CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
Que te vaya bien ! [2012年08月09日(Thu)]
ma.jpg

死闘?の戦いを終えた甥っ子のマーくんが旅立ちました。


Que te vaya bien !

直訳すると「君が良くありますように!」だけども、

「お元気で」とか「いってらっしゃい!」とか。そんな意味になる。


スペインにこの夏、契約をめぐって出かけることは決まっていたので、

準決勝を終えて準備する間もなく旅立っていった。


たくさんスペイン語を勉強していたので、

私としゃべる時はお互いに片言のスペイン語、、、

若いって脳みそが柔らかいね。覚えが早い!

私のスペイン語なんて、もう恐竜時代のものみたく、ひからびてるし。


私が最近、体調が良くなかったのを見ていて、

すごく心配してくれていたらしかった。

母親に、具体的にヨキちゃんはどこが悪いの?と聞いていたという。


そいだら、泣かせるのだよ、このガキんちょは。

俺が絶対プロになって、お金を稼いで、アメリカで手術してもらう!って

鼻息荒かったらしい。

あたしゃ、胸が熱くなって、鼻がむずむずしてきたんだけど。

実は6年前に長期で入院していた時にも、

(彼は覚えてないかもだけど)同じようなことをベッドでへたれてる私に言ってくれた。

「絶対、僕は医者になってヨキちゃんの病気を治す!」と。

医者が、いつのまにやらサッカー選手になっていたけど(笑)。


泣けてきます。

私はいろいろあって、子供を持つことは出来なかったけど。

たくさんの甥っ子や姪っ子を生まれた時からお世話させてもらって。

(なんと、9人)

それこそいろんなことがあったけど。

ありがたいことに、ちゃんと育児をさせてもらった気がするよ。

だから、もう彼らからは十分なものを受け取った!


後は私が彼らを応援する番だ、と思ってる。

これって、、、まあ親も一緒だよね。

育てる、って自分を育てる、と同じことだからね。


スペインの土産話、とっても楽しみ。

今、大学からもいろいろスカウトきてるようだけど、

私はスペインとかドイツとか、イタリアとか。外へ出てほしい気もするなあ。

| 次へ