CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
労働について考える。たまには(笑) [2017年04月24日(Mon)]
IMG_4399[1].jpg



パリ土産〜〜〜。


新進気鋭のアーティスト、ぽい?



IMG_4401[1].jpg



素敵な焼き物の小皿をいただきました。


素敵。なんに使おうかな♪


土曜日はフラメンコの後に、、、

超高級!介護付き有料老人ホームに行きました。


一年ぶりとは思えないけれど、、、

確かに一年ぶりのフランス人のお友達との会食。


彼女は生け花のアーティストさん。


パリでお弟子さんをたくさん持っていますが、、

お師匠さんがこの施設にいらっしゃるので。

美味しい食事と会話で、、、


イライラギスギスのヨキータさんは

この夜、すこし、ゆるゆるになりました。


いつも私のブログに登場する彼女なので

たぶん、もうご存知かと思いますが、、、


これはパリ&バルセロナツアー企画した時に、

ツアーの皆を連れて、彼女を訪ねたときのブログ。





https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/archive/1595


御主人も息子さんもお嬢さんも、、本当に良い人で、

かつ!世界レベルで活躍する仕事人間たち。


住んでいたほど、日本が大好きな彼らなので、、

家族そろって日本には度々帰ってきますが


今回は彼女1人で。


生け花のワークショップやイベントが盛りだくさん。

パリのお弟子さんたちを連れて来日しました。

沖縄でも大活躍だったみたいです。


元々、八丈島が大好きなひと。

沖縄も本当に素晴らしかったと。


今回はお花のイベントなので、ずっとお仕事でしたが。


「写真あるの、見てね!」


パソコンを取り出し、、、

パリに住む家族の写真をたくさん見せてくれました。


懐かしいファミリーの皆さん。

別荘のあるブルターニュの写真が100%でしたが。


そう、来い来い、と言われているけど、

なかなか行けないブルターニュ、、、

行きたいよっ!そりゃね!


写真は彼女が撮ったものですが、、iPhoneで。

どれも素晴らしすぎて、、

フィガロの雑誌で全部使える、って感じの、、、


まず、、敷地の花々が素晴らしすぎる。

ちっとも手入れしていないのに、

いつもアジサイやマーガレットや、、薔薇や、、

何かが咲き乱れているらしい。


そりゃもう見事な花たち!雪柳とかもあったよ、、


そよそよ流れていく川の、、

光に反射して美しいことったら。

水の音が聞こえてきそうな写真。


水車(手作り)、、

飼ってもいないのに増えていく黒い羊、、、


写真を見て、ようやくわかったことが。


もう何年もこの石造りの別荘を家族だけで!

彼らは造り続けているのです。


想像以上でビックリぽんだ。

内装はもちろん。暖炉、テーブル、台所全部、

電気配線、、外壁や羊たちのお家。もうもう、全て。


家族みーんな、長靴。泥だらけ。

いつ出来上がるの?って思うよね。


「ね、ここに遊びに行くってことは、、、

私も働けって、そうゆうことだよね?」


と、、もしやのおたずねをしたら、、、


そうゆうこと!と笑っていた、、(@_@;)

半分は冗談、、半分はホント、、か、、


毎月パリから移動するみたいですが。

それでもね。とっても優しくて大好きな御主人は、


日本にもお店を持つパティシエなので。

別荘でもお誕生日のケーキをたくさん焼いていた!


う〜〜ん、久しぶりに彼のケーキを食べたい、、

甘々ではなくて、とても上品なエレガントなケーキ。


印象的なのは、、泥だらけの汗だくの彼らは

いつもとびきりも笑顔だってこと。


なんかさ。考えちゃうよ、、、


何年もかけて、自分たちの理想を目指して

家族みんなの別荘を造ってゆく、という、、


一見、大変な労働だと思うけれど。

その汗と泥が、、彼らの究極の遊び、楽しみ。

造る、創る。それが人生の歓び。


日頃からモノを作る仕事をする彼らですが。

これは完全にお金が絡まない創造の極み!


わくわくしながら、やっているんだろうなあ。

羨ましすぎるぞ。


もともと、、本来の仕事自体も、、

この人たち、、大好きで大好きで。


天職ともいえる仕事で稼いでるって、、

一体全体、どおゆうことやねん。

こっちゃ、ヒイヒイ言うとんねん。


ホントにね。いろいろ最近は思う。


仕事はお金を稼ぐものとして割り切って。

趣味は趣味で純粋に楽しむのがよい。


それ、ホント?


24時間のうちの8時間、9時間。長いよ。めっちゃ。

寝てる時間差し引いたらさ、、、

お金として割り切る時間、長すぎない?


キレイな夕焼けの日も、虹の出る日も

誰かのfacebookで初めて知る、っていう、、、


違うよね、って思う。


同じ汗なら、自分の魂が喜ぶ汗をかきたいし。


同じ疲労なら、今日もやりきった!と、、

美味しいビールが飲める一日にしたい。


って、、、考えますよねえええ。


私なんて、やっと働ける身体になったのですから。



| 次へ