CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ヨキータの哀愁日記

ジプシーの血たぎる(妄想)
私ヨキータの人生は
流れ流れてどこへ漂着するのでしょう。
チクチクもの哀しくて、だけどサクっと笑える日々を綴ります。


プロフィール

ヨキータさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/index2_0.xml
ビューティー・インサイド [2020年09月20日(Sun)]
a3327.jpg


なかなか、興味深い映画を一本。DVDで。


眠りから覚めると外見が変わってしまう。

そんなあり得ない、不思議な運命を持つ主人公の

恋愛を描いたファンタジック・ラブストーリー。
                        

目覚める度に外見が変わる青年キム・ウジン役を、、

なんと、123人の今を時めく俳優・女優が演じる!


↓ ↓ ↓

今、大人気のパク・ソジュン!!!

チョン・ウヒ、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク。

ユ・ヨンソク、パク・シネ、キム・サンホ。

ソ・ガンジュン、イ・ヒョヌ、イ・ドンウク

イ・ドンフィ、上野樹里、、エトセトラetc,,,,

そう!上野樹里もウジン役の一人として出演してる。


いやはや、豪華メンバー。

って、言っても、、誰それ、、って皆さん思うよね。

私も、、、名前まで知ってるのは7人ぐらいで、、

でも、顔はほぼわかります。皆さん、売れっ子。

オジサンも含めて(笑)、売れっ子メジャー俳優です!





あらすじ

ウジンは18歳の時から(実は父親もそうだった。)

目覚めると外見が変わってしまうようになった。

男、女、老人、子ども、外国人…。

人に会う仕事ができないウジンは、その才能と

インターネットを活かして家具デザイナーとして活躍。

そんな彼の “病気”のことは母と親友だけが知っていた。

ある日、家具屋で働く「イス」と出会い、

恋に落ちたウジン。彼女に会いたい一心で、

毎日初めてきた客のようにその店に通うようになる。

ついに誘ったデートはうまくいくが、

同じ顔をキープするため、絶対に寝てはならない。

三日連続で二人は会い、イスもウジンが好きになるが、

ウジンはとうとう眠気に勝つことができず、、、

帰りの電車でうっかり寝てしまった。


パク・ソジュンから、ハゲのオヤジに、大変身の巻。

あちゃちゃ、、な結末で、、ムフっと笑ってしまう。


ウジンはイスに真実を話すことができるのか…?

イスはウジンの愛を受け止めることはできるのか?


って、、いう、ホント、あり得んでしょ、(笑)って。

そんな作品なんですけれど。


a73458.jpg

イス役を演じた、ハン・ヒョジュさんは、、

あの「トンイ」ですよ、あのトンイ!

今、ちょうどテレビ東京でトンイやってますが。

こんなにキレイな人だったんだ〜!
                 
                   
透明感という言葉は彼女のためにあるような。

これは誰でも惚れるよね〜〜!って。


a473576.jpg

ウジンが勇気出して、イスに声をかけるときは、、

そりゃ、やっぱ「男前」に変身した時だよね(笑)


無事、作戦成功した男前が「パク・ソジュン」氏。

仲良くなっていく三日間の二人の時間がこれまた素敵。

本当にいいカンジのデート。ま、この二人ですから。

絶対寝ないぞ!ってパク・ソジュン、頑張るんですけど。

電車って、、寝ちゃいますよねえ(笑)


a3240.jpg
                  
眠らなければ変身しない事を知っているウジンは

3日間、デートに仕事に、徹夜で頑張るんですが。

眠らずに生きてくことはできません、、(;^ω^)


お約束通り翌朝の朝食デートを約束したにも関わらず

帰りの電車の中で眠ってしまい。  

「やってもたぁ〜〜!」と気付いても、遅し…。


a73633.jpg


こんなオッサンになっちゃったあ〜(;・∀・)

で、あえなく朝食の約束はキャンセル、、


a73401.jpg

変身してしまうウジンを演じた俳優のなかに、、、

故「キム・ジュヒョク」氏も…。  

泣けるな、、ホントに素敵な俳優さんだったのに。


a4789473301.jpg

そして、、ある日は上野樹里に変身。。

日本語しゃべってたけど、、(-_-;)


a73191.jpg

バレちゃってからは、2人の間には隠し事はなくなり、

ハッピーな日々が続くのですが。そうはイカの塩辛。


毎日違う人をウジンだと、確認して、、そして恋人として

接するわけですから、、段々とストレスがたまります。


おまけに、、見る度に違う男性とデートしてる、と。

イスの周りで噂されるのも、そりゃそうだ。


ついに、そのストレスに身体が反応して倒れてしまいます。

どうすることも出来ないからこそ、、、

ウジンは離れることがイスにしてあげられることだと。

別れを告げ、韓国を後にします。。。


a473323.jpg


どう切り取っても、優しい絵ヅラ。素敵な映像、

チェコに場面が映ってからはますます、素敵。


いろんなスターが観れる嬉しさもあり、ですが、

このシチュエーションについていけない人もいるかな。


私は楽しかったです(≧▽≦)。

こんなメンドクサイ話をキレイにまとめるなんて天才。。


一体、100人以上のギャラをどう払ったのだろう、、

と、すぐに銭勘定に走るアタシ、、(*´Д`)ほほ。


                       
ディヴァイン・フューリー/使者 [2020年08月25日(Tue)]
57e8a9c1a298057c[1].jpg


ディヴァイン・フューリー/使者


めっちゃ、楽しみにしていた映画なんです!


パク・ソジュン!

神父!エクソシスト!悪霊!ホラー!

この在りそうで無さそうな(笑)組み合わせが

どんなもんじゃろかい!と、、ワクワクでした。


IMG_20200818_115421_copy_780x1040.jpg


映画館のシアターはこんな感じ(笑)

パク・ソジュンが両隣に!おほほ。

妙に照れますぜ(*´з`)、、


あらすじ

総合格闘技の若き世界チャンピオン・ヨンフ。

彼は幼少期に事故により父を亡くし、

神への信仰を失ったまま成長した。ある日、ヨンフは

右手に見覚えのない傷ができていることに気がつく。

彼は傷について調べるうち、

何かに導かれるかのようにバチカンから派遣された

エクソシストのアン神父に出会い、

自身に正義の力が隠されていることを知る。

一方、街にはびこる悪が密かに彼らの前に迫っていた。






「梨泰院クラス」で人気爆発、パク・ソジュン、

いつもは男性客が目立つこのシアターですが、、

彼のファンぽい女子たちでビッシリ。さすがです。


で、、観た感想なのですが。

そうですね(-_-;)、、これは、、


今、絶頂期のパク・ソジュンが主役でなければ、、

ど、ど、どうだったんでしょうか。。。


★★★★★判定できますと、、、

パク・ソジュン主演でも、★★★、、いくか?

パク・ソジュンでなければ、、たぶん★★、、未満、


なにか、残るモヤモヤ。

ウ・ドファン演じる悪魔?は直接手を下さなくても

バシバシ、人をあの世に送っていた怖い悪魔なのに

最後の決戦は、、普通に殴り合いで、、

しかもアッサリ負ける、、って、、

だって、パク・ソジュンは格闘技のチャンピオン、、


もっといろいろ、最後までやってほしかったな〜。

急に世界観が小っちゃくなっちゃった。


てか、パク・ソジュンの存在感がそれほどスゴイ。

彼がそこにいるだけで、大作のように感じてしまう!


まあ、、★三つ、、とか言ったけど。

満足してる人もいっぱいいらっしゃるでしょ。


地方の方は観れないんだよね。。

半年後にDVD、かな。お楽しみに!


パク・ソジュンに、、うちに来てもらって、、

悪魔祓いをしてほしい〜〜な〜〜〜!


なんちって(笑)。

毎日、それほど大変です、、(*´Д`)


負けないよ〜〜〜。


グレース・オブ・ゴッド 告発の時 [2020年08月14日(Fri)]
1g.jpg


教会、神父、内部のドロドロ劇、、、

これらが複雑に絡まってる映画は、面白いbyヨキータ

昔から大好物ですだ。

どうしようかな、、と思ったけど。

池袋で観れそうなので、、行ってみました。


と言いましても、もうずいぶん前、、

母が入院する、ずっと前です(*´Д`)。。


1002.jpg


あらすじ:

妻と子供達とリヨンに住む40歳のアレクサンドル。

幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、

いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、

家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。

最初は関りを拒んでいたフランソワ、

長年一人で傷を抱えてきたエマニュエルら、

同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていく。

しかし、教会側はプレナの罪を認めつつも、

責任は巧みにかわそうとする。

アレクサンドルたちは信仰と告発の狭間で葛藤しつつ、

自ら沈黙を破った代償として、

社会や家族との軋轢とも戦わなければならなかった。

果たして、彼らが人生をかけた告発のゆくえは?





本作は実話をもとに制作されていて、3人の男性、

アレクサンドル、フランソワ、エマニュエル

それぞれの視点からストーリーは進んでいく。


神父からの性的虐待という共通点はあれど、、

家庭環境も違うわけで、家族の反応もそれぞれ。

虐待が当人に与えたその後の苦悩も三者三様で、

皆が一枚岩ではないんですよね。


1004.jpg

1007.jpg

淡々とドラマは進行するのだが。。。

意外にも、、何も起こらない( ゚Д゚)、、

衝撃的なシーンもなければ。ドロドロな描き方もなし。


まるでドキュメンタリー??

静かに展開していくので、、ホントにアレ?って。

まあ、それはそれで、、真摯な描き方ではある。

より、リアル、でもあります。


1008.jpg

まず最初に描かれたアレクサンドル。

その後もカソリック信者として生きています。


それとは真逆、無神論者となったフランソワ、

全てが壊れてしまい、恋愛が続かないエマニュエル。


その様をとても丁寧に描いていると思います。

それだけ、闇に葬られていく教会での性的虐待が、

長い人生において、被害者を苦しめていくのがわかる。


100人を超える子供たちに虐待をしたプレナ神父は、

自らの行為を全て認めるのだけど、、

被害者に対する謝罪は一切ありませんでした。

教会も結局はグルになって時効だと言い張る。


私はヨーロッパに出かけたときには必ず教会に寄るし。

ボーっと時間を過ごすことも好きだし、、

住んでいた頃は、ミサにも毎週行きました。

逝去されたヨハネ・パウロ二世のファンでした。


クリスチャンの敬虔な信者の友人もたくさんいて

皆、本当に良い人ばかり。


でも、、私の宗教観からすると、、、

違うんだよね。。やっぱ、無宗教だな。私は。


神父による性的虐待はもう数百年、いやもっと?

長く行われている愚行だと思うし、、


この作品は、教会の罪を糾弾する、というよりは

子供たちへの性的虐待が被害者の人生に与える影響を、

とても繊細に描いている作品だと思う。


こーゆうところがフランス映画ぽいな、と思います。

一人一人の人物像をしっかり掘り下げていくし、

役者さんたち、とても巧い。さすがです。


信仰、とはいったいなんなのでしょうね。


おうちでミュージカル。 [2020年08月10日(Mon)]
IMG_20200809_165938_copy_1040x780.jpg


モーツァルト!

韓国ミュージカルをオンラインで体感せよ!

〜韓流ぴあPresents Kミュージカルシネマ〜



「モーツァルト︕」オンライン配信、二日目です。

7月にちょっとお知らせした韓国ミュージカルの配信!

↓ ↓ ↓

https://blog.canpan.info/vamos-yoquita/daily/202007/21


Wi-Fiなくても、観れました(^^)/、うれぴーー!

今日のオンライン配信は、キム・ジュンス氏。

東方神起のボーカルだったジュンスですが、、


結構クセのあるハスキーな声がモーツアルトにあうのか、、

半信半疑?どうなんだろう、、って思っていたけど。

感情表現がさすがにスゴイな、ジュンス。


まあ、、歌は、、好き嫌い分かれるところでしょう。

チョッと丸顔にぷよぷよ感が、、イメージ違う気がして。

でも、カーテンコールもすっごい歓声。人気すごし。


私のボロパソコンでも充分にキレイな映像でした。

字幕付きでとても分かり易いし。音も悪くなかった。

ホントはテレビと繋ぐことも可能だけど、PCで観覧。


今年は諦めていた韓国のミュージカルをまさかオウチで!

本当に嬉しいです。この三日間。今年の夏のご褒美。。

もうレジャーはこれで終わったな、、、(*´Д`)


天才作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。

映画では、確か。モーツァルトへの激しい嫉妬に苛まされる

サリエリの苦悩が、大きな悲劇を生む、みたいな物語?


ミュージカル「モーツァルト!」はテーマが異なり。

モーツァルトの内面に焦点を合わせているのです。

幼い頃から天才として注目される息子を利用して、

彼の人生をコントロールしようとした父親。


モーツァルトの子供の頃の姿で終始舞台に登場するのは

子役が演じている「アマデ」。

大人になった彼を付きまとう役柄。

モーツァルトという天才を小さな枠に閉じ込め続けた、

父、そして大司教。それが息子の幸せでもあると。

しかし、自由を欲する彼の渇望は大きくなるばかり。

葛藤する彼に自由の扉を開けてくれたのが、、、

ヴァルトシュテテン男爵夫人であり、彼女が歌った

「黄金の星」、とても心に響きます。


モーツァルト、音楽がどれも本当に良いな。

聴けば聴くほど。名曲ばかりっス。


「僕こそ音楽」♪♪♪

僕は長調 僕は短調 僕は和音 僕はメロディ

僕の単語 僕の文章 僕の感覚 僕のリズム

音楽の中に

僕は拍子 僕は休符 僕はハーモニー

僕はフォルテ 僕はピアノ 踊りとファンタジー

僕は 僕は 僕は音楽



amot.jpg


物語に登場する、モーツァルトの子供時代、アマデ。

彼の内面の象徴として、ずっとアマデがくっついてる。


幼い頃からその天賦の才能と親と。栄光と挫折と。

常に葛藤し続けたわけで。


amo.jpg


写真、お借りしました!


子役ちゃん、セリフは一切なし。ひたすら楽譜と格闘。

カーテンコールではその可愛いアマデくんが、、


ようやく、ついに口を開くのです。

「ヨロブ〜ン(皆さん)」と、客席に問いかけて。。


これから王様と王子様の物語を話します、みたいな。

遠い昔に、王が、王子と一緒に暮らしておりました。


そして「黄金星」をかわいい声で歌い始めます。

(男爵夫人が歌ったあの「黄金の星」です!)


続いて、各パートをキャスト達が歌い上げていくのですが。

その合唱がとても良いのです〜〜〜。


ネットで探しました。こういう歌詞です。


王様は世の中を恐れながら

いつも王子様の心配で 眠ることさえできません

城壁を高く築き 門も固く閉ざしました


ある日 風に乗ってきた憧れが

一人でいる王子にささやいたのです


北斗七星が輝く夜に

空を見てごらん 黄金の星が落ちてくる

黄金の星を見つけたいなら

人生は君にとって学びの庭

あの星を探して 出かけなければ


王はいつも言いました

この世は挫折で溢れている

お前はここに いなければならない

お前を愛しているから守る と言いました

城壁を高く築き 門も固く閉ざしました


でも ときめく胸は止められない

王子は城壁を越えて 世界を夢見たのです


さあ ここを出て あの城壁を越えて

その星を探しに 旅立たなければ


険しい世の中 君が生きる理由

この全てを知りたいなら。一人で旅に出なければ


愛とは拘束しないもの

愛は自由に行かせてあげるもの


時には痛みも甘受しなければならない

愛は涙 それが愛

黄金の星が降る時が来たら

世の中に向かって 旅に出なければ


北斗七星が輝く夜に

あの高い城壁を越えて

だれも行ったことない場所に

あの世界に向けて飛んでごらん

飛び立とう


キャストが歌い上げていくこの歌詞を見ていると

なんだか、、胸アツになりましたよ。


親は世の中の挫折から愛する子供を守ろうとする。

子供は星が輝く外の世界に飛び立ちたくて。

自由がほしくて。旅に出たくて。


モーツアルトは天才だから、尚更なんだろうけど。

それ、親と子の、普遍的な問題だよねえ。


そして、やっぱ歌がうまいぞ!心に響く。


けっこう金額はお高いですけれど。

キレイな映像で!字幕付きで!


おうちで、ミュージカル観劇、オススメです。

スタンバイしている間も、休憩20分の間も、

ずっと、素晴らしいキャストの歌が流れていて、、

シャレとるの〜〜って。感激です。


モーツァルトの配信、明日はいよいよラスト!!!

一番楽しみにしていた「パク・ガンヒョン」

8/11(火) 配信!

19:00 開演 ( 18:30 開場 )ですよ。

休憩20分はさんで、3時間。


こちらでギリギリまで購入可です(^^)/

勇気を出して(笑)、購入したら、、

あとは、クリックすればもうモーツアルトの世界。



チケットぴあ[チケット購入・予約]


愛とは拘束しないもの

愛は自由に行かせてあげるもの


時には痛みも甘受しなければならない

愛は涙 それが愛

黄金の星が降る時が来たら

世の中に向かって 旅に出なければ



深いっす。。。


マルモイ ことばあつめ [2020年07月29日(Wed)]
63e386752d539556[1].jpg


以前から「良い」評判は聞いていて。

上映始まったら絶対に行きたい!と思ってた作品。


母国語の使用を禁じられた日本統治下の朝鮮半島が舞台。

辞書作りの為、全国の方言を集めた「マルモイ作戦」。

辞書作りを通じて読み書きに目覚める主人公をユ・ヘジン、

朝鮮語学会代表をユン・ゲサンが演じる。



8dce9a106ad79f57711e489ec0c0ce83[1].jpg


あらすじ:

1940年代の日本統治下の京城(現在のソウル)。

親日派の父がいる裕福な家で育ったジョンファンは、

失われゆく母国語を守るため、朝鮮語の辞書を作ろうと

各地の方言など、さまざまな言語を収集していた。

一方、貧しく、教育を受ける機会がなく

盗みを働いて日々生活していたキム・パンスは、

ジョンファンの鞄を盗んだことをきっかけに

彼の辞書作りに関わるようになり、

母国の言葉の大切さに気付いていく。



aa1.jpg






主演のユ・ヘジン。ホントにこういう役どころ、巧い!

彼が演じるパンス。いかにもチンピラなんだけど、

貧しさがゆえに学もなく、字も読めないが。。


憎めない!口から生まれたかのような、お調子者で、、

生きるために、スリなど、悪いこともやってはいるが、、

それもこれも、愛する二人の子供のため。

中学生とまだ幼い女の子を一人で育てているわけです。

この明るさが、ドラマの哀しさを際立てさせるんだな。


sect09inner[1].jpg


そんなチンピラパンスが、、自ら進んで文字を学び、

街中の看板などを読んで子供のように大喜びする。

学ぶこと、知ることの尊さが、彼からめっちゃ伝わる。


これが感動のラストへの伏線になっていきます。

いつのまにやら読み書きが出来るようになったパンス。

彼が、、もしものことを考えて。

子供たちに残すんです。手紙を。

めちゃくちゃ、汚い字ではあったけど。。。

もう、映画館内、、すすり泣きオンパレード。

私は、、泣きません。。。( *´艸`)


640[1].jpg


いろんな人が書いていますが。。

反日映画では決してないんですよね。


まあ、都合上、悪い日本軍は登場しますが。

かな〜り、ソフトに描かれていると思います。


この作品は、実話に基づいたフィクション?で、

1944年の「朝鮮語学会事件」をベースに描かれています。

民族運動をしていたという罪名で30名以上を拘束、

うち、数名が獄中で拷問死したそうです(-_-;)


日本の一部として併合しようとしたときに、

最初にやったことが言葉の弾圧なんです。

学校では朝鮮語教育を禁止、日本語を覚えさせ、

名前を「日本名」へ改名させたわけです。


映画の中では、、、

子供たちが普通に日本語しゃべっていて、、、

驚いたオトナにたしなめられたら、、

ハングルワカラナイ、って、日本語で答えていた。


母国語を失っていく怖さって。。

平和ボケしてる私たちにはイマイチわからない。

きっと想像する以上に辛いことなのでは、と思う。


言葉を失い、文化を失い、名前を奪われ。

それは国を失うこと。自身を失うこと。


そんな状況において、最後まで迫害に負けず、

地下に潜り、死ぬ覚悟で「言葉」を守った人たち。


タイトルの「マルモイ」とは、

『マル(言葉)』を『モウダ(集める)』ということで、

国語辞典を意味しているのだそうです。


その昔、アジアを旅行するとですね、、、

時々、いや〜〜なシーンに出くわしました。


台湾や韓国の年配のかたは、日本語が達者です。

もちろん、覚えたくて覚えたわけではありません。

この映画のように強制されたわけですから。


もう、大昔のことですが。台湾を旅行してたとき、、

小ぎれいなビジネスホテルに宿泊したのですが。

チェックアウトするのに並んでたんです。


私の前が恰幅の良い日本人のおじさん、、

出張で来られた方でしょうか。

ものすごい剣幕でフロントマンを怒鳴ってた。

暖房が弱かったじゃないか、みたいな???

もう、貴様!呼ばわりですよ。


すごく丁寧に、若い青年が日本語で謝っているのに

段々ヒートアップ。たかがそんなことで、、

土下座を強要。ものすごいデカい威圧的な声で。

もう、恥ずかしいったらない。


このクソおやじ!まだ戦争中と思ってんのか。

そう思えましたよ、、こういうオヤジほど、きっと

アメリカ人にはペコペコしてるな"(-""-)"アホ!


あんなに罵倒されて、、申し訳なすぎて。

オヤジが消えた後、フロントマンに私が謝ったんだけど。

彼はこんなこと慣れてると言わんばかりに、、

大丈夫デス、と笑顔で、、日本語で、(泣)


私なら絶対に大嫌いになる。日本人。

でも、、台湾の人たちは日本が大好きですよね。

ホントに有難いことだと思う、、、


話は戻りますが。。。

役者さんたちは本当に抑えながらも良い演技。

パンスの子どもたちが、これまた、、巧い!


K4_Malmoe-The-Secret-Mission_main-1440x960.jpg


幼い女の子、、スンヒちゃんが。

死ぬほどかわいい。

ホットクをほおばる笑顔がたまらない。


aaa2.jpg


クレラップのCMに出れそうな子で。。

これからどんな風にに成長していくのかな、、


時々、刺さる言葉が出てくるのでボヤッとしてられない。


「言語はその民族の文化が入ってる器だ。」


「人が集まるところに言葉が集まり 、

言葉が集まるところに志が集まる。」


「言葉は民族の精神であり、文字は民族の命です」


「1人の10歩より、10人の1歩」

深いです。

なんか、、わからんけど、、すごく刺さります。


余談ですが、、、

マルモイは「新宿シネマート」で観たのだけど。


現在、シアターは両隣、前後の座席は開けている。

コロナ対策です。なんか、めっちゃ気分良いです。

儲けはないだろうけど、、すごくゆったり。


ここは俺の席だ。


IMG_20200716_144014.jpg

きゃはは。シネマート、イカシてる!

私の両隣に、マ・ドンソク氏。(≧◇≦)素敵!

今や、アイドル化してる大人気俳優さんです(笑)


モーツァルト配信! [2020年07月21日(Tue)]
thumbnail_Screenshot_20200721_003039.jpg


興味ない人はすみません(笑)


2020年、にっくきコロナ騒動で、

五輪が延期になったことよりも、、、

私にとって、めっちゃ哀しいのは、、

韓国にミュージカルを観に行けなくなったこと!


そんなミュージカル熱狂ファンが日本にもたくさん。

みんな、泣く泣く渡韓を諦めて。

観たいミュージカルをあきらめて。むせび泣いてる。


そんな思いが通じたのか、、、

すごいニュースが飛び込んできました。


私が一番観たかった「モーツァルト」!

6月から始まっているのに、、くそっ!行けない、

と、絶望していたのだけど。なんとなんと、、


配信が決定したらしいです!!!


韓国ミュージカルをオンラインで体感せよ!

〜韓流ぴあPresents Kミュージカルシネマ〜

『モーツァルト︕』オンライン配信決定!

https://piakmusicalmozart.com/


韓国では2010年にソウルで初上演され、

今年で上演10周年を迎えた。

今回の公演でモーツァルトを演じるのは、

初演時のキャストであるパク・ウンテとキム・ジュンス、

そして新たにキャスティングされたパク・ガンヒョン。

豪華トリプルキャスト。

8月9日(日)〜8月11日(火)の3日間、

各キャストの公演を日本語字幕付きで配信する。

近年レベルの高さが評価されている韓国ミュージカル。

話題の作品を配信で楽しめるこのチャンスをお見逃しなく!






モーツァルトの⽣涯を描いた『モーツァルト︕』は、

世界9ヵ国で、2200回以上の公演が⾏われています。

日本でも何度も上演された、ロングランの大ヒット作。


韓国でもこの作品はエンドレスで行われていて、、

私は時々YouTubeで5分ぐらい楽しむ程度、、、

今年こそはソウルで観れるかも、と思っていたけれど。

行けそうな気配は全くない、ときた"(-""-)"、、


この配信は韓国ミュージカルファンにとっては

号泣レベルで喜ばしい企画なのだけど、、


わたくし、Wi-Fi環境がなくて、、( ノД`)シクシク…

オンラインレッスンも、出来てない落ちこぼれ。

配信も、、観れそうにありませぬ。。。


でも、、けっこう金額はお高いですけれど。

キレイな映像で!字幕付きで!

素晴らしい韓国のミュージカルをお初で観るチャンスを

皆さんにシェアしたい!と思って。記事にしました。


この夏、観劇もままならない、という方に是非とも

おうちで、ミュージカル観劇、お勧めします。


キャスト全員の配信を観れたら良いですが、

どれか一つだけ、という方には、、

軽くご紹介。てか、私もほとんど知らんけど(笑)


thumbnail_Screenshot_20200721_003142.jpg


パク・ウンテ

日本人にとても人気のある方で、実力ともに安定してる。

1981年生まれ。

2006年「ライオンキング」劇団四季・韓国公演でデビュー。

翌年の「ノートルダム・ド・パリ」で脚光を浴び、

「モーツァルト!」で韓国ミュージカルアワード新人賞受賞。


「ハムレット」「エリザベート」「ジキル&ハイド」

「ジーザス・クライスト・スーパースター」

「フランケンシュタイン」「ファントム」「ベン・ハー」

「ドクトル・ジバコ」などなど。すでにベテラン!


神秘的で圧倒的な外貌、幅広い音域と艶と伸びのある声帯は

舞台上で異様な存在感をもたらす、

韓国ミュージカル界を代表するスーパースター。



以上ここまではコピペですが(笑)。

ファンサービスが素晴らしい、ということで。。

あらゆる面で、絶大な人気を誇ります。


キム・ジュンス

あの、東方神起のボーカルだったジュンスですが、、

今や、チケットが取れない大人気のミュージカルスター。


1986年生まれ。2004年に歌手としてデビューし、

KPOPシーンにおいて絶対的な存在感を放つ。

2010年以降はソロアーティストとして精力的に活動。

2010年には「モーツァルト!」で新人賞を総ナメ。

センセーショナルにミュージカル俳優デビューを果たす。

その後も「エリザベート」「ドラキュラ」

「デスノート The Musical」などヒット作品で主演。



彼の声は聴いてすぐに彼だとわかる。強い個性だと思う。

日本からも相当なファンが押し寄せるぐらいの人気で。

これからもミュージカル中心に活動していくんだろな。


パク・ガンヒョン

1990年生まれ。2015年に韓国の大学路の小劇場で

ミュージカル俳優としてデビュー、その後は

あっという間にスター街道を駆け上がっている。

「キンキーブーツ」「笑う男」「エリザベート」、

「エクスカリバー」「マリー・アントワネット」と

立て続けに大作の主演を演じ、更なる成長を見せている。



私が実際に観たのはパク・ガンヒョンだけですが。

その時のことはまだブログにあげてないのです。

もう書いてはあるのだけど(笑)

昨年、日本で歌ってくれた日のことを書いた記事は



コチラです。


この人の、天性の伸びる歌声は、、なんというか。

心が浄化されるような。よどみがないヴォイス。

日本には正統派の彼のファンが相当いると思います。





レベル、マジで、高し!です。


新型コロナもまだまだ勢い止まず。

ステイホームで、ミュージカル!どうぞ。


はちどり [2020年07月17日(Fri)]
main.jpg


一般には、あまり知られていないのですが、、

(まだ世の中は映画観よう!でもないしね、、)


映画通の間では、話題の作品、のようです。

韓国ではあの「パラサイト」の評価に劣らずで。


1990年代の韓国を舞台に、思春期特有の揺れ動く思い、

そして家族との関わりを繊細に描いた作品。

『HOUSE OF HUMMINGBIRD』邦題が「はちどり」


釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映され、

ベルリン国際映画祭など世界各国で45以上の賞を受賞。

371439_001.jpg

あらすじ

1994年、空前の経済成長を迎えていた韓国、ソウル。

14歳のウニは、両親、姉、兄と集合団地に暮らす。

学校に馴染めず、別の学校に通う親友と遊んだり、

男子学生や後輩女子とデートをしたりして過ごす日々。

両親は小さな餅屋を切り盛りし、

子供達の心の動きと向き合う余裕がない。

父は長男である兄に期待を寄せていたが、

兄は親の目を盗んでウニに暴力を振るっていた。

ウニは、自分に無関心な大人に孤独な思いを抱えていた。

ある日、漢文塾に女性教師のヨンジがやってくる。

大学を休学中のヨンジは、どこか不思議な雰囲気を漂わす。

自分の話に耳を傾けてくれるヨンジに、ウニは心を開く。

ヨンジは、入院中のウニを見舞いに訪れ、

「誰かに殴られたら黙っていてはダメ」と静かに励ます。

ある朝、ソンス大橋崩落の知らせが入るが、それは

いつも姉が乗るバスが橋を通過する時間帯だった。

(転載)





全編に流れる空気感。ただただ、、みずみずしい。

って、変な感想ですが(笑)、、


371439_002.jpg

当時の韓国は、ソウルオリンピック開催を終えて

(なんとなく覚えています。。)


経済的な発展を遂げる一方で、、映画にもあるように

水大橋崩落事故や、三豊百貨店崩壊事故、そして、

あの!金日成の死去。(私の誕生日だった。)

社会に暗い影を落とす大惨事が続けて起こったそうで。

このへんはもう私の記憶からぬけ落ちてます。

371439_004.jpg


辛い時はね。両手を眺めて指を動かしてみて。

自分にも動かせるものがあるんだと思えるから。


ヨンジ先生が発した言葉を思い出して。

ウニが手の指を、動かしていくシーンがあります。


ヨンジ先生の前ではなぜか巣のままの自分でいられて

本当の気持ちを伝えられたりするウニなのです。


モヤモヤする日々の言葉にならない塊。

それを受けとめてくれる人。吐き出せる人。

こういうオトナがそばにいるって、大事ですよね。

思春期に。。。私は誰もいてくれなかったな。


ヨンジ先生、自分もまだ葛藤してるしお悩み中、、

だから、押せ押せモードで見守るのではなく、

ウニの言葉に静かに耳を傾けるだけだし。

時々、心に残る言葉を伝えてくれる、そんな人。


それがこの作品の魅力だとは思いますが。

最近、TBSスッキリの、、

オーディション番組「虹プロジェクト」を

ずっと見ていた私としては。。ですね。


パクさんの、ストレートに響くお宝トークに慣れて

なかなか、ヨンジ先生のオットリけだるい言葉が

ハートに届かないまま終わってしまった、、、


きっとこれは激しい韓流ドラマの見過ぎ?(笑)

起承転結の激しさに身体が慣れ切ったせい?ヤバい。


抒情的な、、不思議な味わいの映画で、、、

フランス映画のような、ベトナム映画のような、

好きな人はたくさんいるな、という作品だと思う。

日本での上映も評価高めのようです。


キム・ボラ監督(女性)、新人監督さんですが。

なんと、この「はちどり」、初めての長編映画らしい。

そ、それはスゴスギマス。。。


ちょっと長くて、、眠気と闘ったけれど。

久しぶりに大作を、二作品も観たせいでしょう。

映画鑑賞も体力がいるんだな(笑)


同日に観た、スペイン映画もそうですが、、

字幕を見ながらならだと、結構聴き取れたりする。

昔、勉強してた頃ならもっとわかっただろうな、、


この韓国の映画も、、、字幕がないとアウトだけど、

ちょっ〜〜〜と、ですが、以前よりはわかります。

なんだか、こういうのは嬉しいし、

より作品の雰囲気が伝わる気が。( *´艸`)


ちょっぴり嬉しい発見。


ペイン・アンド・グローリー [2020年07月13日(Mon)]
1.jpg


ペドロ・アルモドバル監督の映画はほぼ観てます。


「オール・アバウト・マイ・マザー」が好きで、、

それ以降、結構、映画館に足を運んでる。


新作、ペイン・アンド・グローリー!

誕生日に観に行った二本のうちの一本です。

アントニオ・バンデラスが主演。


あらすじ

脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった、

世界的映画監督サルバドール(バンデラス)は、

心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。

そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。

子供時代と母親、移り住んだバレンシアの村での出来事、

マドリッドでの恋と破局。

その痛みは今も消えることなく残っていた。

そんなと32年前に撮った作品の上映依頼が届く。

思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。

そして記憶のたどり着いた先には・・・。






ほぼ、、会話劇のような、、気がするのだけど、、

母親との会話。昔のゲイの恋人のと会話。

久しぶりに再会した俳優との会話、、


脊椎の痛みから逃げるためにヘロインに手を出して、

なんとか医師の助言で断ち切るのだけど、、

まあ、、こんなもんだろうな、、という、、


一世を風靡したけれど、落ちていくときはこんな感じ。

あまり新しいものがない気が、、、

地味に、面白かったけどね。


相変わらず、色彩は独特です。

特に、あらゆる場面に使われる、赤、赤、赤、

毒々しくもあり。スタイリッシュでもあり。

地味な会話劇のアクセントになっているような。

途中、、久しぶりの映画館なので、、、

お眠な時間がやってきて、、見落としたシーンもあり。

インパクトの少ない作品となってしまった(*´з`)

371322_008.jpg

子供の頃、、母親に連れられて住むことになった洞窟。

この洞窟の家が素敵でした。

ペネロペの美しさが際立つオウチ?だわん。


ここをリフォームしたのは文字の読めない佐官職人。

彼に読み書きを教えたのが。子供の頃のバンデラス。

この青年に恋しちゃって、ゲイに目覚めたわけです。

371322_005.jpg

アルモドバルと言えば「ペネロペ・クルス」!

彼曰く、スペインの母の象徴なんだそうです。


母親を演じるペネロペの川での洗濯シーン、

陽気に唄い、腰を振る彼女の美しさは無限だな〜。

日差しのなか、眩しそうに母を見つめる少年の表情が

何とも言えず、良かったです。マザーは永遠。


亡くなった母の回想シーン。

母は自分の家で最期の時を迎えたいと願ったが。

病院で死なせてしまった、という息子の後悔。


延々と悩む人生なのだな。

だから優れた映画を作れるわけか。


006.jpg


アントニオ・バンデラスはとどのつまり、、、

アルモドバル監督そのものなんでしょうね

痩せてしまったけど。なかなかの名演。


でも、この作品は、、記憶に残らないかな。。


愛の不時着 [2020年07月02日(Thu)]
IMG_20200618_174511.jpg


書くつもりはなかったんだけど(笑)

とりあえずは、、取り上げとこうかな。


コロナ禍において、この春、夏、、

「Netflix」で、世界的爆発的なヒット。


愛の不時着


今もまだ、その人気冷めやらず。

この韓流ドラマは世界を駆け巡っているようです。


みんな、ステイホームだったから。

芸能人もアスリートもハマって嵌って、話題になって。

黒柳徹子さんから始まり、お笑い芸人、橋下徹氏、、、

いろんな人が嵌っていく姿が不思議で眺めておりました。


Screenshot_20200618_175436.jpg


私もようやく観ること叶いましたが。。。

そうね、そりゃ人気出るよね、これならね、って。

やっぱ、面白いもん。


ラブなところはチョイ私には多すぎたけど(笑)

試聴者が喜ぶような場面、めっちゃ盛りだくさんだから。

良く練られた構想、っていうのでしょうか。


まずは、主役の二人が良すぎです。完璧。


ヒョンビン演じる北朝鮮の将校、リ・ジョンヒョク、

とんでもなくキュートなソン・イェジンが演じるユン・セリ。


無敵と思われる二人の、、運命の愛の物語。

日本では、、この二人の役をやれるひと、、、

思い浮かばんわーー。( ゚Д゚)


全く知らない人、興味ない人に(笑)、軽く、説明をば。


韓国の財閥令嬢、そして自身の会社も華々しく経営、

どこからみてもパーフェクト。憧れの象徴。ミューズ。


そんな「セリ」が、ある日。

パラグライダーの事故により、北朝鮮に不時着してしまう。


そこから始まる、(マジあり得ない)運命の物語。

北と南、双方で繰り広げられる壮大なるドラマ!


ImhmNYY-1200_copy_900x600.jpg


家柄も良く、父親は軍隊の大物。

北朝鮮ではおぼっちゃま、皆の憧れ、北朝鮮の将校!

リ・ジョンヒョクを演じるのは、大人気のヒョンビン。

185センチ以上あるのかな、モデル体型でムキムキ。


VVcWNoA-1200_copy_600x400_1.jpg


喧嘩ばかりしていた二人だけど、

あっとゆーまに、そりゃいいカンジになりますわ。

IMG_20200618_174601_copy_810x810.jpg

と、言いましても。。私が惹かれたのは、、

そういうところではなく、、コメディパート!

お見事!としか言いようのない、笑いのセンス。

北朝鮮の生活ぶり、私らには全く未知の世界だけど。

これ、リアルなのかな、、と思えるような、、、

なかなか興味津々なエピソードが多くてね。


私らにとって当たり前のこともここでは通用しない、

良く言えば、なんだけど、資本主義の垢?に

未だ染まらず生活してる人たちがいて。

昭和ヒトケタ(知らんけど)時代を彷彿とさせる、

そんな感じ?なんか素朴で懐かしい。。


IMG_20200618_174447.jpg


ドラマを盛り上げてくれた愛すべきキャラたち、、、

まずは、素朴で可愛いリ・ジョンヒョクの部下たち!

4人が集うと、そこから始まるほのぼのタイム。

最高に笑わせてくれるのです。


こっそり韓流ドラマを見て号泣する兵士もいれば、

コワモテのツラして、セリにガン飛ばしてた部下が、

セリに貰ったいい香りのシャンプーにウットリしたり。


皆、セリを守っているうちに刺激をたくさん受けて、、

セリが大好きになっちゃうんだよね。


彼らがその後、なぜか(笑)ソウルに出動するんだけど、

ソウルで繰り広げるドタバタエピソードが、、

これまた面白くってたまらない!

どんだけ笑わせてもらったか、、、


最高やで!



癒された、っていうか。きっと、このドラマ観たひと、

みーんながそう思っているハズです。。。


Screenshot_20200618_175414.jpg


ピクニックのシーンも良かったな。


アチラのピクニック!と言えば、、お楽しみの、、

生きた子豚の、、丸焼き、、、(゚Д゚)ノ、、


そ、それだけはダメよ!とセリに懇願されて、、

皆で魚を獲りまくるシーンも、ニコニコしてみちゃう。


Screenshot_20200618_175821.jpg


皆がふるまってくれたのが、、、

「貝プルコギ」本当にこういう料理あるんだって。


本来はガソリンを利用するそうです。( ゚Д゚)ひょー。

ドラマでは食用油だった気がする。


ちょっとわかんないけど、、ゴザみたいなのに貝を敷き、、

一気に油をかけて火事か!っていうぐらい火が、、

大きめの貝がこんがりと?焼かれ。

美味しいわけがないわ!みたいな疑いの目で見つつ

セリが貝を口にして、、、あまりの美味しさに目が点に。


ニコニコ見ている部下たちはその貝に、焼酎を入れます。

「私はソーヴィニヨン・ブランしか飲まないの!」

カワイクナイこと言うセリに、、みんなニヤニヤ。


それを飲み干すと、、ますますセリの目がまん丸に、、

「砂糖を入れたの??甘いわ!」


もうその時点で、、私のお腹が、、きゅるるるる。

食べたい!貝プルコギ!ガソリンでもええから(笑)


そんな楽しい毎日が、、セリの心を潤していきます。

ナンもなくって、お風呂もアロマキャンドルも、

シャンプーも、ボディソープも素敵な洋服も、、

なーーーんも、ありましぇん。が、それでも、、


彼女の心がドンドン満たされていく過程が良い。

実は、、セリは愛人の子で、、幸せな境遇ではなく。

いつも兄たちから冷遇されてきたので。。

虚勢をはって、孤独に生きてきたのです。


ゆえに、セリの周りの人は、彼女を傲慢で冷たくて

誰にも頼らないイケすかない女だと思ってるわけ。


素のセリは明るくておしゃべりでユーモアあって、、

そんなセリを全て引き出してくれたのが、、、


この愛すべき兵士たちと、、

この村にはびこる(笑)、強力な女たち、なんです。

あ、もち、リ・ジョンヒョク氏もね。


Screenshot_20200618_175839.jpg


不時着したセリを自分の宿舎にかくまっていた、

このリ・ジョンヒョク将校、イマドキのオトコ。


自ら、麺を打ち、切って茹でて出汁も取る!

ナニやら旨そうな麺もの、作ってるな、と思えば、、


コーヒー豆はないので、、代用品を手に入れて

なにかを煎ってたな。香ばしいもの???

それをちゃんと挽いて、、、

美味しい朝のコーヒーをセリに淹れてあげるのダヨン。

たぶん、これ、視聴者の胸をうずかせた、、はず。


これ、時代ですにゃ。

冬ソナのヨン様は、そんなことしなかったよね〜。

あんまり覚えてないけど(笑)


IMG_20200618_174537.jpg


あっちゃーー。

もーー、カンペキっすね。この絵ヅラ。


全体に音楽のセンスが素晴らしいんだよね。

え、このシーンに、、、「アルハンブラの思い出」?

使う??(笑)(≧◇≦)、、??ってな感じで。


全編、クラシック曲がうまく使われております。

そう、ジョンヒョク氏は、ホントは軍人ではなく。

スイスで活動するピアニストでもあったわけで。

いいカンジで時々、クラシックが流れる(笑)


スイスロケもすっごくキレイで夢のようで。

とにかく、全編においてサービス精神多すぎて、、


要らんシーンも数あれど、(笑)

それが全て、愛すべきシーンとも言える。


Screenshot_20200618_175854.jpg


↑ ↑ ↑

このシーン、何気におもろくって。

爆笑しちゃったよ〜。(≧▽≦)


セリが堂々と(笑)隠れ住んだ村は、、

もちろん、組織に監視された地域なのですが。


そこに住む兵士の妻たちが!、、これまたパワフル。

最高にいい味を出しまくってるんですだ。


憧れのリ・ジョンヒョクを奪い去った憎き「セリ」と

彼女たちとの交流が、、笑わせるし泣かせる。

定期的に「ジョンヒョク様を囲む会」をやってる(笑)


いい役者揃ってんなア。

ほっんとに、私何度も爆笑しちゃったもん。

そして、泣けるシーンもてんこ盛り。私は泣かないが。


つうことで。。。


この「愛の不時着」はですね。

いろんな楽しみが詰め込まれた遊園地みたいな。

ナンでもアリの、総合デパートみたいな。

よく練られたドラマ、といえます。


絶対、観ないわー、という人も多いと思いますが。

観たほうが良いと思われます。


「北」に、行きたい!と言い出す日本の10代の子たち、

それはちょっと考えものですけれど。(;・∀・)


私は「梨泰院クラス」の方がラブですが。。


この二作品に、、救われたことは事実です!

心身ギリギリの毎日に、ワクワクする時間が増えて。


ホントに助けられた!!!

生きてていいんだーーって(笑)。大げさ?


まだまだ、観てますよ。ドラマ漬け。

もう日本のドラマが、、観れなくなっちゃった。


鬼のいぬ間に。 [2020年06月15日(Mon)]
Screenshot_20200528_141427_copy_626x873.jpg


鬼、、つまりはウチの鬼子母神さま(笑)。


鬼のいぬ間に、ちょこちょこ楽しんだ映画。

好きだった作品をもう一度観たかったので!


全部オススメの映画です。是非観てほしいな。


これは、、「サニー 永遠の仲間たち」


日本でもリメイクされたよね。

篠原涼子、小池栄子、広瀬すず、その他モロモロ。





1970〜80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、

2011年韓国で740万人を動員したドラマ。


夫や娘と、何不自由ない生活を送る42歳のナミ。

ある日、母の入院先で友人チュナと再会する。

高校生時代、ナミやチュナたち仲良し7人グループは

ずっと一緒にいると約束しあったが、、

ある事件がきっかけで離れ離れになってしまう。

病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいという

チュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。

各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、

再び人生に輝きを取り戻していく。


という、ストーリーですが。

お涙チョーダイ!的な映画ではないんです。


とても清々しく、ホロ苦いけど優しい気持ちになる。

ホンマに良くできてる作品だと思います。

日本アカデミー賞で、今年、主演女優賞を獲った

実力派シン・ウンギョンの初々しい演技は最高ッス。


Screenshot_20200528_141317_copy_438x643.jpg



「タクシー運転手 〜約束は海を越えて」


1980年、多数の死傷者を出した韓国の光州事件。

動乱の最中、世界に伝えたドイツ人記者と、彼を

事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話。





民主化を求める大規模な学生・民衆デモ、

まるでよそ事だったソウルの運転手が巻き込まれ。

光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷き

罪のない市民を殺戮しまくっていた。

タクシー運転手の目を通して、明らかにされていくが。

辛いシーンばかりではないんだ。

やっぱ人情あふれてる。韓国映画らしい感動が、、

日本でもとても評価の高かった作品です。


Screenshot_20200606_104644_copy_620x871.jpg


「最後まで行く」

突然監査が入ることになり、殺人課に所属する刑事、

ゴンスは、横領の事実を隠ぺいしようと焦り、、

母親の葬儀をそっと抜け出す。

彼は車で警察署に急行するものの、

その途中で通り掛かりの人をひいてしまう。

結果ひき逃げの隠ぺいまですることになったゴンス。

死体を母親の棺おけに隠し、、

共に埋葬することで事なきを得るが…。


パラサイトの金持ちパパ!が悪い刑事に(笑)


もう、、最高に面白かったな。

轢き殺した人間を、、母親の棺桶に入れて埋める?

ありえんぜえ〜(笑)(笑)(笑)



IMG_20200608_140557.jpg


「新感染 ファイナル・エクスプレス」


ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如発生、

謎のウィルスの感染拡大、引き起こされる恐怖!

韓国製サバイバルパニックアクション。





ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは

妻と別居中で、幼いひとり娘のスアンと暮らす。

スアンは誕生日にプサンの母親に会いにいくと。

ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届けることに。

プサン行き高速鉄道KTXに乗車したソグとスアン、

直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。

そして2人の乗ったKTX101号にも、

謎のウィルスに感染した女が転がり込んでいた。

ソグ親子のほか、妊婦と夫、野球部の高校生たち、

身勝手な中年サラリーマンなど、様々な乗客たちが、

感染者に捕らわれれば死!という極限状態の中で、

生き残りをかけて決死の戦いに挑み、

それぞれの人間ドラマが描かれる。


コレ、最高のエンターテイメントです。

こーユーの日本では絶対作れんなあ、、


ゾンビなのに、、最後は、、泣ける、、

韓国映画!ホンマにスゴい。。


| 次へ