CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
神の手!ニッポン [2015年06月05日(Fri)]
img056.jpg






「神の手 ニッポン展」



目黒雅叙園内 百段階段にて!


これはすごい!!

面白かったです。


https://www.megurogajoen.co.jp/event/kaminotenippon/index.html/


5月29日(金)〜6月28日(日) 

10:00〜18:00 (最終入館17:30)



匠を感じる。繊細さが見える。

「神の手●ニッポン展」とは、

そうした日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、

現代のセンス&フィールドで意欲的に

創作活動を行ってきたアーティストたちの作品を

一同に集めた合同展です。

とても人間技とは思えない、神の手によって創られたような

高度な技術に裏打ちされた作品群を通し、

日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、

探究心や真摯さにあらためて気づいていただくことで、

日本人としての誇り、元気や勇気、

感動を与えることを狙いとしています。


「日本発・新たなアートムーブメント」として

今後、世界に発信していきます。




ペッパーアート、ビーズアート、ジオラマ、立体切り絵、、


そして島木英文さんの「ミニチュアハウス」!!!



P1010344[1].jpg



地元、岩国のかたです。


わたくしが!まだまだ可愛らしかった?時代です。

スペイン語を学ぶ、というきっかけで、、

毎週末、島木さんの家に皆が集まるようになりました。


食べたり飲んだり、花見をしたり、、、


地元のテレビも取材にきたよねーーー

「ズームイン朝」だっけ?


もともと建築設計事務所を構えていた島木さんですが

バブルがはじけた当たりぐらいから?


趣味のミニチュアハウスが。

(とはいえ、当時から趣味の域を超えていた!)


いつのまにか、、、本業になっちゃっいました。


今や生徒さんもたくさんいるそうだし、、、


かなりの売れっ子なんです。


全国の地方自治体からも、町おこしのイベントなどで

注文が殺到、だとか。


日本中の重要文化財とかね。

現地に赴き、写真を撮って、、、


制作に入るんだそうです。



P1010343[1].jpg


すごいなあ。


こんな巨匠たちの中にいて。


でもって、、、

一緒に見に行った友人曰く、、、


「一番、見ごたえがあった。」


と、大絶賛。



P1010339[1].jpg


そういえば、、、


テレビ朝日の「人生の楽園」でも

http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/past/0133/


30分の番組で、特集されてたよね!以前、、、


すごいじゃん。



P1010340[1].jpg



箱舞台を膝に抱いて。。。



P1010341[1].jpg


東京のヨキータさんも


かけつけましたよ!


「神の手・ニッポン展」。


目黒の雅叙園、本当にすごい。

こんなところでやるなんて、、、


「遠近法の匠」だって、すごいね、と冷やかすと、、、


めちゃくちゃはずかしい、って言ってました(笑)。


他のアーティストがみなすごい大物だし。

写真も撮り慣れていたりするから、、、

恥ずかしいったらないよ。って、、、


でも、バッチリだと思う。いい感じですよね〜。


だけど。匠、、、その日着ていたのは、、、

ユニクロ、、、


ユニクロのシャツはないだろよ〜〜〜(笑)


パリにも昨年、エキスポで呼ばれていったそうな。


ワビサビ、という趣旨で。選ばれて行ったのはいいが。


それこそ巨匠ぞろい、人間国宝までいたというのに。

実際、はばをきかせていたのは、、、


「ふなっし〜とくまもん」


だったんだって〜〜〜。笑える。
 

ふなっし〜が 飛び跳ねている横で、

すごい先生がお茶を点てているという・・・(^_^;)


これが日本の「わび・さび」か〜〜〜って。


怒って帰った大先生もいたとか、、、



しかし!!!作品もさることながら、、


雅叙園の「百段」、どの部屋もすごい!!!


圧倒されますよ。部屋を見るだけで。

のけぞりますなあ。


お手洗いも必見、、、

トイレとはいえ、、、りっぱなお部屋です!

住めます!!!




箱の中を覗き込む楽しみ。


見に来ていたお客さんたち、、、子供に戻って

ミニチュアの世界を楽しんでいましたよ。


奥行きがスゴイんだよね〜〜〜。


建築設計士の島木さん、さすがだなと思うけど、

設計図を作成するそうですよ。

計算のもとに作られている。


透視図法を使っているので、奥ほど小さくなっているんです。

遠近感。これはプロの仕事ですね。


それと、、、見事に計算されつくした


「光」と「影」


これは是非、本物を見てほしいです。


今回、たくさんの作品が展示されていますが

ポストカードになっていたものを買ったので

少しご紹介します。


こうして写真で見ると、、、


ミニチュアと思えないね。

マジ、すごい!!!







img053.jpg




太宰治記念館の「斜陽館」




img055.jpg




「小泉八雲邸」




img054.jpg



岩国、宇野千代さんの家。


2013年に、歌之助さんたちと一緒に岩国ツアーをやって

その時に皆でこの千代さんの生家にも出かけたので、、、


なんだか、楽しいし、嬉しいですね!


鏡に映る宇野千代の若い頃の写真を見てください、と。

作品の横にキャプションがありました。


少し下がって左斜めから見てください。

お庭が見えます、とか、、、



遊び、だね〜(*^_^*)。


小さな小さな世界。


いろんなものが凝縮された夢の世界!


その奥にある庭の光。


彼の家で実際に創っているのを見ていただけに

こうしてたくさんのお客さまと楽しめるなんて。


・・・感慨深いです!



img052.jpg



山口県柳井市の「きじや」、「醤油や」などなど。



たくさんの人がミニチュアハウスを子供のような顔ををして

のぞきこんでいました。


「ミニチュアが好き!」っていうDNAが

人間には組み込まれているのかな


私もだいすき!


あ、そうそう!!!


つい最近行った静岡の丁子屋!

トロロのお店。


丁子屋さんのミニチュアハウスもありましたよーーー。



是非是非行ってみてください。


島木さん、一度岩国に帰りましたが。

また最終日あたりに搬出で来られるそうです。





| 次へ