CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ひどい [2012年08月28日(Tue)]
120826_181231_ed.jpg

今日のお昼は、

カレーライスですよ〜(^.^)!!

と、笑顔の看護師…


匂ってきたきたきたー(-_-;)…

カレーライス!!


ひどくない!? 地獄やで!

こちらは絶食4日やぞ。

もうお腹の皮が背中にくっついてきたぞ〜。

体重計に先ほどのったら、2日で2キロ痩せた〜(@_@)!


昨夜、手術終えて駆けつけた医師から採血の結果を聞いた…

数値は下がりきってなくて、水曜日まではとりあえず絶食、

あとは次の検査結果で決めよう!!

などと、、、

非情な〜


先生たら、私が見てたテレビをチラっと見てさ。

卒業するAKB48あっちゃんに

目が釘付けやったど!!

オイ!!


カレーライス…食べたい(;_;)。
私の晩ごはん [2012年08月27日(Mon)]
120827_181127.jpg

晩ごはん、これ。

((T_T))。


まだごはんなしや…

お茶だけ(-_-;)…。


目の前でばあちゃんたちが、いい音たててお汁をすすっとる。

匂いが…。たまらん!

(*_*)!!

ヘルプみー!


なんだかまた弱気。涙がぐじぐじ。

今日はとろろ芋だったらしい。


ばあちゃん、かわいそうなんよ。
明日は手術なのに。

医師の説明を聞きに来た息子夫婦に怒鳴られっぱなし…

ボケ扱い、嫌みな説教、イライラの夫婦。

ばあちゃん、はい、はい、と小さく返事をして…


明日は手術なのに!!!


私も母ちゃんにはも少し優しい言葉で話そう…。


学べる病室だ…毎年のことながら…

夜勤の看護師さん、素敵な人だった♪良かった…
はらすいたあ [2012年08月27日(Mon)]
120827_064132.jpg

嬉しいことに、6人部屋の窓側が私のベッド。

今朝の青空も透き通ってキレイ!
去年は一番暗いベッドだったので…

ホントラッキー!


とはいえ…

夜は寝られないし…

キツいわぁ(-_-;)…


皆さんの、5人分の美味しそうなごはんの匂いをいただきながら。

お茶を飲んでます。

昨日からお水大丈夫になりました!

はらすいたあ…
外は暑いのかな… [2012年08月26日(Sun)]
120825_151652.jpg
一昨日より肝臓とCRPの数値が上がったと医師が言ってた。

CRPは感染症の数値ですが。はね上がってました!

…そのせいか熱が39℃から下がらず…。

今朝はようやく平熱になりました☆


一週間の予定はことごとくキャンセル。

出張で一週間日本に帰国したオランダ在住加藤さんと数年ぶりに会う予定だったのですが。

浅草で天丼食べて、サンバ見に行く予定だったのだけど、。、

友人りこぴに代わりに行ってもらって…。

そしたら、サンバ見ずに二人でお見舞いに来てくれてビックリ!

嬉しかったです…。


彼には、ミラノでの歌之助公演で大変お世話になったのですが。

来年あたり、歌之助オランダ語落語をアムステルダムで!を企画中。

この秋には下見に行くかもしれません。

観光ガイドには載っていない素晴らしい場所があるのでお連れします!と…。

行きたいな〜。

そのためには元気にならないと。

興奮したせいか!?そのあとまた熱が(笑)。


あ〜。

また体力落ちてしまうな〜。

新しい曲の振り付けもどんどん進んでいるのに…(泣)。


早くごはんが食べたーい(;_;)。
とうとう… [2012年08月25日(Sat)]
120825_103040_ed.jpg入院してしまいました…(泣)。


金曜日、会社の皆で焼肉ランチを食べて…

すぐに体調急変。

全部吐いたあとに、また悪寒と高熱!!40℃!!

明らかに急性胆菅炎!!


動けるようになってから。ボスが車で病院に送ってくれました。


既に高熱なので、ベッドのままCTとレントゲンを取りました…

キツかった((T_T))。

採血の結果、肝臓の数値がはね上がってて…

黄疸も…。ヤバい〜


胆菅炎はすごく怖いので、入院してきちっと治療しましょう!!と…。


一晩中、熱が下がらず気持ち悪くて全然寝れず。

水も飲んじゃだめだから。氷しゃぶるだけ!!


以上、ご報告です(-_-;)。


毎年、入院してるな…
愛の錠 [2012年08月23日(Thu)]
kagi.jpg

恋人たちのシンボル。愛の錠。


パリ、セーヌに架かる橋「ポンデザール橋」。

ルーブルのすぐ近くにあります。


ツアー参加者の一人が、まあ、よく調べていてできればここに行きたいと。

なにやら、カップルが集うとこみたいです。


この日、なかなか渋めの日本人ガイドさんに案内を頼んだのですが。

短い時間のなかで、皆さんのてんこもりリクエストをすべてかなえてくれました。


この橋を造ったのはナポレオン。

ナポレオンがルーブルに入るためにわざわざ架けた橋だったという説もあるそう。


その名も麗しき、「愛の錠」。

手すりの金網にこういう風に南京錠がやたらとたくさん掛かってる!

なんやこりゃ。ソウルでもたしかこういうの見たな、、、


kagi.jpg

恋人達が永遠の愛を誓い、がちっとイニシャル付きの「愛の錠」を取り付けて、

そのカギを川に捨てる!らしいのです。


へーーーー。ふーーーーん。

あほくさ、、、(小声)。


kagi2.jpg


とはいえ、マダム、ご満悦。


ove.jpg


これはオベリスク!コンコルド広場。

マリー・アントワネットがギロチンにあったところ。

エジプトから運ばれてきて。

返せとか、返さないとか。


notre.jpg


そして、、、私も好きなノートルダム寺院、大聖堂!!!

すごい人でした。


ノートルダム大聖堂、といえば、カジモド。

これは強烈なキャラです。私にとって。

ノートルダムのせむし男。泣けるストーリーなんですよねー。



15世紀のパリ。教会の持つ権限が、弾圧と排除を生み出していた。

ノートルダム大聖堂の前に、一人の醜い赤ん坊が捨てられ、

彼は大聖堂の副司教に拾われて、カジモドと名付けられる。

成長したカジモドはノートルダムの鐘つきとなる。


なんと、この副司教たら、美しいジプシーの踊り子エスメラルダによこしまな気持ちを抱き。

あろうことか、カジモドにエスメラルダを誘拐させるのである。

カジモドもエスメラルダに恋をし、ノートルダム大聖堂にかくまうのだけど、

エスメラルダはカジモドのあまりの醜さにおののくんだよね。


まあ、ドロドロドラマはそこから展開。

少女漫画にもなっているので、子供のころから私はカジモドにくぎ付けでしたあ。

なので、ノートルダムと言えば、私にとっちゃカジモド。


notre.jpg


聞いたところによると、、、

ルイ13世に子供がなかなかできなくて、、、

その権威を聖母マリアに捧げたのだとか、、、

ノートル・ダム、、、私たちの貴婦人、という意味なんです。


not3.jpg


まあ、ここはなんといっても大聖堂のステンドグラス!

目を奪われるほどのゴージャスさ。


not5.jpg


not4.jpg


not7.jpg


not10.jpg


not11.jpg


not12.jpg


not14.jpg



私、まだ20代の頃、北アフリカに流浪の旅に出かける際にパリに寄ったのですが。

あまりに疲れて、、、ノートルダム大聖堂に入るとホッと安心して。

3時間ぐらい長椅子で寝ちゃいました。

(まあ、当時から中ではスリに気をつけろとは言われてたんだけど、、、)


物騒だと言われるバルセロナの公園でも浮浪者と一緒にベンチで3時間ぐらい昼寝したけど、、、

まったく被害にあわず、、、やはり浮浪者と一体化してるんだろね(笑)。


ここのところのユーロ不安で、パリはますます危ないとたくさん注意されました。

スリや泥棒も変容しているようで。


子供のジプシーが署名運動と言いつつ、ボードを持ってきて。

名前を書いていると、仲間がきてバックをひったくっていくパターンや。


メトロもドアが閉まる寸前にカバン持ってかれちゃうとか。

今は、パスポートや携帯はあまり人気ないらしいです。

iPhone !これがスリの一番人気、だそうですよ。


ルーブルもかなり危ないと聞いていたのだが。

その夜、ルーブル美術館で騒動を起こしてしまった私であった。


至福の [2012年08月22日(Wed)]
asa4.jpg

私の至福の時間、それは朝めしターイム!

それは日本でも海外でも同じです。

ゆっくり、だらだら?美味しいパンとコーヒー。


パリのパンはさすがに美味しい!

クロワッサンもバゲットも、、、格別です。


asa.jpg


今回滞在したホテルの朝食もベリーグーーーー。

こじんまりとしていたけど、大満足なり。


asa3.jpg


asa5.jpg


asa6.jpg


なかなかよい雰囲気でしょ。

あまり大きいホテルではないし、団体客は来ないかもしれません。

(エレベーターも超狭かった!)


asa7.jpg


カットナイフがあるので、好きなだけバゲットを切って食べてもよいのだ。

まあ、限度ちゅうもんがあるでしょが。

けっこうウチらだけでかなり消費しちゃったかも、、、


ジャムもたくさん。バターも美味しい!

食べちゃう、食べちゃう。


asa8.jpg


asa9.jpg


ほほほ。

やきたてクロワッサン、本場もんはやっぱ違うねええ。

カフェオレも、、、より美味しく感じます。


ゆでたまごも好みのゆで時間で作ってもらいました。

みんな、なんちゅーか。二個ずつ食べてたし。


asa10.jpg


こんなラフで?キュートな女の子がサーブしてくれる。

あああ、パリってやっぱりなんか、、、


小憎らしいほどいいカンジ。


ということで。さあ、いよいよ最終日。

精力的に動き、楽しみ、満喫したパリ。


頑張って仕上げます。

今夜は病み上がりなんで、ここでお開き、、、


心配かけてしまいました。皆さん、ごめんね。

この、かけがえのない一日一日を過ごしていければ、と思います。

感謝とともに!


なーんて、またきっと愚痴るよ(笑)。


あー。。。

パリに行った日なんて、もう百年前のようだよ。

アロハ [2012年08月20日(Mon)]
ke.jpg

ハワイ島のヒロで行わるフラのコンペティション。

今年のメリー・モナークのミス・アロハ!

フラリさんはケアリイ・レイシェルをクムフラとするハラウのダンサー。


土曜日、ケアリィのクカヒ(コンサート)に行きましたが。

彼女のフラはしびれました。なんともこの笑顔が、、、


フラは人を幸せにする、アロハにするものなんだと、改めて実感。

この写真は友人のご主人(山口氏)が今年のメリモにでかけ、

精力的に撮ってきた写真の中の一枚。

フラをまた始めたくなりましたぁ。


日比谷野外音楽堂はフラメンコしか行ったことないけど。

野外でのライブはいいな〜。


暑かったけど、時々運ばれてくる風を感じながら、

ケアリィの歌を聴いてると、ハワイに飛んで行きそう。


ローソンチケットで手に入れた席はなんと前から2番目、

私の前には座席なかったので事実上の一番前。最高☆


途中、ケアリィが!ドまん前に座ってギターで弾き語りしてくれました。

私の好きな曲、Fields Of Gold。

そして、サプライズ!あの涙そうそうをなんと日本語で!

私のために!(妄想)!


言葉の一つ一つ丁寧にあつかって、ホントに素晴らしい。

間違えたらゴメンゴメン、って日本語で言ってた。


聴いていて、涙がぽろりんこ。鬱鬱だった心が晴れたよう、、、


そう、このところ絶不調の私です。

理由はあるようでないような。


まあ、チリも積もれば、って感じですね、きっと。

なんだか悔しい気持ちが、、、たまってきた?


実は今、テレビでメダリストの銀座パレード見てる!

仕事もいかず、、、ツウか、行けなかった。


昨夜は死にソーなぐらい体調が悪くて、

吐きまくって、熱も39℃超えるし、もうだめだ、、、って叫んでました。

今朝、抗生物質と熱を下げる薬を飲んで、やっと息しています。


最近の血液検査やMRI、CTではあまり結果がよくなくて、

確実に病気は進行しているみたいです。


2週間に一度はこうして倒れているので。

体力もどんどんなくなってくるし。


一人で寝ていると、ホントーにいろいろ辛くなって。

涙がとまらなくなります。


これまでにあきらめてきたこと、数えたり。

これから何ができる、、、と絶望的になったり。


神さまって、ちっとも助けてくれない。

と、一人で愚痴って泣いてるんです。


まあ、普段の私を知っている人には想像つかないかもしれないけど。

元気な時はめっちゃ元気だから、能天気だし、、、

仮病ぐらいにしか思われない??(笑)


まあ、自分のブログだからたまには愚痴ってもいいよね、、、

涙がとまらないんです。


涙が枯れたら、またきっと前を向いて、

できることを楽しくやっていこう、と思える自分に会えると思う。




セーヌ河遊覧 [2012年08月18日(Sat)]
hune3.jpg

船でパリを巡るセーヌ川クルーズです。


両岸の由緒ある建物はキラキラとライトアップされ、なんとも幻想的。

夜に乗るのは初めてで、私も嬉しかった!

昔、その昔。貧乏旅行の際に、お昼に乗ったような記憶があります。


セーヌ川、その周辺の建築物を含め、世界遺産として登録されているんですよ。

どの建物も歴史的建造物!

まさにベルサイユのばら世代の私らにはたまりません。


その景色を1〜2時間かけて船上から眺めることができるのです。

夕暮れ時から日没、夜にかけて素晴らしいイルミネーションを楽しめます。


hue4.jpg


絵になるなあ。

ため息です。

hune2.jpg


吹きさらしなので、川を渡る風は冷たいです。


セーヌ川を挟んで、南側は右岸、北側が左岸。

パリ発祥の地、シテ島にサン・ルイ島、

せむし男のノートルダム大聖堂、

エッフェル塔、ルーブル美術館、オルセー美術館、

自由の女神!


マリー・アントワネットが幽閉されたコンシェルジュリー。

わたしはあの時代にタイムスリップ。


hune6.jpg


hune5.jpg


hune2.jpg


hune7.jpg


hune.jpg


hune3.jpg


そして、、、ラストは、、、

エッフェル塔!パリのシンボル!


午後10時にライトアップされるのですが、

本当にキレイだった!


hune4.jpg


ゴージャス!

船に乗った乗客から大きな歓声があがりましたよ。

感動しちゃいました。


hune.jpg



旅行の中で、このクルーズが一番良かった、という参加者の方もいました。

これは死ぬまでに一度は見てよいかも。


hune10.jpg


こんなに近づいちゃった!

すごいすごい。また言っちゃう、ゴージャス!


hune12.jpg


おおーーーー。

おおおお。

(終始叫んでるだけ。)

hune13.jpg

さあ、パリもあと一日残すのみ。

どんな旅になりますか、、、


と、昔のことを書いているのは8月18日。

すごい雨降りました。雷も。


今夜はケアリィ・レイシェルのコンサートを日比谷野音に観に行くのだけど。

私があそこに行く時は必ず雨って、、、どーゆうことーーー(笑)。


昨夜は友人のフラメンコライブを見に行き感動してきました。

素敵だったー。


なんだか、私はどんどん差をつけられちゃうなあ。

この練習不足!なんとかせねば。。。


この夏。

みんなのように、どこに行くでもなく。

遊びの計画もなく。


ほとんどひきこもっております。

蝉の声が哀しい。


素敵な夜! [2012年08月16日(Thu)]
effe.jpg

パリ、といえばエッフェル塔!


エッフェル塔でディナー、というのがツアー参加者のリクエスト。

美味しいのかな、、、と内心思ったんでスケド。

調べてみたら、巨匠アラン・デュカスのプロデュースだとか。

まあ、それでも疑ってかかるのが、ア・タ・シ。



effel.jpg



エッフェル塔さん。さすがの混雑でした。

何百人並んでるのさっ!、っていうぐらいの列でした。

(スカイツリーはもっとすごい?)

てっぺんの展望台に上る人で埋め尽くされております。

私らは途中のレストランに行くだけなのですが。それでもすごい列だった!

並ぶのきらーーーーい。


effel2.jpg


さすがはフランス。こんなところに工夫が。

人間を運ぶリフトを見ると、おじさんの人形がくっついてました。

このおじさんがリフトを動かしてるみたい!かわいい。


effel.jpg

ふふふ。

並ぶのは嫌だけど、でも許してあげられそ―。

effel.jpg


そしてここがレストラン。


面白い話があります。

エッフェル塔ができたころ、、、

なんてひどい建築物なのだ、観るに堪えない、という人も少なくなかったとか。


なかでも毛嫌いしている紳士がいて、

なぜか、彼は毎日エッフェル塔で食事をしていたとか。

???


どうして、大嫌いなエッフェル塔で食事を毎日しているんだい?と聞かれた彼は、、、

「エッフェル塔を見ずに、食事できるのはここしかないのさ。」

と言ったとか、言わないとか(笑)。

フランスらしい逸話です。


alan2.jpg


さあ、食事です!


alan.jpg


alan3.jpg


鴨とフォアグラのテリーヌ。

オニオンマーマレード、バルサミコと蜂蜜、って書いてありますが。

よくわかりません(笑)。美味しかったです。


alan2.jpg


鶏胸肉のロースト、ポテト添えです。

あまり味は覚えてないなんだけど!

上にかかっている泡のソースはチーズソースだったかも。

まあ、美味しかったです、、、


alan3.jpg

ココナッツのケーキ。

まあ、美味しかった、、、つうか、もはや記憶がない(笑)。

アラン・デュカスは有名だけど。

どうなんでしょう。思ったよりはちゃんと美味しかったけど。

このメニューで一年中やってんのかもね。


皆さんが喜んでくれたので良しとしましょう!


alan45.jpg



窓際の景色のよいテーブルでラッキーでした。

隣には四国からきていた女性グループがいたのですが、

なんと話を聞いてると、彼らも看護師さんたち!奇遇です。

徳島の病院なんですって。

阿波踊りにも毎年出ているそうで、その話を聞くのも楽しかったし。


とにかく、賑やかなテーブルになりました!

ワイン、飲んじゃったよー。


この後は、美しい夜景を見ながらのプチ・クルーズです!