CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
運動会日和です。 [2020年11月01日(Sun)]
IMG_20201031_095318_copy_748x561.jpg



毎日、青い空を拝めて嬉しい。秋だな。


昨日も見事な運動会日和。

姪っ子の娘っち、初めての運動会!


コロナで、運動会は大縮小。

学年別に30分ずつの開催って、、寂しいね。

運動場に入れる家族も二人のみ。

あとはフェンス越しに眺めるらしい、、(´ε` )


私はまだ自主隔離期間(笑)ちゅうなんでね。

フェンス越しにチラッと。


ダンスの仕上がり具合を動画で見せてもらってた。

難しい楽曲に合わせて踊りまくる動画に感動。


もともと喋り始めたのが普通よりかなり遅くて。

平仮名も今、一生懸命覚えている。


感性はシビレルほどで。ダンスや音に関しては

天才的な閃きがある、と私は思う。


普通のことが遅れていたって、その子だけの個性が

こんなにキラキラ輝いているんだから、全然オッケイ。


今回も、、先生がこんなこと言ってくれたらしい。

「Rちゃんは別格ですから!

私、勝手にこの子は舞台に立つ子だと思ってます。」


先生、タップダンスを週3で習っておられたらしく。

お金払ってたのに、、こんなに心いれて

踊っていたかな、って反省しました、って。


そう、この子の踊りからは、、

なにか、伝わるものがあるんですよ〜。


本番も!大きな運動場がちっさく見えるぐらいに

青空を突き抜けていくように

全身でジャンプ、踊りまくってました。涙。


私もこの小学校で、かつて!6回運動会やりました。

朝から花火が鳴って。屋根のついた観覧席が作られ。

入場門には手作りの花々が彩られ。


1000人を超す生徒と保護者でひしめき合った運動場。

ワクワク興奮の晴れ舞台。ピストルの音。


私は足が速かったので、徒競走とリレーは

ダントツの一位でした(*^^*)。運動会は命かけた(笑)


今は、、生徒数も減ったし、コロナ禍で、、

仕方ないが、ショボすぎる運動会。


子供らは、これが当たり前になってゆくんだろう、、


あまり書ける話でもないし、スルーしてますが。

実家での一週間。凄まじいでございます。


帰ってこれなかったこの4ヶ月で、、

母も後退、変容、しております。


24時間が闘い、、ある意味。

めっちゃ、キツイよ〜(*´艸`*)


心、穏やかに、おだやかに。