CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
愛の不時着 [2020年07月02日(Thu)]
IMG_20200618_174511.jpg


書くつもりはなかったんだけど(笑)

とりあえずは、、取り上げとこうかな。


コロナ禍において、この春、夏、、

「Netflix」で、世界的爆発的なヒット。


愛の不時着


今もまだ、その人気冷めやらず。

この韓流ドラマは世界を駆け巡っているようです。


みんな、ステイホームだったから。

芸能人もアスリートもハマって嵌って、話題になって。

黒柳徹子さんから始まり、お笑い芸人、橋下徹氏、、、

いろんな人が嵌っていく姿が不思議で眺めておりました。


Screenshot_20200618_175436.jpg


私もようやく観ること叶いましたが。。。

そうね、そりゃ人気出るよね、これならね、って。

やっぱ、面白いもん。


ラブなところはチョイ私には多すぎたけど(笑)

試聴者が喜ぶような場面、めっちゃ盛りだくさんだから。

良く練られた構想、っていうのでしょうか。


まずは、主役の二人が良すぎです。完璧。


ヒョンビン演じる北朝鮮の将校、リ・ジョンヒョク、

とんでもなくキュートなソン・イェジンが演じるユン・セリ。


無敵と思われる二人の、、運命の愛の物語。

日本では、、この二人の役をやれるひと、、、

思い浮かばんわーー。( ゚Д゚)


全く知らない人、興味ない人に(笑)、軽く、説明をば。


韓国の財閥令嬢、そして自身の会社も華々しく経営、

どこからみてもパーフェクト。憧れの象徴。ミューズ。


そんな「セリ」が、ある日。

パラグライダーの事故により、北朝鮮に不時着してしまう。


そこから始まる、(マジあり得ない)運命の物語。

北と南、双方で繰り広げられる壮大なるドラマ!


ImhmNYY-1200_copy_900x600.jpg


家柄も良く、父親は軍隊の大物。

北朝鮮ではおぼっちゃま、皆の憧れ、北朝鮮の将校!

リ・ジョンヒョクを演じるのは、大人気のヒョンビン。

185センチ以上あるのかな、モデル体型でムキムキ。


VVcWNoA-1200_copy_600x400_1.jpg


喧嘩ばかりしていた二人だけど、

あっとゆーまに、そりゃいいカンジになりますわ。

IMG_20200618_174601_copy_810x810.jpg

と、言いましても。。私が惹かれたのは、、

そういうところではなく、、コメディパート!

お見事!としか言いようのない、笑いのセンス。

北朝鮮の生活ぶり、私らには全く未知の世界だけど。

これ、リアルなのかな、、と思えるような、、、

なかなか興味津々なエピソードが多くてね。


私らにとって当たり前のこともここでは通用しない、

良く言えば、なんだけど、資本主義の垢?に

未だ染まらず生活してる人たちがいて。

昭和ヒトケタ(知らんけど)時代を彷彿とさせる、

そんな感じ?なんか素朴で懐かしい。。


IMG_20200618_174447.jpg


ドラマを盛り上げてくれた愛すべきキャラたち、、、

まずは、素朴で可愛いリ・ジョンヒョクの部下たち!

4人が集うと、そこから始まるほのぼのタイム。

最高に笑わせてくれるのです。


こっそり韓流ドラマを見て号泣する兵士もいれば、

コワモテのツラして、セリにガン飛ばしてた部下が、

セリに貰ったいい香りのシャンプーにウットリしたり。


皆、セリを守っているうちに刺激をたくさん受けて、、

セリが大好きになっちゃうんだよね。


彼らがその後、なぜか(笑)ソウルに出動するんだけど、

ソウルで繰り広げるドタバタエピソードが、、

これまた面白くってたまらない!

どんだけ笑わせてもらったか、、、


最高やで!



癒された、っていうか。きっと、このドラマ観たひと、

みーんながそう思っているハズです。。。


Screenshot_20200618_175414.jpg


ピクニックのシーンも良かったな。


アチラのピクニック!と言えば、、お楽しみの、、

生きた子豚の、、丸焼き、、、(゚Д゚)ノ、、


そ、それだけはダメよ!とセリに懇願されて、、

皆で魚を獲りまくるシーンも、ニコニコしてみちゃう。


Screenshot_20200618_175821.jpg


皆がふるまってくれたのが、、、

「貝プルコギ」本当にこういう料理あるんだって。


本来はガソリンを利用するそうです。( ゚Д゚)ひょー。

ドラマでは食用油だった気がする。


ちょっとわかんないけど、、ゴザみたいなのに貝を敷き、、

一気に油をかけて火事か!っていうぐらい火が、、

大きめの貝がこんがりと?焼かれ。

美味しいわけがないわ!みたいな疑いの目で見つつ

セリが貝を口にして、、、あまりの美味しさに目が点に。


ニコニコ見ている部下たちはその貝に、焼酎を入れます。

「私はソーヴィニヨン・ブランしか飲まないの!」

カワイクナイこと言うセリに、、みんなニヤニヤ。


それを飲み干すと、、ますますセリの目がまん丸に、、

「砂糖を入れたの??甘いわ!」


もうその時点で、、私のお腹が、、きゅるるるる。

食べたい!貝プルコギ!ガソリンでもええから(笑)


そんな楽しい毎日が、、セリの心を潤していきます。

ナンもなくって、お風呂もアロマキャンドルも、

シャンプーも、ボディソープも素敵な洋服も、、

なーーーんも、ありましぇん。が、それでも、、


彼女の心がドンドン満たされていく過程が良い。

実は、、セリは愛人の子で、、幸せな境遇ではなく。

いつも兄たちから冷遇されてきたので。。

虚勢をはって、孤独に生きてきたのです。


ゆえに、セリの周りの人は、彼女を傲慢で冷たくて

誰にも頼らないイケすかない女だと思ってるわけ。


素のセリは明るくておしゃべりでユーモアあって、、

そんなセリを全て引き出してくれたのが、、、


この愛すべき兵士たちと、、

この村にはびこる(笑)、強力な女たち、なんです。

あ、もち、リ・ジョンヒョク氏もね。


Screenshot_20200618_175839.jpg


不時着したセリを自分の宿舎にかくまっていた、

このリ・ジョンヒョク将校、イマドキのオトコ。


自ら、麺を打ち、切って茹でて出汁も取る!

ナニやら旨そうな麺もの、作ってるな、と思えば、、


コーヒー豆はないので、、代用品を手に入れて

なにかを煎ってたな。香ばしいもの???

それをちゃんと挽いて、、、

美味しい朝のコーヒーをセリに淹れてあげるのダヨン。

たぶん、これ、視聴者の胸をうずかせた、、はず。


これ、時代ですにゃ。

冬ソナのヨン様は、そんなことしなかったよね〜。

あんまり覚えてないけど(笑)


IMG_20200618_174537.jpg


あっちゃーー。

もーー、カンペキっすね。この絵ヅラ。


全体に音楽のセンスが素晴らしいんだよね。

え、このシーンに、、、「アルハンブラの思い出」?

使う??(笑)(≧◇≦)、、??ってな感じで。


全編、クラシック曲がうまく使われております。

そう、ジョンヒョク氏は、ホントは軍人ではなく。

スイスで活動するピアニストでもあったわけで。

いいカンジで時々、クラシックが流れる(笑)


スイスロケもすっごくキレイで夢のようで。

とにかく、全編においてサービス精神多すぎて、、


要らんシーンも数あれど、(笑)

それが全て、愛すべきシーンとも言える。


Screenshot_20200618_175854.jpg


↑ ↑ ↑

このシーン、何気におもろくって。

爆笑しちゃったよ〜。(≧▽≦)


セリが堂々と(笑)隠れ住んだ村は、、

もちろん、組織に監視された地域なのですが。


そこに住む兵士の妻たちが!、、これまたパワフル。

最高にいい味を出しまくってるんですだ。


憧れのリ・ジョンヒョクを奪い去った憎き「セリ」と

彼女たちとの交流が、、笑わせるし泣かせる。

定期的に「ジョンヒョク様を囲む会」をやってる(笑)


いい役者揃ってんなア。

ほっんとに、私何度も爆笑しちゃったもん。

そして、泣けるシーンもてんこ盛り。私は泣かないが。


つうことで。。。


この「愛の不時着」はですね。

いろんな楽しみが詰め込まれた遊園地みたいな。

ナンでもアリの、総合デパートみたいな。

よく練られたドラマ、といえます。


絶対、観ないわー、という人も多いと思いますが。

観たほうが良いと思われます。


「北」に、行きたい!と言い出す日本の10代の子たち、

それはちょっと考えものですけれど。(;・∀・)


私は「梨泰院クラス」の方がラブですが。。


この二作品に、、救われたことは事実です!

心身ギリギリの毎日に、ワクワクする時間が増えて。


ホントに助けられた!!!

生きてていいんだーーって(笑)。大げさ?


まだまだ、観てますよ。ドラマ漬け。

もう日本のドラマが、、観れなくなっちゃった。


| 次へ