CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
死ぬときぐらい好きにさせてよ [2021年10月02日(Sat)]
81Ii6wms6SL.jpg


川に浮かぶオフィーリア!

有名な絵画ですよね。


、、と思いきや。

あの、希林さんです〜。すごっ!!!


樹木希林 著作。

120の遺言


〜死ぬときぐらい好きにさせてよ〜

この遊び心、流石だな〜。

そして、その遺言は、、うなづきまくりの、、

流石ですよ、希林さーん!ってのが読後感。


thumbnail_2019_0128_kikikirin.jpg


この切り口は樹木希林さんならでは。

ハッとするものばかり。共感しまくりです。

いや、ホントそのとおりだな、って。

頷きながら読んでおります。 オススメの一冊です!


thumbnail_large.png


カッコよすぎだぜ〜。

てか、私も本当にそう思っております。

人間て、そういう生き物であるはずだ、と。

少なくとも、私はそう生きてみたいもんだ、って。


今、私は東京で仕事して、病院行って友人に会って。

あ、最近はフラメンコのレッスンをのぞいたり。

ちょっと深呼吸する時間を持っています。


が、実家のアレコレは、あいも変わらず、

毎日電波にのって、たくさん押し寄せてきますわ。


母はかなり情緒不安定で、、ヤバいです。

苦しいだろうし、寂しいだろうし、痛いだろうし、

とにかくネガティブ街道、まっしぐら。


死んでやる、化けてやる、もうどうなってもかまわん、

そういう事しか、口にしない日もあるので、、、


ちょっと慰めたり気持ちを変えてあげようとすると

否定されたと思い込み、すごく攻撃してくるし、


「電話をもうしないでください!」とバチっと切られ、、

ため息つくばかりですが。哀しくなって電源落とすと、、


ヨキ子が電話に全くでない!熱が出て倒れている!

と、大騒ぎして他の家族に電話したり、

私の留守電になんと6件も入っていた、、(-ω-)/


電話するなよ、おまえ!と言ったじゃんか、、、

でもまあ、、コチラからは責めたりはしません。

母も苦しいのですから。。


しかし、強烈なネガティブ気質。

自分で自分を追いつめているのがわかります。


自分の特性が際立ってくるのが老いだもんね。。。

良く悪くも。それ50過ぎたら皆、始まってるから。

私も気をつけねば、と何か発信するときは思うよ。


自分は良いと思ったことが

絶対だと思ってしまうことが一番危険。

ほとんどの人は当てはまると思うけれど。。


うちの母は物事を内省するのがすごく苦手。

妄想系に走って、事実が真逆になったりもする。

だから、、なかなか難しいんだよね。


人を攻撃するわりには、とても自分に自信がない。

自己肯定だけのために余生を送ってしまう。


もったいないんだよ〜〜!(泣)

お母さんは日本一の母親なんだから〜〜〜。


うちの母はバリバリの職業婦人で。

あの時代にオヤジたちをギャフンと言わせてきた人。

経験した苦労もハンパじゃない。


思うんだけど。うちの母のタイプは成功してた時代より、

老いていくプロセスが一番大事だと、、


苦労してた時代よりきっと一番今がキツイはず。

そして、最後にそこを乗りこえていくことで

いろんなご褒美が用意されてるはずなんだけど。


母の大胆さと繊細さが、、今のところバランス悪い。

その手伝いはしてあげたいと思ってはいるが、、

考えたら、これは自分の学びでもあるんだな、と。

きっとそっちのほうが大きいと思う。

私が学ぶ場所でもあるんですよ。キツイすもん!


だから、このクソババア!って、何度叫んでも

母のそばに寄り添う事、続けられるんだと思う(笑)

私はね。ギブアップしない女だから。

私を殺そうとする母親であっても、守り抜きたい。


比べられないけれど。。。

希林さんのように生きて死んでいけたらね。


まあ、どんなにあがいたって。

自分が死ぬその時までの話ですもんね。

余裕の笑顔でいかなきゃだよね。


余談ですが。4キロ近く太ってた事に気づかなかった。

私のことよ。ジーンズが入りません。

肌寒いな、とシャツ着たらボタンがしまらない!


太るのは良いのですが。ぱっと見痩せてるのに、

実はボヨボヨ。それがイヤ。。醜い体型。。


いつのまに、、

食べ過ぎでダラダラしすぎで、、こうなった。


フラメンコレッスンの鏡に映る自分、、オエ〜!

先生の横には絶対立てない〜〜〜。