CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
つぶやき、、、 [2012年08月05日(Sun)]
kintai.jpg

今年も無事、美しい花火があがりました。

「水の祭典」。


錦帯橋の花火は子供の頃によく行ったけど、本当にいいです。

この数日、ちょっと用事があって帰郷してましたが。

体調崩して、熱が上がってしまって。ずっと寝ておりました。


花火を見に行くわけでもなく。

なんて寂しい帰郷なんだ!と愚痴りながら。

オリンピックをライブで見てましたよ。。。


全力を尽くしての笑顔と涙はやはり心に響くよね。

オリンピックのメダルを目指して、

それこそ血ヘド吐くような練習をしてるのだろうから。


すごい、すごい、がんばれ、、、と映像見ながら。

元気もらえるような、そうでもないような、、、


だってやっぱり比べちゃうじゃん?

私はこうしてへばってて、実生活もスレスレのラインで続いているような。

なんか、いーことないかなー、って。

だらしなく呟く自分に嫌気さしちゃうじゃないっすか。

ま、体調の悪い時は大体こーゆうふがいなさ(笑)。


妹が駅まで送ってくれたのですが。

今日はやたらにふるさとの風景が美しく見えました。


竹林や山々が本当に青々しく、

くねりながら流れる川は、これまた山の美しさを投射して青く輝いてました。


なんだろ、ちょっと涙が出そうになったよ。

こんなにいいとこだったっけ、ねーーーー。


まあ、老いた母親を一人残していく辛さとか。

また東京で頑張らなきゃ、という想いとか。ま、いろいろある。


でもしんどい、、、とまた愚痴る、、、。


広島で乗り換えるのだけど、お弁当を選んでいたら、

「こんちはっス!」

と、声をかけてくれた少年が、、、。


誰だっけ、この子、、、とジーと見たら。あああ!!!

群馬で、マーくんと一緒に頑張ってた広島サンフレッチェの選手じゃん。


必死こいて弁当を選ぶわたしを見かけて、声をかけようか迷ったと。

スーツケース持った彼は、群馬からサンフレッチェのバスで昨夜戻り、

なんと、今日の夕方にはイスタンブール経由でドイツへ行くという!


今日???もう行っちゃうの?

疲れも取れないまま出発とは。


将来の展望、ドイツのチームを候補として考えているのだと思いますが。

この夏休みを利用してチャレンジするんでしょうね。


一人で不安じゃない?といらぬお節介のオバちゃんが聞いたら、

「大丈夫っす。なんか、全然緊張もしてないし。」と、ニッコリ。


エライ!なんか泣ける。

三日ずらして、甥っ子のマーくんもスペインに出かけますが。


少年よ、大志を抱け。

なんてみんな爽やかなんだ!


息子を送り出す母親の気持ちが少しわかるような気がしたよ。

まぶしいほどに未来しか見ない彼らの背中はおっきい。


ぐじぐじ、文句たれてる私は、、、やばい。

やはり楽しいことだけ数えてやってくに限る。


彼には餞別代りに、ドイツ語のあいらぶゆーを教えてあげた。


と、書きつつ、西瓜にかぶりつき、

女子マラソンに注目です。

| 次へ