CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ほろ苦し。 [2017年04月17日(Mon)]
IMG_4241[1].jpg



ノリータの華々しい東京ライブデビュー!


赤坂ノーベンバーイレブンスにて、、、


土曜日、無事終わりました。



IMG_4242[1].jpg



では最初に、まずはその様子を〜〜♪



IMG_4244[1].jpg



岩国から来てくださった病院の職員さんたち!


東京も初めてだそうですよ。

はとバスツアーからの到着です。


とっても楽しみです〜〜!と。

ありがたいですよね。



IMG_4246[1].jpg



キャンディーズ!ちいさま!!!


素敵すぎます。


先生が、ミラーボールが首についてると。。



IMG_4256[1].jpg



ノリータ、ソレアを踊るの巻、です。



IMG_4257[1].jpg


IMG_4259[1].jpg



すみません、写真、これしかない〜〜。



IMG_4279[1].jpg



先輩、いや大先輩の!

かもん姐さんのティエント。



IMG_4283[1].jpg


IMG_4314[1].jpg


IMG_4313[1].jpg


IMG_4316[1].jpg


IMG_4315[1].jpg


IMG_4317[1].jpg



あっという間だった〜!!!



IMG_4319[1].jpg



遠い山口からこぞって上京。


初めての東京でのライブ、どうだったでしょう。



IMG_4323[1].jpg



とってもかわいい!!!


一緒に「オレ〜〜!」って叫ぼうね!って

言ったら、はいっ!って(#^.^#)。


頑張って叫んでくれたよね!



IMG_4360[1].jpg


IMG_4328[1].jpg



噂の一徹先生の登場にざわめき(笑)


かっこいいですううう!って!(^。^)、、



IMG_4325[1].jpg


IMG_4324[1].jpg



怖さ7割。オモロさ2割。優しさ1割。

一徹です。



IMG_4331[1].jpg



カモン姐さん。


自己評価が低すぎる方ですが、、

先生の元で、何年も、いやひょっとして何十年?(笑)

コツコツ、コツコツと練習に励んできたかたです。


その努力×努力のフラメンコの道のり。

こうして実を結び、はじけることができたこと。


私たち後輩にとっても幸せで感動的な夜となりました。



IMG_4341[1].jpg



かわいくないと・・・


「撮り直しじゃっ!」と、わがままな先生(笑)



IMG_4342[1].jpg



クララちゃん、お付き合いくださりありがと(笑)



IMG_4343[1].jpg



う〜〜〜。


先生、ちょっと気持ちわりいッス。



IMG_4354[1].jpg



楽屋で先生がつけてくれた花やペイネタ。


嬉しかったそうです。



IMG_4346[1].jpg



最初から最後まで音がずれずれで・・・

数をかぞえられなくなったノリータ。


ギターさんが、、うまくそのずれを矯正してくれて

最後まで頑張ってくれました。



IMG_4349[1].jpg



先生と一緒に頭を下げてます(笑)


クラスに通っているわけでもないのに、、、

こういう晴れ晴れしい場を与えて下さり。

最後まで温かい目で見守ってくださった先生。


本当に感謝です。


先生の大きな掛け声ハレオが聴こえてました。


「チャレンジする事に意義がある!

ノリータが頑張ったんだ、センセもガンバル手(チョキ)︎('ω')手(チョキ)︎」



以上、先生からのメッセージ。


そう、一徹先生、実は今月末、、

バレエの発表会(笑)白いタイツを履くそうです(笑)。


こないだ、チラッとトウシューズ履いて踊ってたよ。


ということで、、、


こう言っちゃなんですが、、、ノリータさん。

ホロ苦いデビューとなってしまいました。


本当はもっともっと踊れる人だし、

あんな風に音がずれっぱなしの人でもなく。


自分を取り戻そうと、必死な形相が、、怖い。


うまくソレアの世界観につながればメデタシだが。


踊りがかえって小さくなってしまい、

形相だけが恐ろしや、、と言う感じで、、、

最後まで終わってしまって。


身内だから、求めすぎていたのか?


・・・いや、そうではなくて。

ノリータはもっと踊れる人だと知ってるからです。


もっと華やかに、もっとキチンと、

もっと足も強く正確に打てると知っているから!


だからこそ、自信を持って送りだしたのだけど。

それは一徹先生も同じだったと思う。


正直、観ていて、辛かった。。。

やりきった!という充足感を与えてあげたかった。


こんな状況の中、出来る範囲で頑張ったし。

それで十分なはずなのに。


実力の半分も出せなくて一番辛いのは本人だけど。

われも、、本人同様辛いのですうう。


私の時も、ちゃんと踊れたわけでもなかったけど。

それでも、妹はべた褒めしてくれたし、

誰よりも私の踊りを絶賛してくれるノリータなのに。


私は、、ろくな褒め言葉をかけてあげられなかった!


もう何か月も練習を見てきたし、

何十回もアドバイスして、、、

ライブ前夜も特訓して、、、、、


いっぱいいっぱいで。

他は出来なくてもここだけはやれ、と言った箇所。

どうしてどれ一つとしてやれなかったのか、と。


なんか、ショックすぎて〜〜〜(>_<)


ポジティブな言葉を上げられなくて、、、

ホントに申し訳なかった。


かめこさんが、とっても良かったのだから、

今夜はなにも言っちゃ駄目ですよ!と念を押され(笑)


わかってるよ〜〜、と言ったけど、、、

ノリータにはかわいそうなことをしました。


月に、あるいは2カ月に一度、、、

先生にレッスンみてもらってるだけだから


やっぱり、この程度か、と皆に想われるのが

すっご〜く嫌なんだろうな。。(わたしが)


くやしい〜〜〜!

もっともっと出来るのに!って。。。


「もっと、褒めてよ、すでに凹んでるんだから。」

と、ノリータには怒られました、、、すまん。


フラメンコって難しい、、、


仕事が忙しくて練習が、とか、、、

そんなことではないと思う。


練習ならもうしなくていいぐらいやってきたから。

この3年間。ほんと、ビックリするぐらい。


ノリータのソレアへの向き合い方は、

私のクラスの誰よりもスゴカッタ。


正直、誰よりもちゃんとソレアを踊れると思う。

2年前?広島で踊ったソレアの映像はすごかったし、


「すげーな、ノリータ!アンタも見てみ!」と

先生、そのDVDを貸してくれたっけ。


そう、2年前のソレアの方がすごかったんです〜〜。


不思議です。フラメンコって、、、難しいです。

しつこいけど(笑)。ホント、わけわからん。


ぜひ、リベンジーやってほしい。


もっと、「らしさ」を存分にイヤラシイほどに

出しまくるソレアを踊ってほしい。


それが、私の最大のホメ言葉だと思ってほしい、、


同じ姉妹でも、、、

フラメンコに限っては全然違うよな〜〜。


取り組み方も練習の仕方も、、、踊り方も。

いいところと悪いところ、全然違う。


久しぶりにライブハウスのオーナーさんがいて。


「お姉さん、頑張ってたよ!」と、、開演前に言われ。


え、私、、何を頑張ったけ、、と思ったら、、

ノリータがお姉さんと思ってたらしく。(~_~;)


「そろそろヨキータさんも出てよ、身体はどうなの?」

と。言われたくないことを(笑)。


「ど、ど、ドクターストップがかかったから(嘘)、

私は、ム、ム、無理です!」


「あ、そう!そうなの!じゃ、また目標必要だ!

生きながらえるために目標持たせた方がいいな。」


とブツブツ言い始めたので〜〜\(◎o◎)/!


マジで、、、もう、無理無理、、、


「ところで、お姉さん、また出る気持ちあるのかな、

あれば、また来年にでも組むし。」


「いや、あれは妹ですけどね(笑)。

でも出たいと思います。出してあげてください!」


と、次回の話もまとめてきました(笑)


私も…体力がホント、最近ありません。

疲れが全然とれないせいかなあ。


今、群舞でやってるタンゴもね。大好きだけど、、、


たった5分の踊りで、もう貧血になりそうで。

水をがぶ飲みです。立ってるのが辛くなる。


そんな息切れハアハアの私の横を。

通りすぎる時に、先生は、、耳元で囁く。


「ホント、足頼むで。」


。。。でた。30センチ級の刃物のひと声。


プレッシャーが、、辛くなります、、、


発表会、リハーサル一回で死んでまうかも


白血球増量のために、、、


ストレスを何とかせねば!



IMG_4297[1].jpg


お〜れぃ!


ノリータ〜〜〜〜!!!



IMG_4299[1].jpg

IMG_4294[1].jpg


ノリータさん!


いろいろ書いてごめん。



でも、君はまだまだできる!


以前ののびのびしたフラメンコを再び思い出して

次回のライブでギャフンっ!と皆を言わせてほしい。


基本に戻って、がんばれ〜〜〜。


って、わたし、なに様やろ(笑)




| 次へ