CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
イケバナ [2013年12月02日(Mon)]
131201_084536.jpg



パリからフランス人のお友達が来日しています。

明日、もう帰っちゃうのですが。

大好きなお友達です。


お土産にマルセイユ石鹸をいただいたのだけど。

天然自然原料のみで作られた無添加石鹸♪

でも、こんなにたくさん、、、


どうやって切ればいいのじゃ、、?と、ネットでチェック。

ピアノ線、ナイフを温める、レンジでチンしてから切る、、、などと

たくさん方法はありそうだけど、、、


不器用な私にはできそーになし、、、

誰か細かくしてちょんまげ(笑)。

そして、おすそ分け希望者は遠慮なく申し出てくだされ、、、


sou.JPG


千葉のショッピングモールで草月のイベントがあるので、

ヨキータ、イキマセンカ?とお誘いいただき、、、

行ってきました。


彼女は草月の師範で、、、パリでも活躍されてます。

地方の?ショッピングモールって、、、

だだーーーと横長くて、、、わけわからん!

迷いそうでしたあ。



そこら中に生け花の立派な作品が飾られてました。

パリには枝とか木を使う生け花がマイナーなので、

フランスマダムはかぶりつきで作品を見ていた、、、

私もそれなりに楽しんできましたよ〜。


sou5.JPG



sou3.JPG



クリスマスな感じも、、、



生け花の親子体験教室や、デモンストレーションがありましたが。

彼女は草月のマダムたちにすぐつかまって、、、

帰ってこない(笑)。


後で聞いた話によると、フランス語で話しかけてきた草月マダム、

パリでイベントを一緒にやったことがある人だそうで、、、


向こうはフランスマダムを見つけて近寄ってきたけれど、

当の本人、最後まで、この人だれだろう、、、て思い出せなかったと(笑)。


「私、いつもそうです、ホントにハズカシイ、、、

私はガイジンだから目立つけど、私は全員オボエラレナイよ〜〜。」って。

そりゃそうだ、、、


私も以前、池坊をやっていましたが、、、、

草月のほうがより自由な感じしますねー。


彼女とそのご家族とは、あるご縁で仲良くさせていただいています。

ファミリーが東池袋に彼らが住んでいたころに、

時々美味しい食事をゴチになりに行ってましたが、、、


お花を愛する奥様の作る家庭料理と、

お菓子作りの天才、ご主人モーリスが作るデザートのケーキに、、、

魅せられて。いやしくも通いました、、、

優しい彼の人間性がそのままケーキに表れている!


モーリスはパリの「フォション」のスーシェフ(副料理長)として活躍した後、

日本に家族でやってきたのですが、

彼がプロデュースする会社、お店は、今や10を超えるそうです。

八重洲、日比谷公園にある「ヴィラ デ マリアージュ 」などなど。


その後ファミリーはパリへ帰ってしまったけど。

4人とも日本との強いご縁は続いていて。お仕事でしょっちゅう日本に帰ってます。


小さかった子供たちが、今や超イケメンと美女になっていて!

イケメンのナタナエルは、映画監督になっていた。

来年からNHKの番組を一つ担当するんだって。



「レイモンドに聞いたよ」

http://www.notrac.com/ja/



子供向け教育ドキュメンタリー番組。47話シリーズ。

日本全国を旅するフランス出身のフレンチ・ブルドッグ。

現地の人々と交流を深めながら、各地のペット事情を彼の視点から追究していく。



お姉ちゃんはこれまた美人さんで、

クリスチャンディオールのジュエリーデザイナーをしていますが、


お父さんとコラボするのが大好きで、東京のお店やデパートでケーキのデザインも担当!

確か、彼女の名前がついたお店があったはず、、、


と、言う風にあまりに多彩で美しいファミリーでビックラなんだけど。

なにが一番すごいって、、、


「この家族の仲のよさ」なんです。

みんなそれぞれの世界で思い思いの生活をしている自由人なのに、

集まる時は集まる!そしてずっと一緒に時間を過ごす。


もう、そばにいるだけで幸せになりますよ。

アタシ、こういう家庭が夢だった、、、


そして、生活、環境がどんなに変わっても、、、とても質素。

いつも本当に変わらない。

大事にしているのは家族、自然に暮らすこと、そして日本とのご縁、、、


「早くパリとブルターニュに遊びにおいでよ。」と言ってくれているので、、、

そりゃ、行きたいッス、、、


ブルターニュ、、、すごくよさそう。

水車の回るセカンドハウス。

自分たちで作っていく森の中のセカンドハウス。


ここで木や枝を集めて、パリにたくさん持っていくそう。

少し歩けば海ですよ、、、と。


ちなみに世界遺産のモン・サン・ミッシェルまで車で3時間だそうです。

ムール貝や牡蠣、いつきても美味しいよ!って。

よだれ〜〜〜〜ヽ(^。^)ノ。



もうお金なくても時間なくても、命があるうちに?

行きたいとこ行くか、の2014年にしようかと思ってます!





| 次へ