CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ラブストーリー(クラシック) [2020年10月22日(Thu)]
ラブストーリー.jpg


昔。イタリアへ向かう機内で観た映画。


出発から到着まで。繰り返し観て4回!

4回とも大号泣の巻。


まさか、主演の一人がチョ・スンウだったなんて!

(大ファンですねん。)

そして、、まだ初々しさの残る相手役が、、、

韓国のマドンナ!愛の不時着のソン・イェジン!


なんと今年。17年?振りに鑑賞。

すごいすごい!なんという満足感なんだ!

古臭さが無い、映像もすてき。音楽も最高。


ソン・イェジン、「愛の不時着」の彼女も可愛いけど。

さすがにまだ、この頃は幼さが残るが。本当に演技派。


でもって、、チョ・スンウ、チョン・インソン。

撮影当時、20〜22歳?の彼らの演技がもう、神。


ヨーロッパまでの長い飛行時間、、

映画が終わってはまたスタートボタン。

機内で4回観るって、すごくない???

てか、途中、アナウンスとかで邪魔されるんだが(笑)


そのたびに、私はエコノミークラスの座席で、、、

一人でオイオイ号泣していました。4回!(ToT)/

隣の座席の人は、、頭のおかしい女、だと思ったかも(笑)


切なくて哀しくて。音楽聴くだけで泣けたあの時の私。

曲がどれもこれも素晴らしい。

何かがオーバーラップしていたのかもしれないね。


それにしても、、

「マラソン」で自閉症の少年を演じたチョ・スンウ氏が、、

(こちらも既に記事は下書きに入れてある、、)


これまた、180度方向の違う青年を演じてて。。

やっぱり、神だ。


今、ちょうど!新宿と心斎橋のシネマートでやってて。

スクリーンで観ると違うんだろうなア。

DVD持ってるけど(笑)、、観に行きたかったな、、


あらすじ、なんも書いてないけど(笑)

時間の空いた方、是非観に行ってほしいな。


関東の方、関西の方、に限られちゃうね、、




| 次へ