜す(笑)


てへっ。(#^.^#)




また会う日まで☆ [2015年10月28日(Wed)]
P1011679[1].jpg



見事、抽選会で大当たりのおじいちゃま。


商品を手に、歌之助さんとツーショット。



そうなんです。盛り上がった高座のあとには

お楽しみ抽選会がありましたが。


長くなってきたのでそこは割愛させていただきやす。



皆さんに喜んでいただけてよかったですね。


笑顔、笑顔のお見送りです。



P1011664[1].jpg




おおきにだすーーーーつ。



P1011669[1].jpg




まあ、手がこんなときに、、、


よくぞ来てくれはりましたなー。



P1011670[1].jpg




歌之助さあーーーん。


また、岩国、きてえやあ〜〜〜〜っ。



P1011665[1].jpg




末次先生も大人気です。



P1011668[1].jpg


P1011676[1].jpg




皆さん、とってもいい笑顔ですよねっ。


後日談。


翌日、病院にも顔を出した歌之助さんですが。


リハビリの方に顔を出したら、


大人気だったそうですよ〜(笑)


「あら、着物より洋服の方がいい男!!!」


って、、、あははは、(●^o^●)。



P1011686[1].jpg




最後の最後、職員さん達とも記念撮影。


ピンボケで申し訳ない。



P1011689[1].jpg




いい仕事した後は、皆さん、表情が素敵っすね。



P1011692[1].jpg



きゃーーーっ。



P1011690[1].jpg



あはーーーーーっ。



P1011691[1].jpg




桂歌之助&、、、喜び組〜(●^o^●)(笑)



P1011694[1].jpg


P1011693[1].jpg




さあっ。



このあとは、、、


打ち上げに向かいます。


おなか、すいたーーーーーっ。


って、感じで、、、(笑)。





伝わるもの [2015年10月27日(Tue)]
IMG_2892[1].jpg



そうそう。


職員のきのちゃんが一眼レフでね。

歌之助さんの凛々しい姿をたくさん撮ってくれているので

今日はそれをたくさん載せようかな。



同じ表情が一つとてありません。

プロの仕事って、つくづくスゴイです!


「はてなの茶碗」と「時うどん」、


写真は順不同のメチャクチャですが(笑)。



↓  ↓  ↓  ↓




IMG_2975.JPG

IMG_2995.JPG

IMG_2976.JPG

IMG_2973.JPG

IMG_2952.JPG

IMG_2955.JPG

IMG_2917.JPG

IMG_2919.JPG

IMG_2945.JPG




そうそう。前前回?も書きましたが。


今回、手話通訳が入っていまして。




P1011631[1].jpg




小噺含めた「まくら」の部分。そして落語2席。

正味1時間てとこでしょうか。


全てに手話通訳が入りました。


すごいっ!


なんでそんなことできるの、、、



てか、どこまで伝えられているのか全然わからないが、、

交代で入れ替わるのだってすごいよ。

だって、その変わり目って、、、どうなってんのか、、


この日、聴覚障害のある方が数人いらしていましたが、、、

高座の感想も残されたそうです。


驚くべきことに!!!!


落語がとても楽しめた、と。


えーーーーーっ、(@_@;)!!!


楽しめたの???


そんなの、奇跡、、、と、マジで驚いたのですけど。



手話通訳の人もアッパレだけれど、、、


そう感想を残された方たちの、イメージ力、想像する力の素晴らしさ。


そして、集中力!!!


そっちに私は感動してしまいました。


楽しもうと思わなければ絶対に、落語の面白さは伝わりません。


これは聴こえてようと聴こえまいと、そう変わらないと思う。


噺家さんの紡ぎだす物語のなかに、、、

入って行こうと想う気持ちがなければ、全然楽しめない!


だから、すごいと思うんです。


貪欲に聴き入ろうとした彼らと、手話通訳の方の実力と、そして、

その世界を創りだした歌之助さん、


みんなの力がそういう「場」を作り上げたんだね。


奇跡やーーーー。(●^o^●)!!!



でもね。ここで思い出したのだけど。


イタリア落語の時もそうだった。


2008年のね。ミラノで行った彼の高座。


歌之助さんのイタリア語による落語。

付け焼刃でしかなかったあのイタリア語。


でも。イタリアーノは、、、


イタリア人は、、、ちゃんと聴こうとしてくれた。


異国のストーリーテラーのちょいおかしなイタリア語に。

コメディなのか、語り部なのか(笑)よくわからん世界に。


耳をしっかり傾けてくれた。

惜しみなく拍手をくださった。


異国の文化を知ろう、とする彼らの貪欲さに

さーすが、文化の大国!と、、、


それだけでも私は感動しまくったのですが。


一番ビビったのは、、、


次に、歌さんが日本語で本来の落語を始めたときです。


2015年10月15日。市民会館。まさに、この風景と一緒。


聴覚障害の方たちが、、、

歌之助さんの放つ言葉が理解できないように。


イタリア人が日本語を理解することはないのに!


長丁場にもかかわらず。


すんごーく真剣に聴き入ってくれたんです。


私はカーテンごしにこっそりその表情を観ていましたが。

150人ぐらいのイタリア人の真剣な顔、顔、顔。


歌之助さんのイタリア語落語の時はね、

まあ、よくやったじゃないか、ぐらいの賛美ですけど。


日本語の落語、となると事情が変わります。


日本の誇る文化ですから!


歌さんの顔つきも声もガラッと変わったんでしょうね。

イタリア人ならその違いがきっとわかるはず!


その場の「気」が一変したんだと思うのです。


誰も帰ることなく、きちんと聴いて。

きちんと拍手をくださり。


チップを置いて帰って下さいました。


さすが、イターリア!懐深いわ〜〜〜!



そう、その時の事をね、、思い出しちゃったわけです。



本物は、、、伝わる、んだよね。

言葉でなく。なにか、伝わるものがある。


当時の感動は、当時のブログの方がうまく表現されているので

こちらを是非読んでください。





https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/200810/08


あ〜、あの時は、一瞬一瞬が輝いていたなあ。


現実は夜逃げ寸前のギリギリの精神状態だったけど(笑)。


苦しみから逃れる方を選ぶか。

苦しみから何かを生みだす方を望むか。


人それぞれだし、誰しもがそんな究極の選択を

強いられるわけでもないです。


今どき、シンドイだけのエコとは言えない人生を歩む必要もない。


でも、確かにこの時、私は絶対的に生きていました。


身体は瀕死でも!


この感覚があるから、今でもかろうじて生きていられます(笑)。


やけくそになりそでも。



ついでに日伊文化交流協会で紹介くださった時の記事ですぅ。

なんだか、妙に思い出してしまったわーーー。





http://blog.goo.ne.jp/bella_spiga/e/1065e5a3cc04a76b970dcfa5b850f358




昨日の「プロフェッショナル〜仕事の流儀」スペシャル。


これ見ていて、、、


すごいっ!と改めて鳥肌たちまくりの、、、


坂東玉三郎。


彼の一言一句は、、、


誰も説明してくれない、私の日々の悶々に、、

全て答えてくれているかのように、凄味がありました。


子供のころから、この人はスゴイ。一番すごい。と思ってたが。


今、こうして私の細胞を納得させる存在であることに

深くうなづくヨキータでした。


うん。ここでも、実は言葉ではなく。


生きざまとか、立ち姿の一つ一つの美しさが。


私にいろんなことを伝えてくれたような気がします。


うんとこさ、話はそれましたが。


歌之助さんん、しかり。


プロフェッショナル、仕事の流儀。




大笑い。 [2015年10月26日(Mon)]
IMG_2831[1].jpg



そういえば、、、


余談なんですが。



会場では何人かの患者さんに声をかけられました。


最初、ちょっと遠慮がちに、ですが、、、



「オタク、事務長(ノリータ)さんにとてもよく似てらっしゃるけど。」


「ひょっとして、、、事務長の妹さん?」


この質問です。毎回(笑)。


皆さんの想像は当たりのようなハズレのような(笑)。


普段から、大抵、そういう風に見られますが、、、


時々、「はい。そうです。」と、間違えて返事してしまう(笑)

(^◇^)はは、、、


もう、どっちゃでもいいか、って(笑)。

世話になっとるの、私のほうやし〜〜〜♪



さて。前回の続き。


桂歌之助さんの高座が始まります。


で、彼の登場ですが。


会場の構造上、下手からも上手からも登場できず(笑)。


・・・堂々と、入り口のドアーを開けて。


ど真ん中を通って、ステージへ上がる、という形に。


異例な感じですが、、、




DSC_2573[1].jpg




こんな感じ。(笑)




DSC_2574[1].jpg




お客さんたちには好評で、、、

なぜか黄色い歓声が上がりました〜(笑)



「こっちから出てきちゃったわあ。(出てきはっタワー)」



綾小路きみまろ状態だったなーーーっ。



IMG_2837[1].jpg




大人気です〜〜〜。


てか、若い兄さんみるだけで、高齢者、興奮てか?


(●^o^●)


(まあ、なんて失礼なことを、、、)




IMG_2844[1].jpg


IMG_2850[1].jpg




岩国の人にとって落語はあまり縁がありません。


テレビやラジオでたま〜〜〜に聴く程度。

ほぼ、初めて、の方が多いのです。


歌之助さんも、その辺はしっかり考慮してくれているので

こちらが何を言わずとも、安心して聴いていられます。


わかりやすい、小噺をたくさん。それこそきみまろ?



P1011634[1].jpg

IMG_2856[1].jpg

IMG_2878[1].jpg



もう一つ一つが面白くって、会場内、大爆笑です。


めずらしく、うちの母親が、、、

大口開けてガハガハ笑っておりました(●^o^●)。



IMG_2874[1].jpg

IMG_2888[1].jpg

IMG_2880[1].jpg



ホント、オモロイんだもん。。




IMG_2881[1].jpg

IMG_2877[1].jpg

P1011624[1].jpg



患者さんたち、身体をゆらして〜。


お口を押さえてるひとも、押さえてないひとも(笑)




P1011614[1].jpg



高笑い、大笑い、、、


ヒトの笑う顔って、、、見てるだけで幸せになるよね。




P1011623[1].jpg

P1011612[1].jpg



お祝いの席、ということで、、、

歌さん、大サービスで二席もやってくれました。


これまたシンプルで、かつ面白い古典、


「時うどん」と、「はてなの茶碗」


私も大好きな噺です〜♪


思わずホロッとしたり。時には涙あふれる人情噺がいい。


長屋噺が多いこともあるけど。


ヒトの可笑しさ、ヒトが繋がることの楽しさ、滑稽さ。

そういうのが伝わってとても心地いい。


では、この続きは、、また明日に☆




花嫁 [2015年10月25日(Sun)]
2015petenera[2].jpg




「求めたのは、愛。ただ、それだけ。」



石井智子が、運命の女ペテネーラに再び化身する。



石井智子スペイン舞踊団公演「ラ・ペテネーラ」

シアター1010(北千住)




ストーリー仕立てになっているらしい、

フラメンコのミュージカル『ラ・ペテネーラ』。



スペイン・アンダルシア 地方の小さな村に実在した

「ペテネーラ」という美しいジ プシーの踊り手のお話。



そして…。ゲスト出演の一徹先生のお役は…



ペネテーラから愛する人を奪った…花嫁ロサ〜( ・∇・)。


先生、レッスンやりながらのハードな練習で…


体力の限界だったのでは…。



が。先生のFacebookには…。



「きゃ〜(≧∇≦)。フンコにお姫様ダッコされた〜〜!」



という花嫁ロサの雄叫びが〜〜(笑)。


お稽古で…そういう振り付けになったのでしょう♪


フンコさんはスペイン人にしてはデカイからな〜。



良かったね〜(≧∇≦)。先生♪


あれからずっとゴキゲンです。



年甲斐もない花嫁でごめんよ、だなんてメールが来たが。


「なんの!あと40年はこの役いけまっせ。」



と、返信したら喜んでました〜( ・∇・)〜。


単純…なとこがいいところ♪(*^^*)




今夜、見に行きます〜(≧∇≦)。




実は…。魔の金曜日…。



朝から発熱してしまい…( TДT)…


会社休んでしまった。



ずっと下がらず…。でもね。疲れもあるんだと思う。


ひたすら寝た〜。うなされながらも…。


夜、ようやく起きて…。玉子とじうどん食べました♪



痛みはないから、炎症も強くないし。


何とか今日は観に行けそう〜( ・∇・)。



夢のなかで…。ビックリだけど。


私も先生と同じ舞台に出ていたよ〜(≧∇≦)。



フンコにはダッコされなかったけどさ(笑)。




行ってきます〜。





元気に長生き!楽しい老後! [2015年10月23日(Fri)]
IMG_2742.JPG




「元気に長生き!楽しい老後!」



これ、、、今や宝くじあたるぐらい難しくないですか、、、


ヨキータ、そう思います!!!



IMG_2629.JPG





まずば、、、遠目に院長先生の挨拶シーンをば、、、


念入りに挨拶の練習をしていた彼ですが、、、


患者さんに感謝の意をあわらすうちに、、、


20年の年月が。


走馬灯のように、様々な記憶が去来したのでしょうね。


感極まって涙ぐむ姿に、私もジ〜〜〜ンとしました。


院長先生、器用なひとではないけど、

医療に関しては絶対に手抜きをしない完璧主義のひと。


いつも患者さんのことだけを考えていて。


ハードな診療のあと、夜中、ひどいときは明るくなるまで

カルテや紹介状を書く時間にあてていると聞きます。


ヒトに天職、というものがあるのなら、

彼の天職、は間違いなく!今のお仕事です。


そんな院長先生、つまりノリータのご主人様の、、、

中学校時代からの大親友だという末次先生の講演です。



P1011576[1].jpg


P1011579[1].jpg




「元気に長生き! 楽しい老後!」をテーマとして、


簡単で即実践できる食事のノウハウを患者の皆さんに伝授。


右端に映っておられるのは、手話通訳のかた。


なんと、この日すべてに手話通訳が入りました。

講演だけではありません!


驚いたことに!落語にまでついた!!!


絶対、無理だろ、と思ったんだけど。


あんな複雑な噺についていけるのか、とか。

噺の面白みが伝わるのかな、、とか。


びっくりポン!です。


ノリータ夫婦の病院では、、、


聴覚障害のあるかたのために、皆で手話を習っていて

もちろんノリータも手話を使います。


たくさんの職員が手話を使えることは、

聴覚障害の患者さんにとって、どれほどの安心感に繋がるか。


ものすごいソフトパワーだと思います。




P1011608[1].jpg




末次先生、とっても気さくでとても柔らかなイメージを受ける

素敵な内科医の先生なのですが。


ノリータ情報によると、御自分も実は癌を罹患されておられます。


筋肉の癌を患い、今、どちらかの足が義足なのだそう。

見た目には全くわかりません。


そんな経験を踏まえて、ご自分で確信された食生活。

一人でも多くの方に伝えたいと思う一念で、

今も全国を回り講演されているのですよ。


それもボランティアで!先生は勤務医ですので、、、

お休みを使って活動されているそうです。

頭が下がりますね。




IMG_2656.JPG



講演自体も、お年寄りにも実にわかりやすいもので、、、


高齢者が興味を持ちそうなネタや写真など、パワポを使い、

デッカーーーく視覚的に攻める。



てことで、、、じゃんじゃん写真を流していきましょうか。




P1011589[1].jpg



オモロイでんな〜〜〜。

うまいこといいますなあ。


さすがサラリーマン川柳。



P1011591[1].jpg

P1011592[1].jpg




ここ大事(笑)




P1011593[1].jpg



朝ご飯シリーズ。




P1011595[1].jpg




野際陽子さんの朝食です。


80近いお年とは思えないですよね。

あの凛としたカッコよさ。



P1011599[1].jpg



これは、、、




P1011598[1].jpg




なんと。昭和天皇の〜( ・∇・)〜。


ブレックファースト〜だそう。





P1011600[1].jpg



三浦雄一郎さんと加山雄三さん。




P1011603[1].jpg




なんつーても、80歳でエベレスト登頂ですからねーー!


取り込むエネルギー量も…

普通の人とは比較にならないでしょうけど…。



P1011602[1].jpg




加山雄三さんの朝食。




P1011601[1].jpg




むむっ。すごい。




P1011594[1].jpg

P1011604[1].jpg

P1011605[1].jpg



これは、納得。




P1011606[1].jpg

IMG_2767.JPG




患者さんもメモを取りながら、、、




IMG_2754.JPG




切実な問題だからねええ。


アッというまの一時間の講演でした。




おめでとうございますっ!! [2015年10月22日(Thu)]
IMG[1].jpg




ノリータ夫婦の整形外科!


晴れて開院20年。。。


おめでとうございますっ。



(^^)/~~~。ばんざーい、ばんざーい。



めでたいですね☆



そろそろ、ブログにアップしなきゃー。


忘れちゃいそうだっ!!!(笑)




IMG_2744[1].jpg




会場にお花がきれいに生けられていました。


この日、患者さんが、150人近く来場。

記念イベントは二本立て。


2日で、チケット予約は座席分完了だったとか。


すごい、、、




P1011569[1].jpg

IMG_2550[1].jpg



病院の職員さんたち、息もピッタリ。

こういったイベントにはすっかり慣れてしまったようで(笑)。


時間をかけて、綿密なミーティングを繰り返し、準備を進め。

ようやく、ハレの日を迎えました。




P1011573[1].jpg

P1011570[1].jpg

P1011557[1].jpg




おそろいのTシャツを着た笑顔の素敵な職員さんたち、、


ノリータ事務長の号令のもと、動く動く、、、



P1011565[1].jpg

P1011568[1].jpg



気持ちのよいアッパレな働きぶりに、本当に驚きまくりです。




P1011559[1].jpg



全国探してもなかなかこのレベルはないよねー(笑)。


これには、歌之助さんも、素晴らしいと絶賛です。


団結力と熱と、人柄の良さと、、笑顔がいいですね。



私のワガママで、、、勝手に企画してしまった、

二年前の「祈り〜サムシンググレートとの対話」上映会&高座 




https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/1115




あの時もそうだったんだけどね。(●^o^●)


自分はずっと入院してるくせにさ〜。

多忙な職員さんたちに仕事を割り振っていたという、、、


今更ながら申し訳ない、、、


ますます、彼女らの動きは洗練されていて。


どっかのテレビ番組制作会社かと思っちゃうよ(笑)



「どっかで見たことある顔が〜〜〜。」


ふら〜〜っとあらわれたアタクシの姿を見て歌さんが、、(笑)


はは。手伝いもしないのに現れちゃった。(笑)(^_^;)



歌さんて、ホントすごいと思ったのは、、


職員さんの一人に、、突然、、、


「今回はガングロ、やらないんですか?」 と、、


一瞬、みんな、???だったんだけど、、、あっ!アレか!!!





これ読んだらわかるっ。


https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/201304/08



自分のブログながら、今、読んでて爆笑したぜ(●^o^●)


おもろすぎるーーーー。この人たちーーー。


歌さん、よっく覚えてるなーーー。さすが。

って、ありゃ、忘れられないか、、、(爆)


そう、ほとんどの職員さんにとって、歌之助さんは二度目。

再会なんです!


みんな、すっかり歌さんのファンですーーーっ(^◇^)




P1011560[1].jpg



会場の準備を始めたのが、、開演の2時間前です。


なのに、、、




P1011561[1].jpg



えーーーー。\(◎o◎)/!???


なに、なに、この後ろ姿はーーーー???



P1011556[1].jpg



、、おっどろいたのですが、、、


もう、、、ロビーは満員ですうううう(笑)\(◎o◎)/!




IMG_2590[1].jpg



二時間前ですよーーー!


まだ始まんないんですよー。


ナニ、集まってるんですかーーーっ!!!?





IMG_2552[1].jpg




この日を楽しみにされていたという、

お年寄りの患者さんたちの御一行さまが、、、


ロビーを占拠、陣取ってらっしゃいました、、、すごい、、


ノリータ曰く、、、


「毎日これだよ。開院の2時間前に行列っすーーー。」



ノリータは早朝から並んでらっしゃる高齢者にお茶出してます。

ひゃーーーっ。


毎朝、そんな早くから並ぶの、、、\(◎o◎)/!


だから、このイベントも、、これだけ楽しみにしているのか、、、


というわけで、、


笑顔たくさん、賑やかしく!


期待の渦の中で始まった、、、



大谷整形外科!「20周年記念」。



ちょっとずつ、アップしていきますね。






厚みも価格も3倍。カルビー「高級ポテチ」 [2015年10月21日(Wed)]
DSC_2582[1].jpg




じゃーーーーーんっ。



さあ、これは、な〜〜〜んだ???


(●^o^●)ふふふ。



厚みも価格も3倍。


それは、、、



カルビー「高級ポテチ」!!!


カルビーと阪急阪神百貨店が共同開発した!!!


高級ポテトチップス「グランカルビー」!!!


歌之助さんが、この度の20周年記念イベントに際して、、、

おおっきな袋を提げたサンタクロース状態でやって来た。


何が入ってるんだ、、、と思いきや。



この、、、限定販売の「グランカルビー」。


ノリータが、抽選会の商品にしたいので、、、

大阪ならではの面白いものをお願いします!と、


頼んだのですが、、、


さすがは、歌さん。いいじゃん、いいじゃん。

限定販売のグランカルビー!


大阪の落語家さん。洒落てますなーーー。


(関係ない??)(笑)



DSC_2586[1].jpg




大阪でないと、なかなかその存在を知らないもんだよね。


それをお客様さまへの抽選用の商品として、そして

私とノリータにまで、、、


お土産で持ってきてくれるなんて、、、(泣)


すぐ食べるのもなんだし、、こーゆう限定ものに目がない、

会社の連中にもおすそ分けすっか、と、、、


さっそく、会社に持参して開けてみた。


カルビー、普段食べているものとは段違いな包装。


すごい、すごい、と、皆で箱を写メる、、、(笑)。



DSC_2584[1].jpg




まるで結婚発表の記者会見のようなカメラが、、(#^.^#)、、


みんなで山分けだ〜。


10月からはポテトクリスプのタイプらしい。



濃厚バター味! 


クリームチーズ&モッツァレラのチーズ味。


バーニャカウダ味!!!




DSC_2588[1].jpg




超、超、超×百倍、、、



うっめーーーーんだけど!!!



\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!


な、な、なにこれ、、、



さっそく、皆でネットチェック。



阪急うめだ本店のみで販売されているらしい!!!


グランカルビーの極厚ポテトチップス「ポテトクリスプ」 は、

発売後1年ほどたった今も朝から行列ができるそうです!



カルビーかじりながら大騒ぎしてるウチらの後ろで、、、


一人冷静な、、、大阪出身の旦那様のいるMちゃんが、、、


「私、それ、いつも買いに行きます。お土産用に☆」


えーーーーーっ。それ、早く言って〜(笑)。


彼女は、大阪のご主人の実家に帰ると、、、

毎回、並びに阪急に行くのだそう。


朝早く並んで整理券をゲットし、、、


2時から3時までここに来てください、と言われ。


またそこで並ばされる。。。そうです。



「アトラクションに乗る感覚ですよ。」


だって〜〜〜〜。無理無理〜〜〜。



歌之助さん、、、まさか、まさか、まさか、、、



並んでたりはしないでしょう???


申し訳なさすぎます。。。


きっと、何かのコネがあるんでしょ?



本当に本当に感激のグランカルビでした。


ごちそうさまでした(●^o^●)。


(ここ、一応歌さんへのメッセージ)(笑)。



キットカットも、カルビーも、、、


商売上手いよな、、、



限定販売にとにかく、女は弱いッス、、、




私の!外来の日。 [2015年10月20日(Tue)]
20151020_110638.jpg




今日は、、外来診察でした〜〜。


母親のじゃないよ、私のだよ(笑)!



レッスンの音声を撮ってるレコーダーの中を整理しながら、、、

1時間待ちしたよ〜(≧∇≦)。


アンへル・ムニョスのクルシージョに聴きいって、

熱くなってきた〜(≧∇≦)!なつかし〜♪


採血の結果もまあまあ。


肝臓の数値、少し高め、、、


MRI検査の結果も現状維持、とのこと。


ホッとしました…(;゜∀゜)…



「川島なおみさんの件があって、周りに随分心配されましたよ〜。」


と、先生に言ったら…



「あのケースより、もっと難しいです。

ヨキータさんの場合は普通の人と違って、

癌細胞を見つけるための絶対的な検査がないですから。」


と…(・o・)。


私の胆管は、高麗人参状態だからね。。。


そう、前回のは…主治医の動物的な勘でした…。


あのオチャラケ主治医がしつこく、検査、検査と言わなければ。


嫌がる私を何度も入院させなければ、、、


今頃、私はいなかったかも、、、


改めて、サンキュー!だよね、、、


大腸がちょっと気になるところですが。

今のイケメン若先生に寄れば、、、


「三年前の大腸検査、ものすごく腸がキレイだったので

まず大丈夫だと思うけど、、、

調子が悪いと思えば、その時検査しましょう。」、って。



とりあえずは…。よかったです。


2015年末を楽しむぞ〜(≧∇≦)。



| 次へ