• もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
私を元気にしてくれるひと。 [2022年09月01日(Thu)]
Screenshot_20220901-124206_copy_479x322.png


珍しく雄叫びをあげてファーストベースを回る大谷翔平。

ヤンキース3連戦、めっちゃ面白かった!


ストイックに自分の道を突き進む彼にいつも励まされてる。

ぶれない人が好き。


私にパワーを与えてくれる人たち。


ショーヘイオータニだったり。BTS だったり。

NiziUだったり。拓海くんだったり。

そして、もちろん!一徹先生はその筆頭。


今日、悩んだけど、、レッスン行きました!

駅までの坂道辛いし、、暑いし、、ヒイヒイよ。

それでも、なんとか辿り着き。


皆の顔見るとホッとする〜(^.^)

途中からは私だけ休んだけれど、ガンバりました!


カメコさんが、先生に、何度も「カメ!」って呼ばれて。

もう、笑い死にしそーでした。。(^^;)


今夜は、、豚しゃぶです!ワンパターン(笑)

早めに寝よ。。



ひっさしぶりに。 [2022年08月14日(Sun)]
IMG_20220729_081826.jpg


この素敵なマントンは、、誰に貰ったのか。

全然覚えていないわたし、、申し訳ない〜。

誰かに頂いたことは確か。。


10年はスタジオのロッカーの中に突っ込んでて。

カビが生えてたかも〜〜〜。臭い臭い。

持って帰り、洗いました。

ようやく、使える日がやってきました!


今日は、先日久しぶりに行ったレッスンのことを

書きたいと思います。気分転換!


退院してすぐ。一か月半ぶりのスタジオでした。

頑張って行ってきましたよ〜〜〜。

コロナは満開?でしたけどね。


今、行かないでいつ行く。今、でしょ!


てか、、もう手足、脳みそ、機能不全。

むっずかしい〜〜〜。全然出来んし〜。


ソロンゴはそれなりに足をわかってる人たちが

やってきた曲だから、難しいのよ!って先生。。


足、、マジで、無理〜〜。

しかも、これにマントン振って。バタを蹴って。

三重苦です〜。そして私はどんどん体力なくなる。


モチベーションの「ソロンゴ」だったはずだが

正直、、今は苦行でしかありません、、(;´д`)


でも、頑張りますよ。覚えればなんとかなる!


またそのうち、、ソロンゴがどういう曲なのか

ブログでも書きたいと思います。

私もそこまで詳しくはないけど(笑)。


10年以上前に、一徹先生がビール飲みながら

トロンとした目で語ってくれたロルカの世界。


IMG_20220729_083533.jpg


うちのクラスは、お二人やめられて、、、

今、6人となっています。


バタやマントン振り回すにはちょうどいい人数かな。

てか、レッスンで6人揃うこと自体、あまりないかもだが。

すんまへん、、( *´艸`)、、


一番の年長さん、私が来ると知って、

梅?赤紫蘇?を発酵させて作ったシロップ?酢?

作って持ってきてくれました。


「アナタ、病気なんでしょ!これいいのよ。」

って、他にも飴やら手巻き納豆のお菓子やら、、


いつもお口が悪い(毒舌)彼女だけど、、優しいなあ。

この納豆巻が美味しいのなんの!今、病院で食べてる。


いつも、隅っこで隠れてレッスンしてたけど、、

人数減ったら先生のチェックが格段に増えたから、、

焦っているのだと思われる(笑)


これ以上、人数減らないように、たぶん、、

私を元気にさせようってことだと思う(笑)

でも嬉しい。ありがと!


スゴイもんが届いた。 [2022年06月19日(Sun)]
IMG_20220615_072830.jpg


毎日のように、発表会の感想やお祝いが届き。

まだまだ、ボ〜っと妄想に耽っているお気楽な私。

皆さんの生きた言葉はとても嬉しくて、、

メモメモ(笑)。すぐ忘れちゃうから。

メモして、入院中にまた読みます!免疫力アップ。


そしたら、、一昨日。

とどめにスゴイのが届きました!


癌罹患者&家族のオフ会で、以前お世話になった友人。

6年前のソリスタデビューにわざわざ東海から来てくれて

赤坂のライブ会場、一番前のテーブルに座って、、

初めてのフラメンコに、彼女が号泣しているのが

踊っている私からも見えて、、(;・∀・)


てか、あのデビューの夜、、他にもいたな!

数人、泣いてるのが見えたんだよね。

え〜、もう?泣く?(笑)って、動揺しつつ踊った(笑)。


今回、その東海の友人はオフ会のお仲間を引き連れて、

遠方から5人でコロナ禍にもかかわらず、上京。

発表会に来てくださったんです〜〜。


友人はやっぱ、始まる前から泣いてたらしい(^▽^;)

そして、私らのガロティンの終了後は、、

鼻水垂らして号泣、、有難すぎる(笑)


照明も音楽も素晴らしいので。

フラメンコ初めてのかたも感動してくれたみたい。


本当に感謝、感謝、なのに、、、

彼女から大きな段ボールの荷物が届いたわけです。


IMG_20220617_085448.jpg



サプライズ!の品物のオンパレード。


IMG_20220617_090140.jpg


IMG_20220617_090306.jpg



チョコレートとフラメンカちゃんの花束?


IMG_20220617_085141.jpg


IMG_20220617_084120.jpg



そして一番嬉しかったのが、、、

皆さんの寄せ書き。


IMG_20220617_084641_copy_780x1040.jpg


IMG_20220617_084930.jpg



笑った。。

嬉しすぎる〜〜〜。


IMG_20220617_092035_copy_780x1040.jpg



数年前に、これまた東海から来てくれた別の友人が

プレゼントしてくれた私の肖像画?

一緒に飾ってますよ〜〜〜。

なんか祭壇のような、、仏壇のような(笑)


たくさんの方に、見守って頂けた今回の発表会。


全然練習してないってのが、、申し訳なくて。

ホントにバチ当たりそう。


改めて、皆さん!感謝申し上げます!


幸せな一瞬 [2022年06月15日(Wed)]
line_58512709766272.jpg


私は赤いマントンシージョ、だよ。


二年ぶりのフラメンコの発表会。

なんとか!無事、終わりましたよ〜〜〜。

ご心配おかけしました。


さらっと、振り返ります。

お付き合いくださいませ。


何しろ、圧倒的な練習不足。。

毎週レッスンに来れるようになったのは今年の2月から。

体力もなく、、勘も鈍ってるし。


でも一徹先生命名の「スーパーガロティン」を

どうしてもやりたくて、、、

なんとか。出演するところまではこぎつけました。


line_58395211535171.jpg

line_58219805445602_copy_960x960.jpg


楽屋の模様。

私たち、一曲しか踊らないので、、ずっと化粧時間。

どんどん、バケモノ系になっていきます、、


line_58171863873225.jpg


line_58361414310548_copy_1108x831.jpg


テンション高い本番前の私たち。

一番、年上のTさんが一番賑やかで、てんぱってた(笑)

あ、この写真には入ってないですが。

私らより一回り以上年上なのに、すごすぎます。


line_58373247714866_copy_1108x831.jpg


IMG_20220612_200751_copy_780x1040.jpg


発表会当日を迎えられたことは奇跡だと思ってます。

あんなにバンバン発熱していたのに、

この二か月、一度も40℃が出なかったんですから。

自分ですんごい調整してるじゃん、って感動した。


line_58237529610595.jpg


本番の四日前に、病院で告知されて、ゲッと思ったが。

既に、私は「フラメンコ脳」になっていたので。

動揺せず、ガロティンに集中することが出来ました。


「脳が空っぽになる」ってスゴイことだと。

いつものことだけれど、やっぱ、フラメンコに感謝。

連日のキョーレツな指導で、

落ち込む暇も与えてくれなかった一徹先生にも感謝。


line_58299584316665_copy_831x1109.jpg


FB_IMG_1655048833753.jpg


こっそり、写真頂いちゃった。

素晴らしいムシコス!ギターにカンテ、ヴァイオリン。

そして、一徹!せんせー。


リハーサルはめっちゃ間違えたので、

本番は大丈夫だな、と思いました。


緊張も全くしなかったし、いつものことですが。

おーし。やったるでぃ!ぐらいのアゲアゲの気持ち。


お客さんが舞台のアチラにいなければ、私は踊れない。

オンラインなんてありえない。

だから本番しかちゃんと踊れない。えへ。(笑)


いつもは一曲踊ったら、息があがってヘロヘロなのに。

当日の本番は不思議なんですけど、全く平気でした。


なんでしょう。もう踊り始めた頃から楽しくて楽しくて、

幸せな高揚感に包まれて。

浮遊しながらフォーメーション移動しているかのような。

もうずっと踊りながら笑ってた〜。


素人ではありますが、ある意味ゾーンに入っていたのかも。

幸せな10分間が終わった後、もう一曲いける!と思ったほど。


大昔のガロティンも(自画自賛で)良かったけれど、

この度のガロティンは、、何と言いますか。

大人のガロティンをしっかり踊れることを証明してくれたかな、

と、こっそり思ってます。勝手に思わせて(笑)


改めて今回、私達にガロティンを踊らせた一徹先生は神。

ガロティンでなければ、この体調で発表会は無理だったと。


そして、、次の課題曲が、、

「ソロンゴ」だなんて。


翌日、スタジオに片付けに行った際に、先生が、、

ガロティンは頑張ったから!次、ソロンゴやるよ、って。

皆の前で、私は雄叫びあげて喜んでしまった。

その後、泣いちゃって。きっと皆ひいてた(笑)


小松原舞踊団で先生たちが踊っていたソロンゴが大好きで

ソロンゴやるまではフラメンコやめられない、と思ってた。


大昔、皆でレッスン後飲んでいるときに、

先生が一人ずつ似合うと思う曲を言ってくれたんだ。

あんたは、、「ソロンゴ」って言ってくれて。

めっちゃ嬉しかった事、忘れてないもん。


が、、バタという長ーいスカートとマントンを振り回す。

これから治療一辺倒の私にとっては苦行でしかない。


でも、今回観てくれた皆さん、同じ事言ってくれました。

ここでやめてはいけない、

アナタにはまだまだ踊ってほしい、

いや、絶対にまだまだ踊る予感しかないし、などなど。


ソロンゴなら、、まだ頑張れるかな。。

先生は策士ですねえ。

モチベーションを餌のようにぶら下げてきます。


たくさんの友人、知人が来てくださいました。

改めて有難うございます。


そして、優しい、嬉しい感想も頂き、

再び、舞い上がる気持ちですよ〜〜〜。


ホント、夢のように楽しい日だったのに、、、

全国から来てくれた友人らとの打ち上げのあと、、

すごい数の着信に気づき。。嫌な予感しかしない、、


「1日電話が出来ないから心配しないでね。」と

母には伝えておいたのですが、、、甘かった。。


フラメンコ発表会は終わったはずなのに電話がない、

なにかあったはず、ヨキ子が倒れたかも、などと、

そりゃもう大騒ぎしたようです、、(;・∀・)

いろーーんな人に電話しまくったみたいで大騒動、、


やっと本人と電話繋がったらワンワン泣いてて、、

楽しい気持ちが一瞬で萎えました(無念)。。。

こんなんじゃ入院のこともこの先の事も言えない。。


それどころか、明日東京にいく、と出来もしないことを。

自分に集中したいのに、いつもこれですわ、、


が、そこはもう、90歳も近い母の事、、

お年よりはそういうものなのよ、との友人の言葉に、

そのとおりだな、と反省して、母に謝っといた。


「入院の二週間前からは、人混みを避けるように!」と

主治医と事務局に言われていたのですが、、(;・∀・)


「はい、大丈夫です。」と答えた私。確信犯。

いやいや、絶対踊るでしょうよ、、

仕事は全部キャンセルしたけど(笑)


実はわたし、、今、、心が抜け殻。

BTSの活動一時休止のニュースで、、(*´Д`)


新しいMV観てて、、そんな予感はアリアリだったが。

休止する、と自分らの言葉で話す動画を観て。。


彼らが自分の言葉を持つ誠実な「一人の人間」であり、

誠実であればこそ、の、決断なのだとよくわかります。


世界のBTSとなってしまい。大きくなりすぎて。

国連スピーチや、米大統領にも招聘されて。

自分の手の届かないところに名前だけが行ってしまった。


「一人で考え、一人の時間を持つことで、

その考えが自分らしいものに成熟していくのです。

私は物理的にこれ以上成熟できません。」


本当にクレバーで健康な思考をもつ青年たちだと思う。

再結成する際には素晴らしいパフォーマンスを披露すると。


が、、私はとても寂しかったですよ。

だって、、今から兵役に順番に行ったら、、

3〜5年は活動できないでしょう。


私はその時まで頑張れてるのかな、と思うと。

涙が止まらなかったです。

生ライブを観るのが夢だったんだもん。。


ま、大丈夫だ、と思うしかないね。

神のみぞ知る!

てことで、、話はそれてしまいましたが(笑)


また思い出したことを追々お伝えしまーす。

本当に幸せな数日でした。


ガロティン、最後のレッスン。 [2022年06月10日(Fri)]
IMG_1851[1].jpg


昨日のレッスンが、、、

とりあえずガロティンの最終練習でした。


朝から晩まで、いろんなクラスで

ひたすら叫んだり、歌ったり、怒鳴ったり、

すごいエネルギー、一徹先生。


IMG_1862[1].jpg


これは数年前に、私が作ったブック。

カメラ持ちこんで撮影させてもらって。

わーー。よくやったよな。怖すぎやん!(笑)


IMG_1855[1].jpg


でもねえ、先生の暑い、熱いエネルギーが

大人数のウチラにも勝っていて、そして

さらに一人一人にお持ち帰りの分までもらってる。


最近は、お年のせいか?忙しいせいか?

ヒステリーもすんごいですけど、、( *´艸`)


IMG_1861[1].jpg


おかげさまで。昨日は全集中!

考えなくてもいいことは全て、消去!

ただただ、踊ることだけに集中していた。


これはすごいことだな、と思う。

その前日はあんなに泣いた私なのに、

この日はもう、完全にフラメンコ脳。


感謝しかない。

、、本番が終わった後が、だからとても怖い。


カメ子さん、私の顔を見るなり、、、

声も出さずに泣きだして、、

それを見て、、もうヤバい、、

私も、、ぐううっとこみ上げてきて。


「最後の発表会だなんて、言わないで。」

と、怒られたので、、、


もう二度と言いません、( *´艸`)すみません、、

と、謝りました。


そうだね。まだまだ頑張らないと。。

明日、死ぬわけじゃないんだし!

まだ踊れるね。せっかちすぎました。


とりあえず!日曜日だ!頑張ろう。

みんな、すごく上手くなっているし。


今日はスカートがだぶだぶなので少し縫いました。

普通の一日が普通に終わりました。

体調も悪くなかったな。


いつも愚痴をさらっと聞き流してくれる友人が

電話で必死に励ましてくれました。


「あんね、アナタはね、このまま終わる人じゃない。

これからいいことあるんだよ!

卓越した、というか。人とはケタが違うんだからね。」


卓越した、、よくわからんが(笑)

彼女が言うなら、なんかいいことありそうな気がする。


善い人ばかりに囲まれて幸せですね。

家族には恵まれなかったが。なんちって。


乗り超えるべき道。 [2022年06月05日(Sun)]
IMG_20220603_133406.jpg


当日は、、赤?えんじのマントンで踊ります。


一日、一回、ブログ更新ページを見るのですが。

皆さん、相変わらず生存確認して下さってるようで。


すみません。。相変わらずグダグダで。。

ヘタレです。(*´Д`)。。


昨日は、、リハーサルに行ってきたのですが。。

いつもならワクワクして、早く踊りたい!って思うのに。


行きたくなくて、、踊りたくもなくて、、

いやああああ、困った。


夜中の2時からずっと悶々として、起きていた。


カメ子さんに朝、7時前からラインして、、

「行きたくないです、、喝入れてください。」と。


カメ子さんらしい、かわいい喝を色々入れてくれて。

最後は、一昨年に亡くなったSさんをだしてきて

ほらほら、Sさんも楽しみにしてるんだから、と。


それで私の涙腺が崩壊して、、

うう、、今年はリハも本番もいないSさん。


リハーサル会場で、、思わず探してしまうSさんの姿。

したり顔で、おすましな表情で踊るフラメンコ姿。

練習はすごくしておられた。海外ツアー中にも(笑)


そして、的確に踊りの評価もしてくれた。

寂しいよ〜〜〜(T_T)/~~~


リハーサル会場でも、、気分が上がることはなく。

皆さんの踊りも、、ただボ〜っと眺めてるだけで。


先生の、ひっでえ、怒声にイラっとしながら。

マスク姿で助かった。でなければ、私の不服顔が

もろに表情に出てしまうとこだった。


いつもの一徹の怒声(ホントお疲れさんです、、)を

聴いていても、、元気モリモリになれない(泣)


衣装も素敵なんだけど〜〜〜。

全然、テンションがあがらない、、


鏡に映る自分の姿に衝撃。想定内ですが(笑)

2年前の発表会の時とは別人のような自分。

薄い煎餅のような身体になってしまった。


皆は楽しそうにしていたけど。

私は泣きそうでした。


この2年が私にとってどんなにシンドカッタか。

この姿に全部あらわれているな、と思いました。


東京と山口の往復。母との24時間の生活。

母との格闘、そしてあきらめ、希望、あきらめ、


そして、他の家族と母の間にはさまれて、

笑うことを私は失った。表情がなくなってしまった。


本当に本当にしんどかった。

お金も失ったけど、、仕事も続けるのは大変で。


それに加えて、40℃の高熱に何十回も襲われて

一人暮らしなんで、、なんとか一人で耐え抜いた。


身体がもう限界を超えてきたし。

心も限界にきてしまった。


誰のせいでもない。私が我慢しすぎた。

つまんない責任感のために???

いつも私は最後まであきらめない。


不登校児のボランティアをしていた時も。

最後までくらいついて子供たちに寄り添おうとした。

あの頃はもう病気も発病していたんだけど、

精神的にも身体的にもまだ体力があったな。


今、もうそのつまんない責任感は放り投げようと

これまでしてこなかった自分にチャレンジしてます。

ちょっと文章が変ですが。


電話してくるな、という身勝手な母親に対して。

初めて、一週間!こちらから電話しなかった。


肝臓を摘出した手術の翌日でも、

ロビーの公衆電話まではいくつばってたどり着き、

母には「出張で遅くなってごめんね、」とうそぶき。

当時、携帯は禁止だったんです、、院内は。


母が精神的におかしくなったころからは、、

毎日多い時で20回ぐらいは電話を受けたり。。

母のメンタルを一人で面倒をみてきたのだけど、、


昔、、御世話をさせて頂いた不登校児の男子。

スタッフの説明によると、彼はとても優しい子で、

しばらく母と祖母の確執の中で気をもんでいたようで。

ある日、統合失調症が発症してしまったようだ。


彼と過ごした日々は私は一生忘れないと思う。

大変だったけれど、その笑顔とか。歌声とか、

今も目や耳に焼き付いているし。

どうしてるかなあ、、と思う。


ご両親がその後、彼にずっと寄り添う姿も拝見し。

ひと言では言えない家族の形を見せて頂いた。


今、彼のことをすっごく思い出すんです。

どんなに辛かったのかなあ、って。

思春期のころの家族の不仲は本当に辛いはず。

思い出すと、涙が止まらなくなるんです。


私のようないい年こいたオバサンが

あの時の彼の気持ちがわかる、と言ってはいけないが。

でも、、正直、、そんな気持ちです。


自分をもっと大切にしよう、

家族と距離を置こう。


私にとってそれはものすごく難しいことだけど。

でも、それはとても大事な決断だと。


身体にも心にも支障が出てしまっている。

救急?サインを随分無視してきたんだもんね。


不思議と、、今、心は落ち着いているけれど、、

電話を、、ポツポツしてくるようになった母。


そりゃそうだろうな、、と思う。

話を聴いてくれる人、他にこの世にいないのだから、、


買い物して夏の敷物を買った、とかの報告に

うん、うん、と聴くのは全然良いし、

母は、私の宝ものであることには変わりはないし。


でも、、最後はやっぱ、、はけ口として、

いつもの愚痴オンパレードになってきた。

(あ、さっき電話があったところです。)


終わりなき、彼女たちの抗争。

私は一歩、二歩、引かせてもらっている。


話は戻ります!リハーサル会場に。


一徹先生に、えらく怒鳴られながら

お前ら、頭おかしいのか!とまで、言われながら、


重たい衣装で走り抜けるように踊るガロティン、

移動するだけで精一杯だよ〜〜。

だって、前日、ほぼ寝てなかったし。

食事もあまり出来てなかったし。


情けないけど、、もう限界っす(^▽^;)。。

感情を込めて踊るのは、、当日だけです(*´Д`)


なのに、、スタジオのキャンディーズさんたちは

(Sさんが逝き、今はお二人だけれど、、)

いつものように、褒めてくれた(泣)


さすが、ヨキさん!疲れを感じさせない踊り!

ヨキさまの踊りはどこを取っても美しい!


などと、めっちゃポジティブにあげてくれる〜。

なんて天使なんでしょうか、、有難すぎる。。


今回、ガロティンの帽子を貸してくれる友人は、

2014年の思い出話をしてくれて。

休んでいたフラメンコに復帰することを決めて。

その時に、ヨキさんのライブでガロティンを見て。

あまりにもカッコよくて、感動して、

私もこんな風にガロティンを踊りたい!と誓った、と。


みんな、なんでそんなに優しいのだろう。

自分に自信が全くもてない時は、


こういう言葉がとても力になるよね、、

感謝しかない。皆さま、ありがとうございます。


当日は、、めっちゃテンションをあげて

派手ハデに、はっちゃけてガロティン踊ります!


恩返しです。私からの。

そして、、Sさん、もう足がないのだから(笑)

舞台の一番前で、いや上からでも。横からでも

シッカリと見ててください。


ダメだしでもいいし、賛辞でもいい!

私にちゃんと伝えてくださいね。


(今、私は号泣しながら書いていますだ。)


つまんない話を最後まで読んでくれてありがとう。

そして先生、最後に?私に素敵な色をありがとう。


自分の路は、自分で乗り超えていかねばならない。

誰でも、ない。自分のチカラで。


くるりんぱ、その後。 [2022年05月20日(Fri)]
IMG_20220520_111542_copy_816x1306.jpg


これ、なんでしょーー。わかりますか。

見ての通りに、、黒い帽子なんですけど。


来月、「ガロティン」という曲で使うコルドベス。

帽子のことを、コルドベス、といいます。


私の帽子は、、数年ほったらかしていたので。

カウボーイハットと化してしまって、、(泣)


今回、お友達に借りたのですが、、

さすがです。ちゃんと矯正ケースに入っています。


IMG_20220520_085953_copy_1305x816.jpg


本当は新しいものを買おうと思ったんだけど。

お店の人とずっと相談していたのに、、、

前触れもなく!突然、4月から倍の値段に値上がり!

言ってほしかったよね、、(;・∀・)


そんな大金は出せない、どーしよー、と思ってたら

お友達が、使って、使って!と、、

救世主!ありがたい!


昨日もレッスンでした、、へとへと。

ここ3週間、40℃レベルの発熱もなく。

いつ来るか?と、すんごく不安ではあるけれど、、


レッスンできるうちに、しとかないと、、

自主練しない人間なんで〜(^▽^;)


が、、2時間強!足をガンガンやったんで。

夜中に痛くて痛くて、弁慶の泣き所?とか足裏。

つってしまって、、テープを貼ったのだけど、、

あまり寝られなかった。。。


今日は久しぶりに、一日、、なにもせず、、

ボおお〜〜っと。掃除したり洗濯したり。


でも、、なんか気分がウツウツ。

久しぶりに、気持ちがあがらなくて。


母親は朝から何度も泣いて電話してくるし。

ガロティンも、思うようには踊れず、だし。


ま、そんな日もあっていいよね。仕方ない。


それよりも、、「くるりんぱ」だよ〜。大変。

この黒い帽子を、、くるりんぱしながら踊るのよ。


私が居ない時に、そうなったみたいで。

こりゃできんわ、と、うまく誤魔化す方法思いつき。

みんなも、いいよ、それで!わからない!と、、


でも、、先生は、、チラッとその会話を聴いて。


なんだ、それ!ダメダメダメ!

ちゃんとやんなよ!練習すりゃできる。



がああん。。ダメなんかい。。。

客席からみてもわかんないよ(*´з`)


私、そんなに出来ない手技とかないんだけど、、、

くるりんぱ、だけは苦手。なんでだろう、、


ま、練習一度もしてないからなんだけど(笑)

この一週間、くるりんぱの練習で終わりそうです。


あと、1,2枚チケットがあります。

興味ある方はご連絡を〜〜〜。

良い席ではないですが。。


泣けちゃった。 [2022年04月25日(Mon)]
IMG_5790[1].jpg


これぐらいピンボケ写真なら載せて大丈夫かな。


Sさんの古希のお祝いの食事会。もちサプライズ。

美味しいお料理とワインの楽しい宴でした。

一徹先生もおります(#^.^#)。。


そのSさんが逝ってしまってもうすぐ一年半。

この時、すでに闘病中でしたが、、、

そんなことどこ吹く風、の活躍ぶりでした。


最近、またフラメンコに復活した私は、、、

スタジオに行くたびに、Sさんのこと思い出すのです。

ついつい、彼女を探してしまう私。。

こんなに彼女の不在が尾を引くとは、、

自分でもビックリです。。


先日、壊れつつあるガラケーのメールを整理してて。

Sさんからのメールがめっちゃ多いことに驚き。


とりとめのない内容が殆どですが、、、

時には彼女の心情を吐露するメールもあって。


久々に、読みなおして。オイオイ泣いてしまった。

私の最年長の友人、シズコさんが、

100歳直前でどうやら亡くなってしまったことを

ブログに書いた日がありまして。

シズコさんの家族ではないので、施設の方は

最後まで教えてくれなかったのですけど、、、

コチラの質問をいろいろ工夫して、、

ああ、やっぱりか、と納得した日の、ブログです。


チベットで知り合って、その後もお付き合いが続き

イタリアツアーも大阪ツアーも参加してくれて。

元気で頭良くて素敵なおばあちゃんでした。


施設に入ってからは足も弱り、出てこれなくなって。

代わりに、私が訪ねて会いに行った、という方。

遠方なので、、簡単には行けない距離だったけど。

もう行くこともないのだな、と泣けて仕方なかった。


そのブログを読んで、Sさん、すぐメールをくれました。


承諾を請う本人はもういないので、、、

勝手に載せてしまいますね。


以下。



ヨキちゃん、あなたとシズコさんの思い出いっぱいの

言葉や写真を見て、涙が出たよ。シズコさんにとって

あなたはきっと女神さまだったんだと思うわ。


この頃よく考えることだけど、、、

誰かが自分にしてくれていることは、

自分がしていることの鏡だと。そういう意味で

ヨキちゃんは本当に友人を大事にしていて、

それがあなたの一番の宝物だと思うの。


私もたくさんの友人がいるけど、

どこまで邪念を持たずに付き合えているかと

振り返るとなかなか難しいものね〜。

邪念を持つのを否定するわけではないし、、

時には面倒くせー、って思うことも多々ありで。


人の裏の気持ちが見えて嫌な思いをすることもあり、

お人好しはもう止めようと自分に腹が立つこともあり、

この歳になっても葛藤を繰り返す日々よ。


これからをどう生きていくかは、

どう最期を迎えるかに繋がっているからね〜。

まあ人間、最期まであがいて生きていくんでしょうが、


シズコさんのような幾つになっても

少女のような好奇心を持ち、新たなことに挑戦したり

感動できる気持ちで生きることが、

周りの人をも幸せにしていくことになるのかなと思う。


きっと、シズコさんとヨキちゃんは

鏡の前のあっちとこっちだったんだと信じたい。

とりとめのないことを書いてしまってごめんね〜。


Sさん、私の拙いブログを欠かさず読んでくれていて

ちゃんと受けとめてくれていたよな、、と。

思い出して、泣いてしまったんです。


私もSさんも、病気と向き合いながら、

いろんな活動をしたり遊んだり、フラメンコしたり。


アンタの事、他人だと思えないのよ!って、

いつもそう言ってくれてお節介の嵐だった(笑)

お金で解決することなら、私に任せんしゃい!

と、いつも私のフトコロ具合を気にしてくれてた。


誰かが自分にしてくれていることは、

自分がしていることの鏡。


素敵な言葉だと思う。


私と、、Sさんも、、

鏡の前のあっちとこっちだったんだと信じたい。


明後日から山口なので、、、

PCR検査受けました。いつもドキドキするわー。

ホント、やだ、これ!


陰性でした〜!


Wi-Fi求めて。 [2022年04月21日(Thu)]
IMG_20220418_112844_copy_780x1040.jpg


カメ子さんちの、、小夏ちゃん。


Wi-Fiないと見られない、レッスン動画。

今、振り付けの佳境に入ってる?んですけど。


アナログ女王の私にカメ子さんが、

うちで観る?と声かけてくれたので(泣)


ありがたや〜〜。

美味しいお昼ご飯もゴチになりました。


小夏ちゃんは、、初対面の私をくんくん嗅いで。

ひととおり、嗅ぎ終わったら(笑)、今度はガリガリ。

ネコちゃんは写真に撮るの難しいよね。

一枚しか撮れませんでした〜〜〜。


IMG_20220418_112714_copy_780x1040.jpg


亀のマクちゃん。久しぶりです。

メダカちゃんもいたりする(笑)。


映像を見せてもらって、ああ、そういうことか、と

先週、???のところが、ようやくわかった!

(フォーメーションです。)


今日もフラメンコのレッスンだったんだけど、、、

新たな「???」がいっぱい(笑)

もう覚えられませーーん。


てか、今頃になって突然ガンガン進みだす先生、

ウチラ、プロじゃないんやから〜〜〜。


どんだけ、暴言の嵐、吹き荒れたか〜〜〜。

いつもなら、私も言い返しちゃうけど、、

言い返せないほど、私もボケボケだから(笑)


最後のへん、メンズさんが到着していて。

遠くから見ていたのに私たちは気づいていた。。


先生が彼らにはたぶん見せないであろう、

えらく怖い恐い怖すぎる!怒鳴り声にビビってた。

もう帰ろうかと思ってました、って(笑)(≧▽≦)


しかし。。私は来週から東京を離れるので、、

2週間もレッスンに参加できない〜〜〜。


ヤバ過ぎます。

相変わらずですが。絶対的な練習不足!


今までで一番焦っちゃうかも〜〜〜。

でも、、ま、、イヤな事忘れられる。ありがたい。


フォーメーションにめっちゃ、あたふたしたり、

皆で必死にあわせたり、ハラハラしたり、笑ったり。


この年で、青春しちゃってるよね、、って思う。

あり得ないことだけど、すごいことよね。


うん、がんばるぞ〜〜〜。

本番はずっこけるかもしれないけど。。。

こうなったら弾けます!おもいきり!

来られる方はお楽しみに。ふふ。


どうぞ、熱だけは出ませんように、、


2年半ぶりです! [2022年04月15日(Fri)]
IMG_20220311_103625_copy_780x1040_1.jpg


昨日、正式に先生に申し込みました。

二年半ぶりのフラメンコ発表会です〜。


ずーーっとレッスンお休みしていたので、

身体も動かず、ボディもたるみまくってるし(笑)

40℃の発熱も月に2回ペースで出てるし、、


正直、迷いました。。

が、、今の自分にモチベーションを与えたかったし。

昨年不参加で、先生にガッカリもさせたし。。


先生には、これが最後になるかも、と伝えて、、、

感謝の「あがき」ですよ、ホンマ(笑)


IMG_20220311_103837_copy_780x1040_1.jpg


今日はフォーメーションを決める、とのことで。

先生、ウチラのクラスの構成には毎回、力入れてて

BTSバージョンのガロティンだぜー!とか言ってたし。


さあ、いよいよだな、、と思っていた矢先。

二日前、仕事中に、、背中が痛み始めて、、、

この痛みは、、ひょっとして、、イヤな予感、、


電車も全然座れず、辛かった〜(泣)

予感的中、帰宅後、ベッドへ直行、、

化粧も落とせず、、汗だくなのに風呂も入れず、、

お刺身買ってきたのに食べることもなく、、

そのまま、40℃の高熱と痛みに苦しみました、、


前日に、たまたま先生に用事でLINEしたのだが。

久々の発表会でアドレナリン出てるからか、

一ヶ月熱出てないです〜♪、と伝えたばかりなのに。

(;´д`)トホホ。アホちんやな、、どこまでも。


思い切って抗生物質飲んだので明け方には平熱に。

部屋のなかは脱ぎ捨てたものや、薬の袋が散らばって

水やらポカリやらお茶やらがアッチこちに。

泥棒が入った後のようになっていた、、


顔は幽霊、、髪はボサボサ、、ひど。

マジで辛かった、、( ノД`)、、


普通はその後、ゆーっくり休みますよね、、

抗生剤で平熱になったちゅうても。。


世界広しと言えども、、

40℃出た翌日に、フラメンコ踊ってるのは

アホちん、ヨキータぐらいですね。。


フォーメーションを殆ど終らせる、と言われて

行かないわけにはいかない、、

フォーメーション命です?からね。

雨の中、行っちゃいましたよ、、(*´Д`)


いてくれるだけでいいからね、と、先生は言ったが。

結局2時間、、踊りながら配置を決めてくって感じで。


倒れはしなかったけども。

途中から右の耳が聴こえずらくなり。

目の前で眉毛吊り上げてる先生がどんどん遠くに。


もう、先生の怒声すら反応できない有り様(笑)

アンタ、わかっとんのか!とか言われてた。。


帰宅してしっかりご飯も食べて、お風呂に入って

元気取り戻せたので、、今は元気です。

結果、行って良かったです〜(*´з`)


発表会の6月、熱がどうぞ出ませんように!と

ご先祖様と神さまに祈るのみ!


こんな身体で毎回、満身創痍だったけれど。

20年ぐらい楽しませてもらって。

モチベーションくれたフラメンコには感謝だ〜。


感謝の気持ちで踊ります!


| 次へ