CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ヤバい皿うどん。 [2021年02月11日(Thu)]
saraudonaimori.jpg


わたし、皿うどん、チャンポン、好きなんです。

西日本寄りの人間なもんで(笑)


福岡空港のチャンポンも最高だったなア。

三軒茶屋にも数件美味しいチャンポン屋さんあるし。

近くに住んでいた時、よく行きました。


仕事の帰りに小腹空いて、、無性に食べたくなり。

高架下のさびれまくった地下のお店に入ってみた。

オヤジの吹き溜まりのようなお店、、、


サラリーマンとかではない、あやしい匂いのする、、

オッサンやお兄さんに囲まれて、私ひとり、女。


特大盛りの皿うどん!硬面と太麺の合い盛り注文、

とてつもない量でした〜〜〜( ゚Д゚)!

餡かけですが、キャベツ、もやし、きくらげ少し,

豚肉、いかげそ、微妙なあさりの身、蒲鉾。。


全部食べましたよ〜〜〜。

正直いますと、、ちょっと食べた後、心配に。

吐きそうとかはないんだけど、、

イヤな予感は、、した(笑)。

夜は、すこし微熱が、、胆管に負担かけちゃったか。


そして、翌日は大学病院の外来があって。。。

忘れておった。発熱あったらキャンセルさせられる、

ドキドキしながら朝を迎えましたが。。。


なんとか、熱のサーモグラフィを通過しました。

私もコリナイ人間です。。食べなきゃいいのに!

残せばいいのに!って思いますが仕方ない(笑)


最近は大腸専門の主治医と肝胆膵の主治医と、

二人分の診療受診なので、、時間がかかりすぎて。

ホント辛いですわん。待合室でうたた寝しちゃった。


やっと名前呼ばれて入った、大腸の主治医の診療室。

広い部屋に、小さくポツンと存在感消して座ってる。


「大丈夫ですか?」と思わず第一声で聴いちゃった。

40代ぐらいの男性の先生なのですが。。。


「元気ないように見えますか、、」

「はい、、そう見えます、、」

「いつもと同じです、、いつもこうです。」


出棺を見送るヒト、みたいな負のオーラです、、

(心の中で言いましたよ。)


この日は、次の大腸の内視鏡検査の日を決めて。

来月から毎月いろいろ画像検査が入ります。


最近、とても体調が落ち着いているので。。。

このまま身体を整えていかないと、です。

食べるモノに気をつけねば!

皿うどん、あそこじゃもう食べねえよ〜(笑)


その後、再び2時間近く待ちまして。肝胆膵の先生。

皿うどんの弊害は数字には出てませんでした(笑)


なんなのでしょうね。最近数値がホントに良いのです。

肝臓の数値はどれも、この十数年、ヤバかったのに。

基本値にどんどん近づいていく、、ホワイ?なぜ??


白血球もうなぎのぼり。深刻だったころの倍ぐらいに。

血小板はまあ、、ボチボチ、かなあ。


最近太ったからでしょうか。

コレステロール値や総蛋白、アルブミン、などなど。

数字がのきなみ上がってる〜。

これ以上上がると良くないと思うけど。


これでは予定より長生きしてしまいそうで、( ゚Д゚)

嬉しいような、、焦る気持ちも(本気でそう思う。)


「外科のセンセが緊急入院とか多い患者さんなんで

モー大変だから、なんとか内科で診てほしい、って

そう言われてたけど、 全然入院とかないよね???

元気よね、内科に移ってからは???」


と、主治医がいつもよりさらに驚いていました。

ナンででしょうね、、、わからんわ(^▽^;)、、


コロナの話も少ししましたが。。。

先生がたは全くワクチンの話聞かされてないという、、

どーなるか、もう考える余裕もない、とため息。


前回とは違うことは、、鼻から上はフェイスシールド。

鼻からはマスク。ダースベイダーのようでした。。


あれを丸一日してるって、、ストレスだよなア。

お疲れ様です。。。


| 次へ