CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
いろいろ不調な師走のスタート [2019年12月02日(Mon)]
thumbnail_IMG_20191130_161350[1].jpg


東京に帰ってきたら。

一気に季節が進んでる気がするわ〜。

それだけ東京は寒かった、ってことかな。


駅から自宅までの街路樹が黄色く色づいてるかと思えば

カラカラと音立ててもう散りまくってる。

たった一週間で!こんなに季節進む???( ゚Д゚)


どこもクリスマスな雰囲気にあふれてるし、。

ホントにもう、年末、、、師走なんだなあ。。


そう、たった一週間なのに、、いろいろありすぎて。

体調最悪ではありましたが、予定通り飛行機に乗り。


翌日、キャンディーズのヤチコ姫のリサイタルへ!

これはまた明日にでも。素晴らしかったのですが、

今、それを書ける気力と体力がないれす(/ω\)、、


先週の木曜辺りから、突然お腹がゆるくなって。

これまで朝ごはんの1時間後、一回必ずの便通。

規則正しくて、下痢・便秘・腹痛のトラブルなし。


たぶん、、母が買い置きしていたコーヒーゼリー。

一緒についてくるあのコーヒーのクリーム、、

普段は絶対口に入れない類のものなのですが、、

母の手前、美味しく食べてあげたいし、、


賞味期限の最終日だったけど大丈夫だろ、って。

それを食べて2時間後ぐらいからお腹がグルグル。

あ、食べなきゃよかった、と思ったぐらいで、、


母と全く同じものを食べているので、、

それしか思い当たらないです〜〜。


でも、、翌朝からけっこうひどかったんです。

もう既に水下痢?? こんなの人生で二度目!

(一度目はモロッコ(笑))


薬も効かないし、、、

でも不思議に全く吐き気も腹痛も発熱もなし。

ネットで調べても、ウイルス性、細菌性の症状がなく。

あんまりヒドイと病院行くかと思ったけど。。。


ここで面倒くさいのが、、受診。


普通の内科や胃腸科では私、診てもらえないんです。

これまで何度も診ないと断られてるし。

まず、病歴で、大学病院へ言って下さい、となる。

変に治療して何かあったら命とりです、とかなんとか。


田舎には大学病院ないし〜。

東京へ帰ってはきたが、あの待たされる時間考えると。


ポカリスエットで水分補給はしてるけど、、

てか、食事も取っているけど。体力なくなるよ〜。

飛行機も都内へのバスもキツカッタ〜〜(T_T)/~~


2日でニキロ痩せて、合計三キロは失いました、、

今日から仕事も始まるし、病院へいつ行くか悩む。

ガスが出始めて、ちょっと良い方向かな、、


でもねえ。。もしかして、、、ストレス性?とも。

本当にいろいろ大変なんですよ。。

アチラにいる時もそうだけど、、帰ってきてからも。


辛いことあって泣きつく先が、このヨキータ何でも組合、

ってゆう人が、たくさんいたりするんです、、


それはそれで全然いいんですけど、、

私が今、体調が悪くて大変だって、、

泣きついてくる人たち、揃いも揃って皆さん、

知ってるはずなんですから〜〜〜。


結局、自分が処理できない辛さ、ストレスを

私に放り投げようとしてるだけですから、、


さすがの菩薩ヨキータさまも、


「私はいつも聴いてあげるけどさ、

私が体調悪いの知ってて何度も電話してきて、、

ぶちまける、って、人間としてどうよ?

今はこんな話聞かせられないな、って押しとどまる、

そんな優しさと強さを持たなアカンやろ。」


と、ちょっと強めに言っちゃいました。

その中の一人は、、もちろん母親です。


、、元凶は他にいるんですけどね、、

結局、「力関係」なんですよね。


どちらが正しいか、なんて私にはわからんし、

もしかしたら、どっちもどっち、かもしれん。


でも、一つ言えることは、強いものが弱いものを弾く。

優しいものは、鉄のような塊を落とされて撃沈。


でも、、塊を落とすヤカラは変わりはしないんだから。

落とされる方が、、自分を守る術を手に入れるしかない。


「優しさ」って同時に「強さ」も持ち合わせるべき、だと。

真の優しさは、必ず強くもある。

私はそう思うんですよ、、


でも、、彼らになかなかそれを伝えるのは難しいです。

だから、一つずつ、何十年も言い続けてるんだけど。


今朝も、、私がまだ不調で、、仕事にも行くって

母は知っているのに、、電話でぶちまけてきました。


朝まで泣いていた、と、、

撃沈する出来事がキッカケで、、自分の人生を最初から

不幸のストーリーを洗い出しはじめて??

自分はいつも不幸だった、と思えて涙が止まらん、と。


、、まあ、夜ってそういう事になりがちだけど(;^ω^)


やれやれですよ、、(/ω\)

私がそばにいれば、一通り話を聴いて、話してあげて

スッキリさせて寝かせられたと思うんですけどね、、


さすがに今朝は私もイラっとしました。

でも怒りませんよ。ちゃんと話して聞かせようと思って

優しく、納得してもらえるよう話をしていたら、、


ここが「老化」を感じるところです。

優し〜く諭してる話に、なぜか母は逆上!


お前ひとり、頼りにしているのに!

お前までそんなこと言うのか!

もう知らん、もう電話なんかしてやるか!


って、、興奮してるんですよね、、(;・∀・)

え、、話聴いてたでしょ、私、喜ばすネタ振ってたよ、


話の流れがわからなくなる、話の趣旨もつかめない、

興奮していると、そうなっちゃう、ってのが

今回の帰省で強く感じた変化です。


でもね、老化が悪いこととは全然思わない。

そういう事になったんだね!じゃ、フォローするよ、

という、周りの理解があれば、全然問題はないと。


が、、母の性格は、、それを許さない。

老化イコール罪悪。

そして、母の周りに受容してくれる人もほぼいない。


これから、母はもっと心身、老化していくわけだし、

この「力関係」のイビツさはひどくなるよね。


この数日のヒドイ腸障害は、、

そんなわけで、、ストレス性かな、と、、

思うのも無理ないですね??ね??


なんたって、腸はとってもナイーブ。

脳神経の繊細な動きをそのまま受けちゃうからね。


そういや、、私の難病は合併症として

潰瘍性大腸炎、クローン病の可能性もあるんでした。

やっぱ、そのうち検査しないといけないかな。


自分に集中したーーーいよ。(*´Д`)


でも、、やっぱ母をヘルプせずにはいられない!

守ります!