CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
所ジョージさん。 [2022年01月05日(Wed)]
IMG_20220105_083312_copy_1664x1248.jpg


朝刊のこの記事に手が止まり。。

あ〜。なんかとても良いものを朝から読んだ、

そんな気になりました。


業界でもめっちゃ慕われている所ジョージさん。

この記事に書かれている事って、ごく当たり前のこと。

でも、きっとみんなが失っているもの。


不安抱えて生き急いでる人なら、ハッとするだろう。

こんな生き方が一番尊い。そう思う。


30歳を過ぎた頃。ずっと死にたいと思っていた。

でも親より先に死んではいけない、とも思ってた。


生きる屍のように笑わずに生きてやる。誰への復讐?

仕事続けながら、涙を時には流しつつ、、

氷のように冷えた心のままにただ生きてるだけ。


そして、、一番辛い時間帯が、、朝だったんだよね。。

また1日が始まってしまう。朝は眩しく。

すべての希望の始まりなんだろうね。


だからたまらなく朝は苦しかった。


「朝起きたら、幸せだと思うのが大事。」

彼のこのフレーズにあの頃の自分がフラッシュバック。


本当にそうなんだ。朝がくることを待ち望む自分であれば

きっとその日もその翌日もその翌年も幸せなんだよね。


私は、、幸せだ〜!と実感した事、殆どない。

まあ、普通の人より年がら年中、嵐が襲ってくるから

やむを得んとこもあるとは思う。


でも子供の頃から、ずーーーっと哀しかった。

考えたら、ブログのタイトルもそうだ(笑)(笑)(笑)


所ジョージ的な余生をおくる、

それが私の最後の課題なのかもしれないな、と思った次第。


私だってぬくぬくしていいんだ、って。

認めてあげなければならないね。


さ、母がデイケアから戻ってくるので。

天ぷらうどん作ります〜。


この新聞記事、よく見えない、という方いたら、

写メで送りますんで(笑) いつでも言ってちょ。