CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
3月20日。春です。 [2020年03月20日(Fri)]
P10102055B15D.jpg


こんな状況下でも。桜は咲きましたね!


見慣れている、飲めや歌えやのお花見はさすがにないね。

一人で。誰かと。そぞろ歩きのお花見が主流でしょうか。

静かに桜を楽しめるのは悪くないな、、(^^♪


こちらは、、数年前に訪れた八ヶ岳。南アルプス!

神田(しんでん)大糸桜です。


樹齢400年ですって。

ほとんど網におおわれて。全景は見られなかった。


日本の歴史をここで静かに眺め、佇んでいるのだな。

菜の花や水仙もたくさん咲いていて。

とても癒されました。また行きたいです。

(食べ物もめっちゃ美味しいし。)


ストレスたまってるときは、、、

自然のなかに身を置くのが一番。


今日は3月20日です。地下鉄サリンから25年。

地下鉄サリン事件で重篤な被害を受け、

後遺症に苦しみ続けた女性が亡くなったそうです。


そばで支え続けてきたご家族の心情を鑑みると、、

言葉には出来ませんね。。。


あの年のこと、ハッキリ覚えています。

何故かというと、、私の人生の分岐点だったから。


あの年に私の人生はパキッと音立てて。

方向が変わっていった、そんな気がします。

全てを失った気さえしましたが。


その時に、起きたのが地下鉄サリン事件。

何も考えず、虚ろな目で毎日遅くまでニュースを眺め。

こんなこと言っては不謹慎極まりないけど。

空洞になっていた私の身体と心が、、、

少し、血が巡り、、私、生きていたんだっけ、と。

あのニュースをただただむさぼるように見てた。


その年、1月には阪神・淡路大震災。

とんでもない年であったわけですが。

世の中のそんな最悪な状況よりも、、、


生きているか死んでいるかわからないぐらいの

自分の虚無感を持て余してた気がします。


ヤバいと思って、逃げるように旅立ったチベットで。

ビックリだけど、再生の道が開かれたわけで。


本当に、自分の意思ではなく、何か大きなものに

突き動かされて、渦の中に巻き込まれていただけの。

そんな年だった気がする!


生と死のはざまにいたような自分だったけど。

今、こうしてオバちゃんになって思い返すとですね。


そういう時の「生」はとても鮮やかで。

今よりも、一秒一秒、鼓動を感じながら生きていた、

のかもしれないな、、、


話はそれました。(笑)


明日から山口なのですが。。。

楽しみにしていた桜は、、まだまだツボミのようで。

残念だなあ。。。母と花見に行きたかったな。


東京で先日買った、素敵な水色のカーディガンを着て

母が笑顔で花見に行く姿をずっと想像していたんだ。


私が帰る、っていうので、異様なハイテンション。

楽しみ〜、と上機嫌。夜もよく眠れたらしい。

お天気だから、って重たいお布団を干してくれて。

気をつけてほしい、、けど。ホントに嬉しい。


きっとまた、いろいろあるんだろうけど。

母を癒してあげます!

母の好物のおやつや食材をたくさん荷物に詰めました。


東京に帰ってきても、、もう散り桜かなあ。

私は散り桜が一番すきだけど( *´艸`)。


一年の中の一番よい季節。

皆さまも良い三連休をお過ごしくださいね。


| 次へ