CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
鎌倉山で。 [2015年06月24日(Wed)]
IMG_0046[1].jpg



鎌倉山で。


この日、人生において最も?贅沢なランチに挑んだ。


・・・挑んだ??てのも変か(笑)


とにかく、オトナな日だったな。


バスに乗って鎌倉山に。


この辺、、、高級住宅地?

どのお宅もすごいわー。


紫陽花なんてどの邸宅にも咲いていて。

手入れも行き届き。おっされーーー、な。佇まい。


「みのもんたの家がこの辺にあるらしいよ。」


、、、こんなとこに住んでらっしゃるの、、すごっ。



20150622_072517.jpg



私たちが目指すのは、、、


みのもんた氏のお宅ではない。


鎌倉山の「鎌倉山」!!!

有名なローストビーフ!!!!


玄関口?までのアプローチ。


そりゃもう紫陽花が見事。


さっきの長谷寺の紫陽花に比べて、元気なこと!!!


あっちは、、、こう言っちゃなんだけど、、、


ディズニーランドなみの来客者の気を吸わされて

いささか、へたれ気味、、、な気がします。



20150622_072555.jpg


IMG_0048[1].jpg



先ほどの長谷寺の紫陽花よりも

やっぱし、、、


一輪一輪、凛々しく咲き誇ってる、気がするんだ。



IMG_0042[1].jpg



パキッとね。



20150622_072528.jpg




旧家の別荘の面影をそのままに

「ローストビーフの店 鎌倉山 本店」は

鎌倉山の豊かな 自然の中にその静かな佇まいがあります。

厳選された高級和牛を塩と胡椒だけを使い、

丁寧に焼き上げたローストビーフは創業以来、

情熱を傾け続けた自慢の一品です。



お部屋の中も、、落ち着いた雰囲気。


ここからは私たちもお口にチャック。

ちょいと、気どった方がよさそうです?




IMG_0057[1].jpg


IMG_0055[1].jpg




給仕している人も全員白いコック帽だったけど。

みんな、コックさんなの???(笑)



IMG_0058[1].jpg




中庭ではガーデンパーティとか行われるとか。


あー、なんて素敵なんでしょう。




IMG_0059[1].jpg



そうか、父の日か。


「お父さん、いつもありがとう!」的な、、、


ご家族ばかりでした。

なるほど。。。



IMG_0060[1].jpg




素敵なセッティング!!!



IMG_0061[1].jpg



まずは前菜。



20150622_072612.jpg




ひとりひとりのお皿に、

紫陽花の花が添えられてる〜。



IMG_0062[1].jpg



う〜〜〜。

幸せだわん。


鯛のお刺身。

生ハムメロン。オーソドックスだな、、、


そして、、ホタテと藻塩!!!


うまっ!!!




IMG_0068[1].jpg




朝採れたお野菜のサラダ。



IMG_0067[1].jpg



サア、来ました。


お肉のワゴンですっ。


お肉がサクッと切れる音がしたよ、と

肉のそばにいた友達が言ってました。



IMG_0070[1].jpg



すごっ!


これが鎌倉山のろおすとびいいふ、です。



IMG_0074[1].jpg



二つのソース。


グレイビーソース。

和風、ガーリック醤油。


どちらが人気なんですか?と聞いたら、、、

和風が8割、だとか。


私は基本のグレイビーにしたんだけどね。


ちょっと、物足りなくて。


塩と辛子をまぶしまくっていただいた(笑)。

うん。美味しい。


パンが最高。


アワビについていた藻塩とオリーブオイルをつけて

ペロッと食べちゃった〜。




IMG_0069[1].jpg




ローストビーフ、、、


ごちそうさまです。



IMG_0078[1].jpg



続いて!!!デザートワゴンだー。


うーん。美味しそう。



IMG_0077[1].jpg



ひとつひとつ、説明をしてもらって、、、

選んでください、という、、、


「全部はだめ?」とためしに聞いたら、、、


全部はちょっと、と言われたっち〜〜〜っ。


せいぜい4個、って。。。


(^_^;)。マジか、、、



IMG_0079[1].jpg




どれも、すごく美味なデザートでしたよ。


紅茶もおかわり。

おしゃべりしながら午後をすごしました。



IMG_0081[1].jpg



いちじくのコンポート


ああ、幸せな休日も終わりました。


帰りも混雑、、、

バスに乗りましたが。


(バスで来るのはウチラぐらい???)(笑)


週末の鎌倉の道路は、、めちゃ混んでいます。


バスに長い間揺られて駅へ、、、


鎌倉って本当に自然豊かでおしゃれで美味しくて

素敵なところですが。


人がこれだけ押し寄せたら

住んでる方は大変ですね。





江ノ電! [2015年06月23日(Tue)]
IMG_0038[1].jpg



長谷寺近くの「力餅」。


この春に訪れたときには売り切れでした。



IMG_0037[1].jpg




テレビドラマ「最後から二番目の恋」の第一話で、

キョンキョンがこのお店で力餅を食べるシーンが。



IMG_0036[1].jpg



この日も長ーい列。


もう並びたくはないんだけどさ。


食べたいじゃん。


食い気が勝ちました、、、



20150622_072450.jpg




中は普通の古ーい和菓子屋さん。

御煎餅なんかもたくさんあるし。


でも、皆が買うのは力餅。



もち.JPG


裏の方で作っているのかな。


小豆を煮てるんだね。

なんともいえないいい匂いが!



20150622_072439.jpg



江ノ電!!


ここもすっごく有名な踏切、らしい。

友だちが説明してくれた。


よく撮影に使われるんだって。


そういえば、見たことあるような、、、


さあ、チンチン踏切が鳴って。


江ノ電がやってくるよーーーっ。



IMG_0040[1].jpg



ふふふ。


実は、これ、ポスターを撮ったものです。


だって、傘をさした人たちが江ノ電をバックに

カメラを向けてるし、、、なんも見えんわあ!!!


、、、これ以上近づくと、、、


電車にはねられるーーーって感じで(笑)。


私はリタイア。電車は過ぎ去っていきました、、、


写真なんて撮れやしない!


ま、、、わたし、鉄女でもない、、(笑)。



IMG_0041[1].jpg




さすが鎌倉。


ショップがイチイチ、おしゃれやなー。


ハワイな店で、、、

地元のデザイナーが制作したピアス。

買ってしまった。


鎌倉駅へ戻った私たち。


ここからバスで鎌倉山へ行きます。


目的地は、、、鎌倉山にある「鎌倉山」(笑)。


遅めのランチ!


バスの中で。

ちょいと恥ずかしいドジをやっちゃいました。


バスに乗ることはあれど、、、

Suicaを使ったことがなかった私。 


乗った瞬間、後ろから友人の声。


「あ、ヨキちゃん!タッチしてね!」


え。タッチ???


見ると、「タッチしてください。」の表記が。


バスに乗り、思わず、、、


Suicaカードをタッチするところに、、、

右手を、、、タッチしてしまった。


(^_^;)


爆笑でした。後ろの面々、、、、


恥ずかしすぎます、、、




紫陽花 [2015年06月22日(Mon)]
IMG_0020[1].jpg



紫陽花。


あー。ピンぼけだ〜っ。



初めて!鎌倉の長谷寺に行きました。


もちろん紫陽花です。


お花を愛でに行くなんて、あの薔薇のお庭ぐらいのもので、、、

ホントに初めてかも、、、


案内してくれる現地の友人に

江ノ電乗り場に9時集合!と言われ、


ぎゃっふーーーん!!!と怖れをなした私ですが。


どうせ早く目が覚めちゃうし。7時過ぎに家を出て、、、


湘南新宿ラインで、いざ鎌倉へ!



IMG_0014[1].jpg




↑ ↑ ↑


これ。見てください!!!

入場整理券による順番待ち。


・・・混むとは思っていたけれど


まさかこんなに多いとは。


でもね。ツイテル。


この日、お天気は大荒れの予報。

大雨、竜巻、その他もろもろ。


恐ろしい予報が出まくりで。


そのおかげでしょうか。

晴れていた前日の土曜に比べたら。


すっごく空いていたそうです。(あれで)


土曜は入場制限されて入れなかった人もいたそうな。

普通に2時間半待ちとか、、、


げーーーっ。ディズニーランドよりヒドイじゃん。


そんなの知ってたら来なかったかも、、、


、、、そりゃ9時集合!っって、ことになるよねー。



20150622_072405.jpg


IMG_0017[1].jpg


IMG_0019[1].jpg




で、先ほど書いたように。


ラッキーなことにすごい最悪の天気予報のおかげで

江ノ電も長谷寺も、、、すいていたようです。


くどいけど、アレで、、、空いてる方だったらしい。


スゴイっす。

みんな紫陽花観るために並ぶんですね!!!


もう私、二度と来ないかも(笑)。

並ぶのキライやし、、、


せっかくだから、紫陽花の花を撮りましょうか、と、、、

その楽しみすらも奪われた。


簡単なデジカメしか持っていかなかったし、


あの長い列!!!立ち止まれないのよねー!

進まなきゃならんし〜〜〜。


全く写真なんて撮れんかったわー(泣)



IMG_0025[1].jpg


IMG_0028[1].jpg


IMG_0029[1].jpg




ね、、、これって、、、


ディズニーランド状態でしょ、、



IMG_0023[1].jpg



紫陽花にも、、、



IMG_0022[1].jpg



いろんな種類があるのですね。

額アジサイとか、そんなのしか知らなかったけど。



IMG_0024[1].jpg


IMG_0026[1].jpg




それでも、頑張って撮ったんだけど、、、


だめ、、、(^_^;)




IMG_0031[1].jpg




心の眼に焼き付けておきましょう。


いのちみじかし 恋せよ乙女。

今の時期を一生懸命生きてる紫陽花との


出逢いに感謝。



IMG_0030[1].jpg




そう、これも一期一会なんだよねー。



20150622_072342.jpg




レイコたんにも見せてあげたいなあ。



20150622_072329.jpg




こんだけの人が全国から押し寄せるだけあって。

圧巻の紫陽花たち、、、



20150622_072252.jpg



紫陽花。あじさい。アジサイ。


アジサイは、奈良時代、「万葉集」にも歌われていて、

「安治佐為」「味狭藍」「集真藍」


そんな表記がされていたとか。

漢字の「紫陽花」は中国の招賢寺にあった花の名前で、

日本のあじさいとは異なるものであったと、、、


ふうん、、、



20150622_072239.jpg




名前の由来はともかく、、、


紫陽花ってさ、、、



20150622_072228.jpg




やっぱり。

このうっとおしい季節を過ごす私たちの



IMG_0032[1].jpg




心をしっとりと癒してくれるんだよね。



IMG_0033[1].jpg




うん。かわいい(#^.^#)。


人の波に押されて、どんどん登ってゆくのですが。

上の方にもたくさん咲いてるんだね。


、、、海が。江の島の海が見えた(●^o^●)。、


結局雨も降らず。暑くもなく。

最高でした(笑)。






素透撫 [2014年04月10日(Thu)]
IMG_9774[1].jpg


清春芸術村の隣にある民家で。

お茶しました。



DSC_0551.JPG



最初、私は普通のお家だと思っていたので。

突然友達が、、、ずんずん入っていくので驚いた(笑)。


DSC_0530.JPG



素透撫。 すとうぶ、って読みます。



HPから抜粋。こんな感じの素敵なレストラン。



Stove.jpg



くわしくは、素透撫のところをクリックしてHPで読んでね。

成り立ちがわかります。


DSC_0531.JPG


お腹はいっぱいだったので、デザートだけでしたが。

ここも私らの貸切り状態!!

素敵〜〜〜すてき、すてき〜〜、っと大騒ぎの私たち。


DSC_0538.JPG



DSC_0536.JPG


DSC_0544.JPG


DSC_0546.JPG



えっと、、、、

りんごのコンポートと、、、なんのジュレだっけか。

すみません、、昨日食べたものすら記憶するのが困難になりまして。


でも美味しかったデス。

こちらのオーナーもやはり移住組。


今年のあの山梨の豪雪。

慣れない雪かきだったけど、ご近所さんがこぞって助けてくれて

それがきっかけで、グッとお近づきになれたそう。


やっぱり、、、移住って。

周りの人たちとの信頼関係なしでは成り立たないよね。


素敵なマダムでしたよ!

新緑の季節もよいそうです。行かなきゃ!!!


IMG_9775[1].jpg



お茶をしていると!!!

「わ〜〜〜〜!!!!」 歓声があがりました。


富士山がきれいに見えたんです!!

さっきまでの吹雪。そして澄み切った青空が戻ってきて、、、


堂々と富士山がお目見えです。

すごい、すごい、、、


富士山が顔を見せてくれた。

こんな美しい姿で。


なんとゆうスペシャル感。スペシャルな旅。


IMG_9783[1].jpg


IMG_9781[1].jpg



満月でもないのに、満月のようなものが映ってた。

この日は、、、空をたくさん見上げた。


IMG_9784[1].jpg


IMG_9787[1].jpg



また来ますよ。


キラキラした日をありがとう!

こんな日が、きっと宝物だね。



清春芸術村 [2014年04月09日(Wed)]
DSC_0446.JPG



あくまでも花見ですが、、、


今回はアートな仲間たちとの遠出だったので。

すごいところに行かせてもらいました。

自分だけなら思いもつかんところだけど。


すっごく印象に残るところでした。

清春芸術村!


ここにいる間は、なぜか晴天一変、大吹雪!

桜の季節に大吹雪〜〜〜。


でも、、、おかげで私らの貸切状態でした!


DSC_0449.JPG



Wikipediaから拝借すると、、、



ここは、武者小路実篤や志賀直哉を始めとする白樺派同人による美術館構想を、

親交のあった吉井画廊社長(当時)の吉井長三が私財を投じて実現した。

吉井が、旧北巨摩郡長坂町の清春小学校跡地を買い取り、

1980年(昭和50年)4月に「清春アートコロニー」(清春荘)、

翌年の1981年(昭和56年)4月にアトリエ「ラ・リューシュ」を建設。

その後も美術館関連施設を順次建設及び移築、

2003年(平成15年)には白樺図書館が開館した。


清春芸術村には、清春白樺美術館、白樺図書館、ルオー礼拝堂、

梅原龍三郎記念室、アトリエ・ラ・リューシュ、茶室・徹などの施設があり。

当芸術村の看板の字は梅原龍三郎画伯によるものです。


DSC_0462.JPG



この真冬のようなシーン、、、(笑)。

雪で視界を狭まれ、とりあえずは教会へ!!!


DSC_0464.JPG



「ルオー礼拝堂」は宗教画家ジョルジュ・ルオーを記念した礼拝堂。

ルオーが制作したステンドグラス「ブーケ(花束)」。


こじんまりとした、、、でも、なんといいますか。

ルオーのテイストがギュッとした集結?凝縮?したような、

そんな空間でありました。


DSC_0485.JPG


DSC_0484.JPG


DSC_0482.JPG


DSC_0488.JPG


DSC_0505.JPG



うん。ここの美術館も、、、決して広くはありませんが。

この作家のこの絵が!この作品が!!

なんて贅沢な、、、


と、素人表現で申し訳ありませんが(笑)。

まあ、そんなささやかな感動です。

とっても質の良い美術館です。


DSC_0498.JPG




んんんん?????!!!

なんやこれ、、、って最初、びっくり。

インパクトのありまくりの指のオブジェ。

私ぐらいデカいです。


DSC_0521.JPG



裏にはちゃんと指紋も。

遊んでんなあ。。。


DSC_0458.JPG



木の上に作られた不思議な茶室。

ツリーハウス!

中には入れませんが、チケット売り場のおじさんが

写真集を見せてくれました。


DSC_0496.JPG



なーんてやってるうちに、

吹雪がやんで、またまた青い空がお目見え!

スゴイ天気、、、(笑)。


DSC_0507.JPG


DSC_0510.JPG


やっぱ、すっご〜〜〜〜く

きっもちいいいいいッス〜〜〜。


DSC_0518.JPG


DSC_0522.JPG



雄大な甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳に囲まれ、富士を望むこともできます。

残念ながら、、、桜はまだ咲いていませんでしたが。


パンフレットみたら、桜爛漫の折にはものすごい景色。

これ以上ないぐらいの自然環境に恵まれたアートコロニー!


なのに、人がいないなんて、、、もったいない!

来週あたりは、開花で人が押し寄せるよね。


DSC_0481.JPG


図書館もあるし、素敵なレストランもあるので、

ホント、一日ゆったりと過ごせます。


また是非訪れたいところです。


神代桜 [2014年04月08日(Tue)]
DSC_0444.JPG


なんて澄みきった青い空。

これだけでもう心は満たされるんだよね。



DSC_0440.JPG



日本最古の桜という神代桜を愛でに行ったのですが。

拍子抜け、な感じがするほど混雑もなし。


都内の桜名所のあのスーパー混雑を思うと、、、

なんて素敵。


私の大好きな!水仙がこんなに咲いてる!!

もう、嬉しくてガン見。



DSC_0437.JPG



白いのもあるんだ。

壮観なり。


DSC_0436.JPG


あ、、、

そうですか、、、、



DSC_0434.JPG


DSC_0430.JPG



このお寺、すごいなあ。

ほんとーに水仙、すごし。



DSC_0429.JPG


DSC_0426.JPG


DSC_0421.JPG



こんな一輪咲きをみると、

よけいにかわいらしく思える。


DSC_0419.JPG



神代桜、、、

2000年もの間、ただ一度さえ休むことなく花を咲かせてきたという。


DSC_0416.JPG



日本三大桜のひとつなんだね。

知りませんでした、、、


2000年てすごい。

骨折したあとのギブスのようなものに支えられ、

胴体は朽ち果て、、、

それでも咲き誇る、って、、、、


なんか共感してしまう自分がいる(笑)。


キリストが生誕したころから咲いてた、ってか?

ひゃーーー。



DSC_0418.JPG



あんたはスゴイ!

きっと生きてる。

全部見てきたんでしょうね。

人間の所業を。



DSC_0414.JPG



というわけで。やっと花見ができやした。

さくら、さくら、今咲き誇る〜〜〜う♪



DSC_0413.JPG



ぼくらはきっと待ってる

君とまた会える日々を

桜並木のみちの上で

手を振り叫ぶよ


どんなに苦しい時も

君は笑っているから

くじけそうになりかけても

頑張れる気がしたよ


かすみゆく景色の中に

あの日の歌が聞こえる


さくら さくら 今咲きほこる

刹那に散るゆくさだめと知って


さらば友よ 旅立ちのとき

変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか

偽りのない言葉

輝ける君の未来を

願うほんとの言葉


移りゆく街はまるで

僕らをせかすように


さくら さくら ただ舞い落ちる

いつか生まれ変わる時を信じ


泣くな友よ 今 惜別のとき

飾らないあの笑顔で さあ


さくら さくら いざ舞い上がれ

永遠にさんざめく光を浴びて


さらば友よ またこの場所で会おう

さくら舞い散るみちの

さくら舞い散るみちの上で




DILL eat, life. [2014年04月07日(Mon)]
DSC_0387.JPG


『DILL eat life』


ハーブのディルからとった名前だそうです。


八ヶ岳南麓にある、料理研究家の山戸ユカさんのお店です。

三分一の湧水のすぐそばにありました。


DSC_0392.JPG



実は、今回ドライバーで頑張ってくれた愛知のUOちゃんが

東日本大震災のときに、石巻に炊き出しのボランティアに通い、


その時に同じボランティアとして活躍していたのがユカさん。

その際も、「動ける」頼もしい存在として輝いていたそうです。


ユカさん、目がキラキラしていて、

吹石一恵によく似た、とても綺麗な方でした。


DSC_0390.JPG



車で探していかないと、なかなか探すのは難しいと思うけど、

お客さん、けっこう入ってました!すごい。


オープンキッチンの向こうで、山戸さんがさくさく調理しているのが見えます。

素晴らしく手際が良い!


DSC_0398.JPG



DSC_0400.JPG



本日の玄米定食をいただきました。


ネギ味噌のチキンと新玉ねぎのグリル。

お友達は、、、高野豆腐と人参のナッツ揚げ!


DSC_0401.JPG



たっぷりのお野菜と、お味噌汁も美味しかった。

そして玄米が美味しい。

原村の農家さんから直接仕入れているそうですよ。


DSC_0402.JPG



ユカさんと旦那様、東京の家を引き払い、山梨県民になったそうです。

最近、そういう都民?多いですよねー。


つうか、私も!移住したい!

八ヶ岳、小淵沢あたり、空気感がすごく好き。


でも、冬を越せる自信がない、、、

だれか、火をおこせる人が必要です!

私、火をおこせない、火をキープできない、不器用な人間です。

トスカーナで暮らしていた時も冬は大変でした、、、



DSC_0403.JPG



とっても、いい時間を過ごせたね。

みんな、超リラックス。


DSC_0404.JPG



この日のデザートもいただき!!


イチゴのクラフティタルトと、

瀬戸内のレモンを使ったホットレモン!


DSC_0408.JPG



しあわせなり〜〜〜〜。


DSC_0410.JPG



また絶対に行きたい〜!

UOちゃん、ありがとね〜〜〜。

素敵なお友達持っていてくれて。


ボランティアって、、、そういう出会いがまたあるよね。

純粋な気持ちで集まれば、似たような周波数の人がいる、ってことだね。


では、またこの続きは明日〜〜〜。


とりっぷ [2014年04月07日(Mon)]
DSC_0364.JPG


1day トリップ!

東京の桜は枯れつつありますが。


友達のお誘いにのって、、、

みんなで山梨に花見に行きました〜Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


小淵沢駅に到着♪

車窓風景素晴らしかった〜(*ToT)


桜満開の山梨、雪もありで…...

心が洗われまする、、、


駅前のカラマツ〜。いい!

ここですでに旅人、、、

写真撮りまくり。


で、駅で待ち合わせの、名古屋から運転してきた友人の車に便乗。

日常から離れた1day トリップ!


DSC_0386.JPG


まずは、、、

湧水求めて。


三分一涌水。

私はついていくだけなんだけど(笑)。


ここもよかった!

すううううっと細く長く伸びゆく木を見上げていると、、、

胸がすくようです。

き、っもち、いいいいよ〜〜〜。


昨日は風が強くて。

ゆっさゆっさと、木々が揺れていました。


なんかおしゃべりでもしながら、風、強いなーって、、

ははは〜〜〜って、揺れまくっている気がする。


DSC_0371.JPG


DSC_0373.JPG


DSC_0378.JPG


DSC_0366.JPG





DSC_0380.JPG



水の流るる音も。

なんて心地よい響きでしょう。

こんなに透き通った水。

宝物だね。


DSC_0369.JPG



「ホントに三分の一だよ。三分の一に分かれてる!」


ふふふ。


では、この続きはまた!



由比が浜 [2014年03月09日(Sun)]
写真.JPG



しかし、、、今日は歩いたなあ。

6キロぐらいは歩いたんじゃないかなあ。


そしてたどり着いた由比が浜の海。


この前、来たのは、、、1年と少し前。


恐怖の検査結果を聞くはずだった外来診察の日。

なにしろ一人でいるのが怖くて、、、


友人たちが仕事を休んでくれて。

海に一緒に来てくれた。



写真 2.JPG




あの時の海。どよん、とした気持ちでたちつくしていた…

色のない、寂しげな海だった。


でも、今日の海は明るく。

違う海に見えてしまった。



十一面観音の… [2014年03月09日(Sun)]
140308_131952.jpg


杉本寺でおみくじひいたら、、

なんと、十一。


十一面観音にお参りして、十一、です。

すごくない??


もちろん大吉。


「願い事かなう。」


かなってくれ一一一。

(о´∀`о)。


お守りも買いました♪(^o^)

お花を愛でながら石段を降りたら…


下の入口にある拝観料窓口のおばちゃんが、、、


「上の社務所でお守り買った方一一一。」

「お守りをそのままお忘れですう一一一。」と叫んでる、、、


一緒に行った友人が、、、

「アナタでしょ。そそっかしいと言えば、アンタしかおらん。」


、、、はい。私もそう思いました…( ;∀;)…


また石段上り、、、取りに行きましたとさ、、


ばかばか〜(* ̄∇ ̄)ノ。