CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ある愛へと続く旅 [2013年12月04日(Wed)]
abene.jpg


「ある愛へと続く旅」

難解な愛の物語でござった、、、複雑、、、

最後の10分を見ないと、全く別の話になってしまう。


入院が続くようになってから、以前のように映画を見ることもなくなり。

たまーに、見たい映画が見つかって、足を運ぶと。

大抵、ベネロペ・クルスが主演なんだよねー。


まあ、私がスペイン・イタリア系が好きだってことか。

で、考えるに、これまでの彼女の映画を見続け、、、

ハズレ〜、って思ったのはほとんどないかも。


abene4.jpg


この映画は、、、

ボスニア紛争で夫を亡くしたベネロペ・クルス演じるイタリア人の女性が

息子と共に再びサラエボを訪れ。

旅の最後に壮絶な事実を知ることになる、、、というストーリー。


abene2.jpg


戦争を舞台に、不妊、代理母、という重いテーマもまた、

この映画の大事な背景になっている、、、


それにしても!

女子大生から高校生の母親を違和感なく演じるペネロペ・クルスって、、、

老けメイクを念入りに仕込んでいて、目のしわやタルミ、完璧、、、

でも、メイクだけではなく、演技力だろうなあ。



abene5.jpg


これは大学生のベネロぺちゃん。

かわゆういのう。


abeme3.jpg



これは母親役、、、


なんというか、、、

愛情、愛憎、いろいろあるのが人間の性(さが)でありますが。

哀しくもあり、辛くもあり。絶望でもあり。


でも、一生に一度はこういう張り裂けそうな思いもいいのかも、、、

なんて考えるから、私は幸せ体質ではないんだろうな(笑)。


あらすじは割愛しますが。


印象的な言葉がありました。

軍人にレイプされた女性を診察したドクターが言い放った言葉。


「人間であることが恥ずかしい。」

「神は人間を許さないだろう。」


そして、それは今の時代も何ら変わらない。

愚かなことを人間はまだまだ繰り返していますね。




| 次へ