CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
まごころ [2015年06月30日(Tue)]
てんのう.jpg



「天皇の料理番」



佳境ですね。見てますか、、、


意外に見てる人少ないかも、、、、


と、その前に、、


やっぱり、最近眠りが浅いのです。

(>_<)。なんでだろ、、、


0時すぎに就寝。


寝つきはすこぶるいいんです。

枕に後ろ頭がついた途端、多分寝てる(笑)。


が。午前2時に目が覚め。

5時に目が覚め。


まあ、起きたといっても、目を閉じると、

またあっという間に寝ちゃうから。


つまりはすごく眠りが浅い?

やれやれ、、、


今夜は久しぶりの西口プロレスだしっ!

フラフラしてちゃ、大変だあ〜。


今回はすごいよ。


西プロに連れてってー、と。

私も私も〜〜〜っと、と。


笑いを必要としてる?賛同者が増えまして、、、


総勢8名で!新宿歌舞伎町へ行って参ります(笑)。


・・・ドリンク剤補給して、元気出さねば。



さて、、、ドラマ「天皇の料理番」!


「かぶきもの前田慶次」に続いて、、、


書かずにはいられない、今期の名作ドラマ。

ま、普通に面白いだけじゃ、ブログなんかにゃ書きません(笑)。


私的に、これは久々にテレビドラマも捨てたもんじゃない、と

感心したスグレモノの2作なんです。


実話自体の面白さももちろんあるでしょうが。


やはり、いい演出があっていい脚本があって、、、

それに息を吹き込む役者が死んだような演技してたんじゃ


うちら視聴者の心は動かせませんっ!!!


まず、主役のサトウタケル!!!


佐藤健さんが、すごい。


この人、こんなに巧い役者だったっけ、と驚き、、、


そういや、福山雅治主演、大河ドラマ「龍馬伝」では、、、

すんごくいい弟分やってたよなーーーーっ。


そうだそうだ、あの時も、めっちゃ光ってた。

なんだ、この子、、、

ロッテ フィッツのCM だけじゃなかったのか!


かむンとフニャンフニャン

フニャンニャニャンフニャン

かむンとフニャンフニャン

フニャンニャニャン

かむとやわらかロッテのフィッツ フィッツ♪


って、、、(笑)

わけのわからんダンス踊ってるだけじゃなかった(笑)。



「るろうに剣心」もヒットしてるもんね。


彼が演じるのは、それこそ「天皇の料理番」として、

明治から昭和という激動の時代を生き抜いた料理人。

秋山徳蔵氏!


彼が頑張る原動力となったのは

一家の自慢であり、優秀だった兄さんだったのだが。


結核を患いやせ細っていく、という役柄のために

兄役を演じた鈴木亮平さんはなんと!

20キロ落としたという。ガリガリ、、骨と皮〜。


そこまでする?と思っていたんだけど。


あの演技を見たら、、、


納得でごぜえやす、、、と土下座したくなりますだ。


あの「兄」の熱演がなければ。

ここまでドラマに入れなかったかも。


「は、いい〜〜!」のバカ返事とともに、

いつもどこでも、全力疾走で走る主人公の姿。


不器用で短気な田舎者。


だけど、まごころを忘れない。


だから、周りの人々を巻き込むパワーをもち。

やがては親もビックリの仕事を成し遂げる。


まごころ、ほど人の心をうつものは

この世にないのでしょう。


まごころ、を演じるのはだから難しい。

サトウタケル氏は見事に「まごころ」を演じています。


母親にも、是非見てよ、と根気よく勧めて。

7回目ぐらいから見ているようですが。


毎回、号泣している様子。

「かぶきもの慶次」の時もそうだった。


いつか、DVDも買って全部見せてあげたい。


少しでもこんな風に。

心を震わせることを経験させたい。


感動する感覚をずっと持ち続けてほしいと思う。


年齢に関係なく、、、


私たちはアンテナをはってさえいれば!


死ぬまでずっと、変容していける存在だから!


とかいって。


最近、自分が真心に欠けるな、、、と思う瞬間ありあり。


ほんと、、、意地悪だな、って、、(^_^;)。


性悪、なのよーーーん。





香りに癒されて [2015年06月29日(Mon)]
150629_112806.jpg




ため息交じりの週初め。


月曜日はいつもだるい、、、


パソコンに向かう目も死んでいる、、(笑)。


すると、、


どこからか漂ってくるハワイな香り!!


なぜっ。



「ハワイの香りがするんだけどっ!!!」


と叫んだ私に、、、



一番遠〜〜〜くのデスクの友人が、、、


「な、な、なんでわかるのよっ。こわっ!」



彼女曰く。今、こっそり、

ハワイへの機内で買った「練り香水」のふたを開けたらしい。


でも、とても軽い香りだから、絶対バレナイと思ったのに、と。


そう、、、私の嗅覚、けっこう動物並です。


DIPTYQUE(ディプティック)の、

ソリッドパフューム ドソン(DO SON)というんだって。


高そうだ、、、


少し手首につけてもらって、、、)^o^(。


ハワイの香りに包まれて、今、幸せ!


あ〜〜〜〜っ。


ハワイ、行きてえええ、、、、



お仕置きにゃ〜〜ん。 [2015年06月27日(Sat)]
gomen.jpg




友達が飼い始めた子猫のギンちゃん。


いたずらをしちゃったので。


こんな可愛いお仕置きバスを作ったらしい。


「許してにゃ〜〜〜ん。」



ちなみに、、、いつもお世話になっている

フラメンコギターの巨匠、山崎まさしさんから


譲り受けた子猫ちゃんです(●^o^●)。




みんなおばあちゃんになる。 [2015年06月26日(Fri)]
11267318_943729432315386_508394372_n.jpg




あーん。。。


この写真を撮ったのはたった一ヶ月ちょいまえだよーーー。


なのに、、、

別れは突然やってきそうです、、、(泣)。


今朝、NHKの朝イチに往年のインテリ女優、岸恵子さんが

ゲストに出ていました。


年齢は今年83歳、ですと。

レーコタンたちとまさに同世代。


変わらないし、まだまだ女性の香りがぷんぷん、、、

そこらへんのケツノアオイ若い女の子と比べたら


全然、岸恵子さん、勝っちゃいますなーーー。


すごいな。


ある意味、われらがレーコタンも、、、


女をキープしてる現役感たっぷり。


ただ、岸恵子、ではなく、ソフィア・ローレン(笑)。


そんな賢くて表面的な美しさだけでなく、

内面の美を持ち得るひとたちが、、、


ここまでよ、と決めた引退は、

うちらがわめこうが、泣こうが、デモ行進しようが、、、


なんか、、、もう次元がちがうね(笑)。


潔さ、ってことかなあ。

カッコ良すぎっすよ、、、レーコタンたち。


昨日、レッスンが始まる前に、、、

一徹先生にちょっと、お耳に入れといたんだ。


7月に入ったら、、、二人が挨拶に来ると思う、と。


言いながら、もう私の涙腺は、、、


はずかしながら涙がぽたぽた、、、


一徹先生は、、、特に何も答えず。

うん、うん、と発しただけ。


ちょいと、目がうるんでいたけれど。

そりゃ、万感極まるものもあるのでは、と推測。


私よりさらに二人の面倒見てる時間が長いしね。


最初、シルバークラスにいた彼女たちだけど、、、


うちらのクラスが異常に少なくなって、

シルバーもどんどん減って、、、


ある日、合体してしまったところから始まった(笑)。


あのころ、まだショッピングプラザのカルチャーだったから、

あり得た話なんだけどね(笑)。


そうそう、昨日、レッスン前に

アツコさんからは丁寧にメールが届いたんです。


皆さんのおかげでここまでやってこられた、

感謝の気持ちでいっぱいです、みたいな感じのメール。


でも、、、まだホントはやりたいみたいで。


やむにやまれず、、、

レーコタンの引退宣言におともする形になった様子。


「新しいことをまだまだ学んでいきたいのですが。」


と。書いてあったのよーーーー。すごくないすか?

それならば、是非、と思ったけど、、、


きっと、、、決意は変わらぬはず。


ここ数週間、ゲッソリやつれていく様子には

私もカメ子さんも気づいていた。


きっとしんどいんだろうな、って。


ノリータに言ったら、、、


「あんな、超難しい足、、きっと、負担だったんだよ。

あれが、もっと簡単な曲だったら、話は変わってくるよね。」


うん、、、そのとおりだ。


うちら、これでも毎年、進化し続けてるから、、、

どんどん曲も難解になってきてる。


かといって、誰ができてるか、っつうたら

誰もできてないんだよ。


でも、アツコさんは、、、覚えようとしていた。

誰よりも必死でくらいついてた、と思う。


だから、しんどかったんだ(泣)。


カメ子さんと、昨夜メールの応酬。


彼女もさすがに感極まるものがあり、、、

レッスン中に泣きそうだったがこらえたと。


ある意味、私とカメ子さん、そして

レーコタン、アツコサン、4人は戦友だからね…


彼女らをチームの中に存在させ続けるために

私とカメ子さんは必死で守ってきたつもりだった。


でも、、、実は反対。


うちら、あの二人にこんなに支えられてたんだよね…


誰がやめても構わないが(笑)。

レーコタンとアツコさんがやめたら…


哀しくてたまらんのよー。

キツい〜(>_<)。


ヤバいす…(T^T)…(泣)。


でも、カメ子さんとメール応酬の結果。


最期は明るく笑顔で送り出してあげよう!


ってことに落ち着いた。


それが一番いい。


若いもんが寂しさや悲しみにおぼれていたらアカン。




bimajyo2.jpg




一年前、赤坂のライブハウスで初めてソロを踊った時。


こんなにたくさんのオネーサマ軍団が応援してくれたんだよ。。。

ここから、やがては一人かけ、二人欠け、、、


寂しいッス〜(T_T)〜。


ははは。ジャンヌ、この中ではすっごく若いね。

あなたもまだお子ちゃま(笑)(●^o^●)。


誰もがおばあちゃんになるんだから。


レーコタンたちを見習わなければならん。


自分の限界を知るタイミング。

動物的な勘、だな。


私は、、、病気をして、何だか知らんが勝手に

自分のタイムリミットを決めてしまってる傾向がある。


あと、もって3年ぐらいか、とホントに勝手に思ってるから、


将来の年金の話でまわりが心配げにしていても、

どうせ、もう関係ないから〜、とか。


老人介護施設のお金なんて貯める必要ないから♪

あるだけ使って終わりにすればいいんだわ〜☆


と、、、


妙に軽い気持ちで老後を考えてる。


なので、、、もし、ヘタして? 

予想より長生きしたら、、、どうしようかと、、、


ホントに心配になってきた。


レーコタンたちみたいに

このままではかっこよく生きられない〜。


岸恵子さんがおっしゃっていました。


日本のテレビは、高齢者をテーマにした番組が

多すぎます、と、、、


年を取ることを憂いて準備しすぎて、、、

日本人、精神的に先に老けてしまうよね。


それも大事かもだけど、でも、それではきっと

日本はつまんない国になっちゃうのかもしれません。


年を重ねることへの美しさや楽しさ、

いや、年齢を超えた人智。喜び、美。


そんなモノづくりをしていくべきなんでしょうね。



はああああああ。



今週は、、、暇なわりに(笑)。


悶々とする、、、





ともだち [2015年06月25日(Thu)]
20150622_072429.jpg



仕事中にね。


療養中の「れーこたん」から電話があったんです。

週に1,2度はかかってくるかなあ。


食欲が出てきたからだいぶよくなってきたらしい。

先週に比べて、声が段違いに明るかった。(●^o^●)!


今度は泌尿器科に行くらしい。

入院中に尿道カテーテルをずっとやっていたので、、、

膀胱炎になったのだという。


わかる、、、私も、、、あれ、すごい苦手。


外した後、自力でオシッコガ全くできなくなって

とんでもなく辛い思いしたことあるもん。


かわいそう、、、

(>_<)。。。


「9日のレッスンに行くからね〜!」って言ってたけど。


アツコさんのことに触れたら急に口ごもったので、、、


・・・ピンと来たんだ。


「なんか隠してるでしょ?」って言ったら、、、


言葉少なにごまかしてたから。


多分、、、私の勘では、、、


9日に二人で来て、先生に引退のことを話すのではと、、、


絶対そうだな、、、


「絶対いなくならないで、寂しいから〜。」って言ったとたん。

私、胸が詰まって、涙が出てしもうた〜(>_<)


あーーーん。


でも、、、でもね、、、


「その時」がとうとうきたってことなんだよね。

せめて家が近ければ、ってことだと思う、、、


もう止める事は出来ないな、って思った。


賢いお二人が決めた引き際なら。

もう止める資格も権利もない。


ずっと一緒にいたい、と思うのは完全に私のエゴ。


あの二人がフラメンコのレッスンを楽しく頑張っていることが

私自身、頑張れる励みであり。


同年代の母親もまだ二人のように頑張れる!と、

どこかで嬉しく思っていたからかも。。。


ずっとずっと、続けばいいと思っていた。


まだ今も心の中で叫んでる。

いなくならないでほしいっ!って。


私がいるから、私が最後まで分からないところ教えるし

面倒見るから〜!!!、って。


でも、、やっぱりそれは残されたものの我儘だね。


今がちょうどいいタイミングなのかもしれない、って思った。


二人がまだちょっと余力を残して、一緒に引退できるということ。

どちらかがかけてしまうのではなく。


相談して引き際を決める、というのはベストだよね。


まだできるのに、と思われてやめたほうがきっと幸せなはず。

だって、彼女らも「カルメン」なんだもんね。


思っていたより、、、ずっと心が痛いよー。


ヨキータ、めちゃ、落ち込んでいるの。

辛い〜(;一_一)。


世話になってるジャンヌさまに、

「私も引退考えるかな、、、」と言うと、、、


ヨキータはまだ50年早いよ!と怒られた(笑)。

どんだけやっとんねん。(^_^;)、、、むりむり。


でも、ホントに思ってた。


彼女らが頑張るまでは私も頑張ろう、って。


やっと退院したあとも、

風が吹いたら飛んで行きそうだった私だったけど。


あの二人が待っていてくれたからーーー(泣)。


がんばろっ!!!って思ったんだから〜〜〜。


二人がいる限りは私もここにいる、って、、、だから、、、

モチベーションが、、、いなくなると、、自信なくなる。


ダダッコみたいに、電話口で、、、


「だめだめ、だめだよ、二人がいなくなったら私哀しいから!

絶対寂しいから〜〜〜!」と、、、


仕事中にもかかわらず(笑)。叫んでたら、、、


「あのさ。アツコさんが言ってたよ。

ヨキータちゃんが教えるから一緒に頑張ろう、って

そう、言ってくれたわよ、って。

彼女、すごく喜んでたよ。」


レイコたんが、、そう言った。

素敵なオトナだ、、、それに比べて、、、


すみません。。。まだ尻の青いガキです。


これ文章にまとめながらまた涙が止まりません、、、


なんだ?これ(笑)



「ご縁」というものは。


ある日突然生まれて。


一瞬で終わるものもあれば。

自分にとって、かけがえのないものになるものも。


どちらも、、いつかは終わりを迎える。


人生においてそれは何度も経験していくことで。

わかっているはずなのにね。


本当に寂しい。


大事な人たちとの別れは。哀しすぎるのです。


って、、まだ二人から聞いたわけじゃないんだけど(笑)。


平気な顔してあと3年ぐらいやってたりして(^_^;)。

ははは、、、


でも、私、こーゆうカンがさえまくる時がある。


絶対にそうだと思います、、、


そういえばさー。


私、同じぐらいの年齢の友達って、、、

ほとんどいないかも。。。


大抵、前後10歳以上の開きがあったりするし。

おばあちゃん世代の「友達」なんてわんさか。なぜか多い。

ずっと若い世代の人たちもしかり。


つまり、全然、年代にこだわってないというか、

くくりがないというか、、、


今の職場はそんな私にぴったりな雰囲気で楽なんだけど。


以前、サロンで働いているときは、、、

完全にスタッフたちは20代前半だったりするので、、、


うそ、、って驚くことがあったよ。


××さんと、タメだから仲良くなりたい、とか、

同級生だから気が合うとか、


そーゆう世界感だったなー。


そんなに同じ年に生まれた人が好きなのか、、、

と、衝撃を受けたヨキータ(笑)。


、、ちっさい世界に住んでるのね、とサラッと聞いてたけど。


意外に日本ではそちらが普通だったりするんだよね。


おばあちゃん世代が友達だったりすると、、、


そりゃさ、、、いなくなるのも早い、、?

見送るのも早いよね、、、(^_^;)


そして今日は、、、レッスンだ、、、


とりあえず、カメ子さんには言わなきゃ。




鎌倉山で。 [2015年06月24日(Wed)]
IMG_0046[1].jpg



鎌倉山で。


この日、人生において最も?贅沢なランチに挑んだ。


・・・挑んだ??てのも変か(笑)


とにかく、オトナな日だったな。


バスに乗って鎌倉山に。


この辺、、、高級住宅地?

どのお宅もすごいわー。


紫陽花なんてどの邸宅にも咲いていて。

手入れも行き届き。おっされーーー、な。佇まい。


「みのもんたの家がこの辺にあるらしいよ。」


、、、こんなとこに住んでらっしゃるの、、すごっ。



20150622_072517.jpg



私たちが目指すのは、、、


みのもんた氏のお宅ではない。


鎌倉山の「鎌倉山」!!!

有名なローストビーフ!!!!


玄関口?までのアプローチ。


そりゃもう紫陽花が見事。


さっきの長谷寺の紫陽花に比べて、元気なこと!!!


あっちは、、、こう言っちゃなんだけど、、、


ディズニーランドなみの来客者の気を吸わされて

いささか、へたれ気味、、、な気がします。



20150622_072555.jpg


IMG_0048[1].jpg



先ほどの長谷寺の紫陽花よりも

やっぱし、、、


一輪一輪、凛々しく咲き誇ってる、気がするんだ。



IMG_0042[1].jpg



パキッとね。



20150622_072528.jpg




旧家の別荘の面影をそのままに

「ローストビーフの店 鎌倉山 本店」は

鎌倉山の豊かな 自然の中にその静かな佇まいがあります。

厳選された高級和牛を塩と胡椒だけを使い、

丁寧に焼き上げたローストビーフは創業以来、

情熱を傾け続けた自慢の一品です。



お部屋の中も、、落ち着いた雰囲気。


ここからは私たちもお口にチャック。

ちょいと、気どった方がよさそうです?




IMG_0057[1].jpg


IMG_0055[1].jpg




給仕している人も全員白いコック帽だったけど。

みんな、コックさんなの???(笑)



IMG_0058[1].jpg




中庭ではガーデンパーティとか行われるとか。


あー、なんて素敵なんでしょう。




IMG_0059[1].jpg



そうか、父の日か。


「お父さん、いつもありがとう!」的な、、、


ご家族ばかりでした。

なるほど。。。



IMG_0060[1].jpg




素敵なセッティング!!!



IMG_0061[1].jpg



まずは前菜。



20150622_072612.jpg




ひとりひとりのお皿に、

紫陽花の花が添えられてる〜。



IMG_0062[1].jpg



う〜〜〜。

幸せだわん。


鯛のお刺身。

生ハムメロン。オーソドックスだな、、、


そして、、ホタテと藻塩!!!


うまっ!!!




IMG_0068[1].jpg




朝採れたお野菜のサラダ。



IMG_0067[1].jpg



サア、来ました。


お肉のワゴンですっ。


お肉がサクッと切れる音がしたよ、と

肉のそばにいた友達が言ってました。



IMG_0070[1].jpg



すごっ!


これが鎌倉山のろおすとびいいふ、です。



IMG_0074[1].jpg



二つのソース。


グレイビーソース。

和風、ガーリック醤油。


どちらが人気なんですか?と聞いたら、、、

和風が8割、だとか。


私は基本のグレイビーにしたんだけどね。


ちょっと、物足りなくて。


塩と辛子をまぶしまくっていただいた(笑)。

うん。美味しい。


パンが最高。


アワビについていた藻塩とオリーブオイルをつけて

ペロッと食べちゃった〜。




IMG_0069[1].jpg




ローストビーフ、、、


ごちそうさまです。



IMG_0078[1].jpg



続いて!!!デザートワゴンだー。


うーん。美味しそう。



IMG_0077[1].jpg



ひとつひとつ、説明をしてもらって、、、

選んでください、という、、、


「全部はだめ?」とためしに聞いたら、、、


全部はちょっと、と言われたっち〜〜〜っ。


せいぜい4個、って。。。


(^_^;)。マジか、、、



IMG_0079[1].jpg




どれも、すごく美味なデザートでしたよ。


紅茶もおかわり。

おしゃべりしながら午後をすごしました。



IMG_0081[1].jpg



いちじくのコンポート


ああ、幸せな休日も終わりました。


帰りも混雑、、、

バスに乗りましたが。


(バスで来るのはウチラぐらい???)(笑)


週末の鎌倉の道路は、、めちゃ混んでいます。


バスに長い間揺られて駅へ、、、


鎌倉って本当に自然豊かでおしゃれで美味しくて

素敵なところですが。


人がこれだけ押し寄せたら

住んでる方は大変ですね。





江ノ電! [2015年06月23日(Tue)]
IMG_0038[1].jpg



長谷寺近くの「力餅」。


この春に訪れたときには売り切れでした。



IMG_0037[1].jpg




テレビドラマ「最後から二番目の恋」の第一話で、

キョンキョンがこのお店で力餅を食べるシーンが。



IMG_0036[1].jpg



この日も長ーい列。


もう並びたくはないんだけどさ。


食べたいじゃん。


食い気が勝ちました、、、



20150622_072450.jpg




中は普通の古ーい和菓子屋さん。

御煎餅なんかもたくさんあるし。


でも、皆が買うのは力餅。



もち.JPG


裏の方で作っているのかな。


小豆を煮てるんだね。

なんともいえないいい匂いが!



20150622_072439.jpg



江ノ電!!


ここもすっごく有名な踏切、らしい。

友だちが説明してくれた。


よく撮影に使われるんだって。


そういえば、見たことあるような、、、


さあ、チンチン踏切が鳴って。


江ノ電がやってくるよーーーっ。



IMG_0040[1].jpg



ふふふ。


実は、これ、ポスターを撮ったものです。


だって、傘をさした人たちが江ノ電をバックに

カメラを向けてるし、、、なんも見えんわあ!!!


、、、これ以上近づくと、、、


電車にはねられるーーーって感じで(笑)。


私はリタイア。電車は過ぎ去っていきました、、、


写真なんて撮れやしない!


ま、、、わたし、鉄女でもない、、(笑)。



IMG_0041[1].jpg




さすが鎌倉。


ショップがイチイチ、おしゃれやなー。


ハワイな店で、、、

地元のデザイナーが制作したピアス。

買ってしまった。


鎌倉駅へ戻った私たち。


ここからバスで鎌倉山へ行きます。


目的地は、、、鎌倉山にある「鎌倉山」(笑)。


遅めのランチ!


バスの中で。

ちょいと恥ずかしいドジをやっちゃいました。


バスに乗ることはあれど、、、

Suicaを使ったことがなかった私。 


乗った瞬間、後ろから友人の声。


「あ、ヨキちゃん!タッチしてね!」


え。タッチ???


見ると、「タッチしてください。」の表記が。


バスに乗り、思わず、、、


Suicaカードをタッチするところに、、、

右手を、、、タッチしてしまった。


(^_^;)


爆笑でした。後ろの面々、、、、


恥ずかしすぎます、、、




紫陽花 [2015年06月22日(Mon)]
IMG_0020[1].jpg



紫陽花。


あー。ピンぼけだ〜っ。



初めて!鎌倉の長谷寺に行きました。


もちろん紫陽花です。


お花を愛でに行くなんて、あの薔薇のお庭ぐらいのもので、、、

ホントに初めてかも、、、


案内してくれる現地の友人に

江ノ電乗り場に9時集合!と言われ、


ぎゃっふーーーん!!!と怖れをなした私ですが。


どうせ早く目が覚めちゃうし。7時過ぎに家を出て、、、


湘南新宿ラインで、いざ鎌倉へ!



IMG_0014[1].jpg




↑ ↑ ↑


これ。見てください!!!

入場整理券による順番待ち。


・・・混むとは思っていたけれど


まさかこんなに多いとは。


でもね。ツイテル。


この日、お天気は大荒れの予報。

大雨、竜巻、その他もろもろ。


恐ろしい予報が出まくりで。


そのおかげでしょうか。

晴れていた前日の土曜に比べたら。


すっごく空いていたそうです。(あれで)


土曜は入場制限されて入れなかった人もいたそうな。

普通に2時間半待ちとか、、、


げーーーっ。ディズニーランドよりヒドイじゃん。


そんなの知ってたら来なかったかも、、、


、、、そりゃ9時集合!っって、ことになるよねー。



20150622_072405.jpg


IMG_0017[1].jpg


IMG_0019[1].jpg




で、先ほど書いたように。


ラッキーなことにすごい最悪の天気予報のおかげで

江ノ電も長谷寺も、、、すいていたようです。


くどいけど、アレで、、、空いてる方だったらしい。


スゴイっす。

みんな紫陽花観るために並ぶんですね!!!


もう私、二度と来ないかも(笑)。

並ぶのキライやし、、、


せっかくだから、紫陽花の花を撮りましょうか、と、、、

その楽しみすらも奪われた。


簡単なデジカメしか持っていかなかったし、


あの長い列!!!立ち止まれないのよねー!

進まなきゃならんし〜〜〜。


全く写真なんて撮れんかったわー(泣)



IMG_0025[1].jpg


IMG_0028[1].jpg


IMG_0029[1].jpg




ね、、、これって、、、


ディズニーランド状態でしょ、、



IMG_0023[1].jpg



紫陽花にも、、、



IMG_0022[1].jpg



いろんな種類があるのですね。

額アジサイとか、そんなのしか知らなかったけど。



IMG_0024[1].jpg


IMG_0026[1].jpg




それでも、頑張って撮ったんだけど、、、


だめ、、、(^_^;)




IMG_0031[1].jpg




心の眼に焼き付けておきましょう。


いのちみじかし 恋せよ乙女。

今の時期を一生懸命生きてる紫陽花との


出逢いに感謝。



IMG_0030[1].jpg




そう、これも一期一会なんだよねー。



20150622_072342.jpg




レイコたんにも見せてあげたいなあ。



20150622_072329.jpg




こんだけの人が全国から押し寄せるだけあって。

圧巻の紫陽花たち、、、



20150622_072252.jpg



紫陽花。あじさい。アジサイ。


アジサイは、奈良時代、「万葉集」にも歌われていて、

「安治佐為」「味狭藍」「集真藍」


そんな表記がされていたとか。

漢字の「紫陽花」は中国の招賢寺にあった花の名前で、

日本のあじさいとは異なるものであったと、、、


ふうん、、、



20150622_072239.jpg




名前の由来はともかく、、、


紫陽花ってさ、、、



20150622_072228.jpg




やっぱり。

このうっとおしい季節を過ごす私たちの



IMG_0032[1].jpg




心をしっとりと癒してくれるんだよね。



IMG_0033[1].jpg




うん。かわいい(#^.^#)。


人の波に押されて、どんどん登ってゆくのですが。

上の方にもたくさん咲いてるんだね。


、、、海が。江の島の海が見えた(●^o^●)。、


結局雨も降らず。暑くもなく。

最高でした(笑)。






いかしゅうまい [2015年06月20日(Sat)]
P1010537[1].jpg



旨い!!


めっちゃ旨かったでーーーっ。


いかしゅうまい。


フラメンコのレイコたんから送られてきた

いかしゅうまい。


彼女がくれるもの、、、なんでも美味しいんだよね。

おくち、こえてるね(●^o^●)。


レーコたん、、、


もう一か月休んでるんだ。


目眩から始まって、嘔吐、、、


脳のCTは撮ったらしいのだけど、

耳鼻科にも行くように言われて、まだ行けてないそうだ。


目眩の薬を飲んでいるから胃をやられて

食欲がない、、、


気持ちも落ち込んで。


かわいそう、、、


何か作りに行こうか?って、言ったのだけど


「そういうのダメ!私は気を遣っちゃう人間だからね!

大丈夫だよ、旦那がね。優しく何でもしてくれるよ。」


とのこと、、、


旦那様が元気で良かった、、、


こう長い間、歩かない時間が続くと、、、

レッスンに来る気力も体力もなくなるだろうし。


この年齢(80代)だと、キビしいよね。


うーーーん。心配、、、


とりあえずは元気になってほしい。


そして、、、残された相棒、アツコさん、、


こちらが非常に心配だあ。

もっとモチベーション下がるだろうから。


1人で頑張ってレッスンに来てたんだけど。

きっと、精神的にキツイだろうな、とは思ってた。


私もね。ながーい入院でお休みしていたとき。


半年ぶり、いやもっと?ぐらいに

レッスンに顔を出したとき、、、


私はすごく恐怖を感じたし。


居場所がなくて。

皆が遠くに遠くに感じて、、、


心細かったことを覚えている。


帰りの電車で泣いたもんね。

カメ子さんがいなかったらどうなったか。


だから、わかるんだ。

弱い人の気持ち。


(>_<)、、、心配だよ。



そしたら、やはり。

昨日、お休みだったんだ。


昨日の朝、私に連絡がきた、、、


ヤバい、、、


で、今朝も、メールしてみたのだけど、

すごい弱気になってる。やっぱし!



「きっと、大変な思いをしながら

レッスンに来られてるでしょうけど、、、


私はお二人の頑張りに刺激うけて、

なんとか闘病後に復帰できたから、、、


出来ないところをちゃんとフォローさせてもらうから

もう少し頑張ってほしいです、、」って。


二人が辞めたら私もやめちゃうかもよ、と、、、

(T_T)。そういうこと書いちゃった。。。


アツコさんは、、、喜んでくれたけど。


きっと、限界にきているのかも。


そりゃそーだよね。80代で、、、


アタイだって、キビしいよ。

あの足の難しさときたら、、、


難解な数学でもやってるかのごとく。


だから、、、あの年でこれをやれなんて。

これ以上、頑張れ、なんて。


・・・言えないんだよね〜。


「楽しいと思えなくなったら、いつでも言ってくださいね、」


と、追伸で送った、、、うう。むずかしい。



あの二人がいない昨日のレッスン。


私はすごく寂しかった。


ここだけの話、、、


かぶき者の朝餉には反応する私、だが

ちょっとやそっとじゃ感動しない人間になった。


プチ鬱が遠因なのか、

感性が鈍ってるから。プチ鬱になるのか、、、


卵が先か鶏が先か、の世界だけど(笑)。


ひとが心震わすモノに、さして興味もなくなり。


いいではないか、それはそれで、と言われそうだが。


どこにいても違和感があるんだー。


生きるか死ぬかの世界から抜けてきて。

燃え尽き症候群と思われる状況がまだ続いてるのか。


かつがつ、、フラメンコとか、、

食べることへの執着がありがたいことに残ってるけど。


( ̄〜 ̄)・・・


これが無くなったとき…


それが、とてつもなく((((;゜Д゜)))、、怖い。



玲子たんとアツコさんは、、、


時空を超えたところから私を見てるから。

とめどなく優しい。


いつも気にかけてくれる。


芯から優しいんだ〜。


彼女らのいないレッスンが

当たり前のように進んでいく。


二人がいないことにすら、皆は気づいてないのか…


違和感、ここにも(笑)


二人が居なくなったら…

寂しくてやめちゃうかも…


って言ったら、みんなビックリだろな(~_~;)





泣ける。 [2015年06月19日(Fri)]
かぶき4.jpg



泣けた。


そして終わってしまった。

かぶき者 慶次最終回「大ふへん者」


「かぶきもの」。前にも書きましたが。


奇抜な言動を好み豪奢で目立つ装束を身につける等、

常識を逸脱した行動に走る 者を指す。




人をおちょくっているようで。

実は、深刻なことを粋にサラッと。流していける、

超ツワモノの極意などだとお見受け。


私の生きる指針ともいえる!きゃもね〜。


上杉家を守るため。息子を守るため。


家康に会うべく「大ふへんもの」ののぼり旗を立て

駿府に向かう前田慶次。


これを見た他の武士は「大武辺(ぶへん)者とは何事か」と

かぶいた慶次に刃をむける。


しかし慶次は。。。


「浪人暮らしが長く女房殿もおらず、

不便で仕方がないので大不便(ふべん)者と書いたのだ」


と答えたという、、、

だが実は。いつでもこの刃を向けますよ、という

武士の厳しい決意を見せたのだと、私は想う。


なんつうても、徳川家康に刃向けてのひとことだから。


いやん、かっこよすぎ、、、



朝ね、、、また5時に目が覚めたんだけど(笑)。

目覚めたとき、、、見事に音楽が鳴り響いてた。


「かぶきもの慶次」のテーマソングであった(笑)。


今も鳴ってる、耳の奥で。


まだ脳が反応し続けている。




kabukimono.png




それにしても、このドラマを見るたびに。


日本の美しさにシビレタ。


美しい、美しい、美しい、、、


嫁ぐ娘が息子が、三つ指ついて 親に感謝する。


育ててもらったご恩は一生忘れません。


親は涙をためて、


「お前を育てるのは実に楽しかった。」


そう、応える。それだけのシーンなのだけど。

それだけなんど!!!


胸が熱くなるさーーーっ(笑)。


役どころとしては、実の親子ではないんだけど。


そんなこと関係なく。

全身全霊で子を育てたからこそのシーンになるんだね。



夫婦の会話がこれまたいい〜〜〜!


ある意味、彼らはピークを過ぎたひとたちなんだけど。

高齢者と呼ばれるひとたちなんだけど。


藤竜也も江波杏子も。何故これほどに美しいのか。


俳優も美しいが、役どころがまた何とも言えず美しい。


こんな人生を歩いてみたい、と。

このあまのじゃくの私が感じ入ってしまうほど。


二人が月の夜に縁側で夕餉をとる。


「これからはやっと二人で生きていけますね。

旦那様から二度と離れはしませぬ。」


この老夫婦のなんと、色気のあることよ。


人としての色気。

重ねてきたモノの色気。これが熟す、ってこと?


こんな夫婦なら、結婚ていいよねーーー。


この時代劇ドラマにね、お食事のシーンが毎回出るのだ。


旦那様がお料理する、って設定だから。


藤竜也さん、包丁使いの特訓受けて臨んだそうで、

そのドキュメントを観たけれど、すごいプロ根性だな、と。


「天皇の料理番」の佐藤健くんもすごいけど。


それは見事でした。

いい男が包丁を握ると、そりゃもーセクシー。


(●^o^●)(笑)。


朝餉のシーン、いいんだよねー。


旦那さまが楽しげに支度する風景が、、、

あーーー、平和ってすてき、と思わせる。


畑で取れる野菜を煮炊きするだけの。

魚がたまに並ぶ程度の。

つつましい粗食が、、いい〜)^o^(。


「このように家族揃って食事できるとは

なんと幸せなことですね。」


と、奥方さまが言っておられましたが。


ため息の出るようなセリフです。


こんなシンプルなセリフと遠ざかってしまってる自分。


人生の喜びって、そういうのが全てなんだろうに。




かぶき.jpg




強きオナゴ。

品格をそなえたオナゴ。

なんとほどよい色気が馨ることよlll



かぶき2.jpg




そろそろ。テレビの制作会社もさ。


視聴率が取れるタレント中心の番組作り、

やめた方がいいよね!


軒並み、そーゆうのくずれてるし。


そんな時代は終わったんじゃないかな〜。


本物のドラマを作ってよー。



| 次へ