CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
儚き人生 [2013年05月31日(Fri)]
IMG_2316[1].jpg


なんてことない舞台の写真ですみません(笑)。

好きな衣装なので、、、。

この「ロメラ」を踊ったのがちょうど一年前になります。

はや、、、


ロメラを踊って、その一か月あとに始まりました。

毎月の入院が、、、(-。-)y-゜゜゜。

いろんなことがあった一年でした。


最近、お腹の傷が気になって、、、腫れてる気がして。

まっすぐの姿勢で歩行するだけでやっと。


いつも腰まげて歩くようになってしまい。

これでフラメンコ、、、って昨日も不安になったけど。

踊るのはかなり至難の技だなーって。


だけど、びっくりなんだよね。

あのスタジオに入ると、背筋が伸びる!


絶対今日は無理、、、と思っていても、

シューズを履いて、レッスン着を着て、皆の後ろにつくと、


踊れちゃうもんなんですね!

終わった後、汗をかきまくった自分の姿にビックリする。

さっきまで腰曲げてヨロヨロしていたのに!

歩くだけで精いっぱい、な感じだったのに。


きっと、熱気あふれる先生のパワーに引き込まれるんだと思う!

先生の前に立つと、スイッチが入るような気がする。

こんな世界を持っていて本当に良かった。


「もうすっかり大丈夫なのね、よく動いてるから。」と、

クラスの人に言われて、「いや、普段は歩くのもやっとです!!」と答えたら、

「へっ。」 と不思議そうな顔をしていた。



まだまだ振付けはおぼつかないけれど、

踊れば踊るほど、この「ラ・ビダ・ブレベ」という曲が好きになります。

こんなかっこいい曲を踊れるなんてすごくラッキー。


というか、これでなかったら、今回の発表会はあきらめていたかも。

「儚き人生」、というこの曲。

なんか、めっちゃ感情移入できるような、、、


まあ、そんな素敵な曲を振付けやっとこさ覚えて、

はい、あがり!、そんなレベルで踊るのは悲しいけど。


今回は自分のため、そして、応援してくれた人たちのために、

とにかく本番を迎える、、、それでヨシ、としようと。

最近、(やっと)そう考えることができるようになりました。


・・・とかいって。

会社にいるころからなんかまたおかしくなりましたあああ((+_+))。

今日は久しぶりの大切な友人たちと会う予定だったのに。

行けそうにないかな、、、


金曜日に発熱がきちゃったな。ううう。

昨日も快気祝いをしてもらって♪

明日も実は人に会う予定が、、、、


大丈夫かあ。。。


ねぼけ [2013年05月27日(Mon)]
130524_193835.jpg


ねぼけ、ネボケ、わたしのこと、、、でもありますが(笑)。

今日は午後出勤で仕事をしてきました。

一人でいると鬱になりそーです、、、


先週、ボスに美味しい土佐料理の店に連れて行ってもらいました。

赤坂 土佐料理 祢保希(ねぼけ)

このお店は、以前ボランティア関連の皆さんとご一緒したことがありますが、

その赤坂店です。どのお店も趣があって素敵です。


130524_195435.jpg


土佐といえばカツオの一本釣り!

「祢保希」のカツオのたたき、選び抜かれた一本釣り鰹の旨みを引き立てる、

このお店、独自の炭火焼らしいです。今まで食べていたタタキはなんだったのか、、、


普通のタタキももちろん美味しかったけれど、、、

この、炭火焼鰹塩たたき!初めて食べた。すっごく美味しい〜〜〜。

カツオってにんにくのせて食べるんだね。

塩鰹はそれに茗荷や土佐名物、特製ゆずポン酢!


思い出すだけでヨダレでそうです、、、

ボスはタタキをなんと!一人一皿オーダーしてくれたんです。

やばいぐらい食べました、、、


130524_192953.jpg


土佐といえば、黒潮。美しい清流の河。

お酒も絶対に美味しいよね。

「酔鯨」一口だけ、、、いただきました。


130524_194643.jpg


なかなか口にすることのない土佐の郷土料理。

おめでたい席などでふるまわれる皿鉢料理。

華やかで、しかも美味しいお料理がたくさん詰まっています。

豪快だなあ、土佐。


130524_204933.jpg


これは「鯨のはりはりうどん」。


その他、大好きな焼さば寿司、サクッと香ばしい小魚ゴリのからあげ。

中身フックラのさつまあげ!!!美味でございます〜〜〜。

かつおコロッケ。その他もろもろ。

なかなか自分では行けないので、、、幸せな夜でした。


魔のサンディ [2013年05月27日(Mon)]



魔のサンディ。日曜日。


土曜日に少し微熱があったのでおとなしく家で用事をして。

日曜の朝は美味しく朝食も食べられたので、

よし!今日は自主練行けるぞ!と、


勇んでスタジオに行ったのですが。

5分踊ると、もう息があがる、、、

いくらなんでも、、、ひどすぎるな、、、。

レッスンの時はとりあえず、ゼーゼー言いつつも一曲は踊れるのに?

汗だけが噴き出る、、、


結局、一時間もスタジオにいて踊っていたのは15分ぐらい?

あとはお水と、干し芋をかじって座っていたという、、、


そしてそのあとに突然来た悪寒。。。


げー。ここで?

そうか。体調悪いんだ(-.-;)y-~~~

(なんで気づかない?) 


やばい!街中で倒れるわけにはいかん。。

焦って駅へ向かい、始まってしまった悪寒と貧血になんとか耐え。

電車の冷房が辛くて辛くて、、、


自宅へ戻り、ベッドへGO。

暖房を30℃に設定、オン!

その後は意識がもうろうとして。


今度は暑くて、汗びっしょり。

熱を測ったら39・5℃ありました、、、


辛いときは声をかけて、と皆さんに言ってもらっているので、

脳裏によぎるのですが、、、苦しくて電話できないの、、、


魔の日曜日、、、

一体どうしちゃったんだろう、、、

おかしい。絶対におかしい。


夕食も作って外へ出たのだけど、
お水とジュースしか飲めず。


来週は主治医の検診と診察なので、いろいろお話してきます、、、


それにしても!!! やばいです、フラメンコ!

自主練さえできないという、、、


本当にこれは8月の本番に間に合うのだろうか!( ̄▽ ̄;)?

マジに心配になってきました。


振り付けもだけど、、、

体力が、、、


でももう、出るって先生に宣言しちゃいました。

あきらめたらますますウツになりそうで。


引き算できない不器用な私です、、、(笑)。


ヨレヨレの踊りになりそうですが。

8月17日の17時半からです。

よかったら見に来てください(/--)/。

その日だけは奇跡を起こします(笑)。


今、午前二時半。ベッドから更新です、、、
ご心配おかけしました。 [2013年05月22日(Wed)]
130521_132920.jpg


ご心配おかけしてごめんなさい。


今回も一日寝て、抗生剤飲んだら一日で復活しました。

40℃出て、翌日普通に出勤、て考えられないかもしれないですが。

これが私の変な?難病です。

こうして自分の身体にダメージを与えていくんですよねー。

なんて、マゾな、自分に優しくない病気、、、。


最近ぐっと暑くなりましたね。

昨日のランチは、、、会社でお湯を沸かして冷麦!

みんなで美味しく食べました。


意外や意外、アボガドと冷麦って、、、あうんです。おいしい!

もともと、そうめん、冷麦系は大好物。


130521_133050.jpg


夏が来ますね、、、

元気に夏が迎えられるなんて、本当に思ってなかった!

お正月あたり、主治医とは緩和ケアーの話をしていたのだから、、、



仕事が終わって、昨日はある会に参加しました。

映画「祈り」交流会!

白鳥哲監督もいらして、映画「祈り」を自主上映した方々(私もですが)、そして

これから予定している皆さんがたくさん集まって、楽しい会でした。


いや〜〜〜、やっぱりいろんな人がいる!久しぶりにこういう会に出たので、、、

皆さん、ちょっと怪しそうだけど、でも顔から出てる明るいオーラ、覇気がすごいです。

わたしなんぞ、、、もう普通の極み(笑)。


身延山の友人の僧侶GAKUさまには、「稀な人格」と称される私だけど、

なんのなんの、めっちゃ普通の人間ではないか、、、と(笑)。


いつも優しい面持ちの白鳥監督、昨日もダンディで素敵でした。

彼は「地球を癒す会with白鳥哲」を立ち上げていらっしゃいます。

「15年ヴィジョン〜地球蘇生プロジェクト〜」を発案し、

瀕死の状態となっている地球と人類が共存できる世界を探り出そうという試みなのです。

「すべてはひとつで、繋がっている」ということを実感できるような、

意識変革に向かう時期が、まさに「今」であると、、、


有名な「水からの伝言」の江本勝先生との出会いから『ストーンエイジ』が生まれ、

その後も、いろんな素晴らしい方との出会いから次々と作品が生まれたこと、

「祈り」の映画を撮影するにあたって、世界中の宗教を学び体験したこと。

興味深いお話が次々と、、、役者さんだけあって引き込むのがうまいです。



監督さんもご自身が脳腫瘍にかかり、今は完治されたそうですが、

その病気を通した学びがあったからこそ、

食やエネルギーに対しての認識が大きく変わられたと。

だからこそ、脳腫瘍になったことはギフトだったのだとおっしゃっています。


医者さんにまかせきりにするのではなく、

今まで知ったものは全部体験して勉強しようと。


西洋医学を学び、人間の体の繊細な造りに感動し、

それから東洋医学を勉強し、体も陰陽のバランスであると知り、

ホメオパシーを体験し、、ホオポノポノに至るまで、、、

自分を知るために、すべてやってみようと思ったなんて!すごいです。


私も嫌いじゃないからいろいろ勉強したけど、、、全部かじっただけ。

全くもってわかった!といえるものは何一つなし、、、


まあ、ここまで来てわかったことは、人には人のそれぞれの役割があるということ。

そういうことなんじゃないかなって。


たいそうなことはできないけど、自分にしかできないところもきっとある。きっと!

それを楽しく、そして精一杯やらせてもらえれば、

この人生、ああ、よく頑張った!という終わりを迎えられるのかな。


話はあちゃこちゃ、いっちゃいましたが。

「えっ!」と驚いたことがありました。


一人ひとり、30数名が自己紹介したのですが、、、

皆さん、お話上手なうえに、熱がこもり、時間がどんどんオーバー!


隣の隣のこれまたすっごいパワフルな女性が、やはり自主上映をされた方で。

その時の観客が書いたアンケートを抜粋して読まれたんです。

何気なくボーーーーっと聞いていた私ですが。


「私は山口で自主上映をした友人、ヨキータさんの紹介で、」 、、、ん?

「今回この映画を見せていただきました、、、」


、、、、えっつ!えーーーーー。

って、思わず叫んでしまいました(笑)。

誰それ、誰、、、、って(笑)。

すみません、すっかり場内、失笑でした。


かつてのフラメンコシスターズ、アトリエ「方丈庵」のRさんでした。

きゃーーーー。そのアンケートも達筆で、そしてとても素敵な感想が書かれていました。


ああ、びっくりした、と漏らした私に、感想を読み上げたその女性は、

「ね、こうやってつながっていくのよ!」と笑っていました。


彼女はこの会にヨキータさんて方が来てたらぜひ会いたい!と思っていたそうで、

なんと、最初から決まっていたお席、彼女は隣の隣でした。

名刺交換させていただきました。

Rさん、ありがとう。なんだかとっても嬉しかったです。

白鳥監督にもすっかり笑われてしまったけど。


私のこの病気もギフト、なんだと思っています。

まあ、つらいことのほうがうんと多いですが、

でもこの病気を通して得たものの方が多い、気がします。


だから大切にリボンをかけてほおづりしてあげようと思ってます。


日曜日だいなし… [2013年05月19日(Sun)]
130518_125257.jpg


いつも濃厚な人参ジュースと、ミカンのジュースと、

そして大好きな干しいも!


ありがとうね。どうやってお返ししたら、とメールしたら…


お返しなんて100年後でもいいよ♪、って。

感謝m(_ _)m。ひたすら感謝。


今日はね、一人で自主練しよう!とスタジオ予約してワクワクしてた。

遅れてるとこを取り戻さなきゃ!!、と。


が、、またまた高熱が(/_・、)。

楽しいはずの日曜日、全滅、、、


キャンセル代は来週払いに行くことに…( ̄▽ ̄;)。

一人で自主練は無理かも…。

毎週お金だけ飛んでく〜、って。


今朝は6時過ぎに、あ、きた!!と眼が覚めた。

そう、いつもの吐き気と悪寒!!


え〜?またまたm(_ _)m?


そこから一気に熱は上がり、なんと40℃越え…。

呼吸もあらくなり、一人で暴れていた。


たまたま電話してきた妹が驚いて、

早く救急車呼んで病院行って!!、と…。

苦しかった。辛い…(T_T)。


日曜日に救急車…。

胆菅炎で呼ぶのも恥ずかしい(笑)。

日曜日に先生を出勤させるのも申し訳ない…。

きっと入院になるから、それもやだ…。


もうろうとしながら、そういうこと考えてる自分…。


まだ熱があるから寝てるしかないし〜(/o\)。


抗生剤でとりあえず。


ああ…、、、ため息。


スマホ、いや携帯(笑)から失礼しました♪
メロンパン [2013年05月17日(Fri)]
130517_093615.jpg

昨日のレッスンもすっかり凹んで帰りましたが。


先週のあまりの凹み具合?を気遣ってくれたメンコ友達が。。。

彼女の近所にあるお店の、すっごい美味しいメロンパンを二つ!

そっと差し入れしてくれました。優しい、、、(/_;)。


そしたら、電車に乗る直前に他の友達も、そっと何かの袋を私のバッグに忍ばせた。

「手作りで恥ずかしいんですけど、、、」

帰ってみてみたら、ティッシュケースだった!レースであしらったとてもかわいいヤツ。

あまり布で作ったらしい。すごい、、、アッシにはできん。

ありがとーーーー。


そして... 母より年上!!!のビックラするぐらい、高齢のメンコ友達が、

「あーた、あんだけお休みしてて、よーく踊れること、感心するわ。」と、

これまた帰り際声をかけてくださり、、、


私からすると、この年齢で休まず毎週通い、

くるくる若いメンツと踊り続けてる彼女たちのがすごい。

心から尊敬し、私にはできん、、、と思ってします。

この年になって、その「生涯続ける」という「凄さ」がわかるし。


これまで高齢グループの彼女たちを支えてきたつもりが、

実は支えられていたんだなあ、って。。。


つくづく思い知った昨日の午後でした。

みんな、本当にありがとう。


母の日に。 [2013年05月15日(Wed)]
haha.jpg


母の日、、、

今までそんなたいそうなことをしてなかった気がするけど。

田舎の母に今年はお花のアレンジを送りました。

写真のお花です。

母いわく、お花も嬉しいけど、添えられたメッセージが楽しみで、
探して探して探しまくったけど、なかったよ〜〜〜、って。

えっ!そんなはずはないよ、添えてもらうように頼んだし!
と、もう一度探してもらったけど。

お花屋さん、母の日なんて、そりゃもう稼ぎ時だから、、、
ひょっとして忘れちゃった??? 、、、

問い合わせをしたら、案の定忘れてたみたいです。(怒!)
ったく。一番大事なとこやんね。

「あなたがくれる手紙がいつも一番嬉しいから、残念だわあああ。」と母。

へー。そうなんだ。

「そんなん、今言ってあげるよ。」

いつまでも元気で美しく、若々しくいてください、ってそれだけだよ(笑)、と言ったら、

あ、そう、、、だって。(笑)


「母の日」なんて、商業ペースにのせられているようで微妙だけど(笑)。
あと、なんどこうしてありがとう、って改めて言えるんだろうと思うと、、、

いつかは、額に入った「母」の写真にむかって「ありがとう。」っていう日もくる。

いや、そろそろ、、、近いかも。そう思うとね。

やっぱ生きてるうちに嘘くさくてもガンガン感謝しまくるかって?
毎日電話してるけど、最近いやらしいくらいに優しい言葉かけてあげてる!(笑)。

時々思うけど、母より先には死にたくないなあ、って。

この老人に私を弔わせるのは酷だなあ、って。

今年の初めはそればっかり考えていた。

私が死んだら、お母さん、気が狂うだろうなあ、って。間違いなく。

最近、妙に母も元気そうだし、、、
こうなってくると、臨終競争???

母のためにも元気にならなくては、って本当に思う。


カンタ!ティモール [2013年05月14日(Tue)]
canta.jpg

「カンタ!ティモール」 http://www.canta-timor.com/

ねぇみんな ねぇ大人たち
僕らのあやまちを大地は知ってるよ


東ティモールで耳にした、ある青年の歌。
日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。
作者は青年を探すため島へ戻る。そして一つの旅が始まった---。

東南アジア、東ティモールを舞台に、
大地とのきずなを描く音楽ドキュメンタリー。

入院したり退院したりで、大好きな映画を見なくなりました。
というか、映画館に足を運ぶことが時間的に体力的に無理だった。

さびいしいなあ、と思っていたのですが。

「りこぴ」が、ヨキータに見せたい映画がある!
魂をゆさぶられるから!と、、、

鎌倉で自主上映をしてる情報をゲットし、日曜日に出かけました。
久しぶり、遠出、、、鎌倉、、、

東ティモール、って知ってますか?

日本が良くも悪くも深く関わりながら、
ほとんど報道されなかった東ティモール問題を取り上げた映画。

各地で企画される自主上映会でしか触れることができないそうです。
これはこの映画を作った若い女性の意向のようですが。

とにかくみんなが見るべき作品です!


canta2.jpg


知らないって、それもまた罪、な気がします。

原発のこともそうだけど、知らない、ですます私たちの国民性?
キツイ問題はなんとなく遠いところに置いておきたい、そんな世の中の雰囲気。



1999年までの24年間で人口の3分の1を失うという、
狂気のような殺りくを受けた東ティモール。

消えない悲しみを抱きながら、許すという選択をした人々の姿が美しい音楽と共に綴られる。
作者らは極力通訳を介さず、住民と共に暮らす中から歌と言葉を引き出した。

ゲリラ兵や、レイプされ続けた女たち、シャーマン、
獄中から東ティモール独立を率いた初代大統領の貴重なインタビューが含まれる。

報道にのらない地下資源ビジネス、東ティモールの海底油田、
天然ガスをめぐる各国の思惑。

どこかで聞いたような話じゃありませんか? 
今も日本が抱えてる問題じゃないですか?

欧米がこぞってインドネシア軍の撤退を求めたにもかかわらず、
日本は欧米の分まで残虐なインドネシア軍の援助をしつづけ、、、
残虐な殺戮を裏から支えていたようなものなんです。

兄弟を8人殺されてしまった青年がいました。

「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。でもそれは怒りじゃない。
僕の兄弟たちの骨さえ拾えていない。見つかっていないんだ。
どうか、教えてほしい、どこから突き落としたのか。見つけたいんだ。
それは怒りじゃない、怒りじゃなんだよ。」

忘れることなどできない深い哀しみ、
それを超えて彼らは「許し」を選択したんです。

虐殺された家族を弔えなかったひとたちは、
身体にその名前を刺青して刻んでいました。

全編に流れるや子供たちのはじけるような歌声。笑顔。
大地とつながり、精霊と暮らす東ティモールのひとびと。

空や田んぼや緑、水、太陽、 精霊との対話。
この世の一番尊いものを彼らは失くしていない。

登場するおじさんやじいちゃんやお兄ちゃん、お母さん、みな 家族を虐殺されていて、
そして自分もレイプされ、ナイフで切り刻まれ突き落とされ、こん棒で足をくだかれ、

そんな彼らの言葉が実に深い!
全てが「今を生きる」私たちへのメッセージ。

とても一回では全てを受け取ることはできない、気がします。 

spre.jpg



この日、自主上映はたったの6人の観客でした。
「セレンデピティー」という鎌倉のマクロビカフェ。

東京の世田谷から鎌倉に移り住んだという、とても素敵なご夫婦のお店です。
予約制なのでマクロビご飯は食べられなかったけど、今度食べに行きたい!

みんなで映画見た後、感想などをシェアしました。
同じカフェで16日にもまたやる予定あるそうですよ。
興味ある方は是非問い合わせてみてください。

「祈り〜サムシンググレートとの対話」みたく、全国に拡がってるみたいです。

カフェの奥さんに、29日の「味噌作り」のワークショップに誘われました。
粘土こねるみたく楽しく上質なお味噌を作るんだそうです。

なんだか、、、鎌倉に住みたい、、、


息絶え絶え… [2013年05月12日(Sun)]
130511_215656.jpg


なんか、、、、不味そうなオカズ。


パソコンが、、、、もう長くないかもしれません。

ネットワークがどうもおかしい。

今日は携帯から更新です。


やれやれ。

最近、パソコンもわたしも不調でやんす。

心身落ちてます。


手術がうまくいって、長かったけども無事に退院、

会社にも復帰!!

イベントも成功、みんなで楽しい時間を過ごし、

とうとうフラメンコも今週復活したし。

もういうことない、ありがたい!ハッピーハッピー!な、はずなのに。


フラメンコ、振り付けは全然わからないのだけど、

必死でくらいついていった(笑)。

半年ぶりのわりにはマネッコうまかったと思うけど、、、

とはいえ、、、

8月に間に合うのかな、、、と、またひどく落ち込んで、

鏡に映る私のガリガリなこと…。

涙出そうでこらえた。


他にも凹むことがあって、、、

わたし、なんでこんなヨワヨワ???


今日はおうちで、ウイークリーに頑張ってたぶん、心がほどけて、

わんわん泣いてしまいました。

なんなのでしょうね(/o\)。


まあ、泣くと楽になることを知っているから、

土曜日までためていたんだけどね。

生きてるだけでモウケモノ!!、、、、と。

明日が来る奇跡を感謝しよう!と。


決意したはずなのに。

このテイタラクはなんざんしょ。
( ̄▽ ̄;)?


そうしたら、吐き気がしてきて、悪寒がきて、、、やばい、、、


また胆管炎、、、、39℃を超えて、うんうんうなっておりました。

食べなきゃ!!また痩せる!!と、この不味そうなオカズを作ったんだけど。

吐き気がとまらず、オレンジしか食べられへん…(/_・、)。


最近週一で発熱してる、、、

主治医も???って感じだったけど。

心なしか、お腹の傷も痛む…。


これで発表会なんて出れるかなあ。


まずは心を鍛えなおさねば!

心が元気になれば身体は応えてくれるからね…。
フィゲーラス! [2013年05月08日(Wed)]
toshiko.jpg


お天気の良かった今年のGW!

毎年、私は自宅にひきこもってるかも、、、

なにしろ、ひとごみとか嫌いゆえ、、、

もともとインドアだし〜〜〜。

でも、あんまり一人でいると気が狂いそうになるし〜〜〜

ワガママな人間だ、、、

つうか、ただの遊びベタ〜〜〜。


が、今年前半、ずっと病院でひきこもって?いたせいか、

今年はそりゃお出かけやろ〜〜〜って?感じ?でした。


最後の休日は、とっても懐かしい人に会いに行きました。

2006年、イタリア、ブリケッラ農園へのツアーに参加してくださったトシコさん。

バルセロナ在住の素敵な女性です。


私のトスカーナを撮影したカレンダーをみて、この農園に行きたい、と

スペインから電話をしてきてくれたんですよねー。

ブリケッラ農園で一緒に良い時間を過ごしました。


あれから、はや、7年????ひゃー。

すごく嬉しい再会!

いつも、遊びにいらっしゃいよ、と誘っていただいてるんだけど。

最近はハワイばかりだったので。&病院、、、(笑)。


共通のお友達Kちゃんと一緒に会いに行きました。

「あなた、大丈夫なの?心配したのよーーーー。」と開口一番。


「私、やせちゃったでしょう?」という私に、

「あら、あの時とおんなじよ、あの時もほら、退院したばかりだったじゃない?」


そうか、、、2006年!難病発覚の長い長い入院生活の夏。

あの時も、やばい!イタリアツアーに間に合わない、、、と超焦ったんだっけ。

10キロ痩せてギリギリ間に合い、みんなを連れてトスカーナへ飛んだんだ。

おんなじことしてるなあ〜〜〜。進歩ない(笑)。


三人で美味しいランチを食べました。

話は尽きることなく、なんと4時間近くねばっておしゃべり。

トシコさん、私よりずっとおねーさんだけど、すんごくかわゆいんだもん。

もう、感動ものです。まだ娘っちみたいなもんです。お嬢だ。

一人でバルセロナに住まわせるの危険なんじゃないかと思うぐらい、、、


ケイタリングやお料理教室など、お料理の仕事をされているのですが、

毎年夏はバルセロナを出て、リゾート地のホテルなどで優雅な出稼ぎ?


いつもはメノルカ島のレストランに行くのだけど、今年はフィゲーラス!

フィゲラスのプチホテルで5ヶ月間の仕事のようです。

結婚式もできそうな素敵なホテルらしいですよ。
 

スペインの北東部のカタルーニア地方の小さな町フィゲーラス。

フィゲーラスはダリの生まれた町です。 そう、フィゲーラスといえば、、、

ダリ劇場美術館!

ダリ、好きです。

バルセロナのダリ美術館に行ったし、ダリのタロットカードも持ってます。

うーんんん。行きたい!


そうそう、トシコさんはバルセロナのとっても便利な場所に住んでいて、

素敵なピソ(アパートメント)を借りて暮らしています。

一人で住むには広すぎるし、お部屋をシェアしてくれるひとを常時募集しているそう。

「モンジュイクの丘にも近いわよ〜。」とおっしゃってました。

バルセロナで部屋を借りて短期の旅行もいいのでは???

興味のある方は私にご連絡を!


「あなた、いつになったら遊びにくるの???」と、やっぱり聞かれたけど。

、、、もう行きたくてたまんないっすよ。

体がたくさんあったら。お金があったら。

スペインはもともとヨーロッパの中では一番好きな国。

(イタリアじゃなくてすみません、、、)

行きたいにきまってる、、、


「恋するバロセロナ」っていう映画ありますよね!

トシコさんとコイバナしちゃったよ、ははは。

細胞、活性化してきたかな、、、


| 次へ