CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ノマドランド [2021年04月18日(Sun)]
nomad.jpg


「ノマドランド」観ました。

2021年のアカデミー賞、最有力候補と予想されています。

発表は今週末なので、、とりあえず抑えときました。


と、いうより。。きっと私の近しい世界かな、と。

なんとなくだけど。そんな気がしてね。


「ノマド(遊牧民)」と呼ばれる存在も知らなかった。

車上生活者の生きざまを描いたロードムービーです。





主演のフランシス・マクドーマンド、結構好きで。

この作品も彼女の起用で大正解。溶け込みすぎてる。

その他の俳優女優は本職の方ではなく、なんと、、

実際にノマド生活を送っている人達が起用されている。

観た後に、それを知って、、「納得」のひと言。


640.jpg

あらすじ:

アメリカ・ネバダ州に暮らす60代の女性ファーンは、

リーマンショックによる企業の倒産で住み慣れた家を失う。

同時期に、夫を病気で亡くしてもいる。

彼女はキャンピングカーに荷物を積み込み、

「現代のノマド(遊牧民)」として、

季節労働の現場を転々と渡り歩きながら車上生活を送る。

行く先々で出会うノマドたちと交流を重ね、

次第に慣れつつ、彼女の旅は果てしなく続いていく。



6400.jpg

ファーンは日雇いの職を求めてアメリカ各地を転々。

クリスマスシーズン、あのAmazonが短期バイトを雇う。

アマゾンが季節労働者の収入源になっているんです。


雇われてる期間は駐車場も無料なので、

食費さえ稼げれば最低限の生活はできます。

ファーンは梱包する作業に従事していて、、、

同じ境遇、ノマドのひとたちも大勢働いている。


nomadland_420_280_05.jpg

ファーンはいろんなノマド生活者と出会うわけですが。

すごく興味深く観ました。一人一人、それぞれの生き方、

ノマドを続ける理由、それは様々で。

一つ一つの会話が、哲学的でもあり。。。


観ているコチラの「生きる」という行為や理由や、、

本質的なテーマに思いを至らせることになります。


「ホームレスではなくハウスレスなのよ。」と、

なぜ、ホームレスをしているの?と聞く知人の子供に

そう答えたファーンに、なんかドキッとするんだよね。


1616381727585.jpg

終始、淡々と進む、心地よいロードムービーだけど、、

ピアノの旋律が、、とにかく胸に刺さります。


アメリカの大自然って本当にスゴイね。

ファーンがキャンプ場で短期の仕事をしていた、

サウスダコタ州、バッドランズ国立公園とか。。


仕事で移動するところがそれぞれ壮大な風景。

静けさに満ちた雄大な山々だったり。


圧倒的なアリゾナの自然も神々しい。

(セドナを想いだしてしまった。)


普通の人々には「気の毒な車上生活者」に見えるかも。

でも、、なんだろ、恐ろしく自由で。。

大自然と繋がる存在たちに思えるのです。


そう思えるのは、、たぶん私もそっち側の人間だから。

最初から最後まで、ノマドの人たちに共感しまくってた!


この作品の空気感が、雰囲気が、、

大好きだと思いました。うまく言えないけど。


私の本質もノマドだな、って改めて思ったし。

資本主義の生活を続け、今、ヒイヒイ言ってるが(笑)


私がその昔、スポーツバッグ一つだけしょって、、

アフリカや中近東、スペインやポルトガル、

ひいては東アジア、、旅をした時の、、あの感覚が。

この作品を観ているとフラッシュバック!

懐かしすぎて、、またまた胸アツ。


私が車に強くて、、メカに強くて、、

頭が良かったら、、ノマド生活やりたい、と。

ちょっと思っちゃったよね、、


主演の女優も、、外で用を足したり、

車内でバケツにウンチしたり、実際はわからんが(笑)

時には全裸で川で泳いだりしていましたが。

私は、その半分ぐらいはもう経験済みだ(笑)


私も今、家があるわけじゃないし。

家族も、、、ボソボソ。


病気持ちではあるけれど、、でもね。

すい臓がんの末期のノマドのおばあちゃんもいた!

リアルにノマド生活をやり続けて、移動してたし。

自分で決めた最期を見事に敢行していた。

スゴ過ぎる!アッパレであった。。


人生って、自由だ。

でも自由って孤独だ。

、、とてつもなく孤独だ。



書きたいことの三分の一も書けなかったのですが。

自分の感覚でこの作品を味わってほしいな、って思う。


観る人によっては、全てが違ってくる作品。


死ぬまでどうやって生きるか、考えさせられる。。


| 次へ