CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
どうしましょったら、どうしましょ。 [2021年02月21日(Sun)]
IMG_20210217_073057.jpg


友人が、、新茶をたくさん送ってくれた。

何故か、ムー帝国(笑)のハガキにメッセージが。

あたたかい言葉、元気出るわ〜。


IMG_20210217_073140_copy_719x539.jpg


そして、、またまた嬉しいスクラッチが三枚も!

ワンピースなんだ、スクラッチ。


200円、当たりましたよ。。

どうせなら〜〜。二千万円ぐらい当たらないかな。

(マジな心の叫びです!)


今日はちょっとキツカッた日なので。。

少し愚痴らせておくんなさいませ。


日曜日とはいえ、新しいプロジェクトの準備で、、

いろいろ読んだり考えたり、丸一日費やして、、

私は目にクマ作って頑張ってましたが。。


今日は日曜日、、一人ぼっちの母親が、、

寂しい病がひどくなる日です。。。

寂しいだけでなく、、それが身体に症状として出る。。


朝から、、私への電話が、、20回を超えました。

お昼からは5分ごとに、、、

めまいがすると言っていたし、仮病ではないけれど。

声はしっかりしているように思えたので、、

八割は「寂しい病」の悪化。


私はまったく仕事に集中できませんでした。

電話に出なきゃいいのに、と、よく言われるけど、、

出なきゃ出ないで、ヨキ子死亡説、重病説、いろいろ

母の脳裏に駆け巡って、大騒ぎを始めます。


仕事だから、というともっとダメ、、、

母親より大事な仕事はないわけですから。。


あげく、、ベッドの脇に倒れて、意識が薄い、

救急車を呼ぼうか、と電話があり、、

その時も声がしっかりしていたので、、

毛布をずり下ろしてかけてね、と言ったら、、

大激怒、、泣き始めました、、


本当に辛いわ〜〜〜。

母は人間不信なんですよ、極度の。

私にしか泣き言も言えないから、、、

20回の、ネガティブな電話は、、

私の細胞を壊していくよ〜〜( ノД`)シクシク…


母の神経症はもう治療の域をとっくに超えてる。

最近、母の神経を逆なでするような事件?があり、、

それで家族も頭抱えていたのですが。。


かわいそうでもあり。。。

でもなんとか乗り超えてほしい、と思ったり。

私はグッと我慢して、一切怒らないし

母に、否定的なこと言わないし、

もう、天使か、という関わりかたでガンバッテルが。


毎日、母の泣き言を聴いてあげねばならず。

ホントに辛くてね。。。( *´艸`)


母のステージはグッと進んでしまった気がします。

哀しいけれど、、確実に進んでます。


夜中、脚が痛くて眠れなかったり、

考えなくてもいいことを考えすぎて眠れなかったり、

もう、リハビリ行かなくてもいい?と毎回聞かれ。


今までは自分のために行った方がいいよ、と伝えて、

母も無理やり行ってましたが。。。

最近はもう、そんなこと言えなくなってしまった。


もっと自由にさせてあげたい、と思うわけです。

そうだね、行かなくってもいいよ、

眠れなかった分、好きなだけ寝ちゃえば?と言います。


そしてアマノジャクの母は、、行くんですよ(笑)

じゃ、行かない、良かった、と言ったくせにね。

頑張って行っちゃうんです。


そういう姿を間近でみたり、電話で聴いたり。

支えてきているつもりですが。。。


そうそう、先日、母が大泣きして暴れたんですよ。

私が原因じゃないですよ(笑)

ある人が原因、、書けませんが、、、


「もう、こんな人生、未練はない!

自殺してやろうかと、何度も思った。

もう生きていたくない、、、」


まあ、その辺は何十回も聴いてきたけど、、、

私も毎回それに応えてるから。基本クール。

ひたすらに受話器の向こうの母の嗚咽を聞いていて。


ビックリしたことがあって。

初めて、母が私に口にしたことが。

オイオイ泣きながらですが、


「アナタのことを愛しているから〜。」

心から感謝しているから、だから、

もうこんな自分の世話をさせたくないし、

東京から帰ってほしくない〜〜と。


母の口から、「愛」なんてワード、絶対出てこないし。

世界で一番遠い気がしていたのに。

泣き叫びながら、愛している、と言われて、、、

妙な気持ちになりましたがな(笑)


でも、、なんか、、胸の奥底に、、きました。

なんとも言えない、、気持ちが湧き上がって。


だから、、気が狂いそうな20回の電話にも、、、

ちゃんと応えないといけないんかな、って思ってしまう。


今日はね、、さすがに電話を取った瞬間、

私も亡霊みたいな声で、、はい、、なんでしょう、

みたいな感じだったから(笑)


でもでも、仕方ないですよね(´;ω;`)ウッ…

人間だもの。ヨキ子も。。


| 次へ