CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
お仕事モード [2022年01月21日(Fri)]
IMG_20220121_095905.jpg



久々のサロン出勤。

カワイイものが。。思わずニヤッとしちゃった。


さすがにオミクロン、もうすぐ東京も1万人に達する?

なので客足ばったり。そりゃソオですよね。。

今日は軽くお掃除して。明日の仕事の準備してます。


明日の仕事、、サロンの仕事ではないけれど、、

同じ業界ではある。。ちょっとやりたかったこと。

またこの件はお話します(^^)。。


が、、正直、、不安です。こうして普通にしていても

5分後に急変してまた高熱が出るかも?と思うと、、

ホントに怖いです〜(>ω<)。仕事だからね。。


あ、今回の診察で、書き忘れたことが。。

備忘録として、、メモメモ。


肝臓の中に張り巡らされた胆管。皆もそうよ。

私の胆管はこの難病の特色として、、細くて狭くて

胆汁が十分流れなくなってきてます。


発症、というかこの病気がわかってから

どんどん、ますます、、消え入りそうになってるのが

MRIの画像から見てとれます。


熱出して炎症が続けば、そこに腫瘍もできるというわけ。

それが悪性の胆管癌。。

所見では再発の兆候なし、とありましたが。。

実は10年前もそんな感じで。。

画像には映らなかったんです。PET検査でも。。


ひたすら当時の主治医が粘り強く検査検査検査!って、

私に嫌がられても諦めず調べてくれたからこそ、

小さな腫瘍のうちに手術出来たんだよね。。


あの時も何度かステント(管)を胆管に入れたけど、、

もはや私の先細った胆管のどこに入れればよいのか、

お手上げです!!!と、今回の主治医。


しかもそのたびに入院しなければならんし。

入れるのも取るのも麻酔するほど痛いんよ(泣)


ちょっと現実的でなく。

もう処置のしようがにゃーって事です。。


母があんまりガアガア、不平不満叫ぶので(仕方ないが)

「検査結果、聞いてくれないよね、まだ、、」と、

必殺の一言を投げかけた(^_^;)。


それでまた落ち込む母。私は悪い母親だ、と。


そうやってチビチビ泣かす私の意地悪さ〜(笑)


もーすぐ90歳(まだまだですが。)の母が、、

夜眠れないのに、今朝も早くから起きて

(何度電話しても起きなくて焦った!)


痛い足引きずって朝食準備して、リハビリ行って。。

必死に頑張ってる姿に、、

私が倒れたらイカンな、って。

本当にそう思うんですけどね(泣)


空港に行く私を見送る母のまつ毛がビショビショ。

ずっと泣いてた。

「今度はいつ来る?いつ来れる?」って。。


置いてけないよ〜(TOT)。。。